アニメ【ポケットモンスター(2019年~】の動画レンタル配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
未分類

この動画を楽しむならここがおすすめ!

\DVD宅配レンタルを30日間無料で利用しよう!/

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

ポケットモンスター、縮めてポケモンは、
この星の、不思議な不思議な生き物。

空に、海に、森に、街に、世界中の至る所で、
その姿を見ることができる。

これは、そんなポケモンのバトルで、
最強を目指す少年・サトシと、
すべてのポケモンをゲットするという
夢をもつ少年・ゴウの物語である。

サトシのパートナーであるピカチュウ、
ゴウのパートナーであるラビフットをはじめとする、
たくさんのポケモンたちとともに、
無限に広がるポケモンの世界への冒険が今、始まる。

さぁ……夢と冒険と!
ポケットモンスターの世界へ!
レッツゴー!

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon

キャラクター

サトシ
ある出会いから、ポケモンバトルの最強を目指す10才の少年。
正義感が強く、まっすぐな性格で、夢はポケモンマスターになること。

ピカチュウ
サトシと一緒に冒険をしている、最高のパートナー。
得意わざは、10まんボルト!


ゴウ
幼いころに出会った、幻のポケモン・ミュウを
ゲットすることを目標にしている、10才の少年。
落ち着いた性格だが、熱い心を持つ。
夢は、すべてのポケモンをゲットすること。

ラビフット
ゴウとともに試練を乗り越え、ヒバニーから進化した。
でも、ちょっと素っ気ない…?
小石を蹴って繰り出す「ひのこ」は超強力!

 


サクラギ博士
サトシとゴウの冒険をサポートしながら、
サクラギ研究所でポケモン研究を行う。


コハル
学校に通う10歳の女の子。
サクラギ博士の娘で、ゴウとは幼馴染。


ワンパチ
こいぬポケモン。
コハルにとてもなついている。


ロケット団
珍しいポケモン、強いポケモン、
そしてサトシのピカチュウを奪おうとする悪の組織。
サトシとゴウの冒険を追いかけて、各地方に現れる。

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • サトシ:松本梨香
  • ゴウ:山下大輝
  • ピカチュウ:大谷育江
  • サクラギ博士:中村悠一
  • コハル:花澤香菜
  • オーキド博士:堀内賢雄
  • ムサシ:林原めぐみ
  • コジロウ:三木眞一郎
  • ニャース:犬山イヌコ
  • ソーナンス:うえだゆうじ

<STAFF>

  • 総監督:冨安大貴
  • 監督:小平麻紀
  • クリエイティブスーパーバイザー:湯山邦彦
  • シリーズコンストラクション:米村正二
  • キャラクターデザイン:安田周平
  • 音響監督:三間雅文
  • 音楽:林ゆうき

オープニングテーマ「1・2・3」

タイトル 「1・2・3」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
うた After the Rain(そらる×まふまふ)
作詞 まふまふ
作曲 まふまふ
編曲 まふまふ
プロデュース まふまふ

エンディングテーマ「ポケモンしりとり(ミュウ→ザマゼンタVer.)」

タイトル 「ポケモンしりとり(ミュウ→ザマゼンタVer.)」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
うた ポケモン音楽クラブ(増田順一/パソコン音楽クラブ/ポケモンキッズ2019)
作詞 パソコン音楽クラブ
作曲 パソコン音楽クラブ
編曲 パソコン音楽クラブ
プロデュース 増田順一

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon

ライターコメント紹介

今回のポケモンのアニメは珍しくサトシが旅を続けていくタイプの話で無く、毎回違う地方に行くというタイプの話です。サトシがポケモンと心を通わせながらポケモンを仲間にしていき、バトルをするという展開は変わらないのでご安心を!(笑)ストーリーは大人でも子供でも楽しめるように作られていて、大人にとっては自分のリアルタイムでゲームやアニメを見ていた世代の地方が出てくるとワクワクし、子供はいろいろな地方の楽しさが味わえドキドキする作品になっていると思います。また、サトシと共にダブル主人公であるゴウとヒバニー(ラバフット)との関係、今回のヒロインであるコハルとポケモンへの距離感をワンパチやコハルの家族、サトシとゴウと絡めながら描いていく展開も見どころです。
20代女性
今回のシリーズはソード&シールド編というよりは、以前からのストーリーを完全にリセットして、サトシとゴウのダブル主役で物語を最初から始めるコンセプトです。アニメーション画風も異なりますし、サトシのキャラクターが以前よりも天然キャラとなっており、知的なゴウと対となるキャラクターとして描かれていると感じました。今までの作品ではサトシはあまりたくさんのポケモンをゲットするタイプではなく、ロケット団などとのバトル中心でしたが、今回の主人公のひとりのゴウはポケモン図鑑のコンプリートを目的としている為、沢山のポケモンを捕まえて使用しますので、たくさんのポケモンがバトルなどに参加してくれるので、ポケモン好きとしては楽しいです。
30代男性
「ポケットモンスター」のアニメは、「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール」の頃までは見ていたのですが、それ以来見ることが無くなってしまっていました。ですが「ポケットモンスター ソード・シールド」のゲームソフトを購入すると決めた頃から、ふと「久しぶりにアニメを見てみたいなあ」という気持ちが湧いてきて、見始めることにしました。アニメの絵柄は私が見ていた頃とは変わっていましたが、どこか懐かしさを感じてワクワクしました。一話目の「ピカチュウ誕生!」の話は特に強く印象に残っています。サトシとピカチュウが出会った頃の話は見たことがあったので知っていたのですが、この話はその時点よりさらに遡って、ピカチュウがまだ進化する前のピチューだった頃の話を見ることができたので嬉しかったです。一人ぼっちだったピチューがガルーラ親子と出会い、共に楽しい時を過ごし、成長していく姿は微笑ましかったです。そして大きくなったピチューが、ガルーラ親子のもとを離れようと決心したシーンには感動して思わず涙が出そうになりました。
20代女性
メインキャラではないですがコハルがお気に入りです。ポケモンのことが大好きな人ばかりが集まるアニメの中で、ちょっと距離を置いた付き合い方をしているところが印象的です。ポケモンの研究所の娘ということで、跡を継ぐのが当たり前だとみんなに思われていることを悩んでいる回を見てから「なんだか普通の女の子だな」と気になる存在になってしまいました。でもワンパチと仲良くしていたり優しい面もあるので魅力的です。私の好きな花澤香菜さんが声を担当していることもあるのでもっと活躍してもらいたい気もするんですが、あまり表に出ないのがコハルらしさだと思うと悩ましいところです。これからもちょっと冷めた目でサトシとゴウを見守ってあげてもらいたいです。
30代女性
ポケモンの楽しみ方は人それぞれのわけですが、バトルで頂点を目指したいサトシと全てのポケモンをゲットしたいゴウのダブルで主役にしたのはとても良かったと思います。どちらも険しい道のりですが、だからこそ応援したくなるので毎回楽しみに見ています。ポケモンはシリーズが変わると若干世界観が変わりますが、今回のシリーズの世界は冒険もあって私は大好きです。ポケモンたちの可愛さは相変わらずですが、新キャラのヒバニーが特に可愛く小さな子を見ているようなヤンチャさがたまりません。ラビフットに進化して反抗期っぽくなっているのもそれはそれで可愛いので見逃すことができません。サルノリ、メッソンの主要ポケモンもいつか出てくるのかと楽しみにしています。夢が夢だけに簡単には叶わないでしょうが、長く楽しませてもらえればと思います。
30代女性
私が2019年末から放映を開始している新シリーズの「ポケットモンスター」で好きなシーンは、1997年からスタートした「無印編」をセルフオマージュした要素があるのが好きです。特にオープニングテーマの「1・2・3」の最初のサウンドが昔発売されたゲームボーイの起動音だったり、タイトルロゴは青色で「ポケットモンスター」で副題が無いので原点回帰を意識していると思います。EDも1997年に話題になった「ポケモン言えるかな?」を連想させる曲なので、とても懐かしく感じます。本編も前シリーズで優勝した「サトシ」がもう一人の主人公「ゴウ」と共にポケモンの収集やバトルをしながら冒険して出会いや別れなど経験していく過去作を思い出すストーリー構成で楽しいです。
30代男性
今作は前シリーズであるアローラ地方終了後のストーリーが描かれております。1話ではピチューだった頃のピカチューが登場しており、ポケットモンスターを今作から見始めても、後のストーリーに追いつくことができるようになっております。サクラギ博士のサクラギ研究所を冒険の拠点として、新たな冒険がスタートとなります。主人公は前作から引き続きのサトシと今作の主人公ゴウのダブル主人公となっており、それぞれの目標に向かう日々の姿が描かれています。新たなポケモンの登場はあるのか。あのポケモンのとうじょうはあるのかなど。全シリーズからのファンの方も今シリーズからファンになった方も楽しめる内容となっております。
30代女性
2019年のポケモンシリーズは、サトシとゴウがサクラギ博士の研究所で出会い、ダブル主人公という形で今シリーズの冒険がスタートすることとなった。二人はサクラギ博士の任命によりサクラギ研究所に住み込みで、ポケモンの生態調査を行うリサーチフェローに任命された。ポケモンマスターを目指すサトシと全ポケモンのコンプリートを目指すゴウがリサーチフェローの仕事を行いながら、それぞれの夢へと向かいひた走る姿が描かれており、二人の成長する姿と新たなポケモンとの出会いがみどころの1つとなっている。また、今シリーズにおいては、今までサトシが冒険してきた地方のポケモンがすべて登場することも話題となっております。
30代女性
今回のシリーズのヒロインポジションのコハル。サクラギ研究所の博士を父に持つ10歳の女の子です。今までのヒロインとは違って、ストーリーに積極的に絡んできません。またあまりポケモンに興味がない様子。ダブル主人公であるサトシとゴウのポケモンへの熱量にちょっとあきれているシーンもあるほど。そんな彼女ですが相棒ポケモン、ワンパチとは本当に仲が良く、とても懐かれています。ワンパチは今作から登場した新ポケモンですが、優しいカラーリング、つぶらな瞳、しまりのない表情、コーギー犬がモデルのわがままボディ、女子に大人気の罪なポケモンなのです。かわいらしいビジュアルのコハルがもふもふなフォルムのワンパチを抱いているシーンは、画面に映るだけで見る人を癒しちゃいます。登場頻度があまり多くないのがさみしいのですが、レア感があっていいのかもしれませんね。
30代女性
サトシくんとゴウくんのダブル主人公であることや、これまでのシリーズであった、サトシくんのポケモンリーグ、ヒロインのポケモンパフォーマンスへの挑戦をする旅とはコンセプトが違うところが魅力的なシリーズです。シリーズが始まった当初はどんな物語になるのかワクワクしており、様々な地方にリサーチフェローとして取り組んでいるため、その地方に出現するポケモン(例:シンオウ地方のポッチャマ)が登場したときは鳥肌が立ちます。ポケモンだけでなく、トレーナーの再登場もあります。特に、XY&Z編で登場したコルニが再登場する予定があり、メガシンカと向き合う姿とジム戦が印象に残っているため、どんなバトルを繰り広げるのか、非常に楽しみです。
30代男性
シリーズ初のダブル主人公となる今作のポケモン。サトシとは別のもう一人の主人公ゴウ、そのパートナー ヒバニーの関係性が見ていて楽しいです。いつも一緒で今まで幾多の困難を乗り越えてきたサトシとピカチュウとは違い、まだ相棒となって日が浅く距離感すらおぼつかない両者がストーリーの中で少しずつお互いの理解を深めていく様に成長を感じ、子供を見守る親のような気持になってしまいます。そしてヒバニーがラビフットに進化したことで、思春期まっさかりの中学生男子のごとく素っ気なくなってしまうのですが、ゴウの心境を考えるとなんとも切ない!これからも様々な試練がゴウとラビフットを待ち受けることでしょう。ラビフットが更なる進化でエースバーンとなり、サトシとピカチュウのように固い絆で結ばれた真の相棒となるストーリー展開を期待しています!
30代女性
新シリーズのアニメポケモンということで、非常に期待していたのですが、期待を超えるような面白い作品でした。まず、サトシと一緒に旅をするのはサトシと同じく元気なゴウという少年なわけですが、こもゴウがいいキャラだと思いました。サトシはポケモンバトルが大好きな少年なのですが、ゴウはポケモンをゲットすることが大好きという点があります。お互いポケモンのことは大好きなのですが、ちょっと違う部分があるのがいいと思いました。そして今回からポケモンが巨大化するダイマックスが追加されましたよね。サトシのピカチュウがダイマックスしたときには、強そうではあるのですが、なんとも可愛らしくて、とても見惚れてしまいました。今後も期待してます。
20代男性
ポケモンのアニメをちゃんと見ていたのは自分がまだ中学生の頃ですが、昨年秋に発売したニンテンドースイッチソフト『ポケットモンスターソードアンドシールド』を偶然プレイしたことがきっかけで、アニメも視聴するようになりました。今作はダブル主人公で、おなじみサトシと同い年のゴウでストーリーが進んでいきます。ソードアンドシールドに登場するチャンピオン ダンデが登場する回では、ドラゴン使いのワタルとのポケモンバトルがスタジアムでダイナミックに繰り広げられ、手に汗握ります。本当にかっこよくて何度も見返してしまいました。またこれからゲームの人気キャラであるキバナの登場も予定されているとのことなので今から放映が待ち遠しいです。
30代女性
初代ポケモン世代で、息子と一緒に観ています。たくさんのシリーズを経て、今回はサトシともう一人ゴウという少年が活躍するダブル主人公がとても新鮮です。ポケモンバトルを通してポケモンと分り合いたいと願うサトシと、ポケモンゲットを通してポケモンと分かり合いたいと願うゴウ。夢は違っていても「ポケモンが大好き」という共通の想いを持った二人が、研究所のリサーチフェローとして互いに切磋琢磨しながら冒険を続けていく姿に、観ているこちらもワクワクします。中でも私がハマっているのは、ゴウと相棒のヒバニーの関係。はじめこそゴウに懐いていたヒバニーが、進化をして反抗期を迎えた、ゴウにツンケンするように。そんなヒバニーを持て余し、でも大好きだから振り回されて、一喜一憂しているゴウがとても可愛いです。サトシとピカチューにはない、また違った相棒の姿を見ることが出来ます。
30代女性
サンムーンになってからは絵柄がぐっと変わり、サトシが子供らしい丸っこい顔立ちになりギャグ表現も増えましたが、違和感なくすぐに慣れました。良かったのがポケモンバトルでの強さが引き継がれていた所です。新しいポケモンに出会ってはしゃいだりと年相応に描かれてましたがバトルではフィールドを上手く利用したりと戦いに工夫が見られました。終盤のククイ博士とのバトルは演出もよく、素晴らしかったです。また、サトシの手持ちポケモンだけでなくさまざまなポケモンにスポットライトが当たっていて、それぞれのエピソードも楽しめました。アローラのゆったりした雰囲気と、島ならではの風習やポケモンとの関係がおもしろく魅力的でした。
30代女性
 

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました