神様になった日 無料動画視聴方法と見逃し配信

2020年秋アニメ

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

10月13日より
見放題配信

今すぐU-NEXTで無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

TVアニメ「神様になった日」第1弾アニメPV
アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯よりアニメが好き!

アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

ひな:佐倉綾音
成神陽太:花江夏樹
伊座並杏子:石川由依
国宝阿修羅:木村良平
成神空:桑原由気

<STAFF>

原作・脚本:麻枝 准(VisualArt’s/Key)
監督:浅井義之
キャラクター原案:Na-Ga(VisualArt’s/Key)
キャラクターデザイン・総作画監督:仁井 学
美術監督:鈴木くるみ
撮影監督:梶原幸代
色彩設計:中野尚美
3D監督:鈴木晴輝
編集:髙橋 歩
音響監督:飯田里樹
音楽:MANYO・麻枝 准
アニメーション制作:P.A.WORKS

主題歌 OP:「君という神話」麻枝 准×やなぎなぎ

ED:「Goodbye Seven Seas」麻枝 准×やなぎなぎ

(C)VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
(C)VisualArt’s/Key/Charlotte Project

あらすじ

TVアニメ「神様になった日」第2弾アニメPV【10月10日(土)24時より放送開始!】

高校最後の夏休み、
大学受験を控えた日々を送る成神 陽太の目の前に、
ある日突然「全知の神」を自称する少女・ひなが現れる。

「30日後にこの世界は終わる」

そう告げるひなに困惑する陽太だったが、
神のような予知能力を目の当たりにし、
その力が本物だと確信する。

超常的な力とは裏腹に天真爛漫であどけないひなは、
なぜか陽太の家に居候することが決まり、
2人は共同生活を送ることになる。

「世界の終わり」に向けて、騒がしいひと夏が始まる。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

10月13日より
見放題配信
31日間無料
今すぐ見る

10月13日より
見放題配信
14日間無料
今すぐ見る

10月13日より
見放題配信
初回2週間無料
今すぐ見る

アニメをanitube(アニチューブ)やアニポでダウンロードするのは違法!

アニメを視聴するにあたって、
おすすめは安心で快適な動画配信サービス
です。

数年前までは動画投稿サイトや違法サイトで
アニメやドラマなどを視聴することが
公然となっている風潮がありました。

しかし近年、世界的に著作物の
違法アップロードに対する取り締まりは厳しくなっています。

かろうじてそれらのサイトで見ることができたとしても
映像が乱れたり、途切れてしまったり、
満足な視聴は保証されていません。

そればかりかウイルス感染の危険がある
ポップアップ広告が仕込まれていたり、
刑罰化されているダウンロードが
たったワンクリックでできてしまうような
危険なサイトも横行
しています。

定額動画配信サービスを利用すれば
上記のような心配は一切なく、
安心・安全にこれらのコンテンツを楽しむことができます。

放送前のライターコメント紹介

自称神様と名乗る女の子ひなと大学受験を控えた高校生成神陽太を軸に青春ストーリーが描かれます。30日後に世界が滅ぶそんな大変な事を予言しているのに天真爛漫で明るく振舞うひな。悲壮感など全くなく陽太の家族や友人を巻き込んでドタバタ劇が展開されるようです。陽太の夏の過ごし方がひなと出合った事で全く予定外の事となります。1日1日が受験勉強をするよりも充実した日々となるでしょう。ひなが巻き起こす騒動などは陽太にとっては面倒な事となりそうですが、彼女の笑顔を見るとすべてを許してしまうそんな気がします。本当に世界が滅ぶのかは終盤ではっきりするでしょうが、登場人物達の生き生きとした夏のすごし方は見ている人を楽しませてくれるはずです。夏の楽しさそしてその後訪れるであろうシリアスな展開はきっと心に残る作品になるでしょう。
40代男性
神様と名乗る女の子が突然目の前に現れて一緒に暮らす事になるなんてラブコメ全開のドタバタが見られそうです。神様だと信じて貰うために能力を使う意外は特にファンタジー要素がないみたいなのが不思議で、普通の学生生活を送る青春アニメみたいですね。謎の会社が孤児を引き取ってまで何かを探らせているのはミステリアスで陰謀が絡んでそうで何が起きるのか期待しています。受験生の夏に居候なんて迷惑しかないと思ってたけど30日後に世界が無くなるなら勉強しなくて良いのは良いかも、でも世界の終わりを止めなきゃいけないんですよね。主人公はバスケで青春して、主人公の妹が自主映画とってたり、麻雀大会が出てきたりと登場人物の数だけイベントがありそうなので楽しみです。ごく普通の高校生達が世界の終わりにどうやって立ち向かっていくのか、友情にラブコメと色々忙しそうだけど世界は救えるのか最後まで見たいです。
40代女性
P.A.と麻枝准のタッグがまたやってきたということで、差し当たって視聴する気は満々です。特に期待しているのは、きっと素晴らしいに違いない楽曲の数々。前の2作の主題歌諸々、今もたくさんお気に入りです。そしてこの作品で引っかかるのはタイトルです。神様に「なった」とありますが、それは誰を指しているのでしょうか。キャラに全知の神を名乗る少女がいるので、安直にいけば彼女の過去からくるタイトルです。しかし、そんな簡単な意図をタイトルに持ってくるでしょうか。まあなんにしても、本編を観ないと始まらないのですが、早くなにかしらのヒントがほしいとうずうずしています。少なくとも少女の言葉通りに世界の終わりを迎えないために登場人物たちがどんな風にあがくのか、非常に気になるところです。
30代女性
麻枝准氏が手掛けてきたKey作品には毎度毎度、感動させられ泣かされてきましたので、今年の秋アニメの中ではダントツで期待しています!物語のイントロダクションを見た感じですと、迫りくる世界の終わりとほのぼのとした生活のギャップが感動を生む展開なるのではないかな!?と勝手に予想しています!声優さんも皆、演技が安定して上手な方ばかりが起用されていますし、公式サイトを見た限り作画のレベルの高そうなので、極めて高いクオリティの作品になるのではないでしょうか!?楽曲も素晴らしいものが期待できそうです…、Key作品ではシナリオと楽曲のシナジーで何度も泣かされてきましたからね…。後世に語り継がれる名作の誕生の予感がします。
20代男性
広告でみて絵がきれいだったので、その時点でアニメスタート前から楽しみにしておりました。大まかなストーリー内容も拝見したのですが、ごくありふれた日常の中に起きるファンタジーといった感じでこれまたそそります。実際にありそうでないという点が魅力的です。世界の終わりが30日後に迫っているという設定なのですが、どのように破滅に近づいていくのか、はたまたどのように世界を救うのか全くわからないので、いろんな想像をかき立てられます。冒頭にも書きましたが、キャラクターたちが魅力的なデザインですので、どのように動くのか等も気になります。予告ムービーは軽く見させてもらったのですが、本編が気になりすぎて、見たのを後悔しています。期待できる作品です。
20代男性
「神様になった日」は、主人公とこの世の終わりを知っている神との共同生活を描いていますが、このアニメに登場する神はあと30日でこの世界が終わることを主人公に告げます。初めは主人公も信じていませんでしたけど、この神のすごい予知能力を目の当たりにして、徐々に言っていることは本当なのではないか?と信じるようになっていきます。30日後に世界が滅びるまで、主人公はこの神と一緒に生活をしていくことになるのですが、それがどんな状況になるのか?は楽しみです。あと1か月で世界が終わるというときに、今までと同じような過ごし方にはならないでしょうから。また、このアニメに登場する神は美少女の見た目をしているため、そこもこのアニメの特徴ですし、注目すべきポイントだと思います。
30代男性
制作がP.A.WORKSと知った段階で、既にこのアニメ作品に期待をかけていました。P.A.WORKSと言えば、どの作品もとにかく作画が綺麗というイメージなので、始まる前から早くも楽しみでしょうがない状態です。そして、佐倉綾音さんや花江夏樹さん、木村良平さんなどキャスト陣のあまりの豪華さに楽しみの度合いが高まりました。特に佐倉綾音さんが好きで、彼女の出演しているアニメやゲーム作品のほとんどを観たりプレイしている私としてはとても嬉しかったです。公式サイトにて神様になった日のあらすじを見て見たところ、夏休みが舞台になっていることを知ってますます興味が湧きました。キャラクターデザインも好みで何から何まで楽しみです。
20代女性
Charlotte以来のkeyアニメ最新作なのでとても楽しみにしています。まず、自称・全知全能の神を名乗る少女ひなの存在がとても興味深いです。神を名乗ったり、未来予知という超能力を使えたりと、可愛いらしいだけでなくとても不思議なキャラクターだと思います。主人公の陽太の家に居候する展開もとても楽しみです。陽太やひなをはじめとする仲間たちで映画を制作したり、青春感動ストーリーを期待している一方で、あと30日で世界が終わるというひなの言葉が一番印象に残りました。謎の少女ひなとは何者なのか。映画は無事完成させられ、どのような作品になるのか。そして、世界が終わってしまうとはどういうことなのか。とても気になる作品です。泣きゲー作品最新作としても期待が膨らみます。
20代男性
Angel Beats!やCharlotteなどの作品を手掛けたことで知られる麻枝准さんが脚本と原作を担当する新作アニメということで、今期で一番期待値の高い作品となりそうで注目してしまいます。繊細で人の感情の機微を丁寧に描き、感動する作品を多く手掛けてきた麻枝准が新作アニメ「神様になった日」では原点回帰として、切なく愛おしい物語を制作したということでとても期待してしまいます。本作では、主人公の男子高校生の前に突然現れた神様と名乗る少女との心温まる不思議なストーリーが描かれるということで、麻枝准さんらしい感動的なアニメ作品となりそうでとても楽しみです。ストーリーも面白そうで楽しみですが、キャラクターデザインもとても可愛くて、見どころの多いアニメとなりそうです。
30代女性
今秋から「神様になった日」がスタートするとの情報を知った時から、アニメが始まる日が来ることをとても楽しみに待っていました。自分は麻枝准さんの作品がすごく大好きで、今まで手掛けてこられたアニメ作品はほぼ全て見てきました。麻枝准さんとP.A.WORKSさんがタッグを組んで制作された「Angel Beats!」や「Charlotte」もとても素敵な作品だったので、またこの最強のタッグが手掛ける作品が見られることが本当にうれしいです。キャストの方々も豪華で、特に佐倉綾音さんは「Charlotte」に引き続き再びヒロインを演じられるとのことで、またあの時とは違った素敵な演技が見られることにワクワクしています。
20代女性
TVアニメ「神様になった日」第3弾CM【10月10日(土)24時より放送開始!】

各話紹介

#01 降臨の日

TVアニメ「神様になった日」第1話「降臨の日」予告映像

高校三年生の成神陽太は、
受験勉強の息抜きに公園で
バスケをしていたところ、
修道服を着た少女・ひなと出会う。

ひなは陽太に「我は全知の神である。」
と高らかに宣言し、そして
「30日後に世界が終わる。」と告げる。

陽太はひなを信用していなかったが、
ひなが起こす“奇跡”を
次々と目の当たりにすることになる。

脚本
麻枝 准(VISUAL ARTS/Key)
画コンテ
浅井義之
演出
阿部ゆり子
作画監督
小島明日香・山方春香

神様が思い描いた神様とは違って、”勢い”がものすごい人でビックリしました。陽太も神様の「世界が30日後に終わる」という言葉に戸惑うも、すぐに彼女と溶け込んでしまって、初対面なのに漫才コンビのような会話の掛け合いが絶妙に面白かったです。コメディ感が強く、シリアスというよりは終始二人のやり取りを笑って見てられる気楽感があります。いざなみさんに勇気出して告白するものの、数秒で返事が返ってきたシーンが特に笑えました。予想はしていたものの、陽太が不憫に思えました。陽太と神様のひなの会話のテンポも心地よく、展開も早いので飽きずに一気に最後まで見ることができました。二人の会話を聞くだけでなんだかほのぼのするような作品です。
30代女性
待ちに待った麻枝准×P.A.worksの最新作で大変期待しておりました。感想としては麻枝節全開で思わず引き込まれてしまいました。特にテンポの良い展開やところどころで散りばめられる伏線にクスッとさせられるギャグなど視聴者を惹きつけるものを持っている作品だと思います。作画に関しても目のハイライトが拘っている点と伺っていましたが、その通りで今までの麻枝作品よりも彩色豊かに描かれていました。さらに特筆すべき点は野球部との練習試合の後の伊座並さんへの告白シーンの作画は、アニメ映画のレベルで構図、作画ともに高水準で作られていて、なんの情報もない人が見ても心に残るアニメーションだと思います。陽太を始めとしてそれぞれのキャラが特徴的ですし、観ていて飽きない作品になっていて今期おすすめのアニメです。
20代男性
序盤から急な展開でついていけないかと感じましたが、徐々に慣れてくる感じが主人公と同じような立場で感じれて面白いです。自称神様だという少女に対する成神陽太の対応が世間一般的な対応をしており、全く知らない状態からスタートしているということと、自称神様は「世界が滅びる」というにわかに信じがたい内容を話しているので、この先どんな展開になっていくのか非常に楽しみです。また登場キャラクターの個性が癖がくせになりました。陽太の幼なじみの伊座並は見た目は可愛いものの勉強以外には興味がなさそうな感じの女の子で、陽太のお母さんは少し抜けてい感じがして笑える要素が盛り沢山。しかし序盤にここまで濃いキャラクターを置くと意外性とかがこの先感じれるのかが少し不安です。
20代男性
最初にアニメを見た瞬間絵が綺麗だなと思いました。音も透き通るような感じでふわっと世界観にすぐ入れるような、そんな印象を受けました。内容も面白くて、自分のことを神様って言ってたり競馬の順位を当てたりホントの神様っぽくて笑ってしまいました。私にもこんな能力があったら生きていくのに便利なのになぁとか自然と思ってしまいました。アニメ後半の野球部に戦いを挑んで、見事に負けて告白にも振られるシーンはあまりにも面白かったので笑いすぎて涙が出るほどでした。そこはきちんと告白が成功して、2人はお付き合いとかするのかなと思ったのでまさかの展開で面白かったです。意外性のある、見ていて面白く楽しい作品でした。
20代女性
主人公の成神の前にいきなり現れた神を名乗る修道服のひなが特に印象に残る回でした。この回で特にツボにはまってしまったのは主人公が好きな子にいいところを見せる為に野球勝負をするシーンで、ひなが予知能力を使い完璧な指示を下しきつめのボールのコースを全て交わして次打てる球だとドヤ顔きめるが野球のルールを全く知らない為に見逃し三振アウトというコントが思わず声に出して笑ってしまいました。全知全能を名乗るだけあって様々な事柄を予言したりと有能な感じを出しているが、話の各所にギャグ漫画的なツッコミ要素が数多くありギャグ中心のアニメかなと思ったら30日後に世界が滅ぶと伝えるなどシリアスな部分がでたり先が全く読めない展開であり今後が楽しみなアニメです。
30代男性
アニメのコスプレは今では珍しくないから普通に迷子だと思われている神様が面白い、神様だと言い張っても信じて貰えずホケとツッコミの漫才のようになっていて笑えました。30日後に世界は終わるから勉強しても無駄って受験生には厳しい事言いますね、ちょっと先の事を次々と言い当てるから本当に神様だと思ってワクワクしました、雨が降るとか渋滞が起きるとか便利ですよね、競馬予想が当たるのは最高ですね。図書館で待っていたのが誰から見ても美少女な幼馴染とか羨ましいですね、神様とドタバタしてしまって追い出されたのは笑えます。何故か野球をやってしまうのも笑えました、ピッチャーが何を投げてくるか分かってるのに三振って、おかしいなと思いながら見ていました。神様であるという事は半信半疑ですが一緒にいると楽しいので次は何で笑わせてくれるのか楽しみです。
40代女性
小さな女の子が元気でパワフルだと、見ていて安心します。ただちょっと騒がしかったですが。でもこの後に暗くなっていく展開を思わせるような不吉なことばかり言うので、このくらいはっちゃけてくれるのは最初だけかもしれません。そして幼馴染の美少女に主人公が1話目にして振られてしまってついわらってしまいました。でも即落ちやデレデレじゃない方が、違和感やご都合主義な部分を感じなくてリアルだと思います。ラーメン屋の競馬の件では、どちらかというとラーメン屋の主人のように少女を悪用できそうだなと思わず考えてしまい、ちょっと反省しました。やはり陽太のように悪意から連れて逃げてあげるくらいの人でないと、主人公はできませんよね。
30代女性
アニメ「神様になった日」第1話を見て、主人公の成神陽太の名前を知って、「太陽神」だと驚いた全知の神のひなが意外過ぎて可愛かったです。全知の神なんだから、陽太の名前も知っていて当然だと思ったのですが、そういう設定ミス的な所も面白いなと思いました。また、登場人物の人名にいろいろな神様に似た名前が付けられているのも面白いです。それぞれその神様の持つ能力などが使えるのかなと、これからの展開が楽しみです。ひなの見た目がちょっとロリータ趣味が入っているのもオタク男子にはウケそうで、これからの展開でエロい場面などあるのかどうかも期待してしまいます。ストーリーは世界の滅亡を防ぐ的な感じだと思うのですが、実際にどうやって防ぐのか、世界を滅亡させようとする敵対する組織が出て来るのか、この後の展開が楽しみです。
40代男性
これから地球が無くなるという大変なことが起きることだけは分かったけどあとは謎がのこる状態となった一話目になっていました。残った謎が気になるので続きがたのしみになる展開だと思えます。主人公につきまとい、家にまでやってくることになったシスターのヒロインが何者かとにかく気になりました。母親も同居をあっさりうけいれる神様ヒロインの実力の底がしれないものだと思えました。もうひとりのヒロインの主人公の幼馴染も気になります。無感情で冷めた少女にみえるけど、実は野球が好きで応援にもいくほど熱心であるという意外な点が分かったのが記憶に残ります。サッカーの方が得意な主人公が、野球で気をひくことが出来なくて絶望する展開をコミカルに描いているのがよかったです。
30代男性
主人公がバスケットボールで平和に遊んでいるところに謎のシスター姿のヒロインが乱入してきて地球は近いうちに消滅すると宣言する怪しい導入からかなり引き込まれるものがありました。佐倉綾音さんが軽快に演じるどこか間の抜けたヒロインが面白くて可愛かったです。キャラ性も芝居も好しでした。間抜けな感じをだしていても、未来を簡単に言い当てる神の目をもっていることがわかる展開にはわくわくしました。小さいけどどこか落ち着いた感じのあるメインヒロインに注目してしまいます。主人公少年が気になっていた幼馴染にあっさり振られてしまう展開も間抜けなもので印象に残ります。クールで何を考えているのか分からない片思い相手の女子も魅力的でよかったです。
30代男性

#02 調べの日

TVアニメ「神様になった日」第2話「調べの日」予告映像

ひなが遠い親戚であることを
母・時子から聞かされた陽太は、
成神家にひなを居候させることを
しぶしぶ納得する。

そしてひなは、映画制作をきっかけに
片想い中の幼馴染み・伊座並との
距離を縮めるよう、陽太に助言し――。

脚本
麻枝 准(VISUAL ARTS/Key)
画コンテ
浅井義之
演出
高村 彰
作画監督
杉光 登

 

いざなみさんの今までの生い立ちがよくわかったのと、陽太がいざなみさんのことをこれまでどう思ってきたのかが、彼の回想と共にわかりやすく表現されていたのがよかったと感じました。いざなみさんの心を向けるために陽太の為にひと肌脱いだ神様の策が、完全に某映画のパクリのような脚本で大コケしたのも面白かったですし、いざなみさんがそれに対して真顔でちょいちょいツッコミ入れてくるのでなおさら笑えました。おとなしい感じのするいざなみさんですが、ツッコミが的を得ていて静かなイメージの彼女から強さも感じられた場面でした。また、いざなみさんの弾くピアノの音色がとても美しく、陽太と共に聞き入ってしまいました。いざなみさんの魅力を存分に感じることのできて大満足です。
30代女性
まず最初に触れなければならないのはopです。麻枝准作品においては、このopが本編の内容に対する重大なヒントが隠されていたりするのですが、今作はそういう点では直接的に世界観に触れる表現はありませんでしたが、並走して走る陽太とひなのように別の世界を歩んでいるような印象を受けました。本編ではさまざまな映画のパロディが取り入れられており、自主映画作成をしている陽太の妹の空の興奮っぷりがとても可愛かったです。全体的に明るい雰囲気で進んでいきましたが、両親はなにやらひなについて知っていることがあるようですし、ひな自身も過去について言及するなど伏線も散りばめられていました。ラストには空の体調が良くないように見え、今後の展開に注目したいと思います。
20代男性
変なB級映画をとる流れで陽太が杏子に告白する流れを産むヒナの作戦がバカっぽくて面白かったです。絶対に有名作品のパクリ要素が入っている映画内容も楽しめました。成神家の面々の名前をきくたびになにかしらの文句をいうヒナのアクションが元気で可愛くて面白いものでした。いきいきと陽太を変な方向にリードするヒナのアクションに注目できる回でした。好きな子のために一生懸命オリジナルピアノ楽曲演奏を練習してきかせる陽太の努力にはややキュンとくるものがありました。途中から杏子もピアノを弾き始めるところは神秘的な感じがしてよかったです。杏子をいつ好きになったのか詳しく語る陽太のモノローグシーンも印象深いものでよかったです。
30代男性
成神家に当たり前にように居候するヒナをコミカルに描く導入空興味がわくものでした。陽太を前に「貴様にしては良い家」と偉そうに評価するヒナの態度が笑えるものでした。成神家の母、父も登場し、遅れて妹の空も登場したことでますます作品が盛り上がりを見せていました。母も父も当たり前のように他人のヒナを親戚だと嘘の設定を作って家にあげる流れが不思議でした。家族がヒナの存在を不思議がらない点が謎で面白い部分でした。妹の空が可愛く、変な映画をとるのが趣味なのは面白くで良かったです。ヒナ考案の古今東西の映画作品をパクった変な脚本も笑えました。意外と父が協力的で全部の映画に登場するのが面白かったです。変な映画のキャストに呼ばれても心を乱さない杏子のキャラ性も目立ってよかったです。
30代男性
成神家と一緒に過ごすことになったひなが子どものように無邪気で可愛かったです。また、それに振り回されている陽太の描写も良かったです。特に伊座並さんに振り向いてもらうためにはどうしたら良いのか悩んでいた陽太にひながしたアドバイスが、「映研に所属している妹の空に協力してもらって様々なシーンを撮影する」となった時には面白い展開になりそうだなと感じました。お友達やお父さんの協力のもと、撮影は進んで行きますが、伊座並さんの冷静なツッコミに思わず笑ってしまいました。さらに、陽太がこの撮影は意味があるのかと疑問に思っている中で、空は満足している様子だったのが面白かったです。最後のシーンで空が傷だらけで帰宅したのにはびっくりしましたし、この先の展開が気になるような終わり方で次回も見たいと思いました。
20代女性

#03 天使が堕ちる日

空の所属する映研部OGの
神宮司ひかりは、母が経営する
ラーメン屋を手伝っている。

しかし、ラーメン屋の経営は
傾いており、借金の取立て屋から
逃げる日々を送っていた。

神宮司を心配する空を見かねて、
ひなはラーメン屋を
立て直すよう陽太に命じる。

脚本
麻枝 准(VISUAL ARTS/Key)
画コンテ・演出
松林唯人
作画監督
小野和美・小笠原 憂・小澤 円・Park Ae-lee・Lee Bu-hee

 

 

 

 

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

コメント

タイトルとURLをコピーしました