【機動戦士Ζガンダム A New Translation 星を継ぐ者】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
U-NEXT

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

見放題配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • [シャア・アズナブル]池田秀一
  • [カミーユ・ビダン]飛田展男
  • [アムロ・レイ]古谷 徹
  • [ブライト・ノア]鈴置洋孝
  • [エマ・シーン]岡本麻弥
  • [レコア・ロンド]勝生真沙子
  • [ファ・ユイリィ]新井里美
  • [ジェリド・メサ]井上和彦
  • [バスク・オム]郷里大輔
  • [パプテマス・シロッコ]島田 敏

<STAFF>

  • [企画・制作]サンライズ
  • [製作]吉井孝幸
  • [企画]内田健二
  • [原案]矢立 肇
  • [原作・脚本・絵コンテ・総監督]富野由悠季
  • [プロデューサー]松村圭一(サンライズ)、久保 聡(バンダイビジュアル)
  • [キャラクターデザイン]安彦良和
  • [メカニカルデザイン]大河原邦男、藤田一己
  • [キャラクター作画監督]恩田尚之
  • [メカニカル作画監督]仲 盛文
  • [美術監督]東 潤一、甲斐政俊
  • [撮影監督]木部さおり
  • [音楽]三枝成彰
  • [音響監督]藤野貞義

 

あらすじ

一年戦争終結から7年以上が過ぎたU.C.0087、
旧ジオン公国軍残党の掃討を名目に設立された
地球連邦軍特務部隊「ティターンズ」が勢力を拡大し、
スペースノイドへの弾圧を強めていた。

地球連邦政府がティターンズの活動を黙認する中、
事態を憂慮した人々が結成した
反地球連邦政府組織「エゥーゴ」は、
新型艦アーガマを中心とする部隊を
ティターンズの宇宙基地サイド7「グリーン・オアシス」に投入、
クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)率いる
MS部隊がティターンズの新型MSの奪取に動いたことで
戦闘が発生してしまう。

この際、ティターンズの士官とイザコザを起こして
拘束されていた民間の少年カミーユ・ビダンは、
エゥーゴに協力してガンダムMk-IIを強奪。

結果、エゥーゴとティターンズの軍事衝突は不可避となり、
新たな宇宙戦争の火蓋が切られた。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(見放題配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
1ヶ月間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

「機動戦士ガンダム」アニメを好き嫌いに関わらず、誰しもが1度は聞いた事があると思います。その続編となる機動戦士Zガンダム。全50話のアニメを映画版として3部作として作り直した、第1作目「星を継ぐ者」。この作品を一言で言うならば、「めちゃくちゃ」と言って差し支えないと思います。ストーリーからキャラクターから何から何までもーはちゃめちゃです。歴代のガンダムの主人公達は皆クセ者揃いではありましたが、中でも一番痛いのが本作の主人公、カミーユ・ビダンではないかと個人的に思っています。彼の事はひとまず割愛しますが、本作は元々50話のアニメを1時間半のアニメ3部に収まるといったものので、ストーリーについて行くのが何せ大変極まりないです。突如としてシーンが変わるし、しかもそれが宇宙から地球といった、変り具合がすごい上、説明もなく新キャラが出ては死んでいきます。そして、作画も新たなカットを入れていて、それは綺麗でかっこいいのですが、いかんせん20年前のアニメ版が主体で少し映画用のカットが入るだけなので、作画の違いっぷりは果てしないですね。もはや別人?となるほどに…。しかし、ここまでひどい事を書き連ねてはおりますが、それでもこれは必見だと言っておこうと思います。なぜなら、ガンダムを語る上で、決して外せない作品であり、やはり戦争の虚しさや悲惨さはこの物語でよく伝わってきます。そして何よりZガンダムがかっこいいです。今にして思えば大した性能は持ってないと気付くのですが、それでも合体or変形は、やはり男の子心をくすぐってなりません。スマートでカラーリングも美しく、これまでのモビルスーツの中でも、革新的なデザインであったと思います。観る人を選ぶ作品かもしれませんが、それでも一見の価値ありな作品だと思います。
30代男性
この作品は、1985年から1986年にかけてテレビ放映された「機動戦士Zガンダム」に、同番組の原作や総監督を務めた富野由悠季氏が、新たな解釈を加えて三部作として再構築した映画の第一弾にあたります。ア・バオア・クーでの戦いから7年後の世界が舞台となっているのですが、この映画では、主人公のカミーユ・ビダンがスペースコロニー「グルーンオアシス」でガンダムMk-Ⅱを強奪するところから、アムロとシャアが地球で再会するところまでを描いています。ここまでのストーリーはテレビ版と大差ありませんが、大きく違うと私が感じるのが各キャラクターの作画です。テレビ版、映画版ともにキャラクターデザインを担当されているのは安彦良和氏。それなのに、なぜあんならしくない顔になってしまったのですか?シャアもアムロもカミーユも、あんな顔してませんでしたよね?――見慣れるまで、なかなか感情移入しにくかったことを今でもよく覚えています。それでも、カミーユには悪いのですが、映像の中でシャアやアムロにまた会えたことに大きな喜びを感じたことは間違いありません。
60代男性
初代ガンダムよりも、Zガンダム世代だったのでとても楽しみにしていました。当時のテレビ版の作画と新たな作画の融合は大丈夫かなと?と思っていましたが、キレイにハマっていたと思います。一部声優陣の変更もありましたが、何の違和感もありませんでした。20年ぶりぐらいに視聴しましたが、改めて良く作り込んでいるストーリーだなと感じました。お互いの主張がぶつかり合うシーンは、現代社会にも通じるものがあります。どちらにも正解がない正義は、いろいろと考えさせられます。また、ファーストガンダムに比べて、モビルスーツの動きやデザイン性が向上しています。クリエイターの作り込み愛を感じます。単純なロボットアニメじゃない所が、今でも色あせない名作の理由だと思います。
40代男性
ブライト・ノア、カイ・シデン、アムロ・レイら一年戦争の生き残りらも参戦して作品が面白くなっていきます。平和な世界で学生をしていても、家庭環境の悪さから心は決して穏やかではなった少年カミーユが、恐ろしい戦場に身を投じることになる数奇な運命を扱う展開が面白かったです。二体のガンダムMk.Ⅱが激突し合う序盤展開はつかみが良く、大変興奮しました。激戦の中で親を亡くし、錯乱状態に陥りながらもガンダムから降りずにエースパイロットになっていくカミーユの戦いが強く描かれていてよかったです。クワトロ・バジーナへと名前をかえて活躍するシャアの戦いにも男を見ます。カツの激励をうけ、再び戦場にかえることになるアムロ・レイの運命の描きかたも良かったです。
30代男性
シャア・アズナブルが姿をかえてクワトロ・バジーナと名乗り、今回はこちらの味方につくという流れには意外性がありました。クワトロ・バジーナの乗り込む赤色のリック・ディアスはとても格好よいです。言動に一貫性があり、心身共に強者であるクワトロ・バジーナのカリスマ性に惹かれます。女がてらにモビルスーツに乗り込んで戦うレコア・ロンド、エマ・シーンらヒロインも強さと美しさを兼ね備えていて好きでした。今は隊を抜けて安寧な暮らしをしていたアムロ・レイが再び戦火の下に姿を現し、かつての宿敵シャアと対面を果たす後半展開をみると、シリーズファンとして興奮が隠せませんでした。新規の映像も加えられ、元々名作だったものがさらにすごいものになっていました。
30代男性
ただの学生に過ぎなかった少年カミーユが運命に導かれてガンダムマーク2に乗り込む展開にわくわくしました。カミーユが女の名前で何が悪いと言ってジェリドを殴るカミーユの乱暴なところには若さを感じました。不肖の親が無くなった時、あんなのでも自分の親だがらちゃんと親をしてほしかったと悔やんでん泣くカミーユをみると心がズキリとしました。連邦とティターンズそれぞれの白と黒のガンダムがぶつかり合う序盤展開は名場面だとおもいます。早くに亡くなるキャラクターでしたが、カクリコン、ライラらの敵軍兵パイロットは、ジェリドの成長にも関係する良いキャラクターだと思いました。飛行形態に変形して各機がモビルアーマーになる仕掛けには驚きました。
30代男性
テレビで放送されていたゼータガンダムのリメイク版ということで、振り返るということも考えながら見させていただきましたね。Zを観ていた者としては、このシリーズがリメイクされるのはとても嬉しいですし、劇場版という迫力が上がってまた観ることができるのはとても楽しかったです。有名なシーンがオリジナルアレンジがされていて、そこは賛否両論あるかとは思いますが、自分的にはとてもいいアレンジだったと思います。テレビではカミーユを追い詰める時にかなり厳しい攻め方をしていたと思うのですが、劇場版ではあまりその厳しさというのが描かれていなくて、かなり優しめな感じでしたね。自分はその優しめな感じが程良いと思いましたし、ちょうどいい感じです。
20代男性
Ζガンダムの一番の魅力はやはり変形することではないでしょうか。ガンダムシリーズで最初に変形を採用した作品であり、他の漫画だと変形すると戦闘能力は落ちたりしますがΖガンダムはそういったことがなく(厳密にはありますが)、変形したらときの利点であったり、通常モードの利点であったりをしっかり理解した作品になっています。当時は巨大戦隊ロボシリーズであったり、別アニメで変形するヒーローのアニメが結構盛んでそういった時代の流れを汲み取って、尚且つ二番煎じにならないようなストーリー構成であったり、性能のバランス調整であったり相当スタッフも苦労をされたのではないかと思いますが、その結果Ζガンダムは放送から35年が経った今でも人気はかなり高いです。ここ最近のような派手さであったり煌びやかな雰囲気はありませんが、35年前に今でも十分に通用する変形の仕組みであったり飛行技術を確立させたΖガンダムはハイスピードで戦うガンダムの元祖と言えるのではないでしょうか。
30代男性
一年戦争を描いたファーストガンダムの続編で、1年戦争から7年後の世界を描きます。冒頭から、シャアの乗った赤いモビルスーツが出て来て、前作のザクを彷彿とさせるシーンから始まり、迫力があります。主人公はカミーユ·ビダンという少年で、内向的で、反抗的ですが、もの凄いニュータイプ能力でモビルスーツスーツを操る所は前作のアムロ·レイと似ています。物語は前作にも増して複雑で、今作では今の地球連邦に嫌気が差したブライトとカミーユらがシャア達のいる、反地球連邦組織のエゥーゴに加わって地球連邦と戦います。そこに前ジオン軍のネオ・ジオンが加わり物語は複雑化して行きます。この「機動戦士Ζガンダム A New Translation 星を継ぐ者」はテレビ版機動戦士Zガンダムを略しているので、アニメーションは綺麗になって、テンポも良くなっておりますが、話は解りづらくなってると思います。
40代男性
ファーストガンダムの続編として、かつファーストガンダムの主な出演者たちが、こぞって登場する作品として非常に興味深かったです。特にシャアアズナブルが、反地球連邦のエウーゴで主役のカミーユビダンと共に戦いに参加すると言うワクワクする展開に映画版を見る前にアニメの段階で非常に惹かれていました。映画三部作の第一弾と言うことでネオジオンとティターンズ、エウーゴの関係を知るところからはじめての方はスタートですが充分楽しめたと思います。そして、アムロレイに引き続き、カミーユビダンが、ニュータイプとしてどのように覚醒していくのか、物語の中心となるニュータイプとは何か?を問い掛ける展開が非常に興味深い作品です。
40代男性
新訳だったので単なる編集版という感じではなく、新しい映像も追加されていたのでテレビ放送の時には意味がわからなかったシーンも理解することができて楽しめました。中でも冒頭のカミーユがティターンズに拘束され、エウーゴからの強襲によってガンダムマーク2を奪取するシーンはよかったです。さらに好きなシーンはラストのアムロとシャアの再開のシーンです。ガンダムマーク2に保護されたパラシュート姿だったアムロが思わずシャアことクワトロが搭乗する百式に向かって「シャア」と言って自分でも戸惑っている姿が印象的でした。そして、その後、映像が少しセピア的な画像になって映像が止まる処理からガクトの曲が流れた時は感動しました。
30代男性
戦争をテーマにしているだけあり、序盤から切ないものがありました。いくら新型のmk-Ⅱをカミーユが奪ったとはいえ、両親を人質に取られるなんて。両親を救うか、救うならどうするかの判断をまだ少年であるカミーユがしなければならないなんて。軍人ならわかりますけど、この頃のカミーユはまだ民間人でしたしね。戦争って感じがしました。あとはクワトロ・バジーナの存在でしょうか。本人は偽名を使っていますけど、どう見ても前作に出てきたシャア・アズナブルその人です。話し方はカッコイイし戦闘でも強い。落ち着いた雰囲気を伴っていますし、サングラスを掛けている姿がカッコ良さを増しています。大人の魅力満載のクワトロを見れて幸せになれました。
40代男性
テレビ版の機動戦士Zガンダムの物語を劇場版として新たにリメイクした物で昔の映像を使いながら所々に新作のカットが追加されていました。富野監督が以前おっしゃっていた言葉の中にガンダムは日常感がないという事が気になっていたそうで今回のリメイク版の新作カットでは日常風景がよく描かれていたという印象を受けました。全体的にはテレビシリーズの物語を踏襲していましたが、若干の変更もあって少し新鮮な感じがしました。今回の劇場版の制作についてはキャスト陣も総入れ替えも考えられていたため一部のキャストについてはオリジナルとは違う人が声を当てられていたのが少し残念な所ではありました。劇場版の物語としてはオリジナル要素も生かしながらうまくまとめられていました。
30代男性
TV版Zガンダムを再編集、再構成、新規カットを加えた作品ですが、新規カットが大変美しく、モビルスーツも格好良いため、つい全編新規作画ならいいのにと贅沢なことを思ってしまう部分もある作品です。新たに追加されたガンダムマークIIの回し蹴りのシーンもたいへん格好良く、最新のガンダムシリーズと引けを取らないものになっています。ストーリーは序盤という段階で、主人公カミーユの境遇を紹介するという部分も大きく、敵勢力もそこまで強大な兵器を投入していない段階なのですが、終盤での可変モビルアーマーのアッシマーとの戦いが大変迫力のあるものになっており、TVと映画の違いというものを強く実感させるパワーのある作品だと思いました。
40代男性
昔のTV版をリニューアルした作品で、綺麗になってからも辛辣な世界観をしっかりと描いていました。「Zガンダムシリーズ」といえば、テーマになっているのが戦争と女性問題です。それゆえ、作品内では女性であることが差別や区別に繋がっています。くわえて、主人公のカミーユもまた男性なのですが女のような名前なので、「A NEW Translation 星を継ぐ者」では気がかりな設定として作中で口論になります。作品としても一年戦争後のストーリーなので、アムロとクワトロ(シャア)の関係性が面白く、元々敵同士だった二人の会話ややり取りがユニークです。カミーユもアムロの初期同様出たてのパイロットなので、その初々しさに興味を惹かれます。モビルスーツ的にもまだMK-Ⅱなので、ここから大作が始まるのだと期待感が膨らみます。
30代男性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました