キングダム 第2期 無料動画視聴方法と見逃し配信

Hulu

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

見放題配信

今すぐU-NEXTで無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

 

その他の キングダム の作品

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 信しん:森田成一
  • 嬴政えいせい:福山 潤
  • 蒙恬もうてん:野島裕史
  • 王賁おうほん:細谷佳正
  • 河了貂かりょうてん:釘宮理恵
  • 羌瘣きょうかい:日笠陽子
  • 騰とう:加藤亮夫
  • 昌文君しょうぶんくん:仲野 裕
  • 壁へき:遊佐浩二
  • 肆氏しし:高瀬右光
  • 呂不韋りょふい:玄田哲章
  • 昌平君しょうへいくん:諏訪部順一
  • 蒙武もうぶ:楠大典
  • 蔡沢さいたく:千田光男
  • 澤圭たくけい:佐藤晴男
  • 尾平びへい:鳥海浩輔
  • 麃公ひょうこう:斎藤志郎
  • 蒙毅もうき:水沢史絵
  • 李牧りぼく:森川智之
  • 公孫龍こうそんりゅう:斉藤次郎
  • カイネ:優希
  • 向こう:中津真莉子
  • 陽よう:中塚智実
  • 渕えん:赤城 進
  • 紫夏しか:大原さやか
  • 江彰こうしょう:草尾毅
  • 亜門あもん:落合弘治
  • 蒙驁もうごう:伊藤和晃
  • 田有でんゆう:林和良
  • 沛浪はいろう:小山剛志
  • 崇原すうげん:高橋英則
  • 田永でんえい:田尻浩章
  • 昂こう:下妻由幸
  • 廉頗れんぱ:楠見尚己
  • 輪虎りんこ:櫻井孝宏
  • 介子坊かいしぼう:檜山修之
  • 玄峰げんぽう:後藤哲夫
  • 姜燕きょうえん:川田紳司
  • 桓騎かんき:伊藤健太郎
  • 王翦おうせん:堀内賢雄
  • 李斯りし:青木強

<STAFF>

  • 原作:原 泰久
  • 監督:岩永彰
  • シリーズ構成:荒川稔久
  • キャラクターデザイン:竹田逸子、徳永久美子
  • 美術監督:金 鉉洙
  • 色彩設計:甲斐けいこ
  • 撮影監督:吉田 寛
  • 編集:松村正宏
  • 3DCG監督:奥村優子
  • 音響監督:高桑 一
  • 音楽:関 美奈子
  • アニメーションプロデューサー:磯谷麻依子
  • 制作統括:斉藤健治、柴田裕司、上田憲伯
  • アニメーション制作:ぴえろ
  • 制作・著作:NHK・NEP・ぴえろ

オープニングテーマ
『GLORY DAYS』
歌:D☆DATE
作詞:KOHSHI(FLOW)
作曲・編曲:TAKE(FLOW)
エンディングテーマ
(第1話~第13話)
『21』
歌:The Sketchbook
作詞:多田 宏
作曲:The Sketchbook
編曲:The Sketchbook・MB2nd

(第14話~第26話)
『Exit』
歌:The Sketchbook
作詞:多田 宏
作曲:The Sketchbook
編曲:The Sketchbook・MB2nd

(第27話~第39話)
『そこに君がいる』
歌:The Sketchbook
作詞:多田 宏
作曲:The Sketchbook
編曲:The Sketchbook・MB2nd

あらすじ

紀元前、中国。春秋・戦国時代。

西方の国・秦で、戦争孤児として暮らしていた少年・信の夢は、
日々鍛錬を積み、いつか戦で武功を立てて天下の大将軍になること。

先の戦の功績により三百人の特殊部隊の将となった信は、
着実に武功を重ねていく。

そんな中、秦はついに魏の攻略へと向かう。

その戦場では、信と同世代の若武者たちが手柄を奪い合い、
次代の大将軍を目指し躍動していた…。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(見放題配信)
31日間無料
今すぐ見る

(見放題配信)
14日間無料
今すぐ見る
ツタヤ
(宅配レンタル)
30日間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

良かったシーンは、蒙豪将軍と廉頗将軍の一騎打ちです。廉頗将軍に長年勝つことができなかった蒙豪将軍が、仲間と共についに勝利したのは感動的でした。蒙豪将軍が本気を出すとこんなにすごいのかということも知れたし、白老将軍ならではの温かさも感じることができて胸に熱くこみあげるものがありました。また、負けたながらも天下の大将軍としての懐の深さを感じた廉頗将軍には、ただただあっぱれの一言でした。また、第二シーズンでは信の妹分でもある河了貂が”軍師”となって成長して戻ってきます。貂が軍師として新しく飛信隊に加わり、初陣に出るのは我が子を見守る親のような気持ちでとてもドキドキしました。第二シーズンは新しい仲間が加わって、第一シーズンとはまた違う良さが楽しめます。一味成長した信と仲間たちの迫力ある戦いが見れる魅力的なシーズンです。
30代女性
アニメ「キングダム 第2期」は山陽の攻略戦が一番の盛り上がるシーンでした。王翦と桓騎も登場しており、個人的にとても好きな将軍二人なのでワクワクしました。副将に王翦と桓騎は豪華でしたし、ただならぬオーラが出まくりだったのでかっこいいと思いました。また、相手の廉頗もとんでもなく強くて驚きました。戦いには負けたものの、蒙驁の策略とのぶつかり合いには優勢でさすが元三大天といったところです。一番盛り上がったシーンは、信と廉頗四天王の輪虎の戦いでした。輪虎は策略家としても長けてるだけでなく、単体として強いので、信が押されていてどうなるかとハラハラして見ていました。過去の相手の中でも上位に強く、信が昇進するきっかけとなったと思います。
20代男性
とうとう主人公 信の夢への道が拓けていく場面からスタート。これから史実に登場するライバルの蒙恬と王賁が出てきてすごい盛り上がりです!痛快に敵将を討ち取ったり城を制圧したりヨッシャーこのまま出世するぞーって思うんですが、とある戦場でそこにはかつての六大将軍と渡り合った廉頗というとてつもなく大きな壁が出て愕然としました。三百人将に成り上がって信の出世はやーっ!と思ってたところに将軍、大将軍の存在がのしかかり信にはまだまだ武力だけではないものがいっぱい足りないんだなーと思いました。上に行くにはただの強さだけではないものも必要だ、とそれは現実にも言える事だなーと自分の世界に重ねちゃいました。呂氐陣営との政治の戦いの一面もあるのでそういった部分も見応えあるし勉強になるアニメだなーと感じました。
30代男性
人気漫画の人気漫画のアニメ化作品ですが、第二期では首都咸陽の内部での政権闘争や派閥争いも見処ですが、最後は一番の名シーンが有りましたね。この漫画の序盤で一番のシーンです。最後の六将で中華の怪鳥王騎将軍の死がありましたね。しかも討ち取ったのは超国三大天の李牧、この漫画のカギとなる登場人物ですね。見据える未来は同じ中華の統一でも、国が違うからぶつかり合う感じがでていましたね。この作品はストーリーのテンポも良くダラダラしてない感じと、迫力のある戦闘シーンが見応え充分な感じだし、主役のシンが馬鹿で頭は悪いけど、ズバ抜けた戦闘能力と人を惹き付ける憎めない人柄で真っ直ぐに育ち、成り上がって行く感じが非常に好感が持てる漫画だと思います。
40代男性
主役の信が飛信隊の隊長として活躍していく展開はとても面白くワクワクするシーズンでした。特に大将軍を目指すと言っていた信が初めての強敵だったと思える魏軍の輪虎との戦いは見ていて最高でした。輪虎を倒したことで信が大将軍に近づいたように感じましたし、飛信隊もさらに強くなったように思えて嬉しくなりました。そして魏軍の大将である廉頗は死んでしまった王騎のような圧倒的な存在感でめちゃくちゃかっこよかったです。それでも秦軍の将軍たちの豊かな個性は引き込まれてしまうようなキャラクターばかりで秦軍は主役の信が所属していても、善人ばかりではなく山賊あがりや自分が王になりたいと思っている将軍など、いろんな要素が多くて最高のシーズンだったと思っています。
40代男性
今回の第2期は信と同じく秦国の三百人隊の玉鳳隊の王賁、楽華隊の蒙恬と競い合いながら功を挙げていくというストーリーが魅力的です。その中でも元趙国三大天・廉頗の側近である四天王の輪虎との闘いがとても激しくて見ごたえありました。廉頗率いる魏軍との闘いがこの第2期のほとんどでしたが、この輪虎との闘いがあることと、王翦、桓騎の両副将の存在とキャラクターによって飽きなく鑑賞する事ができました。廉頗と輪虎は敵キャラですが、自身に戦にたいする考え方や正義があり、信たちに与える影響は大きかったとおもいます。第1期での王騎の死によってつまらなくなるどころか、新時代のスタートという事で益々面白くなってきた印象でした。
30代男性
私の第2期で一番好きなシーンは、廉頗四天王・輪虎と一騎打ちしたシーンです。そもそも輪虎が見た目も声もしゃべり方もかっこいいですよね。冷静な雰囲気で、強い。私の他にも輪虎のことがお気に入りだという人は多いと思います。雨が降り、お互いに満身創痍の中、激しい斬り合いを繰り返す。信が一撃食らわせたもののまだ立つ輪虎。自身の生い立ち、廉頗への感謝、負けられない心を吐露し、力をふりしぼり信に向かってくる。最期までかっこいいです。輪虎が言う台詞で、信の話を受け、運命論者気味の輪虎が「出会いは運命で、そこから先は自分次第さ」と認めたのがとても印象に残っています。また、「僕の役目は終わっていたんだろうか」と呟くシーンも切ないです。
20代女性
政の過去を知ることができました。紫夏がいてくれたから、命をかけて政を助けたことで今の政がいるんだと思いました。信の成長は一段とすごく、いいライバル、同志に囲まれてると感じました。千人隊の隊長になるシーンは変装していた蒙驁将軍が信にお悩み相談して答えを見いだし、信を隊長にする。信の心情が忙しそうで面白かったです。急な千人隊になって隊の連携がとりにくくても志が同じであれば目標は達成できる。教えられました。その志を束ねる、高めるのも隊長、リーダーの力だと感じました。戦はない今の世の中ですが、見えない敵はいるし志を高くもって行けば自然と人は集まったりするのかなと思いました。それぞれのキャラクターがいい味を出してかけあいが面白かったり、教えられるアニメです。
30代女性
キングダムは元々、原作のファンでアニメ化されることを知って、1期目から見ていた。1期目が原作通りだったため、2期目も続けて視聴した。今回は、秦と魏の戦と呂不韋と政の政治争いが見どころでした。まず、戦では昔から廉頗大将軍に負けていたもう豪将軍が全力で大将軍に向かっていく姿や心情が良かった。なんとかして、勝つために長年考えてきた策で一時は防ぐが、それすらも破っていく大将軍の貫禄の大きさを驚きました。普通の漫画ならここで大将軍は押されたままで終わるはずです。そして、主人公である信が少しずつ武功を挙げて出世する姿も見ていて感動しました。呂不韋と政の争いでは、宮女の向が剣で刺されても痛みを我慢して、政のために命を懸けたその姿に涙が溢れました。そして、母親が自分の子供である政に対して、あそこまで憎しみを持つことができるのか?憎しみはそこまで人を変えてしまうのか?と疑問があり、また悲しくなりました。
20歳男性
セイキョウの暴走をしずめることができてひと段落かと思いきや、つぎつぎに難題がやってくるんだなと思いました。オウキ将軍をはじめてみたときは、みるからに強くてオーラがハンパないと感じました。そのオウキ将軍が、あんなに強い将軍が死んでしまうなんて信じられませんでしたし生き返るんじゃないかとも思いました。あのシーンは忘れられませんし、ちゃんと次の世代に引き継いでから死んだオウキ将軍はかっこよすぎると思いました。オウキ将軍の武器を引き継いだシンも相当重圧があったと思いますし、その時は正直シンで大丈夫かな?と思いました。その時点ではまだまだでも将来に期待されて引き継がれたんだと思い、オウキ将軍は先見性もある方なのだと思って感動しました。
30代女性
第一期よりも作画が良くて、皆イケメンに描かれているのが嬉しかったです。主人公・信を含め、次の世代を担う若いキャラがたくさん出てくるのも見ごたえがあります。毎話、テンポが良いのであっという間に見終わってしまいます。後の始皇帝となるエイ政が乗り越えてきた過去のエピソードもあるので、感動しました。この頃の時代は、人と人との命が繋がって次へのバトンが繋がっていくのがまことしやかに描かれています。亡くなったキャラの思いも抱いて進む皆が、とても強くてかっこいいです。そして、男性キャラだけでなく女性もかっこいいです。それぞれが自分の信念を持って戦場に立っているのに胸を打たれます。熱い気持ちになりたい時絶対に見たくなる作品です。
20代女性
青年になり率いる部下も増えて鎧をまとうようになった新。夢中で戦場を剣技の才を頼りに駆け抜けてきた新に戦の流れが徐々に分かるようになるのが良く描けてる。粗削りでも前にでる勢いが前時代の強者の代表である輪虎を打ち倒すシーンで感じられた。よきライバルの王賁、蒙恬が絡んで輪虎を倒すのも秦国軍の世代交代を感じさせる。ひょうひょうとした蒙恬が潰れ役を買って出たり、王賁がやせ我慢の極致を見せて新を助けるのもワクワクする。新の言動はまだ直情的だが、ここ一番で頼りにされつつあるのが感じられて嬉しい。最後の戦の大一番で化け物じみた廉頗が自分で戦局をひっくり返さんとする際に立ちふさがる新。ここでモヤっとした新の夢が中国統一になるシーンは大好きだ。キングダムという題は中国最初の統一国家の秦を表していると思っているが、これが新の大将軍になるという夢と重なりタイトルがしっくりくるようになった。
50代男性
今回のシリーズでは、前回のシリーズに続いて魏の攻略に信たちは挑んでいきましたね。三国志を知っている人ならば分かるとは思うのですが、この魏という国はなかなか攻めるのは難しいと言われていた国でもあります。だからこそ信がどんな方法で攻めていくのか気になっていましたね。その答えは同盟でしたね。これもまた当時の戦国の時代をよく表現できているなと思いました。秦との同盟に成功したわけですが、信もたくましく見えてきましたね。最初は孤児という立場であったのですが、今見てみると本当にたくましく育ってくれていると親目線で感じましたね。ひとつの国を攻略しようとする彼を見ていると本当にその時代に信がいたように感じられますね。
20代男性
第2期はそれぞれのキャラがそれぞれ成長を見せてくれて場を盛り上げてくれる、1期~3期の中で一番楽しいシーズンだったと思います。信は着実に武功を挙げてのぼりつめていき、ライバルたちの出現などもあり切磋琢磨する姿がとてもたくましく思えました。大王である政もこの国へと来る前も一波乱あるとは思ってもみませんでした。彼も大切な人に守られそして死を直面して、ここまで立派な人間として成長しているというバックボーンが見れてとても感動しました。さらにはかつて敵だった大王の弟、軍師として着実と成長しているかりょうてん、彼らが大王陣営に加わった時の興奮と言ったらありませんでした。内部での戦い、外部では外部の戦いがあり、手に汗握る展開の連続で見ごたえのあるストーリーがずらりとならぶシーズンだったと思います。
30代男性
キングダム第2期では信と同年代のライバル達が登場し、魅力的なキャラクターが増えました。このキャラクターの多彩さがキングダムの魅力でもあると思います。主役の信は情熱と強さで突っ走る少年漫画の主人公タイプですが、王賁、蒙恬という全く信とはタイプの違う若手のキャラが出てきて競い合うことで、ますます面白くなりました。同様に敵のキャラもバラエティに富んでいて面白いです。戦略の攻防戦も見応えがあり、こちらが優勢と思えば、次の手で優劣がひっくり返ったり、大人が見ていても飽きません。さらに第2期では嬴政の過去や母との確執も描かれていて、嬴政の見どころもたっぷりありました。国内の政敵と他国との戦の双方とも面白く、目が離せないアニメです。
50代女性

各話紹介

第1話「新時代」

もとは下僕の身でありながら、
戦場に出て武功を上げ、
三百人将となった信(しん)。

信が率いる飛信隊(ひしんたい)は、
特殊部隊として戦場を駆けまわっていた。

激烈な戦を戦い抜いてきた彼らは
多くの勝利を積み重ね、
その存在は敵にも味方にも
知られるようになっていた。

一方、王宮内では若き王・嬴政(えいせい)と
国の実権を握る丞相・呂不韋(りょふい)の
権力争いが激化。

様々な野望が渦巻き、
今、新しい時代が動き始める!

第2話「静かなる戦場」

昨年、王騎(おうき)を討ったかたきである
趙国宰相・李牧(りぼく)が
突如秦国へと来訪するという。

騒動の発端は呂不韋(りょふい)であり、
この異常事態に、王宮に呼び寄せられた
信(しん)と羌瘣(きょうかい)は
衛兵へと姿を変え会見へと紛れ込む。

緊迫した雰囲気の中、
固唾をのんで見守る一同とは裏腹に
和やかに会話をすすめる呂不韋と李牧。

その様子に戸惑う信たちだったが、
不意に呂不韋は「李牧を殺す」と言い放った。

第3話「嵐の祝宴」

呂不韋(りょふい)と李牧(りぼく)の
激しい駆け引きの末、
秦趙(しんちょう)同盟を成した両国は
それを祝して盛大な宴会を催すことになる。

会場内には、その場に出席した
信(しん)と羌瘣(きょうかい)が
思わず目を奪われる程
華やかな光景が広がるが、
それとは裏腹に秦趙両国の間には
張り詰めた空気が漂っていた。

そんな雰囲気をよそに意気揚々と
宴会の席に付く信だったが、
その向かいにはきゅう敵・李牧の姿が。

第4話「王と蟻(あり)」

五年で将軍になることを政(せい)に誓い、
再び戦場へと戻った信(しん)。

しかし、大きな手柄を上げるほどの
戦には出会えず焦りを募らせる。

そんな中、信たちのいる前線地帯で
秦国軍を押し返すべく魏国軍が集結し、
思わぬ大軍と化していた。

この好機に、飛信隊は敵将を討つべく
単独で敵本陣を急襲する。

しかし、相手の防陣を
突破した先にいたのは、
すでに敵将を討ち取り悠然とたたずむ
秦国の若き将・王賁(おうほん)であった。

第5話「第三勢力」

貴士族のエリートで構成された
秦(しん)軍特殊三百人隊、
玉鳳隊(ぎょくほうたい)を率いる
王賁(おうほん)は、
戦の素人集団である飛信隊(ひしんたい)を
「蟻(あり)」と呼びさげすむ。

その屈辱に思わず剣を抜く信(しん)だったが、
王賁が繰り出したやりは信を圧倒し、
力の差を見せつけた。

その夜、悔しさにほえる飛信隊は、
玉鳳隊を出し抜くべく
自分たちにしか出来ない過酷な作戦を
実行することを決意する。

第6話「美しき猛毒」

大王派と呂不韋(りょふい)派とは別に
新たに姿を現した第三勢力・後宮。

そこは政(せい)の母・太后が支配する
特別な領域であり、絶大な勢力を擁するが、
これまで権力争いには興味を示さず
静観していた。

しかし、その後宮から大王派である
肆氏(しし)の元に突如書簡が届けられる。

これに太后の闇を知る昌文君は
強い警戒心を示す。

この事態に大臣たちが
対応を議論をする中、
政は誰にも話すことなく
一人後宮へと向かう。

第7話「呪われた王子」

かつて秦国と趙国の間で起こった長平(ちょうへい)の戦い。この戦で秦国は勝利を収めるが、未曾有の大虐殺を行ったことで趙国から深い恨みを受けることとなる。その恨みは趙国に残された秦国の王子・嬴政(えいせい)に向けられ、彼は幼い頃から侮蔑と虐待の日々を暮していた。
月日は流れ、時の秦王崩御を機に、政を秦国へと逃がす極秘の計画が趙国の闇商人・紫夏(しか)の元に持ち込まれる。

第8話「政と紫夏」

失敗すれば命がないことを知りながら、紫夏(しか)は政(せい)を秦国へ送り届けることを決意し、一行は趙国を抜けるための5つの関門へと向かう。
紫夏の手腕により1つ目の関門を通過するが、その一方で、政はうつろな目のまま何かにおびえるかのように夢にうなされ続ける。その様子を見た紫夏は政の身に異変が起こっている事を感じ取るがどうすることもできずにいた。そんな中、政が隠れている俵に突如矢が射ち込まれる。

第9話「つなぐ願い」

味も匂いも痛みも何も感じることが出来ず、自分は壊れてしまっていると語る政(せい)。過去の亡霊に縛られ前に進むことが出来なかった政だが、紫夏(しか)が差しのべた手は政を闇から強く引き上げ、その手に救われた政は正気を取り戻す。
最後の関門を抜けた一同は秦国への道を急ぐが、ついに趙国の騎馬隊に追いつかれてしまった。戦いながらの逃走は激烈を極め、敵の猛攻に次々と仲間が倒れていく中、紫夏は決意の表情を浮かべる。

第10話「砕けた愛」

始皇5年、秦国は魏国の地・山陽一帯を領土とすべく、大軍を興して魏国へ侵攻させる。
信たちは、秦国総大将・蒙驁(もうごう)率いる本軍に組み込まれ、気合い十分で行進する。
一方王宮では、後宮の権を握る実力者たちが政(せい)の元へと来訪し、これで助力を得られると、大臣たちは大いに盛り上がる。しかし、ある夜、宮女・向(こう)は政の敵であるはずの呂不韋(りょふい)と仲むつまじく歩く太后の姿を目撃してしまう。

第11話「揃い踏み」

王宮内の勢力争いにおいて、政(せい)に協力したかと思われた太后だったが、実は政の宿敵・呂不韋(りょふい)と裏でつながっていた。二人の密会の現場を目撃してしまった宮女・向(こう)は、気配に気づいた宦官の手により深手を負ってしまう。
そのころ、戦場では、魏国に侵攻中の秦国軍の中にいる信、王賁(おうほん)、蒙恬(もうてん)の若き将が、それぞれ大きな武功を目指し、ついに最初の城・高狼(こうろう)へと到着する。

第12話「高狼城攻略」

宮女・向(こう)の命がけの証言により呂不韋(りょふい)と太后の不義を知った政(せい)陣営は、一気に敵陣営を打ち砕くべくその事実を触れ回る。その効果は即座に現れ、呂不韋陣営を大きく揺るがすこととなる。
一方、高狼(こうろう)城を攻める秦国軍は、敵の巧みな防御術の前に苦戦を強いられていた。戦局は動かず、徐々に士気が下がっていく。強固な城壁を前に飛信隊も手が出せずにいた。そんな中、玉鳳隊が単独前へと出る。

第13話「俺の戦り方」

井闌車(せいらんしゃ)を用い、高狼城の城壁の上へと攻め込んだ王賁(おうほん)。その勢いのまま玉鳳(ぎょくほう)隊は城門を奪うが、城内へと攻め込んだのは蒙恬(もうてん)の楽華(がくか)隊だった。そして電光石火の早業で秦国軍は城を陥落させる。
ところが、その奪い取った城では秦国軍兵士による魏国の民への暴力行為が行われ始めていた。あまりに悲惨な状況に信(しん)は激高し、相手が秦兵にも関わらず剣を向ける。

第14話「その男、廉頗」

かつて趙国三大天の一人として天下を恐れさせ、秦国六大将軍とも互角の戦いを繰り広げた廉頗(れんぱ)大将軍。しかし、時の趙国王の命に背いた事で国を追われ、魏国へと亡命する事となった。その後一度も軍を率いる事はなかった。
しかし、魏国王の命により国に攻め入ってきた秦国軍を討つべく再び戦場に立つ事になった。
そして大戦を前に、廉頗と共に死線をくぐり抜けてきた四天王の一人・輪虎(りんこ)がひそかに動き出す。

第15話「武将の空気」

秦国軍は魏国侵攻後、三つ目の城となる近利関(きんりかん)も落とし、飛信隊も敵将を討つ武功を上げる。しかし、喜びに沸いていたのもつかの間、廉頗(れんぱ)四天王・輪虎(りんこ)の暗躍によって秦国軍の千人将が次々と斬られていく。警備を強化するも輪虎を捕える事はできなかった。
そして近利関を出立した秦国軍に再び輪虎が襲いかかる。その殺気に対じした者たちはひるんでしまうが、信(しん)は真っ向から斬りかかる。

第16話「真夜中の大将軍」

魏国に名だたる武将はおらず、亡命した廉頗(れんぱ)も軍を率いる事はないと考えられていた。しかし廉頗が出陣した事が秦国軍に伝えられると、一同は焦りを隠せないでいた。
しかし、総大将・蒙驁(もうごう)は柔和な笑みを浮かべたまま動じる様子はない。だが蒙驁は、かつて幾度となく廉頗と戦い一度も勝った事がないという過去を持っていた。その夜、不思議な癖を持つ蒙驁は、老人歩兵に化け陣内をこっそりはいかいする。

第17話「開戦前夜」

輪虎(りんこ)の手により多数の千人将を失った秦国軍は、急きょ、現在の三百人将の中から二名を千人将へと昇格させるという。一同が注目する中、選ばれたのは玉鳳隊(ぎょくほうたい)・王賁(おうほん)と楽華隊(がくかたい)・蒙恬(もうてん)だった。その結果に信(しん)は悔しさを隠せなかった。ところが、総大将・蒙驁(もうごう)の推挙により、信も臨時ではあるが千人将へと昇格を果たすこととなる。

第18話「激突!」

決戦の地・流尹(るい)平野へと到着した両軍。此度の戦で蒙驁(もうごう)軍の副将を務める二人の武将、桓騎(かんき)と王翦(おうせん)、この二人を率いた蒙驁は穏やかな中にも決意を秘め、長年の敵である廉頗(れんぱ)に挑む。
対する廉頗も共に激烈な戦場を戦い抜いてきた四天王を従え、激突のときを待つ。その顔には余裕の笑みを浮かべ自信と闘志が満ちあふれていた。そして両軍の陣形が整うと、ついにその第一陣が激突する。

第19話「峰の奇策」

戦の序盤、勢いで勝っていた秦国軍。第一陣で急造の千人隊は統率がとれず徐々に押し込まれていく。それは玉鳳隊(ぎょくほうたい)も同様であり、その隙を狙った輪虎(りんこ)が王賁(おうほん)に襲いかかる。王賁はひるむことなく輪虎に果敢に打ち込むが捕えることはできない。第一陣の苦戦を見た秦国軍は第二陣を送り込むも、次々と崩されてしまう。しかし、その中で飛信隊(ひしんたい)だけは怒とうの攻撃をみせる。

第20話「飛信隊逆襲」

飛信隊(ひしんたい)の活躍により一時は勢いを取り戻したかに見えた秦国軍。
しかし魏国の第二陣を率いる廉頗(れんぱ)四天王の一人・玄峰(げんぽう)の策により辺り一面が煙に覆われると、突然のことに混乱する秦国軍は敵の弓兵になすすべもなく、さらに煙の中から現れた装甲戦車に脅やかされていく。そんな中で唯一飛信隊(ひしんたい)は敵の策を見抜いて逆にかく乱し、さらにこの状況を打開すべく強行突破で敵本陣へと迫る。

第21話「盗賊対軍略家」

反撃に出た飛信隊(ひしんたい)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)だったが、秦国軍を壊滅させた玄峰(げんぽう)は早々に退却してしまい、秦国軍は大敗を喫してしまった。
一方、秦国軍の副将・桓騎(かんき)は廉頗(れんぱ)四天王の一人・介子坊(かいしぼう)と交戦していた。桓騎の奇襲に苦しめられた介子坊は、やむなく玄峰と将を交代することに。隠されていた桓騎本陣を当てた玄峰。そんな玄峰の本陣に突然、桓騎が姿を現した。

第22話「蒙恬の提案」

秦国軍副将桓騎(かんき)が敵将玄峰(げんぽう)を討ち取ったという報告が届いた。
信(しん)は桓騎に続き敵将・輪虎(りんこ)を討ち取ろうと闘志を燃やす。しかし、蒙恬(もうてん)は今の戦い方では到底太刀打ちできないと語る。なぜなら輪虎はかつて秦国六大将軍の王騎(おうき)に一太刀浴びせたこともある強者で、今回はまだ本気を出していないというのだ。
輪虎を倒すため、蒙恬は信と王賁(おうほん)にある提案をする。

第23話「三隊共闘」

魏国軍の猛攻の中、秦国中央軍は守備に徹した戦いを進めるが、その中で蒙恬(もうてん)率いる楽華隊(がくかたい)が独断で遊軍と化し、単独前へと出る。その動きに敵も味方も驚く中、信(しん)と王賁(おうほん)だけは戦況を見つめたまま合図を待つ。これこそが三隊で輪虎(りんこ)を討つために、前日、蒙恬から提案された作戦であったのだ。そのまま楽華隊は輪虎本陣に突撃するが、その前には屈強な輪虎兵が立ちはだかった。

第24話「越えるべき壁」

狙い通り、輪虎兵(りんこへい)を次々と討ち取っていく楽華隊(がくかたい)。そして、蒙恬(もうてん)の合図で飛信隊(ひしんたい)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)が輪虎本陣へと攻め入った。だが、動じる様子のない輪虎は、逆に猛攻を仕掛けてきた。
一方、左軍では敵に押し込まれ本陣が後退する中、唯一、壁(へき)はその場で奮戦していた。ところがそこへ、本陣とともに退いていたはずの秦国軍副将・王翦(おうせん)が現れる。

第25話「裏の裏」

王翦(おうせん)将軍の命により五千の兵を率いる将となった壁(へき)は、廉頗(れんぱ)四天王の一人・姜燕(きょうえん)の迎撃に向かう。
敵を討つのに絶好の地形に敵軍を追い込んだ壁。圧倒的有利な状況で姜燕を討ち取ろうとする。しかし新たな敵軍の出現によって逆に窮地に追い込まれてしまう。これまでの優位はわなだったのだ。
そんな中、突如現れたのは、壁に燕姜の迎撃を命じたはずの王翦(おうせん)その人であった。

第26話「将の器」

姜燕(きょうえん)軍を追い詰めた王翦(おうせん)軍だったが、その行動すら読んでいた廉頗(れんぱ)が自軍を率いて姿を現した。伝説の大将軍・廉頗の登場に士気が上がった魏国軍は、凄まじい勢いで襲い掛かろうとする。その状況を見ていた王翦は、しかしあっさりと自軍の砦に撤退してしまうのだった。
一方、死闘を繰り広げていた信(しん)は輪虎(りんこ)に痛烈な一撃を撃ち込むも、討ち取る事かなわず撤退を余儀なくされる。

第27話「決着の刻(とき)」

流尹(るい)平野での戦いが始まり六日目、前日の死闘の傷も癒え、信(しん)は決戦のときを待っていた。しかし、この日の飛信隊(ひしんたい)は後方支援として待機することを命令される。不満がる信だったが、実は輪虎(りんこ)に当たりやすいようにとの配慮からだった。
闘志を燃やす信。戦いが始まり、守備に徹した戦いを行う秦国中央軍に対し、輪虎はかの王騎(おうき)軍の守備すらも貫いたという特殊な戦術を仕掛けてきた。

第28話「最後の策」

中央軍同士の激しい戦いと時を同じくして、蒙驁(もうごう)本陣で背後に廉頗(れんぱ)が自軍を率いて現れた。攻め込んでくる廉頗に対し、蒙驁は長年にわたり練り上げて来た布陣で立ち向かう。
一方、中央では秦国軍の陣形を輪虎(りんこ)が圧倒的な破壊力で突破してくる。ところが、その進撃を止めたのは、隊を分離して突撃してきた飛信隊(ひしんたい)であり、そして信(しん)は、再び輪虎と対じするのだった。

第29話「一瞬」

蒙驁(もうごう)のしいた布陣をかわし、頂上へ向かって駆け上がって来る廉頗(れんぱ)。もはや廉頗の突入は時間の問題であった。
一方中央では、輪虎(りんこ)が前日の左腕の負傷にもかかわらず、信(しん)の足に深手を負わせていた。だが、信は傷の深さにも関わらず驚異的な精神力で立ち上がるのだ。戦いは激しさを増し、周りの者は手が出せず一騎打ちの様相を呈してくる。そんな二人の間に割って入ろうとする者がいた。

第30話「大事な仲間」

信(しん)は自分への注意がそれた一瞬の隙をついて輪虎(りんこ)を斬り伏せた。しかし、輪虎は再び立ち上がる。ボロボロになりながらも輪虎は、廉頗(れんぱ)のために負けるわけにはいかないと語るのだ。
同じころ、飛信隊(ひしんたい)の負傷兵を率い待機していた羌瘣(きょうかい)の前にすさまじい破壊力を持った騎馬隊が突撃してきていた。深い傷を負っていた羌瘣は一瞬躊躇するも、副長として仲間のため立ち向かう。

第31話「蒙驁、退(ひ)かず」

信(しん)と輪虎(りんこ)の一騎打ちは激戦の末、信が勝利した。激闘を終えた信は、残してきた羌瘣(きょうかい)の無事を確認すると、休む間もなく敵軍が迫る秦国本陣へと急ぐ。その本陣には敵将・廉頗(れんぱ)が攻め込んで来ていた。圧倒的な威圧感を放つ廉頗を前に兵士たちが恐怖で動けなくなる中、蒙驁(もうごう)はただ一人、前へと進み出る。そして40年間の熱き想いを武器に、蒙驁は廉頗に一騎打ちを挑むのだった。

第32話「色あせぬ時代」

廉頗(れんぱ)に一騎打ちを挑んだ蒙驁(もうごう)だったが、廉頗の圧倒的な武力の前にその矛は届かず、重傷を負わされてしまう。駆けつけた信(しん)もそんな二人を前に息をのむ。しかし、その後の廉頗の王騎(おうき)将軍を侮辱するような発言に、信はたまらず怒声を上げ、真っ向から立ち向かうのだった。一方、魏国本陣には行方をくらませていた桓騎(かんき)軍が攻め込み、魏国総大将・白亀西(はくきさい)を捕えていた。

第33話「勝利…そして」

桓騎(かんき)が魏国軍総大将・白亀西(はくきさい)を討ち取ったとの報に、秦国軍本陣に攻め込んできていた介子坊(かいしぼう)は、戦を五分に持ち込むべく蒙驁(もうごう)を討ち取ろうとする。
しかし、戦が詰んでいることを感じた廉頗は介子坊を制し、蒙驁に和睦を申し入れる。この瞬間、秦国軍の勝利が決定した!
そして改めて廉頗と向かい合った信(しん)は、廉頗より大将軍の条件を突きつけられ、決意を新たにする。

第34話「軍師の到着」

勝利を収めた秦国。そして、武功を上げた信(しん)は正式に千人将に昇格する。勢いそのままに新たな戦場へと繰り出すが、連戦連敗を重ねてしまう。実は、今まで作戦立案を行っていた羌瘣(きょうかい)が抜けた事で、これまでのように隊が機能しなくなっていたのだ。
見かねた蒙恬(もうてん)の紹介により、飛信隊(ひしんたい)に新たな軍師が加入する事となったのだが、よそ者の加入に信たちは大きな拒絶反応を示すのだった。

第35話「試練と覚悟」

連戦連敗を重ねる飛信隊(ひしんたい)に新たに軍師としてやってきたのは、なんと河了貂(かりょうてん)であった。
しかし、隊内の者から新参者の指示には従えないと拒絶されてしまう。だが、そうなることを十分に理解していた貂はひるむ事なく彼らと向き合い、戦場にとどまる覚悟を語る。信(しん)は貂の決意を真剣に受け止めながらも戦いへの口出しは認めなかった。しかし、その後も状況は好転せず、ついに河了貂が指揮をとる。

第36話「上を行く」

指揮を任された貂(てん)の機転により、飛信隊(ひしんたい)は魏国軍を見事にかわし、立て直しに成功する。
今までと違う動きに違和感を感じた敵軍師は、飛信隊への新たな参謀役の加入を確信し、策を仕掛けるのだった。だが、貂の指示により飛信隊は圧倒的優勢の状況を作り出し、混乱した敵先鋒隊を一気に葬り去る。
対する敵軍師は次なる一手を繰り出すが、それすらも上回る貂の作戦により飛信隊はついに勝利を収めるのだった。

第37話「遠雷」

貂(てん)の活躍により力を得た飛信隊(ひしんたい)は次々と敵を撃破。そんな彼らの活躍もあり、新たな土地の平定に成功した秦国は、領土拡大のための宣戦布告を行った。
その動きを注視していた李牧(りぼく)は、なぜか燕(えん)軍との戦に動き出す。
一方、咸陽では呂不韋(りょふい)が「相国(しょうこく)」という地位に座り、さらなる権力を握ろうとしていた。呂陣営に対抗すべく、政(せい)は意を決しある場所へと向かう。

第38話「謀略の舞台」

かつて反乱を起こし幽閉されていた成蟜(せいきょう)と対面した政(せい)は、成蟜とその一派を解放する代わりに呂(りょ)陣営の勢力に対抗するための協力を要求する。
一方飛信隊(ひしんたい)は、東の前線基地・東金(とうきん)へと向かう途中、韓軍に攻め込まれていた徐(じょ)という国を救出する。それにより、当初の行軍予定とは別の道を進む事となるのだが、その最中、数千の兵を率いた李牧(りぼく)と遭遇する。

第39話「新たなる伝説」

威をふるう呂不韋(りょふい)に対し、成蟜(せいきょう)と手を組んだ政(せい)は、発言権を持つ左丞相に昌文君(しょうぶんくん)を据える事に成功し、中国統一への足がかりを得る。
一方、李牧(りぼく)と相対した信(しん)は、その言動から、更なる嵐がおこるであろう事を予感するも、それを乗り切るため決意を新たにする。中国統一を目指す政と、天下の大将軍を目指す信。二人は、それぞれの道をしっかりと見据えていた。

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました