ディズニーアニメ【ピーターパン】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

ディズニー

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • ピーター・パン:ボビー・ドリスコール/岩田光央
  • ウェンディ:キャサリン・ボーモント/渕崎ゆり子(台詞)、鈴木佐江子(歌)
  • フック船長:ハンス・コンリード/大塚周夫
  • ジョン:ポール・コリンズ/池田真
  • マイケル:トミー・ラスク/鈴木一輝
  • スミー:ビル・トンプソン/熊倉一雄
  • タイガー・リリー:勝田治美

<STAFF>

  • 製作:ウォルト・ディズニー
  • 原作:ジェームズ・M・バリー
  • 監督:ハミルトン・ラスク、クライド・ジェロニミ、ウィルフレッド・ジャクソン
  • 脚本:テッド・シアーズ、アードマン・ペナー
  • アニメーション監督:ミルト・カール、ウルフガング・ライザーマン、フランク・トーマス、ウォード・キンボール、オリー・ジョンストン、マーク・デイビス、エリック・ラーソン、レス・クラーク、ジョン・ラウンズベリー
  • 特殊効果:アブ・アイワークス
  • 音楽:オリバー・ウォレス
  • 歌曲:サミー・フェイン、サミー・カーン、オリバー・ウォレス、フランク・チャーチル

 

あらすじ

作品紹介

ロンドンに住む女の子ウェンディと二人の弟たちは、
おとぎ話に登場する憧れの主人公ピーター・パンに誘われて、
大人にならなくてもいい夢の島“ネバーランド”に旅立ちます。

ティンカー・ベルの妖精の粉を振りかけ、
夜空に飛び出して、さあ“ネバーランド”へ!

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
1ヶ月間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

ディズニーならではのファンタジーが詰まった代表作だと思います。みんなで空を飛んでネバーランドへ行くシーンがとても綺麗で大好きです。子供たちも真剣に見入っていて、ティンカーベルが出す空を飛べるようになる魔法の粉を自分にもかけてほしいと、ずっと言っています。ウェンディに対するティンカーベルのヤキモチを妬いていじわるするシーンが可愛くて大好きです。ピーターパンとフック船長の戦ってる姿もかっこよくて好きです。フック船長がワニを怖がっているシーンは何度見えも面白くて笑ってしまいます。子供はもちろん、大人が見ても夢がありとても楽しめる映画だと思います。童心に返って見ることができます。面白ろおかしく描かれていて、何度見ても飽きません。
30代女性
小学生の頃にビデオで作品を観ました。最初はウェンディがピーターパンの影を捕まえて引き出しに入れておいたと聞いたときは、え?本当に?と疑ってしまいましたが、本当に引き出しに入っていたしピーターパンが取っ組み合いしてた時には本当に驚きました。それもテンションの高いウェンディが針と糸で影をくっつけているのはとてもインパクトがあります。ピーターパンの引きつった表情は可愛かったです。ネバーランドへ向かうときなども空を飛んで行くなんてすごいと思ったのとティンカーベルが可愛いし、空飛べるなら欲しいと思ってしまったことを覚えています。あとはやっぱりフック船長です。クロコダイルが出た瞬間にスミーちょっと甘えているのも面白いですが、逃げるときの海の上を走っている姿はある意味ピーターパンより最強なのではないのか思いました。
20代女性
ずっと子供のままで遊んでいられるピーターパンの世界はとても魅力的だけど、大人になることにも意味があるんだと思わせてくれる作品でした。とても夢のある展開で、いろんなシーンで心が躍りました。特に印象に残っているのが、フック船長たちとの戦いです。ウェンディたちがワニのいる海へ飛び込みさせられそうになっているのをピーターパンが華麗に助け出す姿にはとてもワクワクさせられました。フック船長、スミー、ワニのキャラクターもとてもコミカルに描かれていて笑えたし、とても楽しかったです。また、ティンカーベルの嫉妬などの心の葛藤も共感できるところが多かったなと思います。一度は裏切ったけれど、命をかけて守ろうとするシーンはとても泣けました。
30代女性
ピーターパンは、子供だけでなく大人にも夢や希望を与えてくれる映画でした。子供の頃はいろんな夢があり、この世の中の汚い部分が見えていなくて、純粋な心を持っていてどんなことも信じられたし、どんなこともすごいと思ったり綺麗だなと思えたり、素直で純粋な心をもっていたことを大人の自分に思い出させてくれました。ピーターパンのように空を飛びたいと大人の私でも思いましたし、おとぎ話だからありえないとかではなくて、何かを信じることが大事なんだということ、また、人間いつまでもピュアな心を持っていることが大事だということ、どんな試練があっても諦めずに乗り越えることが大事なんだということを学びました。なんだか懐かしい気持ちになり嬉しかったです。
20代女性
子供の頃はただピーターパンをカッコいいと思う作品でしたが、大人になってから見たときはフック船長のキャラクターに魅力を感じました。ワニに食べられないように必死に逃げる姿にハラハラする反面、動きがコミカルでクスッと笑ってしまいます。ミスター・スミーとのやり取りも最高です。また、ティンカー・ベルのやきもち焼きな所も非常に魅力的。ウェンディが母親のようなイメージな一方で、ティンクには今どきの女性の可愛らしさを感じました。作品全体は冒険ファンタジーで夢が詰まっています。もしかしたらピーターパンがどこかにいるかもなんて、見終わったあとには夜空を眺めたくなりました。いつまでも夢見る気持ちを大切にしていきたいと思える作品です。
30代女性
大人になりたくない、ずっと子供でいたい、と思った経験は誰にでもあるのではないかと思います。私も、夜になったらピーターパンがやってこないかな、と考えたことがあります。ネバーランドは子供にとっても大人にとっても、特別な場所だと思います。それだけに、ウェンディたちがロンドンの空を飛び、ピーターとネバーランドへ向かうシーンはとても幻想的で素敵です。ティンカーベルの粉を振りかけたら飛べるんだ、と小さい頃はとても憧れた場面でもあります。また、ティンカーベルのウェンディに対する嫉妬心も、昔は理解しきれず、何だか怖いと感じていました。しかし今考えると、意地悪はよくないものの、ティンカーベルの気持ちもわからなくはないと思うようになりました。金色の髪や緑の服など、可愛い要素が詰まっていて、ビジュアル的にも好きなキャラです。他にもフック船長やワニといった個性的な登場人物が出てきて、子供たちの冒険にハラハラドキドキさせられます。もしできるなら、やっぱり一度はネバーランドに行ってみたいと今でも思います。
20代女性
大人になってから観るピーターパンは、なかなか考えさせられるものがありました。特にウェンディの葛藤には感情移入せずにはいられません。誰もが大人になる過程で感じる思いを夢あふれる世界で表現されています。ウェンディとは対極にいるピーターパンの奔放さ、ピーターパンの仲間である迷子たち。冒険の一つ一つがとてもワクワクしました。一方ネバーランドは子どもの世界なのだと思っていましたが、インディアンの酋長やフック船長、海賊たちなど、結構大人が登場しています。何らかの象徴としてのキャラクターなのでしょうか。最後のシーンのお父さんとお母さんがウェンディ達が語るネバーランドやピーターパンの話を感慨深く聞いているシーンもとても良かったです。
30代女性
童心に戻れる作品です。子供部屋から移されてしまうという大人にとっては小さな変化でも子供にとっては大きな変化になくウェンディを見て、小さい頃を思い出しました。また、ピーターパンと出会い、空を飛んだり、冒険をしたり、常に楽しそうなネバーランドに憧れてしまいます。ピーターパンがあまりにもカッコイイので、ティンカーベルやウェンディが彼を好きになる気持ちも理解できます。魅力的なキャラクターは彼だけではありません。悪役として出てくるフック船長も抜けているところがあり、憎めない素敵なキャラクターです。スミスやワニとの掛け合いが面白く笑顔になれます。また、映像が綺麗でティンカーベルのキラキラした感じがとても美しかったです。子供たちが冒険の際に口ずさんでいる歌も明るく楽しい曲なので見ているこちらも楽しい気持ちになれます。
20代女性
ピーターパンとティンカーベルがウェンディ、ジョン、マイケルをネバーランドへ連れて行くお話。「信じれば夢は叶う」「夢を信じる心が大事」ということを教えてくれた作品だと思います。ピーターパンの曲といえば、「You can fly! You can fly! You can fly!」。この曲が流れているシーンは、寝室から飛んでネバーランドへと向かう所。この時の夜のロンドンの描写はとても綺麗で、空飛ぶ子どもたちが颯爽と飛ぶシーンは子どもたちのワクワク感等を素敵に描かれています。この物語のテーマの一つに、「子どもから大人へと成長する葛藤」が描かれています。ウエンディが最後、大人になることを決意します。大人になると夢を諦めないと行けないのではなく、信じれば夢は叶う。その夢を信じる気持ちを持ち続くけることが大切であることに気づく。それがこの物語の伝えたいことだと感じます。
20代女性
ウェンディのパパがほったらかしにされていて、みんなが犬のナナをかわいそうにと言っていておもしろかったです。空を飛ぶシーンは、夢を見ているようで感情移入できて感激しました。ネバーランド、あったらいいな、と思いました。でも、案外そんなにいい場所じゃなくて、少しがっかりしました。ただ、ピーターパンがウェンディを助けるところはとても嬉しかったです。フック船長がワニに弱くて、恐れ慄いているシーンは、おもしろくて爆笑しました。ティンカーベルがフック船長の味方になったのは、複雑で少し悲しかったです。でもそのティンカーベルをピーターパンが助けて、ピーターパンの優しさに感動しました。最後、ウェンディたちが家に帰れてほっとしました。
30代女性
ネバーランドに住むピーターパン、愛嬌のある仲間たちがロンドンの街を見下ろしながら飛ぶシーンはとても綺麗です。人気者のピーターパンはフック船長から人魚姫を助けたり、ワニでフック船長をやっつけてたりとワクワクします。また、ピーターパンのお供をしている妖精のティンカーベルがウェンディに対して女の子として焼きもちをやいてるのも面白いです。インディアンの世界もでてきて世界を旅しているような気分になります。キャラクターの衣装もカラフルで映像も明るく、また音楽もノリノリで楽しめます。「何かを信じる」という大切さを教えてくれます。子供にとってはとても楽しいお話ですが、大人になると大切なものを再び教えてくれるような少しドキッとするようなストーリーかもしれません。
20代女性
ディズニーを代表する冒険映画です。実写化されたりしていますが、やはりオリジナルの映画が一番です。子供のころ、私のところにもピーターパンが遊びに来ないかなあ、なんて思っていたことを思い出します。ピーターパンがウェンディーたちの部屋を訪れ、ティンカーベルの魔法の粉をかけられ、みんなで大空へはばたくシーンは、BGMも相まってとてもワクワクします。ずっと子供でいられるネバーランドになぜ大人のフック船長がいるんだろうと、子供ながら不思議に思っていました(笑)。ティンカーベルがウェンディーに嫉妬する様子が可愛いです。ピーターパンが子供っぽい所もありますが、フック船長と戦うシーンはかっこいいんですよね。ウェンディーとピーターパンが、最後お別れするシーンはなんだか切ない気持ちになります。大人から子供まで楽しめる名作映画だと思います。
20代女性
ずっと子供でいられる国、ネバーランドへ冒険にでるストーリーです。好きなシーンは最初お部屋にピーターがやってきて飛び方を教えるシーン、最初から食べるわけもなくベッドの上でバタバタしています。そこで妖精の粉をかけるのですがこの粉がきらきらで素敵なんです。そうするとふわふわと飛べるようになります。ここで流れる有名なユーキャンフライが大好きです。そのあとインディアンに追いかけられるところがあるのですがそこは子供の頃すごく怖かったのを覚えています。また人魚にウェンディがいじめられるシーンはピーターパンは女心がわからないなぁと一緒に見ていた姉妹たちとよく野次を飛ばしていました。その後タイガーリリーを救い出しインディアンのボスに褒め称えられるシーンがあるのですが、手話のようなジェスチャーで会話します。これが大好きでよく小さい頃真似して遊んでいました。最初は怖かったインディアンも仲間になると頼もしいです。ウェンディたちがフック船長に捕まってしまい海に落とされそうなシーンもハラハラしますがピーターパンが助けてくれます。ここはすごく男らしくとてもカッコいいです。結局ワニに追われてフック船長は負けてしまうのですが、ちょっとかわいそう…最後は無事お家に帰ることができます。大人になりたがらなかったウェンディも決心し、頼もしい大人の女性になっていきます。大人になるってなんなのか難しいけどぜひお子さんには見てもらいたい作品です。
20代女性
ずっと大人にならない国、ネバーランド。一度は誰もが憧れたと思います。私もたまに子供の頃に戻れたらなと思うことがあるので、そのときにはピーターパンをよく見ています。ピーターパンと仲良くなったウェンディに嫉妬して、いじわるをするティンカーベルがとてもかわいいです。「ピーターパン」に登場するティンカーベルはことばを発しないのですが、表情やしぐさからなんとなく何を考えているのかが伝わってきて、すごいなと思います。敵であるフック船長が自分の手を食べたことで味を占めたワニを怖がっているという弱点があるところがほほえましく、ワニのおなかから「チクタクチクタク」と時計の音が鳴るシーンは私までドキドキしていました。
20代女性
子供の頃この作品を見て何度も自分も妖精の粉があったら飛べないかなと思ったものです。ピーターパンの作品には大好きなキャラクターがいっぱい出ています。ウエンディ、ジョン、マイケルの姉弟には子守犬のナナがいて、そのナナが大好きです。子供達のことをいつも心配していてお薬もあげようとしたり、ウエンディたちがピーターパンと飛んで行ってしまうシーンではマイケルがナナを連れて行こうとティンカーベルの妖精の粉をナナにもかけますがナナは外で鎖に繋がれているので一緒に行けず手を振って見送ります。その姿が心配そうで悲しそうな感じでなんとも言えず好きなシーンです。ピーターパンの見所はフック船長との対決と、ピーターパンが好きなティンカーベルとウエンディとタイガーリリーのヤキモチ合戦が見てて面白いです。
30代女性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました