劇場版ポケットモンスター みんなの物語 動画レンタル配信情報と無料視聴方法

TSUTAYA DISCAS

この動画を楽しむならここがおすすめ!

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

人々が風とともに暮らす街・フウラシティでは、
1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。

祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、
人々はそこで恵の風をもらう約束を、
昔から交わしていたという。

ポケモン初心者の女子高生、リサ。

嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。

自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。

ポケモンを毛嫌いする変わり者のお婆さん、ヒスイ。

森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。

偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、
5人の仲間たちと出会う。

それぞれが悩みを抱え、
パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、
みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。

ルギアとの約束は守られるのか?

そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??

今、人とポケモン、みんなの絆が奇跡を起こす――。

 

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon ©2018 ピカチュウプロジェクト

キャスト


サトシ(松本梨香)
世界一のポケモンマスターを目指し、
相棒のピカチュウと共に旅を続けている少年。
旅の途中風祭りが開催されるフウラシティへとやってくる。
風祭りを通して出会った人々と共にこの街の危機を救おうとする。
熱い気持ちでみんなを引っ張っていく、本映画の主人公。


リサ(川栄李奈)

ポケモン初心者の女の子。
怪我をした弟にイーブイをゲットして欲しいとお願いされる。
サトシの指示に従いイーブイのゲットに成功するが、
イーブイは全然懐いてくれない。
この物語を通して彼女はポケモンと触れ合い、大きく成長する。


ラルゴ(芦田愛菜)

フウラシティの市長であるオリバーの娘。
お嬢様でしっかりとした優しい女の子。
昔落石から助けてくれたゼラオラのために食べ物を運んでいる。
ポケモンハンターに襲われている所をサトシに助けられる。
更には劇中でとある事件を引き起こす。


トリト(濱田岳)

ポケモンの研究を行っている青年。
気弱で人前で喋るのが苦手な性格だが、
ポケモンに関する知識は誰よりもあり、
更には疲れているポケモンのことを気遣う優しい面もある。
今回の風祭りで研究発表会を開こうとするが…。
相棒のポケモンはラッキー。


カガチ(大倉孝二)

嘘を付くことがやめられなくなってしまったお調子者の男性。
いつもの調子で娘につい見栄を張ってしまい、
ポケモンを持っていないのに
風祭りのゲットレースに参加することになってしまう。
そこでトリトにお願いしポケモンを貸してもらうことにする。


ヒスイ(野沢雅子)

フウラシティに住んでいるおばあさん。
ポケモンのことが大嫌いだが、
ちょっとしたトラブルで
ポケモンにやたらと好かれる体になってしまう。
ポケモンのことが嫌いになったのは、
過去のある出来事が影響しているようだ。

ライターコメント紹介

タイトルに「みんなの物語」と入っているように、今回はサトシとピカチュウだけに焦点をあてたストーリーではなく、他の登場人物たち1人1人にきちんと見せ場があって、成長の機会を見せてくれたのが良かったです。なので今までのポケモン映画はアドベンチャー要素やアクション要素が多めだったのに対して、この作品の場合はヒューマンドラマ要素がたくさん入っているのが特徴だと思いました。ポケモンバトルをたくさん見たいという人にはちょっと物足りないかもしれませんが、キャラクターに感情移入して感動できるタイプの人は楽しめると思います。あとは背景の作画がとても綺麗で、建物や自然の細かい部分などがきちんと描き分けられていて感心しました。
20代男性
この映画は人間とポケモンが共存することの大切さについてを良く伝えてくれる映画だと思いました。例えば人間が出来なかったことでもポケモンと一緒になることで出来るようになったり、逆にポケモンも人間と一緒になることで新しい道を開けたりするなど、このようなシーンがたくさん入っています。なのでこの映画の制作陣は誰かと協力することの大切さを子どもたちに伝えてくれようとしているのではないかと思いました。ただこのような素晴らしいメッセージ性があるのにも関わらず、散らばった展開を無理やりまとめようとしている感じがあってそこが少し残念でした。重要なポケモンバトルシーンも歴代の映画に比べると少し迫力が欠けていたかなと思います。
20代男性
子供と見に行きました。タイトル通りのストーリーだったと思います。サトシとポケモン達が勇気を出して、難題に立ち向かっていく王道の話です。見慣れている感覚がする内容なので、ポケモン上級者からすると少し物足りないと思います。若干の変更点は、脇役のポケモンも活躍する機会が多い点です。この辺は面白いなと思います。サトシとポケモンの白熱バトルがないので、バトルを期待して見に行った人は不完全燃焼だと思います。シリーズ初期でしたら、何の問題もない作品だと思います。けれども、期待が大き過ぎるシリーズなので好き嫌いがハッキリすると思います。個人的には子供が楽しそうに視聴していたので、何の問題もなく楽しむことができました。
40代男性
街のお祭りを舞台に繰り広げられる、一匹のポケモンと街を救うお話。主人公のサトシとピカチュウは勿論、登場人物ひとりひとりに過去があり、ポケモンとの絆によって開く未来があり、希望の持てる映画でした。多くのキャラクターの物語が無理なく短い時間に描かれていて、まさに「みんなの物語」というタイトルにふさわしい作品だったと思います。ポケモンがいないと成立しない場面も多く、私もこの世界でポケモンと一緒に生活したいという、子供のころの夢を思い出すことができました。ポケモンを昔から好きだという方にも、ポケモンをまともに見たことがないけど興味はある、という方に初めて触れてもらう作品としてもお勧めしたくなります。一作品で完結しているところもポイントだと思います。
20代女性
歴代のポケモン映画らしい派手なアクションや戦闘シーンはないけれど、人とポケモンとの交流を丁寧に描いていて観終わった後は清々しい気持ちになれる作品でした。登場人物それぞれに抱えている問題をポケモンと共に乗り越えていくような優しいストーリーでした。ポケモン初心者でポケモンとの接し方が分からない女子高生リサや、嘘をつくことを止められない男のカガチもそれぞれポケモンとの出会いで変わっていくところがよかったけれど一番の見どころは、ポケモンが嫌いなおばあさんのヒスイがなぜポケモンを避けるようになったのか過去のその原因が明らかになるシーンで思わず号泣してしまいました。年代問わず子供が見ても大人が見ても不意打ちのシーンで感動して泣いてしまうような内容だと思います。
30代女性
サトシとピカチュウが周りの仲間を繋げ、支えていくというコンセプトは今までと変わらないですが、比較的大人向けの映画のように感じて個人的には物凄く好きでした。派手なバトルは少ないですがパートナーとポケモンそれぞれの絆が感じられるとても良い映画です。そして絵のタッチが今までと少し違うのかポケモンが今みでよりもずっと可愛く感じました。個人的にポケモンをあまり知らない人が見ると楽しめる映画なのではないかと思いました。今みでのポケモン映画と言えば、悪役が出てきてそれに向かってサトシとピカチュウが立ち向かっていくというストーリーが王道だったので、今みでの作品を見てきたポケモンファンの方たちは少し物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし個人的にはたまにはこういった普段とは違うストーリーも良いかなと思いました。
20代男性
従来のポケモンの映画と今作はかなりイメージが違いました。過去のシリーズではサトシがピカチュウを連れて悪者と戦う・倒していくというイメージが強かったのですが、今作は『みんなの物語』というタイトル通り、さまざまな登場人物とその人たちが起こす行動やアクシデントに沿って話が進んでいくという、少しリアルよりな話だったように思います。いろいろなキャラクターそれぞれに物語があって、思わず張ってしまう見栄やついてしまうウソ、トラウマと向き合う姿などが感情移入できました。従来のポケモンのようにかっこよく戦う爽快なシーンが見たい人にはやや物足りないかもしれませんが、子供にとっても学ぶものがあると思うので個人的にはとてもおすすめしたい映画です。登場人物のギャルの子もいままでのポケモンの主人公とは少し異なり面白かったです。
30代女性
アニメポケットモンスターシリーズの劇場版ではあるのですが、サンムーンのシリーズとは違った物語でしたね。完全オリジナル作品ということらしいですが、かなり内容は濃かったですね。主役がいつもはサトシなのですが、今回の作品では主役が何人もいたのです。それぞれがポケモンとの間にさまざまなストーリーを持っていて、それがどんどん明らかになっていくのがとても面白かったです。ポケモンとトレーナーは別の生き物であるのはわかりきったことではあるのですが、この作品を見てみると、トレーナーとポケモンの間にも絆が生まれて、友達や仲間という表現をしてもおかしくはないほど大切な存在であるのかなと感じました。ポケモンの存在について学べる作品でした。
20代男性
自粛期間中に劇場版ポケットモンスターの全作品を一気に鑑賞しました。この作品は前作「キミにきめた」の流れで映像などが今までの作品とは異なったタッチでした。人気ポケモンのルギアが出るという事もあり期待して鑑賞しましたが、ルギアの映画というよりはゼラオラの映画だという印象でした。この作品の魅力は個性豊かなオリジナルキャラクター達だと思います。特にホラ吹き男のカガチがお気に入りです。後半のカガチとウソッキーの「相棒」ってのが堪らなく、ポケモンとの絆を感じました。サトシとピカチュウの活躍という今までの作品とは違い、色々なキャラクターのポケモンとの絆を描いている作品なので、タイトルの「みんなの物語」なのだと作品を最後まで観て気づきました。
30代男性
主人公のサトシを中心にストーリーが展開していくのかと思ったら、サトシがメインのストーリーではなくサブキャラにスポットを当てたストーリーが展開されていて、サトシはどちらかというとサポートキャラみたいなかんじでストーリーが進んで行くのが、今までに無い展開でそれなりに面白く、この映画のタイトルであるみんなの物語が強調されていた。前作は完全にサトシとピカチュウのストーリーだったため、前作との対比を意識しているのかなと感じた。ただ、サトシのポケモンがピカチュウだけしか出ていないのが気になった。テレビシリーズと連動してないので仕方が無い部分もあるのかもしれないが、サトシの他の手持ちのポケモンを出しても良かったのではと思った。
20代男性
初めてポケモンの映画で「うーん…」と思ってしまった作品でした。「みんなの物語」なのでたくさんの登場人物の思いや心情が交差するものだ、というのが前提だというのは理解はしているのですが、そのせいか全体としてストーリーに面白みが欠けているように感じました。今までの作品に比べ、ポケモンよりもトレーナーが中心の作品に感じてしまったのも少し不満を覚えた理由かもしれません。「ポケモンとトレーナーはこんな風に分かり合えるんだよ」というまとめだったように思いますが、ポケモンであるから表現できることではないように感じました。ちなみに、公開前から「サトシが女の子顔だ!」と話題になっておりましたが、私は「なんだかかわいいサトシが見れてよかったな」と思えたので不満点ではなかったです。
10代女性
「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は、劇場版21作目の作品となっている。今作は人間とポケモンが共存し生活を送っている「フウラシティ」を舞台に物語が展開されていく。舞台であるフウワシティでは年に1度の大イベントである風祭りが開催されていた。風祭りに参加するために多くの人やポケモンたちが集まり賑わいをみせているフウワシティに、旅の途中であるサトシとピカチュウがフウワシティを訪れた。サトシとピカチュウは風祭りに参加している人たちはそれぞれ、様々な思いを胸にいだき祭りに参加していることを知り、サトシとピカチュウはみんなの思いをつなぐことができるのか。今までの劇場版ポケットモンスターとは少し異なりをみせており、メッセージ性の強い映画となっています。30代女性
この映画は、サトシとピカチュウだけが主人公ではなく、その2人に関わる全員が主人公となっています。登場人物が多く、ややこしいと思いますが、皆キャラが特徴的で分かりやすく、感情移入がしやすいです。それぞれ登場人物は悩みを抱えていいて、パートナーのポケモンと一緒に壁を乗り越えていくストーリーです。私が注目して欲しいキャラクターは、嘘がやめられなくなってしまったカガチという男性です。姪のリリィに嘘をついていたことがバレて落ち込みますが、映画の終盤では、姪のリリィと妹のミアを助けるためにウソッキーと共に頑張るシーンがとても泣けます。過去の過ちや苦しみも、自分次第で今の状況を変えれるんだと気づかせてくれる映画です。
20代女性
タイトルにみんなのとある通り出てくるポケモンはいろいろな世代の人が知っている物ばかりで、いかにこの作品が長い年月をかけて多くの人に親しまれているという事がわかる映画になっていたと思いました。サトシやピカチュウ以外の登場人物たちにもスポットを当てていて仲間と共に悩みを乗り越えていく姿はとても良くて感動すら覚えるような内容がとても良かったと思いました。あくまでも子供向けの映画として制作はされていますが、大人でも十分に鑑賞に耐えられるような物語の展開となっていて幅広い年齢層からの支持を得やすい内容は親世代から子供の世代まで楽しめる内容となっていた所が良かったと思いました。感情移入もしやすいシーンもあって思わず泣けてしまうようなそんな映画でした。
30代男性
この作品では、今までのポケモン映画シリーズではなかったものが見られましたね。今までの作品だと、主人公はあくまでサトシなのですが、今回の映画では主役となるキャラクターがたくさんいたという点です。ポケモンが苦手な女の子や、嘘つきのおじさんなど、さまざまなキャラクターが主役として描かれていました。その一人一人の主役に大きくポケモンが関わってきて、ポケモンと大きな壁を乗り越えることによって大切な絆に気づかされるのがよかったですね。また、今回の映画では幻のポケモンでもあるルギアが登場しましたね。ルギアは過去の映画でも出てきたのですが、今回の映画でも出てきてくれてすごい嬉しかったです。過去のポケモンも見られる素晴らしい作品でした。
20代男性
 

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました