劇場版ポケットモンスター【破壊の繭とディアンシー】の動画レンタル配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
TSUTAYA DISCAS

この動画を楽しむならここがおすすめ!

\DVD宅配レンタルを30日間無料で利用しよう!/

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

「ダイヤモンド鉱国」。

それは、地下深くにあり、
“ほうせきポケモン”メレシーたちが平和に暮らす美しい国。

この国には、巨大なダイヤモンド
「聖なるダイヤ」があるという。

聖なるダイヤは、鉱国を維持する大切なエネルギー源であり、
長い間その役割を果たしてきた。

そして、そのダイヤを作り出せるのは、
この鉱国のお姫様であるディアンシーだけ。

だが彼女には、まだその力が備わっていなかった。

そして・・・・・・時は迫る。

「聖なるダイヤ」の命が、
今まさに尽きようとしているのだった。

このままでは、この美しい鉱国は滅んでしまう!

そんなとき、ディアンシーはサトシとピカチュウに出会い、
聖なる力を求めて「生命のポケモン」
ゼルネアスを探す旅に出る。

道中、女盗賊マリリンや忍者盗賊ライオット、
そしてロケット団が、ディアンシーのその能力を求め、
襲いかかる。

ミリス・アルガス親子の助けを借り、
ピンチを切り抜けながら旅を続ける一行だったが、
その行く手には、かつてカロス地方の
あらゆる生命を消滅させたという
「破壊のポケモン」イベルタルの眠る繭が待ち受けていた――。

迫りくる危機!!果たしてディアンシーは、
自分の国を救うことができるのか?

そして、サトシとピカチュウの運命は!?

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2014 ピカチュウプロジェクト

キャスト


サトシ(松本梨香)
ポケモンマスター目指して旅を続ける主人公の少年。
旅の途中、ピカチュウが感じ取った気配を頼りに駆けつけると、
盗賊たちに襲われるディアンシーを発見。
以降、ディアンシーの身の安全を守るため、
ポケモンたちおよび仲間の力を借りて脅威から保護する。
ディアンシーの旅に同行することに。


セレナ(牧口真幸)
準主人公であり、自分の将来に悩みを抱えている女の子。
サトシ同様、ディアンシーの旅に同行する。
道中、同じ女の子だからできるアプローチにて
ディアンシーと友情を深める。


シトロン(梶裕貴)
実力を持つミアレジムリーダーにして、
様々な発明品を作る天才児。
サトシ同様、ディアンシーの旅に同行する。
道中、ディアンシーを謎のメレシーたちから
逃がすために発明品を駆使する。


ユリーカ(伊瀬茉莉也)
兄であるシトロンが大好きだが、
頼りなさから将来のお嫁さん候補を確保してあげようと
おせっかいを焼く女の子。
幼い無邪気さで、ディアンシーと特別な絆を結ぶ。
ディアンシーが条件反射的に作ってしまった
小さなダイヤを受け取ることに。


ディアンシー(松本まりか)
小さなダイヤすら作ることができないことに頭を悩ます、
「ダイヤモンド鉱国」の王女。
彼女のみが作れるという「聖なるダイヤ」生成の力を得るため、
ゼルネアスを追う旅に出るも、事態をあまり重く見ていない様子。
楽観的というより世間知らずなのか、
多少の危機なら冷静に話しあいで対処しようとする。

ニャース、コジロウ、ムサシ(ロケット団)
(犬山イヌコ、三木眞一郎、林原めぐみ)
人のポケモンを奪う悪い奴ら。
ディアンシーがダイヤを生成できるポケモンである、
というサトシたちの話を盗み聞きし、
ディアンシーを狙って度々姿を現す。


ニンジャ・ライオット(山寺宏一)
ゲッコウガが相棒の、ディアンシーを狙う盗賊のひとり。
影分身によってサトシたちをかく乱する。


マリリン・フレイム(足立梨花)
マフォクシーが相棒の、ディアンシーを狙う盗賊のひとり。
マジカルフレイムでサトシたちを急襲する。


ミリス・スティール(中川翔子)
ディアンシーがロケット団から逃げ出す際など、
何度もディアンシーを助けてくれる少女。
相棒のポケモンはブリガロン。
しかし、どうやら父親が
アルガス・スティールという名の有名な盗賊らしく…?

アルガス・スティール(中川礼二)
名の知れた盗賊にして、
ディアンシーを助けるミリス・スティールの父親。
チョコが大好きで、娘のミリスに体のことを心配されている。


マジマ、ナイト、ジョーク(中川剛(ナイト))
「ダイヤモンド鉱国」に住むメレシーたちの代表として、
ディアンシーの「ゼルネアスを探す旅」に同行する護衛役。
どうやら世話を焼かれるのを嫌がった
ディアンシーとはぐれてしまったようだが…。


ダイイ(飯塚昭三)
ダイヤモンド鉱国の長老。
彼がディアンシーに必死に、
「聖なるダイヤ」が「ダイヤモンド鉱国」に
必要なことを訴えかけ、
ディアンシーは旅に出ることとなった。


ゼルネアス(三田佳子)
「生」を与えることができると伝えられる伝説のポケモン。
彼女が持っているフェアリーオーラによって、
ディアンシーは「聖なるダイヤ」を
生成することができるようになるらしい。
また、ゼルネアスと対になるポケモンが
眠りについているらしいのだが…。

ライターコメント紹介

ディアンシーがやたらと可愛かったのでそれだけで私は満足です。ポケモンなのですが、あんまりそんな気はしないでちょっと変わった女の子みたいな感じで見てしまっていました。ダイヤモンドを上手に作ることができなくて悩んでいる姿は、すごく応援したくなるキャラでした。ストーリー自体は突発的に敵がいろいろと出てきた割には深堀されていない感があったのですが、メインがディアンシー争奪戦なので問題はないと思います。個人的にはストーリー本体よりも、ディアンシーがサトシたちと一緒に行動をしている時の楽しそうな姿の方が印象的です。最後はディアンシーがしっかりと力を発動させるというお約束みたいなパターンではありましたが、ある意味期待通りだったので素直に良かったと思っています。
30代女性
ディアンシーの争奮戦のシーンがとても激しく、迫力がありました。イベルタルがとてもカッコいいと思いました。イベルタルの形がYになっているデザインで、とてもユニークで個性的な発想だと思いました。とてもアイディアがステキだと思います。ショッピングモールのシーンで、ディアンシーがとても可愛かったです。アクションが豊富で見ているだけで楽しくなりました。宝石のキラキラと輝くシーンが多く登場し、とても美しくて綺麗でした。背景の描写が写真見たいで良かったです。メガアブソルが登場し、カッコいいと思いました。バトルの迫力がすごかったです。生命の始まりと終わりを知る物語でした。生と死について認識させられました。登場するポケモンたちがとても迫力があり、カッコ良かったです。
20代女性
劇場限定のポケモンをGETすべく劇場に足を運びましたが、ポケモンは喋らない生き物であり喋るのはニャースとわずかなポケモンだけだと思っていた私は、最近のポケモンの傾向なのか喋る姿に衝撃を受けた作品でした。ポケモンと人間は言葉がなくても通じ合え次第に絆が芽生えていくというところが、私はポケモンの最大のみどころだと思っていましたが、ポケモンも方向チェンジの時期に差し掛かているのだと見ていて改めて考えさせられました。内容としては、可もなく不可もなくでしたが大人も子供楽しむことができ、個人的には伝説のポケモンであるディアンシーのわがままお姫様だけれでもどこか真っ直ぐなキャラクターがすごくツボにはまりました。
30代女性
ディアンシーは一言で言うとお姫様。わがままだけどとても上品でとても可愛いキャラクターです。しかし個人的にポケモンは言葉が交わせないからこそパートナーと意思疎通がとても重要であり、今回のキャラクターのように何でも喋ってしまうとまるで別の作品を見てるかのようでした。ストーリーは奥深さがあって、理解しながら進んでいくので大人には凄く楽しめるストーリーですが、正直子供向けではないかなと思いました。また、後半のストーリー展開が少し早いように感じたので正直一回で理解するのは難しいかなと思いました。もう少し子供向けにわかりやすいストーリーの方が良い気がします。しかし相変わらずサトシのポケモンに対する情熱には心を打たれ、最後は感動しました。
20代男性
ディアンシーの成長に感動しました。ディアンシーは可愛らしいポケモンでしたが、物語を通してたくましくなった気がします。というのも物語の序盤はただのお姫的な存在でした。そこから世界を救う重要な役割を担うようになったいうことです。今までの映画に出てきた幻のポケモンの中で1番可愛いらしかったです。今まで登場した悪役の中では憎めない部類で安心して見ていられました。最後は結婚したいう悪役では珍しい設定も面白かったです。物語だけではなく映画主題歌もすごく良かったです。ポケモンの映画主題歌はバラードが多かったですが、アップテンポの曲は珍しかったです。歌詞も曲調も前向きで映画にマッチする曲だと思います。私の中ではポケモンの映画主題歌でナンバーワンでした。
20代男性
ポケットモンスターXYの最初の劇場版シリーズということで、非常に期待して見させていただきました。まず、伝説のポケモンでもあるディアンシーなのですが、この映画で初めて登場するということで、こんな形で新ポケモンを見ることができて嬉しかったですね。メレシーの王女という形でディアンシーがいるという設定もすごく良かったです。ディアンシーはテレパシーで人間と話すことができるのですが、話し方も王女っぽくて可愛らしかったです。サトシよりも、ユリーカやセレナたちと気が合っている感じも女の子なんだなと思いましたね。伝説のポケモンであるからして、持っている力も凄まじくて、さすが王女という感じで見させてもらいました。
20代男性
 

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました