劇場版ポケットモンスター【神速のゲノセクト ミュウツー覚醒】の動画レンタル配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
TSUTAYA DISCAS

この動画を楽しむならここがおすすめ!

\DVD宅配レンタルを30日間無料で利用しよう!/

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

ポケモンマスターをめざすサトシとピカチュウたちは、
旅の途中、大都会ニュートークシティで、
ポケモンたちのために設計された
最新の居住施設「ポケモンヒルズ」に立ち寄る。

施設のすばらしさに驚くと同時に楽しむサトシたち

。その目の前に1匹の見慣れないポケモンが現れる。

それは、3億年前に絶滅し、
人間の手によって現代に蘇ったポケモン、ゲノセクトだった。

昔とあまりにも違う世界にとまどい、
「ウチニカエリタイ……」と、
テレパシーでサトシたちに語りかけてくるゲノセクト。

同情したサトシは、帰るべき場所をいっしょに探そうとする。

が、彼らを引き裂くように突然赤いゲノセクトが現れ、
サトシたちにすさまじいエネルギー弾を発射する。

その絶体絶命のサトシたちを救ったのは、
なんと伝説のポケモン、ミュウツーだった。

「ゲノセクトは、
本来はこの世界にいるはずのないポケモンなのです。
私と同じように……。
そして、いまの彼らには、
まわりのすべてが敵に見えているのです」

人間に作り出されたミュウツーは、
同じように人間に無理やり現代に蘇らされた
ゲノセクトの立場を理解し、なんとか力になろうとする。

だが、その想いは届かず、ついに2匹は相対することに!!

はたしてゲノセクトたちの願いはかなうのか?

また、そこで覚醒したミュウツーが見せる本当の力とは?

そして、運命に導かれた激闘の結末は?

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2013 ピカチュウプロジェクト

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 松本梨香
  • 大谷育江
  • 林原めぐみ
  • 三木眞一郎
  • 犬山イヌコ
  • 石塚運昇

<STAFF>

  • 原案:田尻智
  • 監督:湯山邦彦

ライターコメント紹介

ニュートークシティのポケモンヒルズという施設を見学している時にゲノセクトが来てサトシを攻撃しようとしていたんですけど、ミュウツーが助けて凄くかこいいなと思いました。人間の手によって作られたゲノセクトとミュウツーの2匹の対決はポケモン史上最大のスピードバトルは早すぎて衝撃を受けましたし見どころ満載なシーンで観ていて凄く楽しかったです。ミュウツーがメガシンカして姿は変になって笑ってしまいましたが実力は凄くあって普段のミュウツーの倍くらい強かったです。最終的にはゲノセクトと仲良くなるんですが、ゲノセクトの仲間との絆は凄いですし、サトシを守ったゲノセクトはかっこいいですし感動のシーンだなと思いました。
20代男性
いきものがかりのファンで、主題歌を担当すると聞いて観賞しました。作曲したリーダー水野によると、父親と子供たちがポケモンの話題で盛り上がっている光景を見て、「ポケモンってすごい」と作った歌だそうです。前向きな気持ちになれる「笑顔」は、いきものがかりファンからも名曲として人気が高いです。そして『ミュウツーの逆襲』世代なので、ミュウツー再登場にはワクワクしました。人間への憎悪に囚われていた『逆襲』とは違い、話のわかる母性に溢れたミュウツーに驚きました。またラスボスともいえるゲノセクトも、世界を壊すような大それた目的はなく、ただ「家に帰りたい」というひたむきな願いを抱えていました。主題歌も本編も優しさ溢れる映画で、こういうポケモン映画もアリだなと思いました。
30代女性
一部の人間の身勝手極まりない目的のために蘇らされたゲノセクトに対し、同じような境遇のもとに生まれ、人間に不信感を抱いていながらも、野生のポケモンたちに救われたミュウツーが救おうと手を差し伸べる描写が新鮮でした。また、故郷に帰りたいという気持ちを理解し、力になろうとするサトシ達と、人間に対する敵意を持たない水ゲノセクトとの交流を通して、他のポケモンたちがゲノセクトに住まいを追い払われたにも関わらず、ゲノセクト達の新たな巣を守ろうと一致団結して立ち向かうところは、子供達にもとても分かりやすく描かれていたと思います。最後に、ミュウツーがゲノセクト達の新たな住まいを見つけてくれたサトシ達に、これまで抱いていた不信感を捨て、信じてみようと思う、と残した台詞は、純粋にポケモンを大切に思い、心を通わせることができるサトシの思いやりと優しさへの最大の感謝だったのではないかと思います。
30代女性
初期に出ていたポケモンから最近まで出現したポケモンがでており、どの世代の方が見ても知っているポケモンがいるので大人の方もお子さんと一緒に楽しめる作品だと思います。しいて言うならば、見ていてちょっと残念だったのが、サトシがミュウツーと出会っていたことがなかったことにされていたことです。ミュウツーの逆襲を知っている世代としては、ミュウツーとサトシは会ったことあるのに何でと疑問を持ってしまいました。全く別の映画ですからミュウツーの逆襲と今作を切り離して考え、ミュウツーの逆襲のミュウツーはこの世界には存在せず、別の次元にあるパラレルワールドの世界であるとでも思い、作品をみれば面白い作品ではありました。
30代女性
久しぶりのミュウツーの登場する映画だけあって、ミュウツーがとても活躍していました。特に、ゲノセクトとミュウツーの対決シーンがすごくはらはらしました。ミュウツーとゲノセクトの高速さは今までのどのポケットモンスターの映画の中でも群を抜いて早かったと思える戦いでした。そして、自分が最もこの映画を観るのを楽しみにしていたのがミュウツーの覚醒でした。ミュウツーが覚醒は身軽でとても愛らしさもありずっと見ていたいと思いました。物語においては、ゲノセクトが今作の主なキャラクターなのですが、ミュウツーと同じ人間に作られたポケモンであります。それを知っている、ミュウツーは過去の自分とゲノセクトに共通点があることを知っており、何とかして自分でゲノセクトを止めようと戦うところに胸をうたれました。ミュウツーの心情がすごく伝わった映画だと思います。
20代男性
今回の作品では、新ポケモンでもあるゲノセクトと、初代ポケモンから登場している伝説のポケモンでもあるミュウツーが登場してくれましたね。この2匹のポケモンに共通していることは、人工的に作られたポケモンであるという点が注目点ですね。人間によって作られて人間のために利用されてきたということもあって、人間に対して憎しみの心を持っているのがこの2匹なのです。サトシたちと心を通わせることが難しいと思っていたのですが、サトシの熱い気持ちはやはりポケモンの心を開くことができるんだなと思いましたね。彼は何よりもポケモンに対して正直な気持ちを持っているので、それが彼らポケモンに伝わってくれたのだと思っていますし、素晴らしいです。
20代男性
一番印象的だったのは人間の手によって生み出されたミュウツーが同じ境遇を持つゲノセクトを助けようとしたところでした。同じ境遇を持つ人じゃないとわからないことがあると心に染みました。。ゲノセクトは人間を恨み怒り狂っていました。5体いましたが、そのうちのリーダー格の一体は特に怒りが強いように思いました。ミュウツーが、暴れるのをやめるように説得しようとしても聞く耳を持ってくれずゲノセクトを攻撃するしかないという葛藤がありました。ミュウツーの逆襲を見た人にとっては涙なしでは見られない作品だと思います。ゲノセクトは少しずつ人間に心を開き暴れるのをやめてくれましたが、リーダー格の一体だけは何をやっても聞く耳を持ってくれませんでした。そこでミュウツーが驚きの行動に出ました。最後はどうなるかハラハラしましたが、全員心を開いてくれて笑顔で終わった作品だと思います。映画主題歌を聞いた後優しい気持ちになることができました。
20代男性
新旧を問わず色々なポケモンが出たので前作より良かったです。いきものがかりの吉岡聖恵ちゃんが声優したイーブイが可愛かったです。鳴き声だけでイーブイの感情を上手く表現しているあたりは、さすがだと思いました。ミューツーの設定が全前作と少し違うところがありなところがあり、そこを改善できればよりよい作品になる気がします。私はポケモン映画1作目の「ミュウツーの逆襲」の方が好きです。しかし、さとしがカッコ良かったのと、吉岡聖恵さんがイーブイの声をやっていることからおすすめはできます。ミューツーの声が高島礼子さんではなく、市村正親さんであればいいと思いました。高島礼子さんの声は前作を知っている私が観ると違和感がありました。
20代男性
ポケットモンスターブラックホワイトの劇場版最終シリーズということで、どんな作品なのかと楽しみにしていました。人によって作られたポケモンでもあるミュウツーとゲノセクトを主役とした物語なのですが、いろいろ考えさせられるストーリーでしたね。人によって作られたことによって、人間のために利用されることばかりで、かなり悲しい生活を送ってきたミュウツーとゲノセクトが、人間に対して憎悪を持ってしまって、逆襲しようとしていました。お互いは争うことになってしまいますが、お互いは同じ苦しみを持っているからこそ、見ている側としては悲しい気持ちになりましたね。人間の勝手な都合で何かを生み出すのは罪なことなんだなと思いました。
20代男性
 

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました