京アニ作品 アニメ映画【聲の形】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法と最新話見逃し配信のまとめ

スポンサーリンク
U-NEXT

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

映画『聲の形』 ロングPV
アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 石田将也:入野自由
  • 西宮硝子:早見沙織
  • 西宮結絃:悠木碧
  • 永束友宏:小野賢章
  • 植野直花:金子有希
  • 佐原みよこ:石川由依
  • 川井みき役:潘めぐみ
  • 真柴智:豊永利行
  • 石田将也(小学生):松岡茉優

<STAFF>

  • 原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
  • 監督:山田尚子
  • 脚本:吉田玲子
  • キャラクターデザイン:西屋太志
  • 美術監督:篠原睦雄
  • 色彩設計:石田奈央美
  • 設定:秋竹斉一
  • 撮影監督:高尾一也
  • 音響監督:鶴岡陽太
  • 音楽:牛尾憲輔
  • 音楽制作:ポニーキャニオン
  • アニメーション制作:京都アニメーション
  • 製作:映画聲の形製作委員会
  • 配給:松竹

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

あらすじ

映画『聲の形』 本予告

「君に生きるのを手伝って欲しい」。

心に傷を負った少年がひとりの少女を通して自分の過去を乗り越え、
人との絆を結んでいく物語。

日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞や
日本映画批評家大賞アニメーション部門作品賞を受賞した話題作。

ガキ大将で粗暴な性格の小学生・石田将也は、
先天性聴覚障害を持つ同じクラスの転校生・石宮硝子を
耳が聞こえないことを理由にいじめていた。

やがて硝子はいじめが原因で転校してしまう。

そして将也は、硝子をいじめたことが原因で
クラスから孤立してしまい、
更にはいじめのターゲットになってしまう。

時は経ち高校性になった石田は、
小学校の時にいじめられていたことがトラウマで
人間不信になり、孤立した高校生活を送っていた。

硝子への罪の意識が消えることのない石田は、
とある手話サークルで硝子と再会。

硝子に謝罪をするつもりが、
「友達になってください」と伝えてしまう。

小学校の頃にわだかまりを残したふたりだったが高校生になり、
当時の友達や現在の友達、家族を巻き込んで、再び接近するが…。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
2週間無料
今すぐ見る
彼女に振られた男子大学生がレンタル彼女をしてみたら凄く可愛い子が来たのは良かったですよね。でも金銭が発生してるからお金を渡す時はリアルで虚しさとか感じないのかなって思いました。本当のデートのように楽しい時間を過ごせるのは見ていても疑似体験をしているようで楽しいですよ。主人公は彼女に不満をぶつけてしまいますが、素の彼女を見れたのはギャップがあって良いと思います。綺麗事ばかり言う現実感が無い男には厳しい現状を叩きつけられたような感じもあるので男性は心して見た方が良いかも。祖母が倒れたと病院に二人で向かうと彼女だと紹介してしまう見栄っ張りなのはトラブルの予感がしますね。何故か元カノが近づいてきたり、女子高生から好意を持たれたりとモテ期到来で男子大学生は良い夢が見られそうです。
40代女性
この作品は、原作は漫画であるということなんですが、自分はもうすでに漫画で読んでしまっているので、なんとなく物語は掴めているのですが、アニメでは漫画以上のものを期待していきたいと思っています。彼女のできない平凡な男子高校生が主役なんですが、ひょんなことから彼女を借りられることになり、そこから借りた彼女といろんな展開になっていく、そんなはちゃめちゃなところがこの作品の魅力になっていると思います。自分が注目していきたいのは、声優さんですね。ヒロインの声がどんな感じの声なのか今から気になっています。優しめの声なのか、それとも強めの声なのか、ヒロインの場面に応じて声優さんの声に注目していきたいと思っています。
20代男性
何才になっても自分の若い頃を思い出して気持ちが若返ったりキュンとして青春ものアニメは大好きなので7月期からも青春ものアニメが始まると思うだけでも心が踊りますし、主人公は同じ男性なので感情移入もしやすいという点でもより親しみも持てます。そして何よりの楽しみはタイプの違う女性が複数登場する事です。それぞれとても魅力がありそうですし和也とどのような関係を築いてくのか、最終的にはめでたく誰かが和也の恋人になるのか、和也と関わる女性達との関係がどのような展開になるのか目が離せません。和也の祖母の夢である孫にいい人が出来るという夢が叶い最高のハッピーエンドを迎える事になればと願っています。和也の男性の友人達もとても人が良さそうな人物ばかりなのでほっこりした気持ちになれそうな気がします。
50代男性
和也は彼女だった麻美ちゃんに振られてしまい、レンタル彼女を借りてしまいます。そこで出会ったのが、百人見れば百人が振り返る”彼女”、水原千鶴でした。レンタル彼女という制約のある関係で二人の関係はどうなるのかというところが、最初から気になっています。私は単行本で読ませてもらっていますが、アニメ化すると聞いたときは、アニメで「あの完璧な”彼女”、千鶴が動くのか!!」と楽しみでした。今ももちろんありますが、今は割りと、アニメの尺でどこまで話を進めるのか、最後に決着がアニメでわかってしまうのかがとても気になっています。だらだら伸ばしてしまうと、原作では彼女候補になりそうな子が何人か出てきてしまい、どこで話を区切るか、収束をつけるのかが気がかりな面です。一年半ほど前から読んでいるので、雑な終わり方はしてほしくないなと思います
10代女性
世の中にはいろいろな便利なサービスが溢れていますが、この「彼女、お借りします」で描かれている世界でもそんなサービスが存在しています。それがレンタル彼女であり、これは現実にも存在しているサービスです。主人公はこのレンタル彼女を利用して、一定時間だけ自分の彼女としてデートをしていくことになりますが、結果的にその相手に好意を抱いてしまうので、その主人公の恋の行方は最大のみどころだと思います。そして、このアニメでは主人公が好きになる女性以外にも、複数人のレンタル彼女として働いている女性が登場し、レンタル彼女といってもいろいろなタイプの人がいることが分かるため、そこも非常に楽しみだと思います。男性の好みもいろいろとあるため、女性のタイプが幅広い状況であるというのは恐らく理にかなっていると思うのですが、そういう意味では現実のレンタル彼女に近い、リアルな部分を感じられる一面もあると感じられるはずです。
30代男性
彼女、お借りしますは、原作コミックが400万部を突破するほどの人気なのでおもしろいんだろうなととても期待しています。ラブコメだそうですが、きっかけがレンタル彼女だというところが新しいし、金銭が発生する関係からどうやって本物の恋に発展していくのかに注目したいです。ヒロインの千鶴は清楚可憐な理想の彼女を演じることができるということなので、その可愛さにドキドキさせられたいなと思いました。かなりの美少女だし、いろんなテクニックを持っていそうでワクワクします。一方、主人公はダメダメだそうですが、逆に母性本能をくすぐられる感じなのかもしれないなと思いました。大人だけどピュアな恋愛だろうし、笑いあり、ドキドキありなことを期待しています。
30代女性
初めての彼女にたった一ヶ月でフラれてしまってやけっぱちになり、レンタルで彼女を借りる方法をとるダメダメな二十歳の大学生が主人公という点に、親しみが湧きます。ダメダメなんだけど、お人よしというところが”こういう人いるよね!”という気持ちを起こさせて、彼の恋模様が今後どのようになっていくのか、ますます楽しみになります。やけっぱちで手を出したたった一度のレンタルから、新たに輝きだすリアルな恋心が、新鮮かつピュアな感じでとても初々しさをおぼえます。ダメダメで意気消沈している主人公和也の恋が、ハッピーエンドを迎えられるような展開になるといいなと願いながら、今後の彼の恋模様をドキドキしながら見れることを期待しています。
30代女性

アニメをanitube(アニチューブ)やアニポでダウンロードするのは違法!

アニメを視聴するにあたって、
おすすめは安心で快適な動画配信サービス
です。

数年前までは動画投稿サイトや違法サイトで
アニメやドラマなどを視聴することが
公然となっている風潮がありました。

しかし近年、世界的に著作物の
違法アップロードに対する取り締まりは厳しくなっています。

かろうじてそれらのサイトで見ることができたとしても
映像が乱れたり、途切れてしまったり、
満足な視聴は保証されていません。

そればかりかウイルス感染の危険がある
ポップアップ広告が仕込まれていたり、
刑罰化されているダウンロードが
たったワンクリックでできてしまうような
危険なサイトも横行
しています。

定額動画配信サービスを利用すれば
上記のような心配は一切なく、
安心・安全にこれらのコンテンツを楽しむことができます。

アニピヨライターコメント

聴覚に障害のある人物をヒロインに据えた珍しいタイプのアニメだと思いました。このようなテーマを題材にすることは一歩、間違えてしまうと差別とも捉えかねない難しい内容だったと思います。このヒロインである女の子は主人公の少年に小学校時代にいじめを受けていて、主人公の振る舞いには気分が悪くなるような内容でした。しかし、いじめを理由にその女の子は転校してしまい、今度のいじめの標的は主人公の少年に代わってしまいました。自分のしてきた行動に対しては自業自得とも取れるような感じで同情は出来ませんでしたが、月日がたちその事を反省して、再び再開した女の子の為に尽くそうとした姿は本当に心を入れ替えたと思える内容になっていて良かったと思いました。
30代男性
あまりアニメは観ないのですがアニメというくくりにできない本当に感情を揺さぶられる作品でした。最初は耳が聞こえないから苛められるんだ。障害を持っている子供が疎まられ苛められ、因果応報で天罰を受けるといった短絡的な見方をしていました。しかし、この映画は障害があるということが原因なのではなく、登場人物たちの別の部分に、それぞれが抱えている問題があり、子供達が持つ感情、その感情を、声を形にするまでの登場人物それぞれの葛藤や喜怒哀楽、成長といった部分を強烈に描いている久々に出会えた人間の負の部分も感じられる映画でした。目を背けたくなるような重たい内容の場面もありましたが、それを観ることができるのは全体的なアニメーションの美しさだと思います。アニメを見直すきっかけになった作品でした。
40代女性
石田と西宮が織りなす、成長物語です。京アニさんらしい繊細で観る者の心を、じわじわと打ってくる作風に感激しました。石田は小学生時代は聴覚障害の人間は、いかに辛いかも分からず、西宮をいじめました。西宮の補聴器を壊したことで、母に迷惑をかけてから、彼は学びの人生に入ります。人が何によって苦しみ、何によって幸せを感じるのか、ということを何年もかけて学びます。補聴器代を母親に返したという時点で、彼は大きく成長したのです。自分が傷つけた西宮と、ついたり離れたりしながら、贖罪をします。ラストは花火大会後に西宮の学びがあります。命を懸けて守ってくれた石田に、心の中の屈折は溶けます。そして名台詞「君に生きるのを手伝ってほしい」を石田が言うのです。彼の因果もここで溶け、人間らしい歩みを開始します。号泣できる本当に素晴らしい作品です。
60代男性
キャラクターの細やかな心情描写にこちらも心を動かされるような、そんな素敵な作品でした。素敵という一言で括ってしまうと少し語弊があるかもしれませんが……。でも「そういう事あるある」とか「こういう人いたいた」とか思って懐かしくなったり、時には自分の未熟な面を見せられているようで反省させられたり、そんな風に見ていて色々と心を揺さぶられる作品だったのは確かです。それくらい主要人物達――特に学生達の性格や言動はリアリティあるものになっていたと思います。すでに学校を卒業した身として懐かしさを覚えるだけですが、現役の学生達がこれを観たらいったいどんな感想を持つのかなとも気になりました。作中の石田や硝子みたいに、人とのコミュニケーションに苦労している子供達に何かを届けられればいいですよね。
30代男性
暗い青春の中で自分の心に蓋をした主人公にとって、周りの人間はモザイクがかかったみたいに顔が隠れているという表現が独特で面白いと思えました。後半ではそれが一気に剥がれ落ちるシーンが描かれ、その部分は美しかったです。花火を打ち上げるシーンが大変美しく、映像美を感じました。その中で川に飛び込むヒロインの姿は印象的です。ヒロインの妹が迷惑をかけたからといって土下座して主人公の家族に謝るシーンには涙を誘われるものがありました。いじめ問題の当人だけでなく、その家族達の複雑な人間心理にもスポットをあてた深い人間ドラマが見どころとなる良い作品でした。可愛い声と芝居に定評がある早見沙織さんが言葉を発しないヒロインを演じきったことは深く印象的でした。声なき芝居で魅せる演技も良かったです。
30代男性
硝子が将也に対して告白するシーン、硝子の言葉はうまく伝わらなかったようですが、返答が素敵だなと思いました。将也が硝子の手を握ったり、手話で会話した後に照れるシーン、こちらまで思わず照れてしまいました。硝子が自宅から飛び降りようとして将也が助けるシーン、とてもハラハラドキドキしました。君に生きることを手伝って欲しい、この言葉素敵でした。面白かった登場人物は永束、友人思いで、過去の事を知っても見捨てず、明るいキャラが良かったです。文化祭で一切の音などを遮断していた将也が耳を澄ませるシーン、もう一度人の声に耳を傾けて現実に向き合おうとするところがよかったです。この先の登場人物たちの人生が大変気になりました。
20代女性
最初はヒロインをいじめていた主人公が、いつしか自分もいじめられる側に回ることで、いじめをする方とされる方それぞれの気持ちを理解する設定がよいです。これによって異なるタイプの視聴者皆が感情移入しやすく設定されていると想います。主人公がいじめられるシーンでは、バックに音楽を流してPV風にすることでやんわり描いていたのが不快にならない工夫だと思いました。いじめに関わる当人同士のやりとりはもちろん、関わった者の親同士でもコミュニケーションがとられるシーンを描くのは珍しかったです。主人公の母が耳のピアスを取られて負傷するシーンは痛々しいけど、親の責任として傷を負うシーンを見せたのはリアル性があってよかったです。
30代男性
いくつか見たくないシーン(この映画だと耳を塞ぎたくなるかな)がありますし、登場人物のほとんどがいびつです。しかし、それが現実なんですし、この物語が伝えたいことの一つなんだと観て思いました。主人公とヒロインが、仲直り→想いが通じ合い→ハッピーエンドという、よくある終わり方ではなく、主人公が直前までの閉ざしていた周囲の「こえ」に、そっと耳を澄ませたことで世界が一瞬にして広がるシーンは、この物語にふさわしいラストシーンだったと思います。どうしても時間が限られてしまうため、原作漫画からカットされてしまった名シーンがいつくかあったりしたのは残念ですが、京アニ制作だけあって映像も美しくて、全体的にもまとまっているのでよかったです。いじめシーンがあったり、感動ポルノだと言われて観るのに抵抗がある方がいるようですが、物語の本質を理解できればそんな物語では無いことがわかるので、いろんな方に観てもらいたいです。
40代男性
ものすごく、いろいろなことを考えさせられました。障がい者をテーマにした作品の中でも、ヒロインと主人公の男性、両方にハンディがあるケースは珍しいと思いました。一人は目に見える障がいで、もう一人は目に見えない障がいで、様々な形があることを痛感しました。また、障がいを持った人が学校でいじめられる話は残念ながら頻繁に耳にしますが、この作品でもそれがあり、よりリアルを描けていたと思いました。そして、そのいじめは、いじめている側もいじめられる側になることもあると表現していたと思います。誰もが突然障がいを持つこともあるし、誰もが突然いじめの標的になることもある、そういった人間同士の社会生活の中で大切な物事を気づかせてくれました。作品を見て、そういったことを改めて納得できました。心に残る、そして他の人に語りたくなる、とても大切で考え深い内容でした。
30代男性
主人公の石田将也の幼少期から話は始まり、ヒロインの西宮硝子と出会います。まず京都アニメーションの美しい作画、色合いと人間関係の繊細な話とよくあっていて話と絵と引き込まれていきます。その後難聴である硝子に対するいじめが始まります。その内容な中々残酷なシーンが多くそれをポップなbgmで明るくしてるのが印象的でした。いじめを経験したことある人が見たらキツいんじゃないかと思うぐらいリアルで驚きました。他のシーンでも人間関係のこじれる部分が多く、その後虐めていた仲間達に裏切られた石田は人が怖くなり、自己嫌悪に陥ります。場面が進む事に連れて友人も増え明るくなりますが、人を恐れた石田は全周辺に言葉の攻撃をします。嫌なシーンや受け付けない性格のキャラもありますがそこが人間らしくてキャラとストーリーにとても惹かれました。
20代女子
こういう類のストーリーは、お涙ちょうだいの綺麗事なものが多いけど、そんなところが一切ないリアルな設定がすごく良かったです。将也の言いなりだったクラスメイトが硝子の事件から掌を返したり、直花が女子特有の嫌がらせをしたりと、見ていてとても共感できるところが多かったです。いちばん心動かされたのは、やっぱり将也の存在でした。いじめをしていた自分がいじめを受けたことでその罪を自覚し、死のうとまでしていたけど、再び硝子と出会ったことで世界が動き出していく様子には、どんな人でも頑張れば生まれ変わることができるんだなと勇気づけられました。淡い濃い模様もプラスされていてキュンとするシーンも多く、とてもおもしろい大好きな映画です。
30代女性
アニメーションがとても繊細で美しくて、見応えのある映像でした。キャラクターの個性や人となりが魅力的で、一人一人丁寧に表現されていると感じました。いじめや障害などの重いテーマから逃げずに、色々な立場の人からの目線や考え方を真っ直ぐに捉えているところが新鮮でした。この世の中で生きていくには色々な人と関わり合わなければいけないという事、その中には楽しくて美しいものばかりではない事、理不尽で残酷で逃げ出したくなるような時もある事、でもそれでも分かり合える方法を探していく大切さを教えてもらえたと思います。これが正解という結論の出ない問題に対して、真摯に取り組んだ素晴らしい作品だと思いました。思春期の子供と一緒に観たい映画です。
50代女性
初め見た時、原作の漫画が動き出してるのか、と思うほどヌルヌル動き綺麗な描写にすごく感動しました。元々アニメはそんなに見る方ではありませんが、京都アニメーションが手がけているということで見ることを決意しました。本当に期待以上でした。綺麗な描写とは裏腹に”いじめ”を扱っているので、人間の黒い部分や冷たさ、そして悲しみ、孤独、それがアニメーションからひしひしと伝わってくるように感じました。漫画ではわからなかった手話も丁寧に描かれており、ここではこういうんだなぁと勉強になったりしました。主人公がヒロインと関わっていく中で成長するシーンで空が映ったり、紙が舞ったり表現の仕方が本当に綺麗でした。アニメの良さが大きく出ており原作とまた違い、見て良かったです。
20代女性
ガキ大将の少年、石田将也と耳の不自由な少女、西宮硝子の物語を描いた本作は、アニメ映画でありながらも、障害に関する子どもたちの無知によって起こるいじめなどをダイレクトに表現していて、とても心を揺さぶられる素晴らしい作品でした。耳の不自由な西宮硝子と彼女をいじめてしまったことに罪悪感を抱く石田将也や周囲の人々の関係や、心の機微を丁寧に描いていてとても見ごたえがあり、どんな世代の人にも見て欲しいと思わせるような映画でした。そして京都アニメーション特有のまるで実写とファンタジーが融合したかのような美しい背景は、アニメでありながらも思わず見とれてしまうような映像が盛りだくさんで見ていて全く飽きません。
30代女性
この映画の良かったところは、いじめという実際の社会問題について取り扱い、私たちはその問題に直面したらどうすれば良いのかという1つの解決策を見せてくれたことです。もちろんフィクションですので全部があてはまるわけではありませんが、いじめる側の心理もこのアニメの中で描かれているので、それをよく理解すればいじめという問題の本質について考えられる余地があると思います。そしてもう1つこの映画の良いところは、そのいじめ問題について取り扱いながらも、説教くさくならないように、もしくは暗い話になりすぎないように配慮され、子どもでも見て楽しめるエンターテイメント作品としてしっかり昇華されているところにあると思います。
20代男性

————————————————————————
本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

映画『聲の形』の動画視聴・あらすじ | U-NEXT
「映画『聲の形』」を今すぐ視聴できます。みどころ・あらすじも併せて確認。DVDをレンタルせずに高画質な動画をみませんか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました