【機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
U-NEXT

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

見放題配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • [コウ・ウラキ]堀川 亮
  • [アナベル・ガトー]大塚明夫
  • [ニナ・パープルトン]佐久間レイ
  • [エイパー・シナプス]大塚周夫
  • [シーマ・ガラハウ]真柴摩利
  • [エギーユ・デラーズ]小林清志

<STAFF>

  • [企画]サンライズ
  • [原作]矢立 肇、富野由悠季
  • [キャラクターデザイン・総作画監督]川元利浩
  • [モビルスーツ原案]大河原邦男
  • [メカニカルスタイリング]河森正治
  • [メカニカルデザイン]カトキハジメ、明貴美加、石津泰志、澄矢トオル
  • [美術監督]東 潤一
  • [総メカニカル作画監督]佐野浩敏
  • [音楽]萩田光男
  • [監督・構成]今西隆志

 

あらすじ

ニナ・パープルトンはデラーズ紛争の渦中に身を置き、
その一部始終を目撃してきた。

彼女が思い起こすのは、
ガンダム試作2号機の強奪に端を発する争乱、
そして己の信じるものに命を懸けた男たちの姿であった――。

デラーズ紛争はオーストラリアの大地に始まり、
激しさを増しつつ宇宙に舞台を移していった。

そして、常にその中心にあったのは、
コウ・ウラキとアナベル・ガトーの因縁だった。

ガトーに味わわされた屈辱を糧に成長を重ね、
宿敵を追うコウと、ジオン公国再興の大義にすべてを捧げ、
デラーズ・フリートの中核を担うガトー。

ふたりの戦いは試作2号機の観艦式襲撃で急転を迎え
、後に続くコロニー落とし作戦の中で加速していく。

全貌を現したデラーズ・フリートの
「星の屑作戦」に揺れる地球軌道上で、
コウの意地とガトーの信念が激突する。

宇宙世紀0083年、ニナはその戦いを見届け、
歴史の証人となったのである……。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(見放題配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
1ヶ月間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

OVAシリーズに新作カットを加えて再編集した劇場公開作。一年戦争の3年後が舞台となっており、ファーストの世界観を踏襲したMSやモビルアーマーが数多く登場します。MSの動きや性能が非常に細かく、大迫力の戦闘シーンを堪能することができます!歴代ガンダムの中でもミリタリー描写が優れた作品です◎内容は連邦VSジオン(主人公VSライバル)のような勧善懲悪ではなく、副題のとおり、ジオンの残党に焦点を当てた儚いストーリーが見どころです。特に、クライマックスのガトーの死闘、生き様は胸に迫るものがあり…個人的にはこちらの劇場版のほうが印象に残っています。音楽・演出共に素晴らしく、観賞後の余韻がいつまでも残るようなシーンでした。ただし、もともとのOVAがコンパクトに編集された作品のため、一部説明不足や唐突さが感じられる場面も‥(^_^;)OVAシリーズを観た後でさらに新作カットを楽しみたい方、中でもアツいジオン派の方々にぜひ観ていただきたい作品です。
30代女性
本作品はファーストガンダムから連なる宇宙世紀のサイドストーリー。しかし、サイドストーリーでありながら、逆襲のシャアにも連なる大事な時代を描く作品として位置づけられる。ガンダムのデザインもファーストガンダムやZガンダムを踏襲していてオールドファンも受け入れやすい。また、本作品の最も注目すべきキャラクターは旧ジオン軍のエースパイロットでもあるアナベルガトーです。一年戦争の残党であり、ガンダムシリーズでもかなり最強の、部類に属するエースパイロットであると思います。もちろん、ガンダムのパイロットであり、連邦軍のコウウラキも戦いの中で成長を遂げ、ガトーが認めるほどに成長。最終決戦はかなり、見応えがあるシーンでした。
40代男性
私がこの映画を見たのは、公開からずいぶんと時間がたった2010年代前半のことです。基本的にガンダムシリーズはすべて目を通すようにしていたのですが、この作品だけは中々視聴する機会がなく、ようやくBSでの再放送があったので、深夜にも関わらず夜ふかししてみてしまいました。結果、もっと早く視聴しなかったことを後悔しました。多くの方が口を揃えて言うことですが、間違いなく、ガンダムシリーズを語る上で欠かすことのできない傑作です。まず、今から30年近く前に発表された作品だというのに、作画の質が非常に高く、特にメカニックなどは実際にその機会が目の前に存在しているようなリアリティーがあります。また、キャラの設定も絶妙です。初代から続く硬派な男の物語の伝統をこれでもかと言うほどに体現する登場人物たちは、男性なら感情移入せざるを得ません。特に敵役のガトーは、「ソロモンよ、私は帰ってきた!」という名台詞とともに、主人公コウ・ウラキよりもさらに印象に残ります。現在でも十分に視聴に耐えうるガンダムシリーズの傑作なので、未視聴の方はぜひ一度見てみることをおすすめします。
30代男性
機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光を何度もリピートして見ています。私の場合、ガンダムという物語をただ単なるロボットアクションとして捉えず、主人公やサブキャラクター、ライバルと様々な立場の1人1人に物語があり、ヒューマンドラマのようなものとしてガンダムととらえています。このジオンの残光については、その特徴が顕著に表れているように感じます。個人の持つ信念、戦時中だからこその駆け引きや裏切り。人々の成長。こういったところにスポットを当てているため、アムロやシャアのような超人的な人が出てきません。ライバルであるガトーの男気溢れる、かつ自分の信念を貫き通す強さ。本来の主人公であるコウが半端者なのが、よりガトーという人物を輝かせ、私の中では、歴代の中でも好きなキャラクターの1人となっています。
40代男性
この映画はOVAシリーズに一部新作カットを追加して再構成された劇場版アニメですが、映画にするにあたりOVAシリーズで描かれていた一部シーンがカットされている所が少し残念な所ではあります。2時間という映画の枠内に納めなければならないのでその辺りは致し方ないと思いますが、このシーンはカットしてはダメだと思う所があって、なんでわざわざ映画にしたのだろうと思いました。OVAシリーズを見てきた者にとっては物語の流れは大体、わかるのですが、初めて見る人にとっては何の事だかわからないような物語の構成になっている所がもう少し編集のやり方があったと思います。好きなガンダムのシリーズだったのでその辺りが残念な映画でした。
30代男性
モビルスーツ同士の戦いのときに流れるBGMが緊迫感を実によく表現していて引き込まれました。一年戦争終結後の3年後の世界を舞台にした出来事で、ジオンの残党ガトーの手によってガンダムの新型を奪取するところから物語は始まります。コウ・ウラキ少尉がもう一機のガンダムに乗り込んで、奪取されたガンダムとの戦闘を繰り広げるシーンがとてもかっこよかったです。夜中の砂漠地帯で2機のガンダムが死闘を繰り広げるシーンが渋く感じ、平成初期の古き良きガンダム作品だと思いました。アナベル・ガトーの声優を務めるのは後にメタルギアソリッドでソリッドスネーク役を務める大塚明夫さんで、大塚さんの渋い声がガトーの渋さを巧みに表現しているのが印象的でした。
30代男性
一年戦争でのやりきれない思いがジオン残党であるデラーズ艦隊にはあり、何とかジオンの再興をと尽くすアナベル・ガトーたちの姿には熱いものを感じ感動させられました。ガンダムGPシリーズがタイトルにもあるようにメインだと思いますがパイロットであるコウ・ウラキを入れてもアナベル・ガトーやシーマ・ガラハウといった個性的でそして魅力的なキャラクターたちによって連邦軍よりもジオン軍に肩入れしながら見てしまいました。ガンダムシリーズはジオンが悪なのかというのはいつも考えさせられますが、0083ではジオン軍の人たちの生活も見えるシーンがあり、そして引退していた元軍人の生活というのはとても新鮮で戦争の虚しさを感じさせる内容でした。ガンダムシリーズのスピンオフの中では一番素晴らしい作品だと思っているので、違う視点の0083も見てみたいです。
40代男性
今回のシリーズでは、何が良かったのかというと、それはさまざまなモビルスーツが登場したことだと個人的には感じました。主人公のラキが乗り組むことになった超巨大兵器でもあるガンダム試作3号機はかなり衝撃的でしたね。起動重視のガンダムであることに変わりはないのですが、あまりにも要素が詰まっていすぎな気がしました。大きな特徴はそのスケールのデカさですよね。体も大きければ、ビームサーベルやビームライフルも大きさが半端じゃないなと感じました。そのスケールの大きさから繰り広げられるバトルシーンは最高でした。ガートラテトラを貫いたシーンがありましたが、あのシーンは今でも忘れられないくらい印象に残っています。このシリーズは受け継がれていくべきだと思います。
20代男性
機動戦士ガンダムのその後の話、スピンオフ作品の総集編ですがだからこそテンポよく話が進みとても見やすくなっていると思います、冒頭からガンダムがジオンの残党に奪取されるのはさすがに警備手薄過ぎないかと突っ込みたくなりました。90年代初期の作品ですが数多くのロボットアニメを制作してきたサンライズだけあってガンダムなどモビルスーツの作画は物凄いです、セル画という手書きでありながら複雑な戦闘シーンや動きは昨今の3DCGばかりになったアニメには無い重量感と迫力が凝縮されています、宇宙空間という本来音が出ない空間での演出は見ていて違和感が無いので音響も当時からよく考えて計算された演出に仕上げていると感じました。物語もスピンオフでありながら独自の登場人物の魅力、面白さが見れます。
30代男性
一年戦争から3年後、物語はジオン軍残党のテラーズ・フリートがガンダム試作機を強奪するシーンから始まります。戦闘シーンの作画が書き込まれておりモビルスーツ戦は特に映像に迫力がありとてもかっこいいです。デンドロビウムというガンダム作品内でもかなり大きいギミックをつけガンダムが戦うのでそのシーンはぜひ見てほしいです。私は登場人物の中では特にシーマ・ガラハウが好きです。一見気が強そうに見えますが、その裏には一年戦争で汚れ仕事を命じられ性格まで歪んでしまった悲哀が潜んでおりそのギャップが好きです。また、バスク・オムやジャミトフ・ハイマンなどZガンダムでも登場するキャラクターもでています。最後のシーンでZガンダムとつながるようになっているのでぜひ最後まで見てほしいです。
30代女性
1992年公開された劇場版「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」は、1991年から1992年にかけて全13話が制作されたOVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に一部新作カットを加えて再編集されたものです。物語は、1年戦争から3年が経過した宇宙世紀0083年を舞台に、ジオン公国軍の残党であるデラーズ・フリートが画策する「星の屑作戦」と、それを阻止すべく奮闘する地球連邦軍のペガサス級強襲揚陸艦「アルビオン」との戦いを軸に展開していきます。そのなかでも、特に印象に残っているのが、“ソロモンの悪夢”と呼ばれたジオン軍エースパイロットのアナベル・ガトー少佐が強奪したガンダム試作2号機と、地球連邦軍の新米テストパイロットだったコウ・ウラキ少尉が搭乗するガンダム試作1号機との初めての戦いです。当時の二人には圧倒的な実力の差があり、ガンダム試作1号機はガトー少佐に軽くあしらわれてしまいました。それでも、当時はガンダム同士が戦うということ自体があり得ないことだったので、ガンダム試作2号機の“悪人顔”ともども強い衝撃を受けたことを覚えています。
60代男性
完全に主人公が敵役に喰われている作品です。主人公のコウ・ウラキの成長も見られますが、その敵役だったアナベル・ガトーの方が確実にかっこいい!!「漢」と書いて「オトコ」と読む様な生き様を見せてくれます。時代背景はファーストとゼータの間に起こった物語。その時代設定にしてはオーバースペックな機体が出てきたりとちょっと設定に疑問が残る部分はありますが、ガンダムの強奪だったり巨大モビルアーマーが出てきたりと展開は目を見張るものがあります。そして恋人と敵役との三角関係や、敵も味方も平気で裏切るようなキャラクターが出てきたり。またその中でそれぞれの成長が見られたりと面白いポイントは沢山ありますが、性格の歪んだキャラが多いのも確か。ムカつくやつ多めです。ガンダムシリーズが好きな人には面白い作品だと思いますが初めて見る人にはわからないところが多そうではあります。原作はOVAでそれを映画枠に詰め込んでいるので、この作品を見てからOVAの全話を改めて見直してほしい作品です。
30代男性
これまでの民間人が偶然、ガンダムに乗り込むというこれまでのガンダムの王道的な設定ではなかったのがよかったです。非常に軍事的な要素が多く描かれており、さらに連邦軍だけでなく、ジオン軍側のストーリーも描かれていたから両者のそれぞれの思惑が交差して濃厚なストーリー展開になって面白かったです。また、好きなシーンは冒頭の奪取されたガンダム2号機の前に立ちふさがろうとしてビームサーベルで構える1号機が対峙したシーンです。そして、最も驚いたのがヒロインのニナ・パープルトンです。コウ・ウラキの恋人ですが、実はコウの宿敵であるジオン軍のアナベル・ガトーの元カノというのは意外性がありましたが、ラストにガトーを助けるために拳銃をコウに向けるなどガトーを選ぶ姿には衝撃を受けました。
30代男性
ソロモンの戦いで”ソロモンの悪夢”と称される事になったジオン軍のエースパイロット アナベル・ガトーが大活躍する作品です。ただもう一人の主人公である地球連合軍のコウ・ウラキはパッとしないので、他のガンダムシリーズのようにガンダム無双シーンはありません。ニュータイプでもないし、戦場で活躍するわけでもないしでガッカリですね。それに比べてアナベル・ガトーは超カッコイイです。地球連邦軍が開発している最新モビルスースGP-02を敵中潜入して盗んだり、核攻撃で地球連邦軍を壊滅したり。核攻撃時の反動で動かなくなる部位が発生するというハンデをものともせず、五体満足のGP-01を駆るコウ・ウラキを一騎打ちで圧倒したシーンはカッコ良すぎました。
40代男性
『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』はとにかくキャラクターの個性が強く、アナベル・ガトーとニナ・パープルトンのせいで主人公のコウ・ウラキの霞んでしまっているほど。「ソロモンよ、私は帰ってきた」で有名なガトーの武人として魅力で、テロ行為を行うデラーズ・フリートに感情移入してしまう視聴者は多いだろう。また、ニナはガンダムの三大悪女に数えられるほどで、多くの視聴者は胸くそ悪い思いをするだろう(笑)。他にもバニングやシーマ、デラーズなどとにかくキャラが濃い。なお一点だけ注意していただきたいのは、本作はあくまでもOVAの総集編なので、『0083』最大の魅力である人間模様が多くカットされてしまっている。本作で魅力を感じたのであれば、ぜひOVA版を視聴することを勧めたい。
30代男性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました