劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 の最新情報!ライターコメントと関連作品紹介

映画
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 本予告 2020年10月16日(金)公開
アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

その他の 鬼滅の刃の作品

鬼滅の刃 無料動画視聴方法と見逃し配信
己を滅して鬼を斬れ。人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語
舞台「鬼滅の刃」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT
「舞台「鬼滅の刃」」を今すぐ視聴できます。みどころ・あらすじも併せて確認。DVDをレンタルせずに高画質な動画をみませんか?

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 竈門炭治郎:花江夏樹
  • 竈門禰豆子:鬼頭明里
  • 我妻善逸:下野 紘
  • 嘴平伊之助:松岡禎丞
  • 煉獄杏寿郎:日野 聡

<STAFF>

  • 原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
  • 監督:外崎春雄
  • キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
  • 脚本制作:ufotable
  • サブキャラクターデザイン:佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花
  • プロップデザイン:小山将治
  • コンセプトアート:衛藤功二・矢中勝・樺澤侑里
  • 撮影監督:寺尾優一
  • 3D監督:西脇一樹
  • 色彩設計:大前祐子
  • 編集:神野学
  • 音楽:梶浦由記・椎名豪
  • アニメーション制作:ufotable

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

INTRODUCTION

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 予告編第1弾 2020年10月16日(金)公開

 

2019年4月より放送を開始した
アニメ『鬼滅の刃』。

家族を鬼に殺された少年竈門炭治郎が、
鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、
《鬼殺隊》へ入隊することから
始まる本作は、人と鬼の切ない物語、
鬼気迫る剣戟、そして時折描かれる
コミカルなシーンも人気を博し、
国内のみならず、全世界で
大きな話題となった。

そして2020年、
TVアニメ“竈門炭治郎 立志編”
に続く物語“無限列車編”が、
劇場アニメーションとして描かれる。

炭治郎たちが次に向かうは、
闇を往く《無限列車》。

多くの人が行方不明になっている
この列車を舞台に、
新たな任務が始まる―。

アニメ版の続きとして上映された無限列車編だが、アニメを見ていない人でも分かりやすい内容だったと思う。また、漫画版にもしっかりと則って話が進んでいたことがとても嬉しかった。無限列車では、魘夢と戦うシーンだけでなく列車の中で煉獄杏寿郎や我妻善逸、竈門禰豆子が鬼の一部を人間を守りながら戦うシーンも見ものだった。炭治郎は夢の中で家族と再開し、ずっと幸せな空間の中で居たいという葛藤がかかれておりそれと決別して現実の世界に戻ってくるところも感動した。最も感動したのは、魘夢を倒してからだ。煉獄杏寿郎と猗窩座が火花を散らして戦うシーンから煉獄が猗窩座に倒されてしまうシーン、炭治郎に最後に色々と伝えるシーンが最も感動して泣けるところだった。
20代男性
無限列車の中で起こる鬼との戦いです。鬼に夢から覚めない術を掛けられた炭治郎達は幸せな夢をみせられ現実に戻りたくても戻れない。そんな葛藤、幸せと絶望の中で一つの正しい答えを見つけながらもがくシーンが印象的でした。そして炭治郎、禰豆子、伊之助、善逸の成長ぶりも今回の作品で十分に感じとれました。また柱である煉獄さんから戦う上での強さだけではなく人間的な強さ、優しさ、そして気持ちの持ち方などを彼らは教わる事が出来たと思います。鬼との戦いのシーンではかなり衝撃的なシーンもありますが、今回もそれぞれの型を使って戦うシーンが幾つも出てきますが、その戦いシーンは一言で言うと美しさが感じられます。笑いあり感動ありのあっという間の時間でした。
40代女性
映画を見る際に煉獄さんの本をもらえたので、まずそこに感動しました。初日から予約も取れないかも言われていたので、その漫画本を手にすることができるか不安だったからです。映画の内容は、ジャンプの漫画と変わりなくストーリーは原作に沿ったものでしたが、サウンドの凄さに驚かされました。ものすごくきれいな映像と迫力のある音で感動の連続でした。特に私はねずこが炭治郎に起きてほしくて、頭突きするシーンがとってもかわいくて好きで、ねずこの表情に周りの観客の人たちも笑っていました。煉獄さんが死んでしまうシーンは涙が止まらず、みんな泣いていました。 本当に感動を与えてくれる対策でした。できればアニメだけでなく、またこの映画の続きも見たいと思います。
30代女性
連載が終わってからずっと待ってた映画版。コミックではもう結末はわかっていたけどやっぱり映像で見ると感度も倍。アニメの最終話が列車に乗ったところだったのでどこから始まるんだろうと思っていましたがまさかお館様のシーンからなんて…なんて艶やなんだろう映画館だから見れる艶やかさだった。そしていざかまぼこ隊列車に乗車!煉獄さんの「うまい!うまい!」って声大きすぎ笑何両も先まで聞こえてるってどんだけ大きな声なの笑そして話をすぐぶった切る。話が続かない笑切符を切られてかまぼこ隊と煉獄さんは夢の中へ。みんないい夢を見てるんだよな。夢の中の内容はいっぱいあるけど長くなるので割合して、少し残念だったのは千寿郎の声はもう少し幼い声が良かったなかっこ良すぎた。寝てる炭次郎を起こそうとする禰豆子は可愛かった。魘夢と戦うシーンでは伊之助と炭次郎がかなり活躍していたな。魘夢の声はすごい記憶に残る声で落ちていく夢の中へというセリフは特にすごい残ってる。やっと魘夢を倒したあと「あ、ついに来てしまう。一番見たくないシーンが」と目を瞑りたくなってしまいましたが煉獄さんの最後の任務はこの目に焼き付けなければと涙を堪えて見ました。善逸がいう通りなんで猗窩座が来るんだよ。魘夢だけでいいじゃん。涙止まりませんでした。だってあんなに俺様感ある伊之助だって泣いてるんだもん。映画が終わりになるにつれて涙が止まらない映画です。久しぶりにすごい泣きました。ただ欲を言うなれば千寿郎のもとへ炭次郎が行くシーンまで見たかったなと思ってしまいました。でも無限列車編はぜひ映画館で見て欲しい。戦闘シーンの迫力や呼吸のシーンの鮮やかな色。見入ってあっという間に終わってしまいます。映画館で見ることをお勧めします!非常に最高の作品です!
20代女性

 

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

コメント

タイトルとURLをコピーしました