ディズニーアニメ【ジャングル・ブック】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
TSUTAYA DISCAS

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • バルー:フィル・ハリス/郷里大輔(声)、鹿野由之(歌)
  • バギーラ:セバスチャン・キャボット/今西正男(声)、石塚勇(歌)
  • キング・ルーイ:ルイス・プリマ/石原慎一
  • シア・カーン:ジョージ・サンダース/加藤精三(声)、鈴木雪夫(歌)
  • カー:スターリング・ホロウェイ/八代駿
  • ハティ大佐:J・パット・オマリー/富田耕生(声)、立花敏弘(歌)
  • モーグリ:ブルース・ライザーマン/中崎達也

<STAFF>

  • 監督:ウルフガング・ライザーマン
  • 作画監督:ミルト・カール、オリー・ジョンストン、フランク・トーマス、ジョン・ラウンズベリー
  • キャラクター作画:ハル・キング、エリック・ラーソン、他
  • 原作:ラドヤード・キプリング
  • 脚本:ラリー・クレモンズ、ラルフ・ライト
  • 音楽:ジョージ・ブランズ
  • 歌曲:ロバート・B・シャーマン、リチャード・M・シャーマン、テリー・ギルキーソン

 

あらすじ

ジャングルで育った少年モーグリ。

ある日、黒ヒョウのバギーラはモーグリを
トラのシア・カーンから守るため、
人間の村へ帰す決心をします。

旅の途中で出会うのは、サルの王様キング・ルーイ、
ヘビのカーなど愉快なジャングルの仲間たち。

そして、モーグリは気ままなクマのバルーと
すっかり仲良くなって、温かい友情で結ばれていきます。

「ザ・ベアー・ネセシティ」をはじめ、
テンポよい歌やダンス満載の、
ウォルトが最後に手がけたミュージカルの名作です。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
1ヶ月間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

主人公の狼の子の演技がよかったです。小さいころからジャングルで生活をし、動物たちに育てられるというすごく難しい設定だと思うんですけど、その主人公モーグリを演じている少年は本当に生活していたかのような演技だったので、ストレスを感じることなく見ることができました。あとは、クマが登場するのですが、そのクマがポジティブな性格で自分らしく生活している姿が描写されていて、プーさんのようなキャラクターがとても好きでした。個人的な感想ですが、クマの描写はとてもよく、ほかの表などの描写と比べてリアリティ性が高く、とても見やすかったです。あとは狼のキャラがいるんですけど、日本語版の吹き替えで宮沢りえが声優を担当していたのでそこも個人的には好きです。
20代男性
自然の森に暮らす男の子と周りの動物たちの感情の葛藤、さまざまなドラマがあります。自分の当たり前が当たり前ではなかったら、そう考えずにはいられません。ふとしたことから日常が非日常に変わり、今までの生活が一変してしまったら、これ以上怖いものはないと思います。誰にとっては幸せ、誰にとっては不幸ということは関係がないです。今自分が幸せで、自分の周りも幸せであること、それが第一だと思います。種族が違っても、信頼や愛、絆がうまれることはとても素晴らしいことですよね。いつか、わたしにも人間以外の動物たちと楽しく会話できる日が来ると良いです。まぁわたしたちが感じたものが、合っているという確証を得ることは難しいでしょうが。
10代女性
人間の子どものモーグリは、赤ちゃんの頃からジャングルで狼に育てられています。殺人虎のシアカーンがジャングルに戻ってきてからはずっと命を狙われるかもしれないと、黒ひょうのバギーラはモーグリを人間の村に戻すことにしました。途中に象の大群に出会ったり、ニシキヘビのカーに催眠術をかけらそうになったり、シアカーンから命を狙われたりと大変ですが、黒バギーラや陽気な熊のバルーに助けられ、最後は人間社会に戻って行くというお話です。途中に大猿のキングルーイのいる猿の世界に紛れ込んだシーンは、歌あり踊りありで、ディズニーの映画らしく、子どもから大人まで楽しめます。ラストシーンの女の子と出会ったモーグリが、いままでお世話になったはずのジャングルの仲間たちに全く未練を持たず、まるで魔法にかけられたように、女の子の後を連いていくシーンがとても印象的でした。その後のモーグリの暮らしがどうなるかとても気になるところです。家族一緒にモーグリの冒険ぶりにハラハラしたり、大笑いしたり、ぐっと胸が詰まったりと、感動しながら大いに楽しめる映画です。
50代女性
ジャングルと言うとても過酷な環境で、赤ちゃんのうちから動物達に大事に育てられ、様々な動物達と出会い、助けられ、最後には人間界に戻そうとするストーリー。人間界でも同じような事、よくありますよね。例えば、怪我をしている動物を保護して、自然界に返してあげると言う事とか。人間や動物に関しても同じような考えを持っているんだと改めて考えさせられました。家族を思い、友達を思い、困っている人がいたらそっと手を差し伸べる優しさが世の平和に繋がっていくんだなぁと、身近な所から広い範囲まで、愛で繋がる世の中になっていって欲しいと言うメッセージが込められている作品だと思いました。とても優しい気持ちで見終われてスッキリしました。
40代男性
オオカミによって育てられた人間の男の子であるモーグリと、その周りの個性豊かな動物達の物語です。人間を嫌うトラに食べられないように人間の村にモーグリを返そうとする動物達と、何がなんでもジャングルに残りたいモーグリ。正直言って、ストーリーよりも、周りの動物達のツッコミどころが満載すぎて、めちゃくちゃ面白いです。催眠術を使うヘビとか、大昔の自慢話ばっかりしてくるゾウとか、火の起こし方を知らないだけで機嫌が悪くなるオランウータンとか、個性が強すぎて。しかも、最終的にはあんなにジャングルに残りたいがってたはずのモーグリは、川の近くで可愛い女の子を見つけて、のこのこついていって人間の村に帰るっていう結末。面白すぎました。
20代女性
この作品では、動物と人間の絆について描かれた作品だと思いました。少年のモーグリは周りがオオカミやヒョウなど、凶暴そうな動物に囲まれているのに、モーグリはしっかりとした子に育っているのが驚きでした。生き物の種類としては違うけど、愛情をたくさん注がれながら育ったのだなと思いましたし、愛情があれば種類は関係ないのだなと思いました。また、この作品はモーグリ以外がCGで作られているそうですが、CGとは思えないほどリアルな映像で驚きました。重量感や筋肉の動きなどに注目してみても、迫力が凄まじくて臨場感がすごいなと思いました。ジャングルの壮大な雰囲気が見ているこちら側にしっかりと伝わってくる素晴らしい作品でした。
20代男性
ジャングルブックは、音楽が素晴らしくてリズミカルなものが多いので、見ていて本当に楽しいです。またストーリーも主人公モーグリを動物たちが育て、そして人間の村に億位返すのですが、その中でもお調子者のバルーが出てきてからは本当にひっちゃかめっちゃかで、どんどんストーリーが進んでいくので私が子供の頃も楽しく見れていました。ジャングルの美しい自然なども描かれているので、大人になった今でもよく見返します。1番お気に入りのシーンはモーグリがモンキーたちに誘拐されてしまうのですが…モンキーたちのボスである、キングルーイとのシーンです。ディズニーが好きな方ならだれもが聞いたことのある名曲が使用されていたり!大人から子供まで楽しめる名作だと思います。
20代女性
黒豹のバギーラがジャングルで歩いていると人間の赤ん坊を見つけるところから始まる。最初に黒豹が人間の赤ん坊を見つけるとうところで本来ならば肉食動物は人間を襲うというところはディズニーならでは発想で、バギーラは自分で育てられないからどうしようと悩む姿にすでにディズーマジックにはまってしまう。登場しているのは動物だが擬人化された動物が演じるいかにも人間らしい葛藤に共感をします。バギーラは死産したオオカミがいたことを思い出し、オオカミに育ててもらうことにします。そして10年後に人間の赤ん坊はモーグリという名前になり、オオカミたちのアイドルになっています。人間を嫌うトラのシア・カーンやニシキヘビのカーなど、人間を嫌っていたり、罠に仕掛けようとしたりする悪役がとても嫌な役をします。そしてクマのバルーが現れます。バルーは自由で自分のルールに生きています。バルーに助けてもらったりして、シア・カーンをやっつけたりしていると、川で水を汲んでいる人間の女の子に出会います。モーグリが森に残るか人間に残るかの選択でこの先どうなっていくのかとても気になる展開になります。登場キャラクターは動物ですが、人間の善悪の感情を擬人化された動物たちにより表現されているのでこどもの心の成長に良い作品となっています。私自身ジャングル大帝が子供の頃大好きだったので、ジャングル・ブックも好きな作品の一つです。
40代男性
実写で映画化されたリアリティのあるジャングル・ブックもありますが、アニメーションだけで制作された作品も良かったです。人間の少年モーグリが黒ヒョウに拾われたことで、人間でありながらジャングルの一員として生活することになります。少年が不幸に見舞われながらも、ジャングルの中でわんぱくにクマやオオカミたちなどと仲良く暮らしているので、あまり不幸という感じがしません。人間の世界よりのびのびしています。また、映画の中で動物たちと楽しく歌っているので、むしろ見ている側も楽しくなってきます。けれど、人間の少年がいつまでジャングルで生活をする訳にもいかないので、仲良く生活しながらも彼の将来を思う動物たちに感動しました。
30代女性
1967年公開でその前年に亡くなったウォルト・ディズニーが最後に関わった作品。彼は1970年公開の[おしゃれキャット]の制作も許可していたが、遺作として言われいるのはこの作品。1950年代の[シンデレラ]や[ピーターパン]に比べれば『ストーリーを知っているよ。』と言う人は少ないと思うが、劇中の[君のようになりたい]は1度は聴いたことがあるのではないだろうか。主人公の親友の熊のバルーとオラウータンのキング・ルイは作品では少し対立構造にあったが、東京ディズニーランド開園20周年を記念したパレードには仲良く一緒のフロートに乗っていた。東京ディズニーランドのジャングルをテーマにしたアドベンチャーランドではたまにキング・ルイやバルーがグリーティングに登場する。私もバルーと写真を撮ったことがあるが、かなり大きくてちょっとびっくりした。
30代男性
勇気、仲間の大切さ、そして自分らしさに気づくことの大切さ、愛情と執着の違いを分かりやすくまとめたシナリオのアニメです。バルーの楽観的な性格と現実的で真面目なバギーラがいたことがモーグリの成長に大きく影響していることが良く分かります。あらゆる危険な目にあいながらもモーグリが無事でいられたところなどを見ると、大人が子供に対して持つべき姿勢についてよく考えさせられる作品です。最後の部分でシア・カーンのしっぽに火が付いた枝を括り付けるシーンはすごく印象的な場面でした。最終的に自分以外の人間を見つけることで、自分の居場所を移すことができたモーグリも、無理にジャングルに連れ戻さずそっと見送るバルーとバギーラも素晴らしい勇気を持っているなと、今でも関心してしまいます。普通の世界に暮らしている私たちはなかなか同じ勇気を持つことは難しいので。
20代女性
バルーとバギーラがモーグリをキング・ルイから連れ戻そうとするシーンが結構好きです。バギーラの必死さがある意味可愛そうにも滑稽にも見えてしまう作中でもシュールなシーンだと思います。バルーとバギーラはどちらもモーグリを大切にしていますが、お互いの性格上接し方がだいぶ違うので面白いなと思います。どちらも決して器用ではありませんし、どちらもモーグリの親になることはできない事もちゃんとわかっている上で愛情を注いでいることが伝わった来る作品ですね。モーグリがジャングルを出ていくときのバルーの表情を今でも鮮明に思い出すことができます。アニメを見たのは子供の頃で、もうずいぶん昔の事なのですが大人になって作品を振り返ってみるとやはり深い作品だと思います。
20代女性
この作品は生前のウォルトディズニーの最後の作品として知られています。モーグリとバルーの仲良し具合は見ていてとてもほっこりします。いまと違って昔のディズニーアニメはグリム童話のようにダークな作品が多い気がします。特に描写が怖いなと思ったのが蛇のカーに催眠術をかけられたモーグリの様子です。あの映像は初めてアニメを見た夜はトラウマになって眠れなかったのをよく覚えています。モーグリが象の子供と仲良くなって象の後進に混じったときのシーンは今思い出してみるとかなり寂しい気分になります。象のように四つ足で歩いて短い鼻を空に突き上げて整列して何とか動物たちのコミュニティーに馴染もうとするあの無意識の少年の孤独感は大人が見ても子供が見ても切ない気持ちになると思います。
20代女性
ジャングルの奥深くで動物たちに育てられることになった少年モーグリのお話です。彼を最初に拾ったクロヒョウのバギーラがとてもすきです。スマートで真っ黒な見た目もかっこよくて大好きですが、モーグリを陰ながら見守っている姿が優しさを感じて大好きです。そんな彼といいペアになっているのが、バルーという楽天的なクマです。彼の歌う「ザ・ベアー・ネセシティ 」が大好きです。彼がこのジャングルで生きていくに必要なことについて実践しながら教えるに合わせてモーグリも一緒になってマネします。その頑張る姿がとってもかわいいです。また、このお話は最後は少し寂しい結末を迎えます。がこの2人がモーグリのこと考えて選択した結果なので仕方ないなと自分を納得させますがどうしても悲しくなっていまいます。なので、またモーグリはジャングルのみんなに会いに行ってあげてほしいなと思います。
20代女性
小さい頃に歌が好きで何度も見ました。人間のモーグリが狼に育てられジャングルの中で生きていました。「ザ・ベア・ネセシティ」という曲はクマのバルーが人間のモーグリに歌って聞かせるとてもリズミカルでいい曲です。モーグリのお気楽な感じが大好きでした。もう一曲好きなのがオラウータンのキングルイが歌う「君のようになりたい」という人間に憧れているのを歌にしていてかっこよくて楽しい曲で、ルイが歌っているとバルーも途中からオラウータンのふりをして一緒に歌ってしまうシーンが好きでした。黒ひょうのバギーラとくまのバルーは人間の村にモーグリを返そうとします。最後はあっさり人間の可愛い女の子に付いて行って人間の村へ帰ってしまうのがなんだかあっさりしているけれどもそこまで悲しいお別れではなかったのでよかったのかなと思いました。
30代女性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました