劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION 動画レンタル配信情報と無料視聴方法

TSUTAYA DISCAS

この動画を楽しむならここがおすすめ!

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

全世界に告ぐ―― 。

原点にして、最高峰。

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」、
その2つをもつ冒険者の前にだけ、
姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。
全てのポケモンの“はじまり”と言われ、
世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、
ついにひとりの科学者がミュウの化石を発見し、
それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。

「ここはどこだ……。わたしは誰だ……。」

最強のポケモンをつくりたいという
人間のエゴによって、
この世に生み落とされた伝説のポケモン。

その名もミュウツー。

存在する理由も分からないまま、
最強の兵器としての実験を
繰り返されるミュウツーは、
その心の中に、
自分を生み出した人間に対する
憎悪の念を宿していく――。

「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」

ついに、あの完全不朽の名作がフル3DCG映像で、
世界中にSTRIKES BACK!!

ライターコメント紹介

初代ミュウツーの逆襲のリメイク版で、登場人物や風景など全てが最新技術を駆使して作られています。普段見ているようなポケモンのアニメーションとは少し違うので違和感を感じる人もいると思いますが、ポケモン達の愛らしさが強くなっていたり、本当に存在しているような気持ちになったので、私は思いのほか気に入って見ていました。初代にあった設定が少し変更されていて、登場する人物が多少削られています。正直この物語に深みを与えるのにとても重要な部分が削られてしまっていたように感じるのでそこは残念ですが、核となるミュウツーの苦しみ、ポケモンとの関わりといった部分はそのままリメイクされていたので、ポケモン初心者にも入門しやすい映画なのかなと思います。ピカチュウがサトシを想って泣く名シーンは初代と変わらずとても心が苦しくなるので、ハンカチを1枚用意しておくべき作品です。
10代女性
映画が公開された時に、子供がポケットモンスター大好きなので一緒に映画館に観に行きました。自分が子供の頃から知っているタケシやカスミ、初期のポケモン達がたくさん出ていて小学生の頃を思い出しながら観ていました。子供も食い入るように観て、楽しんでいたので世代を超えて愛されているのが納得できました。大人になって改めて見ると、主人公のサトシの公平さやひたむきさが魅力的で、うちの子もこんな部分を持ってくれたらと思います。ポケモンたちも映像は立体的にリメイクされていてきれいで迫力を感じました。ロケット団の表情やしぐさなども細かく演出されていてクスッと笑いました。ミュウツー役の市村正親さんの声も良かったと思います。
30代女性
子供時代に原作のミュウツーの逆襲を見た世代です。今回は今の子供世代に向けて再度リメイクということで、どのように変更をしているのか気になったこと、ポケモンの映画は毎年見に行っていることから、前売り券を買い公開したらすぐに見に行かせていただきました。内容としては、原作をなぞったものになりましたが当時見た時とは印象が異なりました。映像表現もそうですが3Dになったサトシ達人間はもちろん、ポケモン達も表情豊かなことが特に印象的で子供が見ても登場人物の気持ちが分かりやすいのではないかと思いました。特に後半のサトシが固まってしまう場面のポケモン達のシーンでは原作にも劣らない感動がありました。ポケモンの映画では、リメイクは初の試みだと思いますが今後も続けていっていただけると幅広い世代の方たちにポケモンの魅力が伝わっていくのではないかと思います。
20代男性
ミュウツーの逆襲の映画をみていたのでどういうストーリーをアニメでやるのか楽しみでした。映画では少しわかりづらかった所もアニメで補強しているような感じを受けました。映画よりもミュウツーの戦いのシーンが少なくなっていました。その分、サトシのポケモンキャラへのストーリーが増えていたり、ジョーイが行方不明になった理由が明らかになっていたり、次回作の予告もあったりで、アニメだけでも楽しめるし、映画をみているともっと楽しく見られる作りだと思いました。大人が見ても深いなと思うストーリー展開なので子どもにはどこまで通じているのかなと思うこともありましたが、子どもは子どもで面白かったと満足そうにしていました。
30代女性
20年以上も昔に映画館で見たミュウツーの逆襲を見てとても感動しました。小林幸子さんが歌うエンディングに歩き続けてどこまでいくのというフレーズがありますが、私の人生も歩き続けて20年以上もたったのだなと思うと自然と目から涙が零れ落ちそうになりました。20年の歳月で進化した映像技術がとても美しかったです。旧作を忠実になぞったストーリーは初めて映画館で見た旧作を見た時の感動を思い出すことができとても楽しかったです。お母さんと一緒にみた旧作を、今度は親の立場になって子供と一緒にみることになるとは..ととても感慨深い気持ちになりました。付録のアーマードミュウツーのカードはとてもかっこよく子供が喜んでくれました。
30代男性
アニメとはまったく違う絵柄が最初は受けれいることができるか心配でしたが、終わってみたら問題なく楽しめていました。声優さんもいつもと同じでしたが絵が違っても違和感はなかったです。ストーリーもしっかりとしているので、大人が見ても退屈しないです。私的にはもう少しキャラが可愛くても良かったのですが、主役のミューツーはこの絵柄の方がカッコいいのでこれが正解だったのでしょう。同じポケモン同士が戦うところは壮観さはあったものの、どこか悲しさもあって観ていて痛々しいものでしたが、それを救ったのがサトシの頑張りというのは良かったと思います。人間の努力がポケモンを救うというのは素敵なシナリオだったと思います。最後のピカチュウ同士のお別れなどは少しほろっとしていまいました。
30代女性
ポケモンの映画シリーズ初の3DCGになっていたので、映像だけでも楽しめました。映画館のスクリーンで見ると映像がとにかく美しく、ミュウツーの登場シーンは圧巻でした。特に月をバックにしたミュウツーのシーンは、もともと幻のポケモンだったミュウから人工的に作られたという二つの要素を持つミュウツーの神秘性やいかにもボスキャラ的な感じがして好きでした。また、オリジナル作品であったアニメ映画も拝見しましたが、少し大人向けの内容になっていたので、当時はまだ学生ということもあってなかなか理解できなかったこともこの作品では理解できました。そして、新作カットも増加されていたからより物語に感情移入することができました。
30代男性
主人公サトシとピカチュウの友情に、終始、感動と涙であふれる作品です。ポケモンのゲーム経験はなく、またアニメ版の作品を観たことはありませんが、そのような方でも、あっという間に見終わり、十分に楽しめます。ポケモン達がバトルするシーンでは、観ていて痛々しく感じる場面もいくつかあり、ハラハラします。また、この映画の主人公でもある、ミュウツーがミュウと本気でバトルをするシーンでは、争うストーリーは好きではないな、と思いましたが、その争いを止めるために、命がけで間に入ったサトシの勇気に驚かされ、感動しました。そのサトシが、争いに巻き込まれて、石化してしまい、一時意識を失うシーンでは、相棒のピカチュウがすぐさま駆け寄り、心配してずっと声をかけるシーンには、涙が止まりませんでした。正直、映画を観る前は、ポケモンは子供向けの作品だと思っておりましたが、大人でも号泣するとは思っておりませんでした。結果、ピカチュウの思いがサトシを助けることとなり、最後はハッピーエンドになるのですが、この試練を乗り越えた、サトシとピカチュウの友情がさらに強く結ばれるところに、「繋がり」って素敵なものだと再認識させられた映画です。
30代女性
アニメとの違いが気になっていましたが、全くと言って良い程同じストーリーでした!さらに立体的になったのでもっと迫力が増して、とても良かったです。私はこの作品がアニメで公開された時が小学生の頃でした。子供ながらとても感動したのを覚えています。EVOLUTIONでもアニメ版の要素は残してほしいと思っていたので嬉しかったです。とても好きな作品なので、大人ではありますが1人で見に行ってしまいました。子供の頃からとても好きな涙がうるっと来てしまうシーンが、ピカチュウがコピーにされそうになってモンスターボールに追いかけられるシーンです。疲れながらも何度も電撃をくらわして必死に走り逃げるピカチュウに感動しました。最後の本物とコピーが戦っている時に一瞬BGMが消えるシーンがあり、そこも悲しさが伝わってきてとても好きです。
30代女性
本作は劇場版第1作をリメイクしたものです。小学校の頃からの友人と二人、20年の時を経て再びおっさん二人で観に行きました。最新技術で表現する作画はまさに圧巻で、旧作では不十分だった迫力を楽しめます。話自体に大きく変更点はありませんが、ところどころに「アレ?初作とちょっと違うぞ!」と気付けるシーンがあり、ファンならではの楽しみ方もできます。本作を楽しめるのは、大人になった自分が、子供の頃にワクワクして観ていた時とはまた違った感性を自覚できるところにあるのかもしれません。見終わったあとは、「自分たちが子供のころとは、また違ってたね!」や「お父さんやお母さんが初めて観た映画だけど、変わったところがあったんだよ。」と、友人や家族と振り返ることができる映画です。
30代男性
映像がとても綺麗で引き込まれました。サトシ達人間は少し違和感を感じましたが、ポケモンは可愛くてグッズを買いあさった記憶があります。カイリューが好きなので、魅力的な登場シーンがあって嬉しかったです。ストーリーは単純ですが、ポケモンがコピーされて同じポケモン同士で争っているところは切なく感じました。早く我に返ってほしいと思いながら観ていました。でもニャースとコピーニャースの戦いはゆるくて安心しました。ミュウツーは期待通り威厳があってかっこよかったのですが、苦しんでいる理由にはいまいち共感できなかったです。サトシとピカチュウの絆が戦いを終わらせるシーンでは、お約束の展開と思いながらも胸が熱くなりました。
30代女性
子供の頃に「ミュウツーの逆襲」を見ていたので、それのリメイク版ということで見てみました。子供の頃に見た前作の映画から20年くらい経っていたので、前作の記憶はほぼなく、今回の「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」に関してはかなり新鮮に見られたと思います。この映画で印象的だったのは、何よりも映像がすごい立体的に見えたということです。20年も経てば映像の技術が進化するのは当然かもしれませんけど、アニメーションよりは実写に見えるような雰囲気すら感じました。子供の頃にむちゃくちゃハマっていたポケモンに関して大人になってから見てみると、面白さというのもありましたが、何よりも思い出が走馬灯のように蘇ってくる感覚があったと思います。
30代男性
子どもがポケモンに興味を持ち始めたで、一緒に初めて観ました。いつも二次元で動いているサトシたち人間やポケモンが3次元のように動いていて、「実際いたらこんな感じなのか」と感動しました。また、ポケモンが始まったころに出ていたカスミやタケシが活躍しているのを観られたのも、懐かしくてうれしかったです。山ちゃんの演技のすごさに圧倒されつつ、色々なテーマが詰め込まれているなと思いました。生きる意味をずっとミュウツーが探していることとか、トレーナーたちのポケモンへの愛や、コピーポケモンと本物ポケモンとの戦いの意味など、盛りだくさんなテーマでしたが、中でも私は最後にコピーたちが出した答えが印象深かったです。彼らは、自然に生まれたものではない。だからこそなのか、自然発生的に既にある世界とは、やはり生きる場所が違うと思ったのでしょうか。自分たちが住む場所を探しに行きますが、それが希望を持つわけでも、悲嘆にくれた結果でもなく、「あるべきところへ」という、摂理に則った判断だったような気がするのです。だからこそ、時間が最後は巻き戻った。もの悲しいですが、何事も「不自然」であることは、それだけで違和であり、森羅万象は、人智を超えた摂理に準じるものである、といったメッセージなのかなと思いました。子どもの目線からすると「みんな幸せ、めでたしめでたし」ですが、もっと深い意味があるのではないだろうかと考えてしまいました。
30代女性
ポケモンアニメ映画の1番最初の作品でもあるミュウツーの逆襲がリメイクしてまた見ることができて、とても嬉しい気持ちです。映像もよりリアルになって、見応えがありましたね。過去のミュウツーの逆襲が上映されていたときには自分は生まれていなかったので、今回こういった形で見ることができて非常に嬉しい気持ちでいっぱいです。人間によって作られたポケモンのミュウツーが人間に恨みを持って襲いかかってくる姿は、なんとも悲しい気持ちで見ていました。それに対してサトシたちは真正面からミュウツーとぶつかり合って、ミュウツーの怒りを収めようとしていました。サトシはポケモンに対しては本当に真剣で正直な男の子なんだなと感動しました。
20代男性
初期のミュウツーの逆襲が世代だったのでどう変わったいるのか楽しみで観ました。今回は3DCGということでリアルさが増していて迫力がありました。初期のキャラに懐かしさを感じましたしポケモンたちもすごくかわいかったです。ミュウツーの逆襲は同じポケモンどうしが疲れても戦うシーンがありますが何度見ても泣いてしまいます。初期の頃のものと今回のものでは自身の年代も違うこともあったせいか感情が入り乱れて泣くというより号泣に近かったです。人工的に作られたミュウツーの気持ちは初期当時はあまり理解できていなかったけど大人になって改めて見てみると多少なりとも気持ちがわかりそこでもまた涙が出てしまいました。ポケモンの映画作品は泣けるものが多いのですがこの作品は特に感動できるものです。
30代女性
戦時中の時代背景の話だった。戦場のシーンが細かく描写されてて、懐かしい感じを得ることができました。セリフが少なめで映像で進んでいく内容だった。セリフが少ないため、見ていて眠くなってしまう時もありました。外国人に遅れまいと日本のために飛行機の設計を行い、テスト飛行まで成功させた当時の苦労と感動が伝わってきました。日本が海外相手に技術力で勝負していく所は、同じ社会人として、とてもかっこよかったです。恋愛の要素もあり、恋愛は最後、儚く終わってしまいました。日本人の技術力のすごさだけでなく、恋愛もしっかり当時は行っていたことも知れて映画の完成度が高かったです。
20代男性
映画館で見ましたが、映像も音も迫力がありました。とくに関東大震災の場面で生き物のように地面が波打つシーンは独特で、CGではあのような味は出せないのではないかと思います。ものすごく不気味で恐怖を覚えました。その他のシーンでもジブリらしい躍動感のある絵は健在でした。堀越二郎は空を飛ぶことに夢を抱いていて純粋な気持ちで飛行機を作っているのですが、時代が時代なだけに夢を乗せて飛ぶ飛行機ではなく、戦闘機になってしまうのが複雑です。二郎と菜穂子の純粋さには古き良き日本を感じました。ただどうしても庵野さんの声に違和感があり、もっと若い方の声だったらより爽やかに見えたかもと思います。個人的には二郎の同僚の本庄が好きでした。はっきりしていて男らしく昭和の男という感じ。
30代女性
風立ちぬは、今までのジブリの作品の中でもどちらかと言えば、大人向けの作品だと思いました。戦争だったり、大震災だったりとストーリーの中にも、時代や深く考えさせられる様な場面も含まれています。主人公の次郎は飛行機を作る事を夢見る少年でした。飛行機に人生をかけて打ち込むというところにロマンを感じます。また、菜穂子という女性との恋模様はとても切なく、二人の想い合う愛を感じます。結核になってしまう悲しい運命ですが、次郎を応援し、ひたむきに支えようとします。彼女と次郎の短く儚いながらも、二人で暮らした生活はきっとかけがえのないものだったと思います。美しいところだけを見せたいとそっと次郎の元を去るシーンがとてもぐっときて泣けました。内容は考え深くもあり、映像も素晴らしい作品だと思います。
30代女性
映画は物語としては非常に素晴らしい出来で面白く仕上がっていたと思います。しかし、主人公の声優になぜ庵野秀明さんを起用したのか理解に苦しみます。演技経験もなく、一介の映画監督にか過ぎない方を主人公に据えるなど最近のジブリ作品にはよくわからない所が多々あります。プロデュサーや宮崎駿監督が最近のアニメの声優を起用せずに俳優を声優として起用する背景にはアニメ声の声優が嫌だからと何かで聞いた事がありましたが、終始、棒読みの人に比べればちゃんと演技指導を受けた声優の方がよっぽどマシだと思います。声優の起用に関して何かこだわりがあるのかどうか分かりませんが、あれではいくら作品が良くても全く物語に集中できず、内容が頭に入って来ませんでした。
30代男性
風立ちぬは宮崎アニメの最高傑作と思います。二郎と菜穂子と二郎の夢を叶えるという3点に物語は進んでいきます。この映画は奥が深すぎます。一回見て二回目、三回目と見ることで、様々な感情が芽生えてきます。菜穂子があなた、生きてと言ったシーンは様々な想いがめぐりました。おそらくあのシーンは菜穂子が二郎に送った、最期の想いだったのだと思います。菜穂子は結核でおそらく亡くなったんでしょう。しかしそれを二郎に見せたくなかった、彼女なりのそれが二郎への愛の形だと思います。見終わったときあまりの切なさで涙が溢れてきました。しかし人を愛することの大切さや夢を叶えることの大切さを学べたような気がして心温まる素晴らしい映画でした。
30代男性
当物語が描かれている大正から昭和初期の時代と公開当時の日本の様相は少しリンクしているようにも受け取れました。不況からの関東大震災=東日本大震災であり、第二次世界大戦はこれから起こるかもしれない第3次世界、というように、堀越二郎が生きていた時代を遠い過去として忘却することに、どこかそこはかとない危機感を抱かせる内容でした。しかし、物語自体は、戦争をあおったり、ひたすらにむごい戦闘シーンを描いて反戦メッセージを唱えていたわけでもなく、その時代を精一杯に活きていた堀越の姿を脚色や思想なく忠実に描いていていました。だからこそ、今の私たちも精一杯生きるしかなく、たといその生きた証が戦争の武器に使われたとしても、そこから何を学び、次の時代をどう生きるか考えましょう、という監督のメッセージが心にスッと入ってきました。
20代男性
宮崎監督の最後のジブリ作品ですが、専門用語も多かったので大人向けの内容だと思いましたし、悲しい物語に感じました。主人公の声が合わないように感じたのと、セリフが終始、棒読み的に感じてしまい、そこは残念な点かと思いました。主人公の飛行機に対する、思いや執念、菜穂子への愛情などが伝わりました。戦争や震災を描きながらも、自分の夢や希望を忘れてはいけないというメッセージがあると自分は解釈しましたが、説明不足を感じるシーンも多々あり理解するのが大変なシーンもありました。また、夢なのか現実なのか、はっきりしないシーンもあり、そこはモヤモヤした気分です。ユーミンの歌が映画のビジョンにマッチしていて、その点も良かったです。
30代男性
日本のゼロ戦は優秀であったことは有名で知っていましたが、それを設計した人のお話のこの作品には、初めて知るようなことばかりが盛り噛まれてでおり興味深く感じました。いつの時代でも、物作りの現場では、ある種の躍動感や満足感、感動が付きまといます。この作品の主軸となるゼロ戦開発も同様で、戦中戦後のシビアな時代背景で、天才的な設計技師と彼をとりまく環境や人の熱意と絶え間ない先を目指す意欲は、さらなる躍動感を感じさせます。主人公の上司もそのような点でとても魅力ある人物像が描かれており、一見とっつきにくいストーリーに奥深さを加えています。夢の実現とその先にあった哀しさを端的に表したラストの映像が、心に長く残ります。
20代男性
まず、松任谷由実のひこうき雲との相性が抜群です。この映画のために作った曲なのではと思うくらいです。テレビで予告編を見たときに一気に惹き付けられました。この映画は絶対見たい!と思い、公開されてすぐ映画館に見に行きました。時代設定は結核がまだ不治の病だった頃。主人公とヒロインの出会いから結婚までとても素敵に描かれています。ヒロインが美しいというのもずるいです。病気で死ぬかもしれない、あまり時間がないかもしれない、2人とも分かっているけれど口にはしない。2人で大事に1日1日の時間を刻む姿に心を打たれます。本当の愛とはこういうものではないだろうか、と思わせてくれるストーリーです。ひこうき雲を聞くたびにこの映画を思い出し泣けてきます。
30代女性
宮崎駿が実在の航空技術者である堀越二郎をモデルに描いた長編アニメーション映画です。また、堀辰雄の小説『風立ちぬ』からもインスピレーションを得ているとのことですが、モデルになった男性や小説を知らなくても楽しめる作品でした。第二次世界大戦を舞台に、航空技術者、堀越 二郎の夢に生きた真っ直ぐな生き様を描いています。ただただ純粋に飛行機に憧れてたむきに夢を追う二郎の姿は、第二次世界大戦という死の香りが濃厚な時代背景と相まって悲しくも美しかったです。本作のヒロイン、里見菜穂子との愛の行方もラブストーリーとして見ごたえがあり、無常を感じずにはいられないラストがとても美しく印象的でした。この映画キャッチコピーは『生きねば』でしたが、見ればわかる納得のコピーで、この言葉がいつまでも胸に刻まれます。
40代女性

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました