【君の膵臓をたべたい(アニメ映画)】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
FOD

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 「僕」:高杉真宙
  • 山内桜良:Lynn
  • 恭子:藤井ゆきよ
  • 隆弘:内田雄馬
  • ガム君:福島潤
  • 「僕」の母:田中敦子
  • 「僕」の父:三木眞一郎
  • 桜良の母:和久井映見

<STAFF>

  • 原作:住野よる
  • 原作イラスト:loundraw
  • 監督・脚本:牛嶋新一郎
  • キャラクターデザイン・総作画監督:岡 勇一
  • 音楽:世武裕子
  • アニメーションプロデューサー:三田圭志
  • アニメーション制作:スタジオヴォルン
  • 製作:君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

©住野よる/双葉社 ©君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

あらすじ

高校生の「僕」は病院の待合室で、一冊の文庫本を拾う。

その本は、同級生の山内桜良が
密かにつづっていた日記帳だった。

日記の中身を目にした「僕」に、
桜良は自分が膵臓の病気で
余命いくばくもないことを告げる。

それは、家族と医師以外には
病気を隠している彼女にとってただひとり、
秘密を共有する相手ができた瞬間だった。

最期の日が訪れるまで、
これまで通りの日常生活を送りながら、
やりたいことをやり、
精一杯人生を楽しもうとする桜良。

そんな彼女に振り回され、
「僕」の心は少しずつ変化していく。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る

(レンタル配信)
初回2週間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

原作と実写映画は未チェックなので比較はできませんが、作品タイトルには驚きますが、内容的には病と戦う主人公とヒロインの切ない日常系の話で、観ていて自然と感動していく構成だなっと感じました。主役を演じた高杉真宙氏は所謂本業の声優ではないため、賛否ありそうなところですが、個人的には結構頑張っていたほうだと感じられました。所謂「感動もの」というとここでお涙頂戴というシチュエーションになる作品が多い印象ですが、本作はどちらかと言えば感情で魅せる形で、それが顕著なのはヒロインの桜良で、余命宣告を受けて暗く沈みがちになるところなのに、それを吹き飛ばすくらいの明るく元気に振る舞う健気な姿にはつい心を突き動かされましたね。
30代男性
まずは、この映画のタイトル「君の膵臓を食べたい」にくぎ付けになりました。かなり衝撃的な題名ですが、見終わると意味が分かりました。山内桜良が、膵臓の病気を治して、生きて旅にまた出かけたかったのだろうと思うと本当に悲しくなります。ですが、彼女は主人公の前では悲しい素振りを一切見せなかったのが、さらに泣けてきます。当たり前に生きていることは、当たり前ではないのだと痛感しました。桜良の死に方も予想と違い過ぎて、見終わった後すぐは戸惑い過ぎて呆然としましたが、生きることの尊さを表現しているのだと、今になってわかりました。愛する人との時間を大切にしないといけないと思わせてくれる素晴らしい映画でした。
10代男性
桜良ちゃんが僕と一緒に花火を見ているシーンがあります。桜良ちゃんの死はもうすぐそこまで迫っていて、僕と一緒に過ごせる時間もあまり長くありません。僕と桜良ちゃんは互いの存在を確かめるかのように固く抱きしめ合います。こんなにも初々しくて思い合っている二人なのに、死が二人の仲を引き裂こうとするなんて現実はなんて残酷なんだろうと思いました。色々な作品に触れてきましたが、特に病気がなく健康な男女のカップルはつまらないことですぐに別れてしまいますが、死が身近に迫っている人と思いを通じ合った時は、なにか本能のようなモノが働いて情熱的に相手を求めるようになるのかな..とそんな場違いな感想をこのシーンを見て感じました。
30代男性
膵臓の病気によって余命宣告を受けた桜良が、僕だけに秘密を明かして残りの人生をやりたいことだけで過ごそうとする前向きな言動に心を打たれる作品です。命の終着点がわかっているため、彼女にとってはいかに後悔なく楽しく過ごせるかを常に考えているところは精神が強いと思いました。一緒に買い物へ行ったり、遠くへ旅行へ行ったりと普通の人と同じように過ごしていますが、後何日か後にはいなくなってしまうんだということをふと思い出して辛くなる僕に共感するばかりです。彼女の笑顔を失いたくないと想いが強くなり、膵臓を食べたいと思うまで心境の変化が見られるようになり、難病と向き合っていくのはこんなにも大変なことなんだなと感じさせられました。臓器移植とは何か、病との戦い方や病人との接し方はどうあるべきかなど、これからの人生で必要な大切なことをたくさん教えてくれた素晴らしい作品です。
20代男性
僕と桜良ちゃんが二人きりで、真実か挑戦かのゲームを行うシーンが印象深かったです。真実か挑戦かと聞かれた人は、真実かあるいは挑戦と答えなければなりません。真実と答えたら、次の問いに対して自分の真の気持ちを答え、挑戦と答えれば相手の言うことを一つ聞かなければなりません。最初は10代の初々しい男女のやりとりや、他愛もないのろけ話が続くのですがゲームの最後になり、桜良ちゃんの問いに対して僕は真実と答えます。すると桜良ちゃんは私は本当は死にたくないと言ったら..どうする?と自分の気持ちを吐き出します。僕は桜良ちゃんに答えることができずに、挑戦を選び逃れられない現実から目をそらします。桜良ちゃんは私と一緒の布団で寝なさいと言って僕と桜良ちゃんは一緒の布団で眠りにつきました。死が身近に迫った人と接すると何気ない瞬間も、一瞬で張り詰めた空気になるのだなと印象に残ったシーンでした。
30代男性
この作品のヒロイン・桜良は、膵臓の病気で余命いくばくもないのですが、もともと天真爛漫なこともありクラスでも人気者。一方、主人公の「僕」は、他人に関心がなく一人で本を読むことが好きなちょっと変わった高校生。そんな真逆な二人がとある病院で出会い、「僕」は『共病文庫』をきっかけに桜良の秘密を知ることになります。そして、「僕」の桜良に振り回される生活がスタートするのです。ホルモンを食べに行ったり、喫茶店に行ったり、はたまた福岡まで泊りがけでラーメンを食べに行ったりと、私なら軽くキレてしまうかも知れませんが、なぜか「僕」はけっこう楽しんでいるようにみえます。この時点で、すでに「僕」は彼女に対して興味以上の感情を抱いていたのではないでしょうか。夜中に病院を抜け出して、二人で花火を見るシーンは特に好きです。「自らが選択し続けて二人は出会ったんだよ」と「僕」に語りかける桜良に、自分の本当の気持ちを思い知らされる「僕」――このままハッピーエンドで終わってくれればいいのにと、無理とは分かっていてもそう願わずにはいられませんでした。ところが、そんな二人の関係も、暴漢の凶行で呆気ない最後を迎えてしまうのです。きっと、桜良は寿命が尽きる最後のときまで精一杯生きたかったと思います。そして、「僕」も、そんな桜良を精一杯支え続けたかったのではないでしょうか。あなたの“気になる人”が、もしも不治の病に犯されていたら、あなたはその人とどう生きていきますか?――そんなことを深く考えさせてくれるとても良い作品です。
60代男性
主人公の僕と膵臓の病気を患っている桜良ちゃんのお話です。病院を退院した桜良ちゃんが、通り魔に刺されて殺されてしまう最期に驚愕しました。僕は桜良ちゃんが殺されてしまったことに茫然としていますが、どのみち桜良ちゃんは膵臓の病気を患っていて長くはありませんでした。膵臓の病気は本当に悲惨でどんどんと弱っていって苦しみの中で死んでしまうので、見方としては割とすんなり死ぬことができてハッピーエンドなのかもしれません。病気で衰弱して苦しみながら死んでいくのがよいのか、ある日突然通り魔に刺殺されてあっけなく死んでしまうほうが楽で幸せな死に方なのか?となんだか考えさせられる結末でした。健康に気をつけて生きていこうと思いました。
30代男性
二人は全く反対で、さくらはあと少しでいいので一緒にいて欲しいと言う言葉が重たいです。自分が死んだらということをいつも言うさくら。約束をするシーンが印象的です。君は本当に死ぬのかということを聞く時に明るくでも悲しくどうとっていいのか分からない表情の彼女がとてもかわいそうです。アニメなのですが、とても綺麗な絵で本当の空とか、花火の感じが迫力があります。今日も死ぬ前に行きたいところがあるというさくら。こんな明るいいい方が凄いです。誰かと心を持ち寄り繋がるということが大切なのだと思いました。男性の気持ちが辛いです。好きな女性を失うということがこんなにも辛く悲しいことだとはアニメで感じることが出来ました。絵が綺麗であればあるほど切ないです。
40代女性
タイトルから衝撃的な映画でした。見終わった後にはなぜそのタイトルなのかわかるのですっきりします。ヒロインが病気という話はよくあるのですが、病気ではなく通り魔によって人生が終わってしまうという展開がまさかすぎました。重い病気だったため普通の人よりもヒロインは死に対して考えることが多かったと思います。それでもまだもう少しは生きれると思っていたはずです。私も改めて今日死んでもおかしくない、だから悔いが残らないような日々を過ごして、自分の周りの人を大切にしたいなと思いました。また数年たったあとに、学校の図書館から書いた手紙が見つかって、ヒロインの想いを知るのは悲しくもありますが、知ることができてよかったとも思います。原作ではなく映画の見どころとしては、北川景子さんの花嫁姿がとても綺麗なので、見る価値ありです。
20代女性
このアニメの感想といたしましては、声優さんがすごく豪華でそこがまずは良かったです。主人公の男の子を演じていらっしゃる方はすごくかっこいい男の子を演じることが多い人であり、すごく声がききやすくて素敵でした。また、ストーリーも生きるということを考えされられるようなストーリー性でありとても面白かったです。ストーリーといたしましては、病院で偶然遭遇した一冊の本をきっかけにその本の所有者である女の子と生きることについて考えていくのですが、その矢先に女の子が殺害されるというストーリーなのですが、生きることを主人公は真面目に捉えていたのですごく自分が情けなくなりました。また、寿命が女の子が決まっているにもかかわらず恐れてなかったのがびっくりしました。
20代男性
残った命の時間が決まった状態で、ヒロインが主人公に迫り、深い仲になるという展開が一見残酷なようでしたが、冷めた主人公が友情や愛情を知って人間らしくなっていく姿を捉えたのは良かったです。ヒロインを演じたLynnさんの元気で可愛い声が輪をかけてヒロインを良く見せる要素となったと思います。ややストーカーのようにしてヒロインにつきまとい、主人公を殴った同級生男子の存在が痛々しいものでした。人の歪んだ感情、本気の愛扱った深い人間ドラマがみれました。メインの男女二人が旅行に行ってお泊りする展開は楽しそうで、なおかつドキドキしました。ホテルで行ったゲームは珍しいもので印象的でした。ヒロインの死を越え、他人に寄り添うことを覚えて成長していく主人公を描く最後までの流れが好きでした。
30代男性
闘病者はたいてい本人の苦しいとか悲しいとかの心理状態と周りの人の苦悩を中心に描かれるものが多いのですが、この作品は闘病している本人が一番明るく、むしろ闘病している本人に関わる男の子のほうがある意味、根暗で人生をつまらないものとして生きているように描かれています。そういった点でも他の病気系の作品とは視点が違い新しい発見があります。闘病している女の子の自由奔放な性格・行動に巻き込まれていくうちに自分の隠されていた思いに徐々に気がついていくのも切ないところです。最後は病気が原因で週末を迎える・・のではないこれもまた良くも悪くもあっと思わさせる結末でした。とてもストーリが工夫されている作品だと感じました。
30代女性
1人の平凡な高校生が肝臓に病気を持った女の子と出会うことによって始まるその物語には、自分には予想できない展開ばかりで驚かされました。主人公が桜良に振り回されながらも、だんだんと心を開いていくその姿には彼としても彼女に心を寄せていってるのだなと感じました。この作品は、悲しい作品だという印象が強かったのですが、実際に見てみるとそんなイメージではありませんでした。桜良が病気で余命があまりないという状況でありながらも、楽しそうに日々を過ごす姿はとてもたくましく見えるし、そんな彼女を見ていると余命が宣告されているとは思えないぐらいに彼女は楽しそうに生きているのです。桜良の姿勢には主人公だけでなく自分も影響されました。
20代男性
映画版の「君の膵臓を食べたい」と比べ、春樹の声に少し棒読みだなぁ。という印象を抱いたのが本音でした。作品自体は何度見ても良いものであることに間違いありません。桜良が、春樹の元々内気だった性格を変えられて行く姿や、変わっていくにつれて心開きながら桜良の病気に真っ正面から向き合う春樹を見て、羨望の眼差しを向けるシーンが多々ありました。それだけに、桜良の最期はあまりに残酷で、春樹の気持ちを考えると涙が溢れて止まりませんでした。また、実写版と違い、アニメ映画の方には最後に春樹と恭子が桜良のお墓参りに行くシーンがあったところが印象に残りました。小説、実写版映画、アニメ映画と、全て見ましたが、アニメ映画が一番良かったなとおもいます。
10代男性
この作品は、一般にあり得そうな設定の男女の間に生まれる不思議で切ない内容でした。主人公は、完治しない病気をまだ高校生で患っているのにも関わらず、精一杯高校生活を楽しんでいるし笑顔で生活できて本当にすごいと思いました。私だったら現実は変えられないと分かっていながらも暗く生きてしまうだろうと思いました。主人公が毎日日記を残していて、クラスの気になる男性にわざと拾わせるようにした事は可愛らしいと思いました。君の膵臓を食べたいという表現は最後に改めて見ることで感情を奮い立たせます。普段は明るくてムードメーカーな主人公が、その男性だけには打ち明ける言葉の重みが強く突き刺さってきて、嫌な事があろうとも前を向いて明るく生きていこうと強く思う事が出来た作品でした。
20代女性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました