ディズニーアニメ【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

ディズニー

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • ジャック・スケリントン(歌):ダニー・エルフマン/市村正親
  • ジャック・スケリントン(声):クリス・サランドン/市村正親
  • サリー:キャサリン・オハラ/土居裕子
  • フィンケルスタイン博士:ウィリアム・ヒッキー/三ツ矢雄二
  • 町長:グレン・シャディックス/大平透
  • ロック:ポール・ルーベンス/園岡新太郎
  • ショック:キャサリン・オハラ/土居裕子
  • バレル:ダニー・エルフマン/松沢重雄
  • ウギー・ブギー:ケン・ペイジ/小林アトム
  • サンタクロース:エド・アイヴォリー/永江智明

<STAFF>

  • 原案・キャラクター設定:ティム・バートン
  • 製作:ティム・バートン、デニーズ・ディ・ノービ
  • 監督:ヘンリー・セリック
  • 脚色:マイケル・マクドウェル
  • 脚本:キャロライン・トンプソン
  • 撮影:ピート・コザチク
  • 美術:ディーン・テイラー
  • 編集:スタン・ウェッブ
  • アニメーション監修:エリック・レイトン
  • 音楽作詞・作曲&オリジナル・スコア:ダニー・エルフマン

 

あらすじ

ハロウィン・タウン。

それは年に一度のハロウィンのお祭りを
人間界へ送り出す不思議な町。

しかし、この町の人気者“カボチャ王”ことジャックは、
毎年同じように繰り返される
ハロウィンの準備にうんざりしていた。

ある日、ジャックは森の中で奇妙な扉を見つける。

そのひとつを開いてみると、
そこはハロウィン・タウンとはまったく別の、
陽気で明るいクリスマス・タウンだった。

一面の銀世界にピカピカ光るライト、
心はずむケーキやツリー、そして優しい人たち。

たちまち、その初めての世界に魅せられたジャックは、
彼に想いを寄せるつぎはぎ人形サリーの心配をよそに、
自分流のクリスマスを計画する。

ジャックが夢見たハロウィン風クリスマスとは…?

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
初回2週間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

小学校高学年の頃から今でも毎年ハロウィンもしくはクリスマスの時期に欠かさず見ています。何度見ていてもオープニングの曲が流れるだけでワクワクしてしまいます。子供の頃見ていた時はハロウィンの話なのかクリスマスの話なのかもわからず、ディズニー作品とは思えない子供には少し不気味な登場人物たちですが惹きつけられてしまう映像とミュージカル風にセリフ調で登場人物が歌う歌が面白くて家族そろって毎年見るのが恒例でした。好きな登場人物はとにかく周りがしっかり見えていて優しく、主人公ジャックのことを一途に想うサリーという女の子です。そして他にも面白くて好きなキャラクターが主人公の敵役ブギーの手下?の悪ガキ3人組です。なかなかの悪いことをしているのですが憎めないキャラと、サンタクロースを誘拐する計画を立てながらルンルンでボスの元に帰る時の歌が耳に残ります。とにかく大好きなディズニー映画の1つであり、ハロウィンの時期になるとディズニーランドもナイトメアー使用になるのでどうしてもその時期になると行きたくなります。子供がまだ小さく一緒に見れていませんが、もう少し大きくなったら私が子供時代から恒例だったように家族で毎年見ていきたいなぁと思っています。
30代女性
子供が大好きで、何度も何度も繰り返し観るディズニー映画の一つです。幼児にとって少し怖い部分があるみたいですが、それでも観ていくうちにはまってしまうみたいです。怖い部分と言っても、ストーリーや登場人物自体がハロウィン関係なので薄暗く、少し低い音程やメロディーで始まる所だけだと思います。子供はなぜか非現実的なもののほうが関心が強いようで、目を離さず真剣に見入っています。内容は自分とは全く違う部分に惹かれて勘違いをして、失敗をして、そして気づくことも多いストーリーです。私は内容よりもその映像と音楽に惹かれました。ジャックがサンタクロースになって、みんなを喜ばせたいという気持ちがあることに少しほっこりしました。ハロウィンやクリスマス間近に観たくなる作品だと思います。
30代女性
ハロウィンからクリスマスにかけて見たくなる作品です。ハロウィンの驚かせ役の主役を務めるジャックはなにか新しいことをしようと考えます、悩んで森を歩いてると不思議な扉を見つけるのですがその先でみたクリスマスの世界に憧れを持ち、自分たちもクリスマスをしようと計画、根っからのハロウィン体質なので基本プレゼントは怖いおもちゃ…恋人のサリーも不安になります。子供が見るにはちょっと怖いかもしれません。ミュージカルアニメーションなのでいろんな曲がたくさん流れます。この曲が全部よくてすごく好きです。あのハロウィン独特な曲調がワクワクしてきます。ブギーの手下の3人が不気味ながらも可愛いです。その3人の曲が特に好きでブギーにサンタクロースをプレゼントしようと歌うところで流れます。ジャックが実際にクリスマスの世界でサンタクロース役を買ってでるところはどんどん恐怖に包まれていく世界にハラハラさせられます。そこで失敗してしまいジャックはサンタクロース本人にしか務まらないんだと知り、サンタクロースを助けに行きます。この囚われているブギーの館で戦うのですが、その部屋がまたルーレットのような世界ですごく可愛いです。最後はちょっとブギーの倒れ方が気持ち悪いですが…。一途に思い続けるサリーも可愛いくて大好きです。ストップモーションで作られている作品なのでそこも注目してみるといろんな楽しみ方が出来るかと思います。
20代女性
私が「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」で好きなシーンは、OPのシーンと全編を通してのストップモーションアニメの動きが好きです。なぜなら手書きのアニメや最新の3Dアニメと違い、実際にある人形を少しづつ動かす技法は、私が知っているディズニー作品ではナイトメアしかしらないのでとても異色作に感じ、1993年に公開されましたが未だに古臭さを感じないのは素晴らしいと思います。近年はグッズ化もされていてディズニーランドでも認知されてきたのは嬉しいですが個人的には続編や外伝作を一番見たい作品です。この作品の一番人気なポイントはダークな雰囲気にデフォルムされたキャラ達が魅力だと思います。主人公のジャックは人間の骨をデフォルメしているキャラですがとても可愛くヒロインのサリーもゾンビやフランケンシュタインのようなキャラですが、女性キャラの独特な曲線美とおしとやかな性格が好きで、物語終盤のジャックを助けるとあるシーンもセクシーでドキッとしました。
30代男性
この作品は、クリスマスを舞台とした物語ですね。主人公のジャックが本当の愛というものに気づいていく様子を見ながら楽しませてもらいました。愛と無縁の世界で育っていた男の子が主人公なわけですが、とても共感できる内容が多かったイメージですね。周りの誰からも優しさを注いでもらえなかったジャックが心のどこかに寂しさを抱えているように感じましたし、彼が自分の過ちに気付いた時には初めて愛というものを体験したからなのだろうとジャックに共感しました。この作品は、ダニーエルフマンが音楽を担当していたのですが、本当に心躍るような音楽でした。そのキャラクターの気持ちをうまく表現しているのが感じられて喜怒哀楽を表現した歌だなと思いました。
20代男性
ティムバートンの世界観大爆発といった感じで、ダークさとファンシーさどちらもバランスよく表現している最高のアニメーションでした。キャラクターひとりひとりのデザインがめちゃくちゃ可愛くてストップモーションだからこそできる物理的な質感だったり、光の表現の仕方がとても綺麗でした。全てのシーンを一コマ一コマ撮影してるなんて信じられないし数え切れないほどの人形たちがいるんだと思うととても考えられません。作中の歌も全て楽しいものばかりで、なかでも『サンディクローズを探せ』はキンキンした音階と不協和音とポップなメロディと組み合わせがすきで特にお気に入りの歌になりました。ハロウィンからクリスマスにかけての間にまた見直したい作品です。
20代女性
ディズニーアニメの中でも特に大好きな作品です。季節感があり、クリスマスやハロウィンの季節には必ず見返してしまいます。ティム・バートン監督特有のダークなイメージが強い作品ですが、ディズニーらしい歌と躍りがとてもマッチしていて何度見ても飽きが来ないです。日本語版でしか見たことがありませんが、日本語の歌詞はついつい口ずさんでしまいます。キャラクターも個性的で、主人公のジャックは可愛らしい表情を見せながらも頭身がとても高く、男性らしいスマートなかっこよさがあり、恋人のサリーと抱き合うシーンはとても美しいです。グッズ展開も多くされている作品で、犬の幽霊のゼロのグッズではフワフワと浮いているゼロが可愛くてついつい買ってしまいます。
30代女性
ディズニーランドでクリスマス期間中に乗って印象に残っていたので、DVDを買ってみた思い出の作品です。「This is Halloween」という歌のフレーズが頭の中に残り、ハロウィーン時期になるとどうしても口ずさんでしまう歌ですし、見たくなります。お化けの話なので、怖いのかなと思いましたが、ジャックとサリーの恋物語を描いているので怖い所はありません。強いて言えば、ブギーマンが気持ちが悪いです。虫を食べるシーンは目をつむりたくなりますが、あまり気にしません。一番好きなのは、ジャックがクリスマスに向けて計画を練っているところです。ハロウィーンしか経験したことないジャックがクリスマスに憧れて、クリスマスの計画を立てているところはワクワク・ゾクゾクしました。家にこもって研究しているところはディズニーぽくないところがあり、面白さを感じました。そして、クリスマスに怖いプレゼントをあげるという失態。ジャックにとっては楽しませたくなるプレゼントを作ったのですが、発想が違いすぎて面白かったです。お化けらしさも出ていて、やっぱりハロウィーンに合う人物だと再確認できるものでした。一時期ジャックというキャラクターにハマり、ジャックが描かれたものをたくさん持っていました。ぜひ子どもにも見せたい作品なので、今年は見せてみようかなと考えています。
20代女性
この作品はディズニー映画の中でも珍しくダークファンタジーをテーマにした作品です。ティム・バートンが監督ということで、彼らしいファンタジーの要素と、ハロウィンをモチーフにした骸骨やゾンビなどが活躍している姿が新鮮で癖になります。また、人形劇なので、アナログな雰囲気もあり、実際にキャラクターが存在しているような気持ちになります。ハロウィンの世界の主人公がクリスマスの明るい雰囲気に憧れて、「自分がサンタの代わりをするんだ」と空回りして大失敗してしまいます。「自分の出来ないことを無理にやるのではなく、長所を伸ばそう」というような教示的な意味合いもあると思います。独特な世界観に子供の頃から引き込まれてしまい、大人になった今でも時々見返してしまう作品です。
20代男性
ディズニー映画にしては珍しい人形アニメーションで、少し怖い雰囲気もあり、引き込まれました。ハロウィンの主役であるジャックが、クリスマスを知って、自分もクリスマスをやりたいという話ですが、ファンタジーなのに、サンディクローズ(サンタクロース)を誘拐したり、町のみんなが困るようなことをするところも今までのディズニー映画とは違うなと感じました。好きなキャラクターはサリーで、ジャックが暴走しているのを陰で見つつ、応援もしているけど心配という乙女心がかわいいなと思いました。博士に支配されており、かわいそうな境遇ですが、ジャックとの恋が実ってよかったと思いました。また、いつも一緒にいるペット、ゼロがとてもかわいくてグッズなども集めました。
20代女性
ナイトメア・ビフォア・クリスマスはクリスマスの時期はもちろん、冬には必ず一度はみたい作品になります。ダークでカラフル、アニメのようで人形劇のような感覚の映像はいつみても飽きない内容です。ハロウィンタウンに住み、自分の見てきた世界しか知らなかった主人公の王様ジャックがクリスマスに憧れて、クリスマスとはどんなものなのか考えている場面は一緒に考えてしまい答えを教えてあげたくなる気持ちになります。自分なりのクリスマスをみつけ、その後に自分のしたことが間違いであると気づいた時は悪気はない気持ちが伝わるので悲しい気持ちになります。最後は自分をずっと見守り愛してくれていたサリーに気づいて結ばれるところは、幸せな気持ちになります。ティムバートン作品の切なく愛に溢れるアニメーション映画だと思います。
30代女性
ハロウィンタウンの王様ジャックが自分の日常(ハロウィン)に疑問を抱く導入から始まります。ジャックとしては現状が不満、街の人は大満足。一人不安を募らせるジャックに世間で言うルーティンワークに疲れた人を重ねてしまいます。歌を歌って誤魔化そうとしたり、他の行事に憧れて自分でも出来る!とはしゃいだり…誰しも考える事ではないでしょうか。突発的に企画したクリスマスは問題の連発ですが、そこは人望の厚さ。ヒロインだけが反対しつつも何とか出発。流石はハロウィン仕込み、クリスマスは大騒ぎとなりますがジャック的には満足だったようです。過ちを認め、ヒロインに謝罪に向かおうとするも暗躍していた敵に拐われ…とストーリー自体は王道で進みます。何かをしたい→問題が起きる→成功させる→その間にヒロインが拐われ取り返すの流れです。テンポが良いので飽きずに観られます。所々入る歌は英語でも日本語でも楽しめます。アクションシーンもコミカルで面白いです。子供の方は単純な娯楽として、大人の方はジャック達に感情移入してみるとより楽しめるかと思います。個人的にはジャックのデザインが凄く好きなので、彼を観るだけでも価値はあります。
30代女性
小さい頃から何度も繰り返し観てきました。今でもハロウィンとクリスマスの時期になるとまたみたいなぁという気分になります。この作品はストーリが楽しいというのもそうなんですが、何よりも「ティム・バートン」が作るあの不思議な世界観がたまらなく好きです。キャラクターは人形で作られているのに、見ているうちに映画の世界観に入り込めそうなくらい自然に感じられてくる所も凄いと思っています。歌もとても良くて大好きです。個人的にはハロウィンタウンの住民達がクリスマスをしようとして頑張っているけど結果的にハロウィンっぽくなって,なんというか空回りしている様子が面白いと思っています。まさに別世界という感じがありありと感じられる所もとても好きです。総評すると、癖になる世界観がとても私の好みの作品です。
20代女性
クリスマスの時期のホーンテッドマンションで知って、気になってDVDを見たのですが、良いですね!あのジャックが動いてしゃべって歌ってるというのが最高です。ハロウィンしか知らないハロウィンタウンの住人たちがクリスマスをサンタさんに代わって行うというのは、めちゃくちゃになりそうだよねと思ってしまいます。実際プレゼントを作成しているシーンはみんな頑張っているんだけど、それはクリスマスのプレゼントじゃないよと言いたいくらいです。好きなシーンではありますが。それにジャックはかかしなので、サンタクロースの衣装やひげをつけても「サンタさんだ!」とは思えないのは、自分のサンタクロースは恰幅がいいという固定概念がそうするのでしょうか。クリスマスをめちゃくちゃにしてしまったジャックがちゃんと罰を受けて改心して、素敵なクリスマスに戻してくれるのはやはりいいですね。プレゼントももらえますしね。見た後ハロウィンとクリスマス早く来ないかなと待ち遠しくなってしまいました。
30代女性
何度も何度も見た大好きな作品です。主人公のジャックスケリントンをはじめとっても魅力的なキャラクターだらけです。ジャックの吹き替えかえの市村正親さんが歌うシーンもたくさんあり吹き替えの声もとっても合っていて素敵です。ハロウィンタウンに住むジャックが最近のハロウィンに物足りなさを感じていた時クリスマスの街の入り口を見つけて中に入ります。ハロウィンタウンの真っ黒な世界と対照的なきらびやかなクリスマスタウンがとっても可愛くて素敵です。クリスマスタウンの知識を持って帰りハロウィンタウンでもクリスマスの準備を始めますが、プレゼントにびっくりしました。ハロウィンタウンの人たちが考えた喜ぶプレゼントってものズゴイ怖いものが入っていて、笑いました。適役にブギーというキャラクターが出てくるのですが、子供の頃見て本当に怖かったです。ティムバートン作品の中で一番好きな作品です。
30代女性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました