劇場版ポケットモンスター ピカチュウのなつやすみ 動画レンタル配信情報と無料視聴方法

TSUTAYA DISCAS

この動画を楽しむならここがおすすめ!

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

ここはポケモンたちの遊び場<ポケモン広場>。

ピカチュウたちはなつやすみを
ポケモン広場で楽しむことにしたんだ。

そこに大きな笑い声をあげてやってきた4匹のポケモンたち。

やっと眠ったトゲピーを起こしちゃったから大騒ぎに!

ライチュウ、カラカラ、ブルー、マリルと、
ピカチュウたちはケンカになっちゃった。

ゼニガメ対マリル、
一歩も引かないピカチュウとライチュウ…。

この騒ぎに巻き込まれたリザードンが、
土管に頭を突っ込んで抜けなくなっちゃったから、さあ大変!

ピカチュウたちの友情と
かわいらしさが満載されたミュージックファンタジー。

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon
©ピカチュウプロジェクト1998

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 松本梨香
  • 大谷育江
  • 林原めぐみ
  • 三木眞一郎
  • 犬山イヌコ
  • 石塚運昇

<STAFF>

  • 原案:田尻智
  • 監督:湯山邦彦

ライターコメント紹介

この映画は、1998年に公開されたポケモン初期の短編映画で、ミュウツーの逆襲と同時上映されました。ヒトカゲやゼニガメやフシギダネなど初期のポケモンが沢山出ています。短編映画ですが、起承転結がしっかりとしたストーリーです。この映画を観ると、小学生の時の記憶が思い起こされるくらいの思い出深い映画です。本編の映画は、サトシたちが様々なポケモンに出会い、苦難や困難を乗り越えていきますが、短編映画はポケモンたちだけの日常が描かれており、癒やされて優しい気持ちになれる映画です。ポケモンたちがハプニングを乗り越えて、一致団結していくのが観ていて楽しかったです。ポケモンたちは喋れないので、ナレーションでストーリーが進んでいくが新鮮で面白かったです。ぜひおすすめする映画です。
20代男性
ポケモンたちがそれぞれの夏休みを満喫する姿はとてもキュートでそれぞれのポケモンの過ごし方があり、ポケモンの可愛さにキュンとし、何度見ても飽きない作品となっております。物語はポケモン広場でピカチュウたちポケモンが、日常を忘れて夏休みを楽しみ満喫するという内容の短編映画ストーリーとなっておりますが、ポケモンには言葉を超えたものがあると感じました。鳴き声のみで会話が成立しているので、ポケモンたちの適応能力と言葉がなくても心で通じ合う姿にほっこりしました。印象に残っているシーンですが、やはり岩に首が挟まってしまい抜け出せなくなったしまったリザードンをみんなで協力する姿が、とても可愛くて印象に残っているシーンです。
30代女性
ポケットモンスター劇場版作品のおまけという形で短編作品として見させていただきましたが、いつも見られる光景とは違ったものが見られたので面白かったですね。普段はポケモントレーナーが主役となるのが当たり前なのですが、今回の短編作品ではピカチュウなどのポケモンたちが主役となっているのが今までにないもので新鮮味がありましたね。ポケモンたちは人間の言葉を喋ることができないので何を言っているのかは分からないのですが、彼らの表情などを見ているとなんとなく何を言っているのかが伝わってきましたね。ポケモンたちはトレーナーがいなくても十分やっていけるのではないかと思わせるほどに彼らは工夫していろんなことをやってのけていて面白かったです。
20代男性
人間のいない空間でポケモンたちのかわいさが極限に詰まっている映画だと思います。特にけんかをはじめたピカチュウとライチュウがほっぺをすり合わせながら走っているシーンが印象深くて覚えています。最近放送されているポケモンを見慣れていると今回の映画のなかでピカチュウが親しい初期の仲間以外と対立しているという状況はとてもめずらしいと思いました。普段はやさしいピカチュウの怒った顔をしてるかわいい姿を見ることができるというだけでも見る価値のある映画だと思います。短編なので癒されたいときに気軽に見ることができ、普段レギュラーで出演していないポケモンたちなどさまざまな魅力的なポケモンをたくさん知ることができる映画となっています。
20代女性
この作品は終止ほのぼのとしていて、子どもの頃のお気に入りの映画の一つでした。意外にダークなテーマも扱うポケモン映画本編に比べてストーリーがシンプルでわかりやすく、時間も短めなので、幼稚園児でも集中して見ることができる作品だと思います。ピカチュウが他のポケモンたちに振り回されながらお世話をするのがかわいらしく、ポケモンがさらに好きになるきっかけになりました。3、4年前にふと思い出して見たときはやはり少し物足りなく感じてしまいましたが、ピカチュウと他のポケモンの出会い、絆の深まり、そして別れまでのストーリー展開がしっかりとしているので単純に面白かったです。エンディングテーマの「ピカピカまっさいちゅう」は夏休みのわくわく感を思い出させてくれて今でも好きです。
20代女性
劇場で『ミュウツーの逆襲』と同時上映された『ピカチュウの夏休み』は小さい頃の記憶を思い起こさせてくれる、とても印象深い作品です。登場するポケモンがファイアレッド・リーフグリーンのものばかりということもあり、当時の自分の年齢的にはどストライクでした。サトシを始めとする人間キャラクターがほとんど登場しないため「ポケモン達は人間がいない時こうやって遊んでいるんだな」と、ワクワクしたことを覚えています。作中で個人的に最も興奮したのが、ピカチュウとライチュウのケンカシーンです。トゲピーをいじめるライチュウとそれに怒ったピカチュウが、互いにほっぺたを擦り合わせ、ぶつかり合いながら島中を駆け回るという展開なのですが、コミカルかつ躍動感を感じさせる描写で心を鷲掴みにされた思い出があります。かつて雷の石で進化することを拒んだピカチュウが、進化後であるライチュウとぶつかり合うという設定には、制作側の粋な計らいが感じて取れますね。とにかく、子供が見ても大人が見ても楽しめる作品だと思います。
20代男性
色々なポケモンがわちゃわちゃと遊んでいて可愛いかったです。ポケモン同士の会話が全部鳴き声なので何を言っているか想像するしかありませんでしたが、ストーリーがわかりやすく大体察することができました。ピカチュウとライチュウの対立からのかけっこのシーンは迫力がありました。色々吹っ飛ぶほど速く走れるのが当時観た時は羨ましく感じました。リザードンが好きなので出てきたのは嬉しかったです。そして思っていたよりまぬけで笑いました。ブルーはツンデレだし、普段のアニメよりもポケモン同士のやりとりメインのこの映画はよりポケモンの個性を感じやすかったです。登場するのは初期のポケモン達ばかりなので思い出深く、今もう一度上映してほしいと思います。
20代女性
サトシたちと一緒にポケモンバトルをしていない時の、ピカチュウや他のポケモンたちの過ごしている姿を描いているのが良かったです。派手なバトルではないけれど、モンスターたちが集まれば何やらひと騒動のような展開になってしまう所が見ていて楽しいです。よく知られているトゲピーやゼニガメなど登場しますが、その中でも大変なのは主人公のピカチュウだと思います。ポケモンたちの面倒を頼まれたサトシのためにも、ポケモンたちを何とかしようとするにもどうにも上手くいかないからです。何だか応援したくなってきます。それでも、多少の揉め事やケンカが起きてもやはりポケモンたちはなんだかんだ言っても仲良しなのだ、という気がしてきます。
30代女性
ピカチュウとトゲピーとゼニガメとフシギダネが楽しいアトラクションがいっぱいのポケモン広場での夏休みを楽しむ作品です。ポケモンたちの可愛らしい姿はいつもと同じように見ることができますが、特筆すべきところはポケモン同士の友情です。ピカチュウたちのグループはライチュウ率いる別のグループとトゲピーをきっかけに争いをします。しかし、そんな争いの最中にリザードンの頭が土管にはまってしまい抜けなくなります。ピカチュウたちは助けようとしますが、なかなか助けることができません。そこで先程まで争っていたライチュウのグループに助けを求めます。最初は嫌がるも、最終的にみんなで協力して助けることに成功します。このシーンから当時映画を見ていた僕も含めた子どもたちは協力することの大切さ、仲間の大切さを学べました。楽しむだけでなく、見ることで学ぶこともある作品です。
20代男性
ピカチュウとその仲間たちのポケモンが夏休みをひたすら楽しんだり、ハプニングに見舞われたりとてんやわんやな展開が盛りだくさんで楽しい気分になれる映画です。人間が登場せずにナレーションだけで淡々とストーリーが進んで行くので難しいことを考えずに、ただひたすらポケモンたちがワチャワチャと動いている姿を見れば良いだけなので癒し効果抜群の映画だと思います。個人的に一番印象に残っているのが、煙突か土管のようなところに挟まってしまって慌てるリザードンです。リザードンのように普段はカッコ良いポケモンがこの作品の中ではドジをしてしまうというギャップ萌えを感じました。終盤のみんなで遊び終わって友達と別れる時の切なさも感じられて、子どものころの気持ちを思い出しました。
20代男性
冒頭でサトシ達、人間がいなくなるので、ポケモン同士の絡みのストーリーでした。ポケモンたちが普段、何を思っているのか分からなかったので、ポケモン同士の会話というのが新鮮で楽しみながら見ていました。ニャースが普段は悪者なのに、溶け込んでいるような気がして、それもまた面白かったです。改めて、ニャースが人間の言葉を喋るのはいい設定だったように思えます。トゲピーの面倒をみんなで見ていたのも、和やかでした。普段は、ポケモンたちは、人間についているだけですが、自立すると、様々な感情があるのだな、と思い、アニメでももっとポケモン同士の絡みがあると、より面白くなると期待してしまいました。この映画は、「ミュウツーの逆襲」と同時上映だったので、「ミュウツーの逆襲」がシリアスな分、この「ピカチュウのなつやすみ」は純粋に見ることができました。
20代女性
「ピカチュウのなつやすみ」はいつものポケモン映画とは違って、ほっこりしていて心から癒されます。今思えば、この作品もだいぶ懐かしいもので、1998年というのが驚きです。ポケモンが広く認知され始め、ゲームとしてもアニメとしても人気が高まってきた当時のもので、だからこそ初々しい限りです。ピカチュウやフシギダネ、特にはトゲピーがまだトケトケ言ってた時代なので、懐かしくて愛らしい気持ちになります。大きな特徴として人間たちがいないポケモンだけの世界のストーリーなので、新感覚のドラマや展開が、非常にユニークでした。ポケモンたちがポケモンたちだけで意思疎通をしたり助け合ったりする姿は見ていて癒され、応援したくなります。コメディ要素も強く、子どもだけでなく大人が見ても笑えるのが最高です。
30代男性
子供がポケモン好きなので、一緒に見た思い出の作品です。とても、のんびりとほんわかした気持ちで見られる映画です。短編で、30分くらいと短いので、小さな子供でも飽きる事なく楽しめる作品です。今回は、サトシなどの人間は出てこず、ポケモンだけが出てくるという設定で、人間の言葉は、ほぼ無くって、鳴き声や、身振り手振りで、ポケモン達がやりとりをしていて、面白かったです。言葉に囚われずに、ポケモンがするジェスチャーやなどで、自分で「こう言っているんだろうなぁ」と、想像して、楽しめる所が、想像力を掻き立てられて、面白かったです。ポケモン達が、力を合わせて、頑張る姿が可愛かったです。この作品では、特にトゲピーがお気に入りでした。親子で楽しめる作品です。
40代主婦
これはとにかく可愛いピカチュウが見れる!ピカチュウの記録のような映画になっている。子供から大人まで、ピカチュウを知らない人までもが見て楽しめるものだと思います。この頃のピカチュウはちょっと太っていてぼってりしているけど、私はこの頃が一番好きでした。とにかく可愛くて何事も全力で頑張るピカチュウに刺激されて自分も頑張ろうと思える映画です。題名にもあるとあり夏休みに見るのがおすすめかな!今の生活に疲れたり、ストレス感じたり、ちょっと短い時間でもリラックスしたい人はこのピカチュウはおすすめですね。絶頂の癒しを届けてくれるし、この頃の自分の思い出も振り返れるから一石二鳥!ピカチュウっていつの世代にも通用する素敵なキャラクターですね!
20代女性
子供の頃に見た作品で、今は子供と楽しんでみている作品です。ポケモン広場で繰り広げられるポケモンだけのドタバタ劇は言葉のわからない年齢の娘も笑ったり応援したりできる、親子で楽しめるものです。序盤はサトシたちのポケモンと他のポケモンのケンカがどうなるのかハラハラする展開で、最後は仲良くなって終わりという単純明快なストーリーがまたいいと思います。また、本編の冒険とはまた違う、ポケモンだけで繰り広げられる世界観がなんとも言えず和みます。この作品を通して子供には、時にはケンカをしてもいいけれど、困ったときには手を差し伸べられる優しい子になってほしいと思っています。約30分という長さも子供が飽きずに見られるちょうどいい時間でとてもいい作品です。
20代男性
 

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました