劇場版ポケットモンスター ディアルガVSパルキアVSダークライ 動画レンタル配信情報と無料視聴方法

TSUTAYA DISCAS

この動画を楽しむならここがおすすめ!

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

新たなる冒険の旅に出たサトシ&ピカチュウ、
そしてヒカリたち一行は、可憐な女性・アリスと出会い、
アラモスタウンへと向かう。

その町のシンボルとされる〔時空の塔〕で
ポケモンコンテストが開催されるのだ。

アラモスタウンには近頃、
人々やポケモンたちに悪夢を見させる
正体不明のポケモンが出現していた。

町の名士・アルベルト男爵は、
そのポケモンを捕獲するため、討伐部隊を編成する。

そしてついに幻のポケモン・ダークライが姿を現した…!

一方その頃、アリスの幼なじみの科学者・トニオは
空間の異常現象に気付く。

なんとアラモスタウン上空に〔時空の狭間〕が発生、
神と呼ばれる二体のポケモン、
ディアルガとパルキアが現れたのだ!

決して出会ってはならないはずの二体と
ダークライが遭遇したとき、
時空をもゆるがす史上最大の戦いの幕が切って落とされる!!

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon
©2007 ピカチュウプロジェクト

キャスト

サトシ(松本梨香)
ポケモンマスターを目指すマサラタウン出身の少年。
相棒はポケモンのピカチュウ。
どんな時もポケモンのことを1番に思うまっすぐな心を持つ。
今作品ではアリスとトニオと出会い、
アラモスタウンの危機に立ち向かうことになる。

ピカチュウ(大谷育江)
でんきタイプのねずみポケモン。
サトシと出会ったころは不仲だったが、
旅を通して仲良くなった。
モンスターボールに入ることが嫌いで、
いつもボールの外に出ている。
とても優しい性格で人からもポケモンからも好かれやすい。
とくいワザは10まんボルト。

タケシ(うえだゆうじ)
ポケモンブリーダーを目指す
いわタイプポケモンが大好きな少年。
美しいお姉さんに目がない一面もあるが根はしっかり者。
旅の中ではみんなのまとめ役と料理係を担っている。

ヒカリ(豊口めぐみ)
ポケモントップコーディネーターを目指す10歳の女の子。
おしゃれが大好きで明るい性格だが、
たまにおっちょこちょいな一面を見せることも。
夢を叶えるために日々ポケモン達と特訓を重ねている。
相棒はみずタイプのポッチャマ。

ダークライ(石坂浩二)
アラモスタウンのゴーディの庭園に現れる
あくタイプのあんこくポケモン。
とくせい「ナイトメア」の力によって、
人とポケモンに悪夢を見せることができる。
街で起こっている異変の原因と疑われているが
その真偽はわからない。

ディアルガ
時間をつかさどる神と呼ばれしポケモン。
はがね・ドラゴンタイプ。

パルキア
空間をつかさどる神とよばれしポケモン。
みず・ドラゴンタイプ。

アリス(加藤ローサ)
音楽を学びながら、
気球でアラモスタウンのガイドをしている女性。
トニオに思いを寄せている。
相棒はヒコザル。

トニオ(山本耕史)
アラモスタウンで起きている事件の謎を調べている科学者。
相棒はフワライド。

アルベルト男爵(山寺宏一)
アリスとの婚約を目論むアラモスタウンの有力者。
相棒はべロベルト。

 

ライターコメント紹介

昔からポケモンが好きで、この映画を見る時はディアルガ目当てで行きました。まだ当時はダークライを名前しか知らない時だったので、どんなポケモンなんだろうとドキドキワクワクしていました。最初は怪しげな登場の仕方だったのでダークライはもしかして悪いポケモンなのかな?とも思いましたがストーリーを見ているうちに不器用なだけで本当はいいポケモンなんだなと思えてきました。私が1番印象に残っているシーンは、ディアルガとパルキアが争っているシーンです。ディアルガとパルキアは同じ伝説ポケモンなので仲がいいと思っていたので争うシーンを見て驚きました。時間と空間を超えて出会ってしまった2体のポケモンを、心の中でディアルガ頑張れ!と応援しながら見ていました。
20代女性
ポケモン映画の中でも特に好きな作品です。ポケモン映画は迫力あるバトルのシーンと緩いシーンのバランスがとても好きです。初めは悪いポケモンと思われていたダークライが街を守ろうとしていると分かったときは、とても衝撃的で感動的で一気にダークライが好きになってしましました。他にもアルベルト男爵のおだてられたら調子に乗っちゃうキャラや、いつもなんだかんだ言ってもいい奴っぽいロケット団も大好きです。ディアルガ、パルキア、ダークライの戦うシーンは圧倒的に小さなダークライが街を守るために大きなディアルガ、パルキアと全力で戦っている姿に感動!最後ダークライが犠牲になってしまったかと思ったら、シルエットが出たときは涙が出ました!!すっかりダークライの虜です!
30代女性
これは今も忘れられない名作だと思います!タイトルどおり、アラモスタウンにて、ディアルガとパルキアとダークライが戦います。その中で今回の主役はダークライです。町に異変が起き、その度にダークライが現れるので、町の人々もサトシたちも最初はダークライを疑います。しかし、本当はあるエピソードをきっかけに庭園を守り続けようとしていたことが明らかになります。そのきっかけのエピソードがかなり泣けます。悪夢を見せるということで嫌われ者だったダークライ。ある日、怪我をして庭園で休むことにします。そんなダークライを「ここはみんなの庭だから」と優しく受け入れるアリスの祖母であるアリシアおばあちゃん(少女時代)。このシーンは、私自身、人間関係が不得意だったりするので、感情移入してジーンと来ました。当時、映画館で観ましたが、今でもこのシーンは忘れられないです。たしか、このシーンのアリシアは能登麻美子さんで、透明感ある優しい声に心を洗われた方も多いのではないでしょうか?ダークライは庭を守るという思いを抱き続け、数年後、小さい頃のアリスを落下事故を防ぎます。そして、本編では、パルキアとディアルガの戦いに巻き込まれたアラモスタウンや庭園を守るべく立ち向かいます。孫のアリスまでいるということで、かなり時が立っているはずですが、アリシアへの恩を忘れないダークライの健気さに、引き込まれていきました。一方でシリアスだけではなく、パルキアとディアルガの影響により、ベロベルトに変身してしまったアルベルト男爵もかなり笑えました。まだ平和な時に時空の塔の最上階に向かうシーンで、他のみんなが気球に乗って向かう中、サトシとピカチュウだけが歩きで登っていくシーンも面白かったです。頂上にたどり着いた時のサトシの顔がインパクトあって必見です!本当に素敵なポケモン映画でした。
30代女性
この映画はとにかく世界観と音楽がとても良かったですね。舞台であるアラモスタウンの街並みがとても美しくてダークライがいた庭は私のお気に入りです。ストーリーは最初のディアルガとパルキアの衝突からOPの流れもとても興奮しました。御三家のポケモンの最終進化態を筆頭に色んなポケモンも出てきて見ていて楽しかったです。個人的にはアルベルト男爵とロケット団のコンビが面白かったです。ダークライによって悪夢にうなされたベロベルトとアルベルト男爵の体が入れ替わってからの男爵のポンコツムーブが面白く、当の本人は至って真面目だったのが面白さに拍車をかけて見ていて楽しかったです。物語終盤はとても緊迫感があり、オラシオンの起動シーンはとても美しくて、音楽もハマってしまってYouTubeで探してしまうくらいでした。
20代男性
三大ポケモン、ディアルガ、パルキア、ダークライの登場にバトルと迫力があり、わくわく感のあるポケモン映画です。ダークライの声優に石坂浩二さんが演じておりさらに迫力と緊張感が増す映画です。子供も大人も関係なく見る事のできる映画です。アルベルト男爵の声優に山寺宏一さんが演じており、悪役、お茶目、おとぼけと憎めないキャラクターで子供には、笑いのとれるキャラクターです。最後に悪夢で本当のベロベルトにされるところがさらに笑いが増します。ダークライにパルキアにディアルガの三大バトルは、まばたきせずに見いることができる大迫力のシーンの連続です。迫力満点のポケモンです。年代に関係なく子供も大人も見れるポケモン映画です。
50代男性
ポケットモンスター劇場版シリーズの特徴でもある伝説のポケモンの登場なのですが、今回の作品ではかなり多くの伝説のポケモンが登場してくれたと思っています。ディアルガとパルキアとダークライが今回登場してくれたのですが、この3匹がまさか対立して争うことになるとは思ってもいませんでした。やはり伝説のポケモンということもあって、迫力は普段のアニメでは見られないほどのものがありましたね。ひとつの街を破壊しかねないほどの威力の技の衝突は最高でした。この映画では音楽は本当に素晴らしいなと感じました。オラシオンという曲はあらゆる争いをも止めることのできる穏やかな曲という感じがして、そのメロディーは本当に大好きになりました。
20代男性
当時の告知CMがとても印象的で映画館に行った想い出があります。伝説ポケモンが複数でてくるので、かっこいいポケモンが好きな人にはたまらないです。特にダークライのキャラデザがかっこよくて、ゲームの方でも欲しいなと思えました。今作はかなりバトルシーンが多く、内容は薄い感じがしましたがバトルものを見るのが好きな子供には良いと思います。ストーリー自体は深みはないものの、それぞれのキャラが立っているのでその点が面白かったです。全部見終わった後にはダークライがかっこいいなと感じました。ディアルガが全体的に優遇されていて、パルキアが少しかわいそうでした。エンディングの曲が良かったです。想い出補正も含めてよい映画だと思います。
30代女性
初めて見たポケモン映画でしたが一番の感想は、登場してくる伝説のポケモンであるディアルガ、パルキア、ダークライがカッコ良いと言うのが率直な感想です。ディアルガとパルキアの戦闘シーンが一番の醍醐味ですが、一押しのディアルガが強すぎでしょう。ディアルガとパルキアの戦闘で街がメチャメチャになりそうな時に最初はあまり印象が良くなかったダークライが戦闘を収めるという美味しいところを全部ダークライが持って行ってしまう作品でした。まだ、幼かった従兄弟を映画館へ連れて行って一緒に見ましたが映画を見終えた後の興奮がすごくポケモン人気をまざまと見せられました。この映画をきっかけでディアルガが大好きになり、数年後に大ヒットしたスマホアプリでディアルガをゲットした時の喜びは堪りませんでした。
40代男性
この作品はなんといっても迫力が凄いです。ディアルガ、パルキア、ダークライという三体の伝説のポケモンが三つ巴で戦うので、バトルシーンは圧巻です。「神々の戦い三部作」の最初を飾るにふさわしい作品ですね。あとは、なんといってもこの映画の目玉ポケモンであるダークライがイケメンです。ダークライは他のポケモンや人間から誤解されているのですが、その誤解を無理に解いたりしようとせず、直向きに街を守ろうとする姿がかっこいいです。劇中のあるダークライのセリフ(詳しくは言えません)が大好きです。劇中に流れるオラシオンのテーマという曲も好きです。この映画は、のちに歌詞つきでカバーされているので、どちらもぜひ聴いてみてください。
20代男性
映画公開は当時、私は8歳でした。ポケモンのゲームで遊んでいたため子供のころは全てのポケモンの名前を言えるのではないかというぐらいでした。そんな私が好きだったシーンはダークライがディアルガとパルキアの戦いを身を挺して阻止するというシーンが好きでした。まさか幻のポケモンが伝説同士の戦いに単身で乗り込んでいくとは思っていなかったので衝撃を受けました。その他には「オラシオン」という作中のBGMが流れたのが素敵だと思いました。この曲は最近になって詞をつけてリメイクしたと聞いたので今でも絶大のBGMだったんだろうなと思います。また、今思えば、あのころ子供たちを夢中にさせていた伝説2体とフォルムがカッコいい幻ポケモンを映画にするというのは制作人の凄さを感じました。これからも子供たちに人気のある作品になって欲しいと思います。
20代男性
この映画が初めて映画館で観た作品でした。今一番好きなポケモン映画はどれ?と聞かれたら、「これ!」と迷いなく言えるほどに、この作品は素晴らしいです。私はダークライのその優しさが何よりも好きです。少し素直ではないところが多い彼ですが、仲間思いで果敢に敵に立ち向かう姿は、一見”悪役”に見えそうな姿とのギャップと合わせ、とても素敵に思えました。アリス、アリシアを思う気持ちの強さにも惹かれます。また、ポケモン以外のこの作品の魅力は、音楽にあると思います。この作品を初めて見たとき、そして改めてTVで見たとき、最も感動したのは金色に輝く塔と「オラシオン」が流れるシーンでした。あのシーンの言い表すことのできない高揚感は、ぜひいろんな人に感じてほしいと思います。
10代女性
ポケットモンスターダイヤモンドパールの最初の劇場版作品ということで、どんなポケモンが登場するのか楽しみにしていたのですが、かなり豪華なメンバーが集まっていました。伝説のポケモンでもあるパルキアやディアルガ、そしてダークライなど迫力満点でしたね。ダークライは、最初の方は敵なのかなと思っていたのですが、本当は街を守るために戦っていたのだと気づいたときには、かっこいいポケモンだなと思いました。ディアルガとパルキアの戦いを止めるために自分を犠牲にしようとするダークライは、どんなポケモンよりも男気のあるポケモンなんだと思いました。伝説のポケモン3匹によって繰り広げられるバトルも凄くて、見惚れてしまいましたね。
20代男性
庭園を荒らした犯人として疑われたダークライが人間に追われ傷ついてなお人間を守るという行動に町を、人を誰よりも愛しているんだなと感じました。人と同じようにポケモンもお互いの歩み寄りがなければ関係は起こらないと改めて自覚させてくれる作品です。また、作中に出ているオラシオンを使用することにより傷が治ると言う設定に昔から音楽は様々な人に親しまれ、音楽には強い力があるのだと伝わってくるようでした。作中登場する伝説のポケモン、ディアルガ・パルキアの戦闘シーンではパルキアが悪者扱いになっているのは少し残念な気がしました。ディアルガも悪い面はあるかと思いますが、何もしなければ本当にいいポケモンなので少し悲しくなります。人間が起こした出来事が結果ポケモンにまで被害がいってしまってるのは人間の身勝手さを見ているようでした。この作品は主人公のサトシが活躍する機会は他の映画と比べて圧倒的に少ないですが、人間の心理等が丁寧に描かれていて改めて日々の生活や人とのコミュニケーションの大事さを考えさせられる作品だと思います。
20代女性
この映画はとにかくプレミアム感が強いです。”ディアルガ””パルキア””ダークライ”という、普段のゲームやアニメ内ではそうそう出てこないような三体のポケモンが登場します。ディアルガとパルキアはとにかく大きくて強く、ダークライは黒く闇をまとった独特な雰囲気を持っています。悪役に見えてしまうダークライですが、決して人を傷つけたいわけではないというところも、感動を誘います。また、この映画の中で一際存在感を放つのは「時空の塔」と呼ばれる建造物です。荘厳で迫力があり、神聖な雰囲気を持っていて、子供が見ても大きくなるまで記憶に残る造形をしているんです。ここに出てくる装置が少し物語をややこしくしてしまっているようにも思いますが、大きくなってから見ても面白いと思える設定がとても好きです。
10代女性
私は、昔からポケモンが好きでこの映画が公開されたときが私は小学生で一番ポケモンが流行っていた時でした。友達など皆がこの映画を観ていました。この映画には伝説のポケモンが三体も出てきて、歴代の伝説のポケモンの中でダークライが一番好きで、ゲームでもよく使っていました。ディアルガとパルキアの戦闘シーンが大迫力で今でも鮮明に覚えています。ディアルガとパルキアの戦いをダークライが止めるのですが、ダークライが倒されてしまった場面は衝撃でした。しかし、最後ダークライは生きていたのが分かったので安心しました。仲間の大切さや最後まで諦めないことの大切さなどたくさんのことをこの映画から学びました。ぜひおすすめする映画です。
20代男性
 

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました