アニメ【犬夜叉 第2期】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法と最新話見逃し配信のまとめ

スポンサーリンク
Hulu

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

高橋留美子原作の関連作品

 

 

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 犬夜叉(山口勝平)
    本作の主人公。
    見た目は妖怪ながらも、
    実は人間と妖怪の間に生まれたハーフ。
    過去の因縁から桔梗により
    50年間御神木に封印されていたところを
    かごめに助けてもらう。
    その後は自分の望みのために、
    かごめと一緒に四魂の玉を探す旅に出る。
    武器は妖刀『鉄砕牙』。
  • 日暮かごめ(雪野五月)
    本作のヒロイン。
    現代に住みながらも戦国時代に
    タイムスリップし、
    妖怪や四魂の玉との因縁に
    巻き込まれてしまう。
    神通力も持っており、
    妖怪や呪いを浄化することも可能。
    普通の女子中学生ではあるが、
    非常に度胸があり、物おじしない性格。
  • 桔梗(日髙のり子)
    本作のもう一人のヒロイン。
    非常に霊力が強く、
    かごめが来る50年前は
    よく呪いの解除や
    妖怪退治などをしていた。
    その道中で犬夜叉と出会い、
    恋に落ちるが奈落の策略により
    仲たがいし、犬夜叉を封印。
    その後四魂の玉と共に火葬された。
  • 楓(京田尚子)
    桔梗の妹。
    桔梗ほどではない
    が巫女としての力があり、
    村のまとめ役も任されている重鎮。
    戦国時代に慣れていない
    かごめの世話をしてくれる。
  • 殺生丸(成田剣)
    犬夜叉の兄であり、
    ハーフではなく純血の妖怪。
    人間を躊躇なく殺したり、
    手下の妖怪も大して
    気に掛けることがない非道な性格。
    半妖である犬夜叉を蔑んでいる。
  • 奈落(家中宏)
    ある人間をつなぎに
    大量の妖怪が寄せ集まってできた半妖。
    性格は非常に残忍。
    桔梗と犬夜叉に起きた
    50年前の出来事に関して、
    何かしら関係があるようで…。

<STAFF>

  • 原作 高橋留美子
    「犬夜叉」
    (小学館「週刊少年サンデー」連載)
  • 企画 諏訪 道彦(よみうりテレビ)
    植田 益朗(サンライズ)
  • シリーズ構成 隅沢 克之
  • キャラクターデザイン 菱沼 義仁
  • 美術監督 池田 繁美
  • 音響監督 鶴岡 陽太
  • 撮影監督 伊藤 久美子
  • 編集 鶴渕 友彰
  • 色彩設計 佐藤 美由紀
  • 音楽 和田 薫
    (サウンドトラックス:avex mode)
  • 原案協カ
    都築 伸一郎
    三上 信一
    村上 正直
    熊谷 崇
  • 広報
    永井 若菜(よみうりテレビ)
    藤本 美歩(よみうりテレビ)
    辰見 真左美(サンライズ)
  • アシスタントプロデューサー
    斎藤 朋之(よみうりテレビ)
    北田 修一(よみうりテレビ)
  • 監督 青木 康直
  • プロデューサー
    諏訪 道彦(よみうりテレビ)
    富岡 秀行(サンライズ)
  • 制作
    よみうりテレビ
    サンライズ

オープニング

「ANGELUS -アンジェラス-」
島谷ひとみ

エンディング

「My will」
dream

(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000

あらすじ

ときは戦国時代の日本。人間と妖怪は日々戦いを繰り広げていた。

妖怪と人間の間に生まれた半妖の主人公・犬夜叉と、
現代からタイムスリップしてきた少女・日暮かごめと
その仲間たちが織りなす冒険活劇!

1996年から2008年の11年7ヶ月に渡り
「週刊少年サンデー」で連載された人気漫画原作のTVアニメ。

現代の普通の女子中学生・日暮かごめは、
高校への受験を控え平和な日常を過ごしていた。

しかし、かごめは15歳の誕生日、
神社の祠にある古びた井戸から戦国時代にタイムスリップしてしまう!

そんなかごめを待ち受けていたのは、
どんな願いでもかなえられる幻の秘宝『四魂の玉』をめぐる
妖怪と人間たちとの熾烈な戦いの日々であった。

果たしてかごめは生きて現代に戻れるのか?
そして四魂の玉をめぐる因縁とは…。
波乱の戦国生活が今、幕を開ける!

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る

(定額見放題)
14日間無料
今すぐ見る
×
初回2週間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

カゴメを気に入っている鋼牙が登場し、いろんな板面をしかけつつも敵なのか味方なのかわからない行動が続出します。桔梗への思いを断ち切ることのできない犬夜叉は、桔梗の生まれ変わりというカゴメに恋心を抱きながらも、かつての恋人のような桔梗が復活する姿を見て心が揺れてしまいます。そんな犬夜叉を見て動揺してしまい、桔梗なんていなければいいのにと思ってしまう自分に気づいたカゴメは犬夜叉との別れを決意し、四魂のかけらをもとあるべき場所に戻し、時空の空間のひずみが起きないように画策しますが失敗、結局、犬夜叉との旅を続行することとなります。戦いを続けることで人としての心を食われていく犬夜叉は強くなるために進化を遂げます。
20代女性
犬夜叉が自分の変化に気浮き始めていく中、かつて好きだった桔梗が思わぬ形で復活したり、より狭量な攻撃力を得るために人に会いに行ったりと、犬夜叉が変化したり、過去の自分の気持ちと今の気持ちのすり合わせをしているシーズンだと思います。この間にはサンゴの弟にあたる琥珀が操られてしまったりと仲間同士の物語が深く深く進んでいきます。その中で、犬夜叉は妖怪の力が強くなり、刀や自分自身に大きな変化が訪れます。これまでのように月の力だけではなく自分の血液に引き起こされる制御できない力や、刀との共鳴で起きる進化などを体験していくことになり、仲間同士の絆がより強くなっていく物語となったように感じるし、キャラクターのお当番回も多いと思います。
20代女性
犬夜叉や仲間との信頼関係も深まってきたり、奈落の登場回数や過去のことがわかってきたり犬夜叉をより面白いと感じ始めたのがこの第2期でした。犬夜叉が持っている鉄砕牙もただの鉄砕牙ではなく、爆流破をうてるようになったり、結界を切る事ができるようになったりなど成長していき、今後はどうなっていくのだろうというワクワク感も味わえました。特に印象に残っていたのは珊瑚が奈落に操られている弟の琥珀を殺そうとする話です。琥珀のことを強く思うためにその考えに至ってしまう辛さがこちらまで涙させました。犬夜叉が琥珀を生きて取り戻そうと珊瑚に説得する際に、桔梗のことを想っている言葉があり見ているこっちもキュンとしました。それに感動しているカゴメも可愛かったです。
20代女性
『犬夜叉』の本筋でもある四魂の玉と奈落と犬夜叉との因縁の一端がかなり掘り下げらていて、アニメでの今後がかなり気になりました。漫画を読んでいるので後々の展開は知っているのですが、犬夜叉のかつての恋人であった桔梗と奈落との関係に、アニメならではの演出で、しっかりと焦点が当てられていて面白かったです。さらに、琥珀のことで心を痛める珊瑚の様子は見ていて、とてもつらかったのですが、結果的にこのシーンがあることで、犬夜叉以外の人間ドラマが生じることになり、物語に深みが出てくるので、そうした物語が第三期以降でどのようにアニメで描かれていくのかはすごく気になります。また、アニメオリジナルのストーリーも綿密に練られていて、退屈することなく見ることができました。
20代男性
第二期を迎えることができて非常に喜ばしい気持ちでいっぱいなのですが、今回のシリーズでは犬夜叉の恋物語が個人的にいいなと思いました。犬夜叉のかつての恋人でもある桔梗がこの第二期の最後の方に大きく関わってきていました。犬夜叉と桔梗はなんとなく複雑な気持ちを持ちながらもお互いを思いあっているかのように感じました。物語の最初の方で、犬夜叉の持っている妖刀が復活するところから始まっていましたが、ここからかなり長くなりそうな気はしていました。第一シリーズとは違って、かなり強大な敵が出てきてしまったなと個人的には思っていました。犬夜叉が妖怪に化けるシーンなどを見たときには、敵の怖さと犬夜叉の怖さを実感しました。
20代男性
やはり、犬夜叉と殺生丸が戦うシーンが面白かったです。犬夜叉が扱う妖刀・鉄砕牙と他の刀とが交えるシーンは、アニメで見ていてもかなり迫力があります。犬夜叉の鉄砕牙と互角に戦えるような刀の使い手は、ストーリーの中でもなかなかいません。犬夜叉と兄弟である殺生丸ぐらいです。特に、殺生丸が闘鬼神を使ったシーンは印象に残りました。強力な邪気を持つ刀は半妖である犬夜叉では無理ですが、完全な妖怪である殺生丸はそれを扱うことができるからです。やはり、犬夜叉の兄であると思えます。しかし、様々な事情によって犬夜叉と殺生丸との兄弟仲はあまり良くないようで、会うたびにたいてい刀を交えることが多いので、それが少し残念な気もします。
30代女性
アニメ「犬夜叉第二期」は、「隠された犬夜叉の秘密」が次々と明らかになってきます。第一期の犬夜叉では、主に犬夜叉は「半妖」として描かれてきていたのですが、生まれに関しては全くと言っていいほど描かれていませんでした。今回では、殺生丸との因縁はもちろん描かれていましたし、妖怪とはなにか?というのも描かれており、一番面白かったのが「両親との因縁」でした。第一期の犬夜叉を観ていた人は知っていると思うのですが、犬夜叉のアニメには「戦いシーン」が多く描かれています。しかし、第二期の今回は戦いシーンよりも、七宝や珊瑚などに焦点をあてた「キャラを深堀する」ような話が多くなっているので、第一期を観た人からしたら面白い内容になっていると思います。なので、第一期を観てから第二期を観るようにするのがおすすめです。
30代男性
犬夜叉がかごめや弥勒や珊瑚や七宝と関わる中で、心がどんどん優しくなっていく過程がすごく好きです。強さを求めていた犬夜叉の心を動かしていく感じが、仲間の信頼関係や関係性に出ていて見所があります。犬夜叉は鉄砕牙を使い敵を倒していきますが、その戦闘シーンは迫力があります。また、かごめの弓や弥勒の風穴や珊瑚の飛来骨で戦うシーンもかっこいい要素です。四魂のかけらを集めたいく過程で、犬夜叉とかごめと桔梗の関係性が気になるところです。冒険をしていくアニメかと思いきや、恋愛の要素も織り込まれているので見所がたくさんあります。そして、犬夜叉の兄でもある殺生丸の心がどんどん変わっていくところも見どころのです。
20代女性
犬夜叉とかごめの関係性がどんどん深まっていくストーリーが良いとおもいます。その他の仲間の、弥勒や珊瑚や七宝などたくさんの仲間たちとの信頼関係の過程もとても好きです。桔梗と犬夜叉の関係性にかごめが焼きもちを焼くところも見所です。恋愛の要素もしっかり入っていてみていて飽きないストーリー性になっていると思いました。妖怪や敵と戦うシーンは迫力がありカッコいいです。犬夜叉の鉄砕牙で戦う姿や、かごめが弓で戦うシーンはその中でも印象強いです。四魂のかけらを集めていく過程で、登場人物がどんどん強くなっていく過程も見どころとなり楽しくみられる要素です。ドキドキとワクワクが止まらない作品で何度見ても楽しく感じます。
20代女性
犬夜叉第二期はストーリーが大きく動きます!それぞれのキャラクターが抱える問題の深い部分が描かれて始めており、犬夜叉の半妖として自分を見失ってしまうことへの悩み、珊瑚の琥珀をどうしてあげるべきか、自分はどうしたいのかという葛藤、弥勒の自分に飲み込まれてしまわないかという恐怖。。。こうなるとかごめの悩みは犬夜叉の浮気性となるのでなんとも言えないバランスですね笑。原作にはオリジナルストーリーもあるため、キャラクターを深堀したい方は原作だけでなくアニメをみるのも楽しめると思います。また個人的にはここらへんから殺生丸の人気は上昇してきたのではないかと思っています。ツンデレのわかりにくい愛情は端から見ている場合はたまらないものがあります。りんがうらやましい。りんになりたい。
30代女性
犬夜叉の妖怪化を抑える流れからスタートし、鉄砕牙の奥義・爆流破のなど鉄砕牙に纏わる謎解きから奈落の進化といった流れが大きな転換になっている一方、原作のストックに追いついてきているためか、アニメオリジナルエピソードが挿入され始める時期にもなっています。オリジナル回に関しては本作が長期展開になってファンには有難い一方で、奈落を倒す目的がある以上、作劇的にどうしても引き延ばしになっている印象が否めず、後のマンネリ化に繋がってしまった感は否めませんが、同時に多彩なゲストキャラクターとメインキャラとの絡みのシーンも増え、掘り下げの描写も増しているのも含めて2期は全体的に各登場人物の成長編といえる流れになっています。
30代男性
個人的には、1期と比べると少しペースダウンというかパワーダウンしたような印象です。オリジナルストーリーを間に挟みつつだったところもあるのかもしれませんが、ストーリーのテンポは格段に落ちました。七人隊が出てくるまで、すこしも仕上がりにかけるのは本作のストーリーがそうなっているからというのもありますが、アニメもそれに沿って面白さがなくなってきた気がします。それでも、奈落と桔梗、犬夜叉との思惑であったり、鉄砕牙がパワーアップするシーンなどなど見どころはあったりするので、よくもなく悪くもなくといったところでしょうか。そういう意味で完結編のアニメは面白かったです。
30代男性
大人気作品の2期ということもあって非常に楽しみにしていたのですが、とても楽しませてもらいました。今回の2期は殺生丸の物語から始まりましたが、なかなか考えさせられるものがありましたね。犬夜叉のお兄さんということもあって、犬夜叉と似た部分があった殺生丸でしたが、愛情と憎しみに正直な感じがいかにもお兄さんだなと感じましたね。そして、アニメ版では原作にはないようなシーンがありましたね。オリジナルストーリーなどの追加もあって、原作を読んでいる人でも十分楽しめる要素がたくさんあるなと思いました。そして何よりも惹きつけられたのは、犬夜叉の恋人との関わりでした。時代は違えど恋の行方というのは見ている側としては楽しませてもらいました。
20代男性
第一期が少し中途半端な感じで終了したので、残念に思っていました。しかし第二期があったことを知り、アニメの放送終了後に一気に見ました。着々と話が進むにつれてかごめや犬夜叉、またその仲間たちの絆も深まっていく感じはとてもよかったです。最終的に四魂のたまの中でかごめを探す犬夜叉。半妖だからか、時々見せる人間臭さ、優しさ、愛情など心にしみる場面も多かったと思います。四魂のたまに願い事を聞かれたかごめ。犬夜叉に会いたいそんな思いから何を願うのか悩んでしまいます。犬夜叉にと願い事を射かけた時、犬夜叉のかごめを呼ぶ声が聞こえ、願わずともお互いに想い合っていれば会えることに気づかされます。そして、かごめが導き出したただし願い事・・それは四魂のたまの消滅だった。なるほどと思いました。深い絆と強い想い高橋留美子作品感すごく好きです。
30代男性
犬夜叉の第二期は、それぞれのキャラクターの話が深く重くなっていった印象でした。犬夜叉は半妖で前々からの妖怪の血が騒いで暴れ回っていたり、珊瑚は琥珀の話が過激になって「琥珀!琥珀!」言ってました。ストーリーとしても辛辣な展開も多く、けれども個人的には納得できるまとめ方だったと思ってます。また、一期では少しでしたが、殺生丸の活躍が華々しかったのも良かったです。殺生丸は冷血で強いイメージでしたが、彼の優しい心や意外な一面を数多く見ることができ、男性からでも好感度がかなり高くなりました。殺生丸が活躍することで、りんや邪見との日常的な掛け合いや会話などが面白く、お気に入りでした。コメディ要素が強く、登場する度に笑えていたのも良かったです。
30代男性

犬夜叉 第2期のエピソード一覧 全43話

第42話 「破られた風の傷」

倒れているかごめの身体からオーラのように魂がほとばしり、神無の鏡の中にその魂が吸い込まれていく。しかし、かごめの魂は神無の鏡の許容量を超えていたためすべてを吸収することはできなかった。かごめが動けないことを確認した神無は、かごめから四魂のかけらを奪おうとするが、神楽(かぐら)に呼ばれてその場を去る。

いっぽう、かごめを助けるために村長の家に飛び込んだ弥勒だが、操られた小春に出刃包丁で刺されそうになる。弥勒は小春の刃から逃れると、かごめの元へと急いだ。 同じ頃、神楽の風刃(ふうじん)の舞の攻撃に対して、逃げ回っていた犬夜叉は妖力の切れ目を見つけると、鉄砕牙(てっさいが)をかまえて奥義”風の傷”を繰り出そうとする。が、操られた村人が神楽の前に立ちふさがり鉄砕牙を振り切ることができない。そこへ突然、人垣が解け目の前に妖力の切れ目が現れると、犬夜叉はなりふり構わず鉄砕牙を振りかぶり神楽めがけて”風の傷”を放った。地を割ってすさまじい勢いの爆風が神楽めがけて襲いかかる。すると神楽の前に鏡を持った神無が出現し、その鏡が爆風をはじき返した。犬夜叉は自分の出した爆風でズタズタにされてしまう。

傷ついた犬夜叉の前に突然、現れた奈落は神楽も神無も自分から生まれた妖怪であることを明かし、さらに桔梗(ききょう)から四魂のかけらを渡されたと語った。かごめと犬夜叉たちは奈落の手の中でほとんど玉になっている四魂のかけらを見て驚きショックを受ける。

奈落の不遜な態度に怒りが爆発したかごめは 弓を引き絞り、奈落に向かって破魔の矢を放った。奈落は神無に命じて鏡で矢を跳ね返させようとするが、かごめの矢は鏡の中に閃光と共に吸い込まれてしまう。矢が跳ね返せなかったことに奈落が驚いていると、鏡の中はかごめの矢から出たおびただしい量の魂が充満し、やがて外にこぼれ出した。そして鏡にヒビが入った瞬間、今まで吸い込んでいた魂が鏡から飛び出すと、魂は倒れている小春や村人、かごめの中に戻っていき…。

第43話 「ついに折れた鉄砕牙」

神楽、神無との闘いで傷ついた犬夜叉は、桔梗が四魂を奈落に渡してしまったことを知りショックを受けていた。そんな折、犬夜叉のいる小屋に向かって現れた妖気の光。桔梗の放った死魂虫である。桔梗の誘いに乗った犬夜叉は七宝が止めるのも聞かず、鉄砕牙(てっさいが)を杖代わりに使って一人で死魂虫の後を追い、森の中へ足を踏み入れていった。

森の中で犬夜叉の前に現われた桔梗は奈落に四魂の玉を渡したことを素直に認めた。しかし四魂の玉を奈落に渡したものの、奈落を四魂の玉と共にこの世から消し去るためと明かし、それまでは奈落に殺されるなと告げ、犬夜叉の無事な姿を確認すると桔梗は去っていった。

かごめたちの元に戻った犬夜叉は桔梗が四魂の玉を奈落に渡したのは事実であるが、奈落と手を組んだわけではないと告げる。が、いまだに桔梗を必死でかばう犬夜叉にかごめは腹を立て出ていってしまう。 そんな中、新たな奈落の分身・悟心鬼(ごしんき)が現れる。神楽も犬夜叉をおびき出す作戦に協力するが、悟心鬼の凶暴さにあきれて身を隠してしまう。 悟心鬼は村の住民をほとんど食べ尽くし、牛小屋のワラの中に隠れていた幼い兄妹までも襲おうとした。そこに犬夜叉が鉄砕牙を突きたて小屋に飛び込んでくる。悟心鬼と対時した犬夜叉は、悟心鬼の背中に蜘蛛(くも)の痣(あざ)があることに気付く。しかも悟心鬼は相手の心を読むことができる妖怪であった。そのため犬夜叉の太刀筋をことごとく読み、その攻撃をかわしていく。

犬夜叉は奥義”風の傷”を放つが、犬夜叉の心を読んだ悟心鬼は妖気の切れ目を突き抜けてきたため、大夜叉は直接鉄砕牙で斬り伏せようとする。ところが悟心鬼は鉄砕牙をかみ砕き、犬夜叉をたたきのめしてしまう。さらにかごめに襲いかかろうとする悟心鬼は突然、犬夜叉の思考が”喜び”に変わり、目まで赤く染まってしまったことに気付く。

第44話 「灰刃坊の邪悪な剣」

夜風にさらされている犬夜叉に斬られた悟心鬼の屍(しか)。そこに現れた殺生丸は悟心鬼の牙が鉄砕牙をかみ砕いたことを知り、その牙を持ち去った。 いっぽう犬夜叉は砕かれた鉄砕牙を持って刀々斎の仕事場へ。鉄砕牙の修理を頼まれた刀々斎は犬夜叉の牙をつなぎに使い3日で直すと請け負う。

その間にかごめたちは冥加(みょうが)から、鉄砕牙が犬夜叉の妖怪の血を封じ込めるための刀であったことを聞かされる。そして一度目ざめてしまった妖怪の血は、たとえ鉄砕牙を打ち直したところで今までのように抑えきれないとかごめは知る。 悟心鬼のクビを持ち帰った殺生丸は刀々斎が破門した元弟子・灰刃坊の仕事場を訪れた。そして憎い師の刀々斎を見返すために悟心鬼の牙から新しい刀を打ちおこしてみないかと持ちかける。しかし、死んだ牙ではろくな刀が打てないと灰刃坊が言うので、殺生丸は天生牙を使って悟心鬼をよみがえらせた。3日後、新しい刀を取りに訪れた殺生丸の手下・邪見を灰刃坊は鬼の剣”闘鬼神”を使って斬り殺してしまう。灰刃坊は悟心鬼の怨念を宿した闘鬼神に操られてしまっていたのだ。

まもなく、邪見の死体を発見した殺生丸は再び天生牙の力で邪見を甦らせる。 朔(さく)の夜、月に一度だけ人間になってしまう半妖の犬夜叉の前に闘鬼神に操られた灰刃坊が出現。珊瑚(さんご)は灰刃坊に駆け寄りながら、飛来骨を投げつける。しかし、襲いかかる飛来骨を灰刃坊は闘鬼神で真っ二つに叩き斬る。弥勒は闘鬼神に操られた灰刃坊を倒そうとするが、灰刃坊は頭を割られても絶命せず、なおも犬夜叉に襲いかかろうとする。 灰刃坊の挑発に乗り、妖力のない犬夜叉が灰刃坊に立ち向かおうとした瞬間、直した鉄砕牙を持った刀々斎が到着。朔の夜も明け妖力を回復した犬夜叉は鉄砕牙を持って闘おうとする。だが、直した鉄砕牙はとてつもない重い刀になっていた。

第45話 「殺生丸、關鬼神を振るう」

犬夜叉を襲った灰刃坊は自ら鍛えた鬼の剣・闘鬼神に取り憑かれていた。しかし、犬夜叉が渾身の力で鉄砕牙を振るうと、その剣圧に耐えきれず消し飛んでしまう。残ったのは依然として邪気を放つ闘鬼神のみ。が、刀々斎ですら触ることができず、犬夜叉の鉄砕牙でも折ることができなかった。

犬夜叉は弥勒たちが反対するのも聞かず、座り込んで剣の真の持ち主が現れるのを待っていた。そんな中、かごめたちは鉄砕牙が犬夜叉の妖怪の血を封じ込める「守り刀」であり、命の危険が迫ったとき、犬夜叉が鉄砕牙を手放すと妖怪に変化してしまうことを犬夜叉に打ち明けるべきかどうかを話し合っていた。だが、冥加だけは犬夜叉が秘密を知ったら鉄砕牙に頼らず自分の爪と牙だけで闘おうとするため、犬夜叉に秘密を教えることを反対する。

一同の心配を察した刀々斎は1人で犬夜叉の元へ近づき隣に座り込んだ。そして鉄砕牙が重くなったのは、折れた部分を直すために犬夜叉の牙をつなぎとして使ったからであると明かし、さらに鉄砕牙を自由に触れるようになったときこそ、父を超えて本当に犬夜叉が強くなれたときだと語る。刀々斎の言葉に気付くところのある犬夜叉は考え込むが、かごめの応援に冷や汗をたらしながらも応える犬夜叉。

そのとき、白々と明け始めた空に暗雲が激しく流れ、雲の向こうから雷鳴がとどろく。闘鬼神の真の持ち主である殺生丸が現れたのだ。殺生丸が毒々しい邪気を放つ闘鬼神の柄を握ると、剣を包む怪しげな邪気が蒸発していくさまが見える。これには刀々斎も驚きを隠せなかった。そして、しばらく前に犬夜叉の血の匂いが変わったことを探るため、殺生丸は闘鬼神を振るい、犬夜叉に襲いかかる。だが、やはり半妖の血の匂いしかないことを確かめると殺生丸は犬夜叉の鉄砕牙を弾き飛ばした。 犬夜叉は丸腰で挑み掛かるが、殺生丸は闘鬼神の剣圧だけで犬夜叉の全身を切り裂き吹き飛ばす。すると犬夜叉の髪が怪しくざわめき、再び妖怪に変化しかけ・・・。

第46話 「獣郎丸と影郎丸」

いつものように犬夜叉の一行は奈落の城を探す旅を続けていた。かごめが四魂のかけらの気配を感じ取ると妖狼族(ようろうぞく)の若頭・鋼牙が突然、現われ、奈落の城の場所を教えろと言う。

しかし、犬夜叉たちも知らないことを悟るとすぐさま去っていった。 一行と別れた鋼牙は、その夜、最猛勝(さいみょうしょう)の群れを見つけ匂いを頼りに森の茂みへと飛び込んでいった。すると奈落の新たな分身に遭遇する。その名は獣郎丸。口には轡をはめられ、両手は鎖でつながれているにもかかわらず、その素早さは鋼牙を凌駕していた。身の危険を察知した鋼牙はすぐに逃走する。 間もなく、犬夜叉も奈落の匂いを嗅ぎつけ、その場へ駆け付けた。そこへ逃走する鋼牙とすれ違いざま、鋼牙を追ってきた獣郎丸と対面。獣郎丸は鋼牙を追おうとするが犬夜叉に気付き、襲いかかる。そこに現われた奈落が獣郎丸の轡と手かせを外した刹那、獣郎丸の手が光の鎌となって奈落の傀儡の首をはねとばした。犬夜叉たちはその見境のなさに驚く。

そして犬夜叉と獣郎丸がぶつかり合った瞬間、獣郎丸の右手がいきなり光の鎌となって伸び、犬夜叉の顔に襲いかかる。 いっぽう、逃走していた鋼牙は妖狼族の手下にかごめの危機を指摘され、慌てて犬夜叉たちの元へ舞い戻る。 獣郎丸の右腕が光の鎌となって自由自在に伸び、続けざまに犬夜叉を襲う。ついに鉄砕牙を抜いた犬夜叉は獣郎丸の右腕を叩き斬ったかに見えた。が、光の鎌に見えたものは小さな妖怪・影郎丸(かげろうまる)。その両手はカマキリのような鎌を持ち、胴体は蛇で顔だけ獣郎丸と瓜二つであった。影郎丸は獣郎丸の腹の中に封印されていたが、轡を外され外に飛び出してきたのだ。獣郎丸は影郎丸の言うことしか聞かず、高速で連携し犬夜叉に攻撃を仕掛ける。

弥勒も風穴で対抗するが、影郎丸の素早さに追いつけない。しかもかごめの後方から影郎丸が両手の鎌を振り上げ襲いかかってきた。そこへ横から鋼牙が飛び出してきてかごめの危機を救う。 かごめを助けた鋼牙は犬夜叉と言い争いながらも獣郎丸と影郎丸の2体の妖怪と闘うが、土中にまで潜る影郎丸に苦戦し・・・。

 

 

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました