ディズニーアニメ【ダンボ】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

ディズニー

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • ティモシー:牛山茂
  • ジャンボ:磯辺万沙子
  • 団長:内田稔

<STAFF>

  • 製作:ウォルト・ディズニー
  • 原作:ヘレン・アバーソン、ハロルド・パール
  • 脚本:ジョー・グラント
  • 監督:ベン・シャープスティーン
  • アニメーター:フレッド・ムーア、ウォード・キンボール
  • 音楽:オリバー・ウォレス、フランク・チャーチル

 

あらすじ

サーカスの象ジャンボのもとに、
コウノトリが赤ちゃんを運んできました。

ジャンボは、心からの愛情をもって大切に育てますが、
その子の耳があまりにも大きかったので、
ほかの象たちから“ダンボ”と呼ばれて
仲間はずれにされてしまいます。

悲しみに沈むダンボを勇気づけてくれたのは、
ネズミのティモシー。

ティモシーは、その大きな耳を褒め、
ダンボをサーカスのスターにしようと
懸命に知恵をしぼります。

そして、ついに夢がかなう日がやってきます…。

友情や愛情に支えられながら、
ありのままの自分を信じて大空を舞うダンボの
ひたむきな姿を描いたハートウォーミング・ストーリー。

心に残る素晴らしい音楽と共に、
子供に伝えたいことがぎっしり詰まっています。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
1ヶ月間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

最近のディズニーアニメと比べると、かなりブラックな描写が多いですが、決して奇をてらったものではなく、だからこそ観ている側に強く訴えるものがあります。また、動物達の愛嬌ある動きや迫力ある嵐の描写は流石ですし、有名な「Baby Mine」等の音楽も素晴らしいです。そして主人公ダンボは可愛らしいですし、いじめられながらも健気に頑張る姿は、観ている誰もが応援したくなることでしょう。そして大人になって改めて観ると、ダンボのお母さんの強い愛情にも胸を打たれます。また、ストーリーとは別の意味である意味有名な、ダンボや誤ってお酒を飲んで酔っ払ってしまうシーンは、奇抜な色使いや抽象的な描写のオンパレードで、大人になってから観てもなかなかゾクッとするものがありました。
30代女性
大きな耳に生まれたけれどそれをまるで翼のように動かして空を飛べるようになるなんて、障害を持つ方の励みとなるのではないでしょうか。周囲からは嘲笑を受けることとなりますが、それでも我が子を愛し続けたジャンボには脱帽です。親子の愛が感じられて、子供たちもきっと楽しんで見てくれるはずです。動物や虫に日用品まで何でも擬人化するディズニー映画、でもダンボは敢えて声を発することなく普通のゾウとして描かれたのが良かったです。それにしても、コウノトリが人間の赤ちゃんだけでなくゾウの赤ちゃんまで運んでくるとは、なんて力持ちなのでしょう。動物たち満載の映像は癒し効果抜群、ダンボいじめのシーンさえなければ平和にみられるものです。
40代女性
像が空を飛ぶという真っ直ぐなファンタジー展開がたのしかったです。母親のジャンボと引き離されるなか、修行をかさねてサーカスショーを見事やりきるダンボの成長が愛しくおもえるものでした。牢屋越しに鼻をのばし、鼻に我が子をのせてゆりかごのようにしてあやすジャンボを映した序盤シーンは名場面だと思います。親子の愛は像も人も変わらないと実感しました。中盤で酔っ払ったダンボが見る幻覚か夢の内容が歪すぎて恐くもありました。映像表現の幅が広いものだとわかります。愉快なカラスたちがとても楽しく、彼らに背中をおされて見事ダンボが空を飛ぶ後半シーンはまさに子供の夢がつまったシーンだと言えます。カラスたちが歌う歌もたのしくて好きでした。
30代男性
ディズニー映画ではお馴染みのダンボ、空を飛ぶ姿は印象深いものの最近までどんなお話なのかは知りませんでした。結構ストーリー展開自体は王道かも、でもゾウを選ぶというのは変わっているかもしれません。愛らしいキャラクターですがサーカス団でいたんですね。大きな耳を馬鹿にされて辛い日々を送ることとなるわけですが、サーカスだと特徴豊かな方が人気者となりそうなはずなのにとそこは納得いきませんでした。様々な困難が襲い掛かってくるダンボですが、救いとなったのが母親ジャンボの存在です。障害児が生まれたら母親自身が虐待をするというケースも人間界ではよくあることです。でも彼女が惜しみなく愛情を注いでやったからこそ、ダンボは強い子となったはずです。
40代女性
ストーリー展開がはやく1時間ほどで見終わってしまう短い映画ですが、非常に満足感が得られる作品です。全体のストーリーとしてはハッピーエンドなのですが、要所要所の場面でミステリアスでホラーな表現も入っており、いかにもディズニー映画といった印象です。なかでもダンボがお酒に酔って幻覚を見るシーンは、統合失調症などの精神異常患者の世界観が表現されているらしく、カラフルなゾウが大量に出てくる異質感から目が離せなくなります。そのほかにも嵐のなかサーカスのテントを設営するシーン、サーカスの演目が失敗して全員が逃げ惑うシーンなどハラハラさせられる表現が多いです。全体的には離れ離れになってしまった母親ゾウに合うために仲間と努力してハッピーエンドになるストーリーなので、非常におすすめの作品です。
20代女性
動物ものというのはとにかく癒されます。アニマルセラピーというのもありますが、ダンボが本当に愛らしいのです。だからこそ、なんでこんなに次々と不幸が起きるのかと辛さもあり、結局はハッピーエンドで終わるとはいえ途中は出来れば早送りでさっさと飛ばして見たくなります。耳が大きい・他とは違うというだけでいじわるされて辛い立場に陥っていくというのは人間社会にもある構図、決してファンタジーだけではなく強いメッセージもうかがえます。でも強く立ち上がれるのはきっと母親がたっぷりと愛情を注いで大切に育ててくれたからこそでしょう。むしろサーカス団でいるなら、変わった特徴を持つ方が話題となって良いのではといった気はしてしまいます。
40代女性
小さい時に何度も見た作品です。最近私も母になり子供と一緒にまた見ました。ダンボのお母さんのジャンボはサーカス団の像で、子供をコウノドリが運んでくれるのを待っていました。ちょっと周りより遅れてきたダンボはとっても可愛くて、お母さん嬉しかっただろうなと思いました。しかし耳が大きいダンボはいじめられ、ジャンボはダンボを守るシーンがあるのですがそれが原因で親子は離れ離れになってしまいます。母としたら心配だろうなとすごく思いました。しかし、ネズミのティモシーがダンボを気遣ってくれたり、ダンボの耳で飛べるんじゃないかとアドバイスしてくれて特訓を重ねる姿に息子も応援していました。ダンボが見世物として火の中の舞台の上から落とされそうになった時に飛んだことでスターになりました。見返してやったぞという気持ちになり私もスッキリ。お母さんともまた一緒に暮らせるようになって安心しました。
30代女性
ダンボの動きや表情がとても柔らかく可愛らしくて大好きな作品です。颯爽と空を飛ぶイメージが強かったのですが、実際は象の仲間達にいじめられたりお母さんと引き離されたりしてとても切ない話でした。閉じ込められたお母さんと鼻を結んで触れ合うシーンが一番好きで、お母さんの愛情が伝わってきて何度見ても涙が出てしまいます。いつもそばで励ましてくれる小さなネズミのティモシーの活躍もディズニー作品らしくて大好きです。小さなダンボが辛い思いを乗り越えて成長したからこそ勇気を出して空を飛ぶ姿に元気がもらえます。ラストに大きな耳を馬鹿にしていたみんなを見返して人気者になると言うのがスカッとして見た後に気分が楽しくなりますね。
40代女性
みんなと大きく違うと認められないことも多いが、みんなと違うところがあるからこそ輝けるということを学べた映画です。またカラスから魔法の羽をもらったことで、自分は飛べると信じ、本当に飛ぶことができたダンボ。人間にはまだまだ使っていない脳の領域も多く、潜在能力は計り知れないと聞いたことがあります。やはり自分はできないと自制するのではなく、自分を信じてあげることで可能性はひろがるのだなと思います。またダンボを守るために暴れてしまい檻に入れられてしまったお母さん。ちょっといきすぎた部分はあったけれど、自分の子供を愛し抜ける強いお母さんだなと思いました。殺されずに最後ダンボと再会できて本当によかったです。
20代女性
古い作品ですが、世間体や親子愛という現代にも通じる深いテーマが詰まった作品。とにかく始めに赤ちゃんゾウが出てきてかわいいですが、他のゾウとは違う特徴があるだけで毛嫌られ、母と引き離れてしまうのはなんで?という設定。群れになって陰口をいう他のゾウたちも人間に置き換えると世間体。しかし、母の愛情はどんな状況でも変わらず、再会できたシーンには感動。また、一見コンプレックスだと思っていたところが、捉え方や使い方によっては人を幸せにできる武器になるんだと感じました。人それぞれコンプレックスはありますが、この作品を見ると考え方が変わると思います。教育的にも子供たちにぜひ見てもらいたいディズニー映画の1つです。
20代女性
ちょっぴり切ないシーンが印象に残っています。やっと自分のもとに届いた愛しい子供は耳の大きいゾウでした。そのことでダンボはバカにされます。腹を立てたお母さんゾウはサーカスで大暴れしてダンボとは引き離されてしまうのですが、夜中に会いに行き、お母さんの鼻に包まれて「他人の言葉なんて気にすることはない」と歌を歌ってくれます、このシーンがすごく切なくて涙が出そうになりました。まだ小さなダンボ、お母さんといたいはず…そのあとのダンボがお酒を飲んでしまい、幻覚を見るシーンでピンクのゾウの行進があるのですが、結構長い間不思議な空間になります。この幻覚のゾウたちがちょっと怖いのが印象的です。子供の頃怖かったです。けど大人になってみると映像の切り返しもきれいで見ていて面白いです。ファンタジーを感じさせるおすすめのシーン。その後、カラスやネズミと共に飛ぶ練習をしてサーカスで見事成功しダンボは一躍有名に、お母さんにも再会できてめでたしです。飛ぶ時に黒い羽を使うのですが本番で無くなってしまいます。羽に頼らず自分が飛べると信じて無事飛ぶことができるのですが、信じれば叶うと教えられる作品でした。
20代女性
とにかくダンボが可愛く、ディズニーならではの音楽などともぴったり合っていて見ていて飽きず、とても面白いです。ダンボは耳が大きいだけで周りのゾウたちから仲間外れにされていじめられるのですが、母親はしっかりとダンボを守ってあげたり、ダンボもいじめに負けず頑張ってできることをして成長していく様子が描かれていていて、なんとも健気で見入ってしまいます。子供たちも、そのダンボの様子を見ながら感じるものがあるのか、いつもすごく見入っています。親子の絆や、どんな苦難にも負けずに立ち向かっていくダンボの行動など、子供にもいい影響を楽しくわかりやすく与えている映画だと思います。ダンボの可愛らしい仕草も見ていてとても癒されます。
30代女性
耳が大きすぎるために、いじめられるダンボ。それが原因でお母さんとも引き離されてしまうことになるダンボ。そのダンボがどうやって幸せになるか、というお話が、はらはらさせられつつも楽しい映画となっています。いじめがどんなに悪いことか、ということや、辛いことがあった時にどう乗り越えるか、ということなど、子供にとって基本的で大切な事柄を物語を通して自然に伝えてくれる作品となっています。そのダンボを励まし、ダンボの才能を開かせていこうとするネズミのティモシーの姿も魅力的です。可愛いダンボの映画が作られてから、もう半世紀以上たっていますが、ダンボの愛らしい動きや、物語の意外な展開は今でも子供たちの心に響くのではないかと感じます。
50代女性
コンプレックスも、考え方ややり方次第で自分の強みにすることができると教えてくれる作品です。ダンボは、象にしては耳が大きすぎました。そのせいで周りからはからかわれたりしますが、お母さんはダンボを大切に育ててくれ、愛の深さを感じます。逆に、見た目だけで相手のことを判断したり、陰口を言ったりすることがどれだけ無意味か、考えさせられました。ダンボがお母さんと離れ離れになる展開はとても悲しくて、辛くなります。なので、ひとりぼっちになったダンボに、ティモシーが声をかけてくれるところはこちらまで嬉しくなりました。ティモシーの応援とアドバイスで、ダンボは驚きの成長を遂げます。2人の友情や助け合いは、見ていて心が和みます。そして、ダンボのように自分のコンプレックスを活かして、自信を持っていきたいと感じました。
20代女性
象のダンボがお母さんと離れ離れになってしまったり、耳が大きいことで周りの動物達からもいじめられてしまったりとかなり悲しい気持ちになるシーンが多いので見てるのが辛くなってしまうときもあります。しかし辛いシーンを見せている分、ダンボが自分の能力に気づいたり仲間達に支えられて再び前へ進もうとするシーンの感動が何倍にもふくらんでいます。親子愛の大切さと仲間愛の大切さの両方を見事に描いている作品であり、最後も文句なしのハッピーエンドなので見終わったあとはスッキリした気持ちになれます。何よりも主人公のダンボのちょっともたもたした動きやクリクリとした大きな目が可愛くて、見ているだけで癒されるのではないかと思います。
20代男性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました