【女性向けアダルトグッズ】ディルドとは?ディルドオナニーのやり方と使い方!人気のおすすめディルドも紹介!

ディルドオナニー興味があるけどグッズの選び方や、やり方など詳しく分からないという人はいませんか?
周りの人に聞きたくても、性事情に関してはなかなか聞けない事が多いです。聞ける人がいてもその数はとても少なく珍しいと思います。
「使ってみたいけどディルドの選び方ややり方が分からないから知りたい」と、悩んでいる人に是非読んでいただきたいです。
ディルドオナニーのやり方やグッズの選び方を詳しく解説と紹介をしているので、最後まで読んでいただくとディルドオナニーについて更に興味が湧く内容を紹介しています。

この記事を読むとこれが分かる
  • 今更聞けないディルドについてが分かる!
  • 気持ち良くなれるディルドを使ったオナニーの方法・コツを紹介!
  • もう迷わない!ディルドの選び方!
  • 用途に合わせたディルドの紹介!
  • 実は一番大切なメンテナンス方法が分かる!
目次

ディルドとは?

ディルドとは、勃起した男性器を再現したアダルトグッズです。ディルドは、アダルトグッズの定番でもあり人気のグッズです。
バイブやローターに比べて少しハードルが高く感じる人もいるかと思います。確かにディルドは、形も男性器をリアルに再現していることから生々しいものもあったり、サイズもかなり大きいものもあるので躊躇すると思います。
ディルドのイメージはリアルさが強いの迷う事もあると思いますが、実は用途に合った使い方が出来る様々な種類があります。
初心者用から上級者用と数多くディルドはあるので、初めての人でも安心して使用することが出来ます。

ディルドを使ったオナニーの方法・コツ

挿入前に膣内を柔らかくする

基本的に性行為で大切なことは、アダルトグッズや男性器を挿入する場合はゆっくり下準備をすることが大切です。
「前戯」と言われるものです!挿入前にしっかりと膣内を柔らかくすることで、ディルドの馴染みを良くしたり感度が上がったり、肌トラブルのリスクを軽減することができます。
面倒に思うこともあるかと思いますが、実はとても重要なことです。気持ち良くディルドオナニーを出来るようにしっかりと柔らかくしましょう。

クリトリスや乳首を触りしっかりと膣内を濡らす

クリトリスや乳首を触ると興奮が増したり膣内が濡れる作用があります。クリトリスや乳首は性感帯ですので、膣内の性感帯以外を使用して状態のいいまんこを作りましょう。
ここでディルドを迎える準備がしっかりと出来ていると、気持ち良さが全然違いますので怠らないように丁寧に行いましょう。
ただ触るだけでは意味がないので、自分の感じる触り方を探したり色んなエロい妄想をしながらすると、オナニーの質も上がるので意識してみてください。

濡れにくかったら潤滑ゼリーを使用する

コンディションが良くない日や濡れにくい日は誰しもあると思います。コンディションは悪くてもムラムラしたり、我慢できなかったりすることもありますよね?
そんな時におすすめなのは、潤滑ゼリーを使用することです。潤滑ゼリーとは性行為やオナニーで使用されるもので滑りを良くするゼリーです。
ローションも同じ役割ですが、潤滑ゼリーの方が扱いが簡単なので使用をおすすめします。
潤滑ゼリーを挿入前にディルドに着けて行うと、まんこが濡れていなくても滑らかに挿入することが出来ます。滑りが悪いと、膣内を傷つけてしまう可能性があるので滑らかに挿入できる環境にしましょう。

しっかり濡らして柔らかくなったらゆっくり挿入する

しっかりとまんこを濡らすという事は非常に大切です。まんこがしっかりと濡れていると挿入しやすいだけでなく、感度も上がりディルドを包み込むことで膣全体で楽しむことが出来ます。
柔らかくなったらゆっくりと膣にディルドを挿入します。優しく挿入することで、馴染みやすくなる以外にも怪我のトラブルを減らすことが出来るので焦らずゆっくりと行いましょう。

最初はゆっくり動かす

最初は怪我のトラブルを防ぐためにゆっくりと動かしましょう。ゆっくり動かすことで、濡れている膣内で滑らかに挿入でき膣全体で感じる用意ができます。
最初から激しく動かすのも気持ちがいいかもしれませんが、痛みを伴う事もあるので特に初心者の方や膣周りや皮膚がデリケートな人は注意してください。
ゆっくり挿入していればトラブルの数も減り、安定して気持ち良くなれます。

ディルドが馴染んで来たら満足いくまでディルドを楽しむ

ディルドが膣内に馴染んでくると、気持ち良さも増してくるのでその状態まで行くと、後は満足いくまでディルドを楽しむだけです。
出し入れだけではなく、恥骨側をあてるようなイメージで挿入するとGスポットを刺激することができ、更に強い快感を得ることが出来るので試してみてください。

ディルドの選び方

サイズを選ぶ

アダルトグッズ選びで大切なことは、サイズ感です。サイズが大きいほど快感や刺激は強くなりますが、その分怪我のリスクも高くなります。
大きいと膣奥に当たる面積が大きくなり距離も短くなるので膣を傷つける可能性が高いです。
傷がつくとなかなか治りが悪いところなので細心の注意が必要です。

太さで選ぶ

男性器に求めるもので代表するものは、太さです。
実際に男性器では物足りない太さをディルドでは問題なく楽しむことが出来ます。太さも様々で、初心者でも安心して使用できる細めの物から上級やの方向けの極太までいろんな太さがあります。
最初は慣れるまでは細めを使用し、慣れてきたら徐々に太くして楽しみを増やしていくのもおすすめです。

デザインで選ぶ

ディルドには男性器をリアルに再現したものや、ネタに走った面白い系など数多くあります。
リアルの物は、亀頭の部分から勃起時に浮き出る血管もリアルに再現しているので見た目でも興奮するようなデザインです。
ネタなものは、話のネタにもなるような形で良くアダルトな想像をされる野菜などの形が多くあります。

電動・吸盤タイプで選ぶ

ディルドは電動タイプと吸盤タイプがあります。電動タイプは、その名の通り電動式で回転や振動など電動的な動きをしてくれます。
ただ挿入しているだけで快感を味わうことが出来る優れものです。
吸盤タイプは、床や壁に吸盤でくっつけることができ疑似セックスやフェラの練習など実践練習にも使えるタイプです。
吸盤ということから、フリーハンドで挿入ができるので空いた手でその他の性感帯を触る同時責めも楽しむことが出来ます。

初めてのディルド

柔らかいディルド

柔らかいディルドは、初心者にも扱いやすく幅広く使用できるので1本は持っておきたいディルドです。
柔らかいと膣内を傷つけにくくなり、滑らかな挿入ができることから怪我のリスクが減ります。
上級者でも使われている柔らかいディルドなので、柔らかいから気持ち良くないという事はないので安心して使用できます。
柔らかいとは言ってもすべてが柔らかいわけではありません。外側は柔らかく、内側はしっかりと芯が硬いので挿入の際も刺激は十分にあります。

メリットデメリット
オナニーがより気持ちよくなる
種類が豊富で飽きない
自分の感じるスポットを探せる
柔らかい質感のため怪我のリスクを減らせる
吸盤タイプだとくっつける場所が限られる
柔らかいがゆえに少し物足りない
自分で動かす必要がある

安いディルド

現在のアダルトグッズには多くの種類があります。その中でも価格に関しては安いものから高級なものまで幅広くあります。
そんな中の安いディルドは、安いからと言って粗悪なものばかりという事ではありません。安いディルドでもしっかりとした作りの物が多く、初めてのディルド購入の時や、上級者でもお気に入りを探すためにお試し購入の時など様々な場面で安いディルドは求められています。
高級すぎるとなかなか手が出せなかったり、買っても合わなかったりするともったいないこともあるので最初は安いものから挑戦するといった声が大きいのが安いディルドです。

メリットデメリット
たくさんの種類を試せる
最初に一本としてハードルが低い

小さいディルド

小さいディルドはその名の通り小さい又は小さめなディルドの事を言います。ディルド選びで大切なことの一つでサイズ選びがあります。
サイズは大きいものから小さいものまであり、その中の小さいディルドは初心者にも上級者にも幅広く人気のディルドです。
短いものを選ぶ理由として、膣の長さに関係する場合もあります。膣が短いと通常のディルドの場合だと奥まで当たりすぎて痛みを感じる場合があります。
大きすぎると子宮を突き破り、大きなトラブルの原因になるのであえて小さいディルドを選ぶこともおすすめです。
小さくても気持ち良くなれるような設計がされているので安心して使用できます。

メリットデメリット
初心者でも安心て使用できる
扱いやすく気持ちがいい
幅も取らず管理もしやすい
小さいが物足りなさを解消してくれる
ディルドの使用経験がある人には少し小ささを感じる
通常のディルドに比べて品薄
振動機能が好きな方は不向き

細いディルド

サイズ感で重視したい点の一つで、太さ細さがあります。
細いディルドは、初心者でも扱いがしやすく初めてのディルドという方に大変おすすめなディルドです。
細いと挿入の時もスムーズに挿入が出来るので、痛みを感じることも少なくなります。ディルドを楽しみたくてディルドに挑戦したのに、太すぎるものを選ぶと裂けてしまったり傷をつけてしまったりするので楽しめなくなります。
そうならないためにも細めの物を選ぶ事で、怪我のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。
細くてもしっかりとした作りになっているので、快感もしっかりあるので細いからといって気持ち良くないという事はありません。

メリットデメリット
ピンポイントで性感帯を刺激することができる
自由な使い方ができる

日頃オナニーしている方々におすすめ

メリット
コツが必要
性感帯を探ることができないかも

慣れて来たら使えるディルド

電動ディルド

電動ディルドは、その名の通り電動で動くディルドの事をいいます。電動タイプは、いろんな振動や回転や動きがあり、物によっては多くのパターンがあるものもあります。
ディルドが電動で動くことで普段のオナニーやセックスよりも違う感覚で更に強い快感を味わうことが出来ます。ディルドは勃起した男性器を再現しているので、どちらかというとセックス寄りの感覚に近いと思います。
そのセックスに近い快感に加えて電動機能の快感が加わるので、正気を保てないくらいの快楽を味わうことが出来ます。
遠隔操作も可能なものもあるので、オナニー以外でも楽しめる場面も出てきます。
電動なので充電が必要になりますが、充電口にはカバーがされていたり工夫されているものが多いので、防水対策もしっかりとされています。

メリットデメリット
リアルな男性器の形で気持ちよさが倍増
おしゃれなディルドもたくさん
電動ならではの動きが存分に楽しめる
見た目がリアル

イボ付きディルド

イボ付きディルドは、シンプルなディルドにイボ状の突起が付いているデザインで、挿入時に更に強い快感を味わうことが出来ます。
見た目はすごくインパクトがあるデザインですが、実際に使ってみると快感は抜群でかなり刺激の強いディルドになっています。
勃起した男性器を再現していたとしても、突起の快感はおそらく味わえません。その反面、イボ付きディルドは通常のディルドよりも刺激は強いです。
ですが、イボ付きディルドは快感は抜群ですが初心者には少しレベルが高く扱いにくい可能性があります。
初めての方は少し慣れてから挑戦することをオススメします。

メリットデメリット
見た目から受ける刺激
イボがアソコに当たって感度が高まる
性感帯の開発が出来る
セルフプレイの幅が広がる
自分に合った物を見つけるまでが大変
初めは自分の性感帯に当たりにくい

吸盤付きディルド

吸盤付きディルドは、最も定番なタイプの物です。吸盤が付いているので床や壁にディルドを直接くっつけることができ、セックスの疑似体験ができます。
セックスの疑似体験だけでなく、フェラの練習もできるのでとても重宝するタイプのディルドになります。最初は難しいと思うので、吸盤を使用せずに手で持って挿入の練習をしましょう。
慣れてきたら吸盤を使用してオナニーをすると更に気持ち良くなれます。
吸盤付きディルドは全体がシリコンや柔らかいゴム素材で作られているので、完全防水の物が多いです。つまり、丸洗いが可能です。
丸洗いが可能という事は、衛生面も清潔に保つことが出来ます。

メリットデメリット
リアルなシチュエーションを楽しめる
騎乗位・バックなどの体位やフェラの練習ができる
慣れが必要

透明なディルド

透明なディルドは見た目のカラーが透明のディルドです。リアルに男性器を再現したものは、肌色なので少し生々しい感じがしますが、透明ディルドはクリアカラーがとても清潔感を与えてくれたり生々しい感じがしないことが特徴です。
透明なカラーは光を吸収することができ、照明と上手く合わさってとてもエロい雰囲気を作ってくれる優れものでもあります。
クリアカラーだけでなく、透明でも柄にもこだわりがあるものがあります。柄が上手く反射をすると、きらきらと輝くように見えて気持ちも落ち着くような空間を作ってくれます。
快感だけでなく雰囲気作りも非常に大切なことから、透明なディルドは大活躍すること間違いなしです。

メリットデメリット
見た目がきれい
メンテナンスしやすい
自分で動くので疲れる

上級者向けディルド

極太ディルド

極太ディルドは、なかなか日常ではほぼ味わえない極太の男性器を再現したディルドです。極太サイズとなると、かなりのディルドオナニーの経験があり慣れていないと難易度が高いです。
細かったりすると少し満足がいかなかったり、今まで大きいチンコでセックスしたことがないという方には向いていると思いますが、慣れるまではゆっくりと徐々にサイズアップをしましょう。
日本人男性器の平均太さは約3.5㎝です。極太ディルドの基本の太さは約7㎝超えの物が大半です。丁度日本人男性平均ふとさの2倍です。
挿入前からかなりのド迫力を感じるサイズ感です。それくらい極太になるので、ゆっくり拡張をしていかないと大変危険です。
極太ディルドは拡張をしっかり丁寧に焦らず我慢してやっと手に入ったご褒美とも言えますね。

メリットデメリット
普段のオナニーとは違う世界が見える
圧倒的圧迫感!
使用しすぎると子宮に負担がかかることもある
保存方法に気をつけないと変形してしまう!

双頭ディルド

双頭ディルドは、両端が亀頭の形になっていたり挿入できるようになっている二人用のディルドです。
双頭ディルドは、なかなか興味深いものではあるものの、手が出せないし一歩が踏み出せないという人が多いアダルトグッズです。
一歩踏み出すことができ、双頭ディルドをプレイすると恥ずかしい気持ちだったり快感だったりと様々な感情が混ざり興奮が増します。
ただのオナニーディルドではなく、カップルでも使用できるのが特徴でもあります。お互いが感じている姿も見れるので、一味違うディルドです。

メリットデメリット
1本のディルドで一緒に楽しめる
SMプレイを楽しめる
相手の感じている姿を目の前で見れる
マスターしないと最初は気持ちよくないかも
潔癖症の人には少し抵抗があるかも

ディルドの洗浄やメンテナンス方法

使用前に必ずチェック

使用する前は興奮をしている状態でもあるので時間はかけたくないところですが、使用前にディルド自体をしっかりとチェックしておく必要があります。
仮に破損していた場合、それに気づかずに挿入をするとディルドの破損した部分で膣内を傷つけてしまったり、破片が膣内に取り残されたりする可能性があります。
膣内に残ったまま気付かず放っておくと、破片が癒着し最悪の場合手術しなければなりません。
使用前の破損チェックは、トラブルを未然に防ぐ重要な確認ですのでしっかりと怠らないようにしましょう。

使用後も全体をチェック

使用後も使用前と同様必ず見て触れてチェックをしましょう。
実際に見て触れてみないと大きな変化に気づかないこともあるので、しっかりと確認をしないと破損を見落とす可能性があります。
破損は人体に重大な影響を与えるきっかけとなるので、自分の身を守るためにもしっかりと手入れをしましょう。

防水性能をチェックし水洗い可能であれば洗浄する

ディルドにはそれぞれ防水加工の有無があります。すべてが完全防水の物や、挿入部分だけ防水、電動タイプだが充電口にカバーありなど様々な仕様があります。
防水加工のものであれば、しっかりと水洗いをしましょう。洗う時のポイントとしては激しくゴシゴシ洗うのではなく、優しく洗う事を心がけましょう。
丁寧に扱う事で状態の良いまま長く使用することが出来るので、大切に扱いましょう。

しっかりと乾かし、高温多湿・直射日光を避けた場所に保管する

洗浄後で気を付けなければならないポイントが、しっかりと乾かすことです。生乾きのままだとそこから菌が繁殖し、感染症などのトラブルを起こす可能性があります。
膣周りは非常にデリケートな部分になります。しっかりと乾かし生乾きの状態でないように必ずしましょう。
そして保管場所については、高温多湿・直射日光を避けた涼しい場所に保管をしましょう。

専用のアルコールスプレーを使用して除菌・消毒を行う

現在は、アダルトグッズ専用のアルコール除菌・消毒スプレーがあります。
アダルトグッズにも対応しているアルコール濃度に調節されているため使用が出来ます。専用以外のアルコール消毒は濃度も定かではないので、濃度が強すぎた場合に形状が壊れてしまう可能性があるので、使用したい場合は専用の物を使いましょう。

ディルドについてよくある質問

初心者はやっぱり細め短めでないとダメ?

初心者でもどういう快感を味わいたいかは人それぞれです。細め短めだと満足できないかもしれないと思う時は、日本人平均サイズのディルドかそのサイズに近いものを選ぶといつものよりも快感が増すと思います。
ダメと言うわけではありませんが、怪我のリスクもあるのであまり大きいサイズは初心者の方にはあまりお勧めはできません。

アルコール消毒を薄めたものはOK?

基本的には、専用の物以外は濃度や成分などが曖昧なためおすすめはできません。
専用の物だと不安に思う事もないと思うので、一度専用の物をチェックしてみることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ディルドにはいろんな種類があり、勃起した男性器を再現してることからかなり重宝するアダルトグッズです。使いこなすことが出来れば、「相棒」と呼べるような存在になると言っても過言ではないグッズです。
いくら気持ちいいからと言って無理な使い方をするのはNGです。性的欲求を満たす時は、デリケートなゾーンでのことになるので丁寧に行う事をおすすめします。
丁寧に行う時はオナニーの時だけでなく、メンテナンスの時もしっかりと丁寧に洗浄・保管をしましょう。メンテナンスをしっかりと行っておくと、長く清潔に使用できるので管理を徹底しておくことで間違いないと思います。
自分の身は自分でしっかりと守り、楽しいディルドライフを楽しんでください。

おすすめの女性向けエッチな動画を紹介してます

私たち編集部が、おすすめの女性向けのエロ動画を紹介!

実際に見てよかった動画だけをレビュー付きで紹介しているのでぜひ動画選びの参考にしてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次