ディズニーアニメ【ちいさなプリンセス ソフィア/ピンクのペンダント】の動画レンタル配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
ディズニー

この動画を楽しむならここがおすすめ!

\DVD宅配レンタルを30日間無料で利用しよう!/

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

ペンダントにはひみつがいっぱい!

新しいちからと共に、さらなる冒険へ

プリンセス・エレナを助けてから、
アバローのペンダントの力が強くなっていると感じたソフィア。

クローバーと遊んでいる時に、
ソフィアが「ウサギになりたい」と願ったら、
本当にウサギになってしまったり、不思議なことがおこります。

どういうことなのかを調べに
ヘクスリー・ホールの図書室へ向かい
ペンダントの秘密を探りにでかけます。

全5つのお話を収録。
ソフィアと一緒に大冒険へでかけよう!!
【ディズニージュニアは2~7才のお子さま向けです】

ライターコメント紹介

ソフィアがとても可愛いかったです。とても楽しくて、素敵な話しだと思いました。子どもから大人まで楽しんで見ることができると思いました。短編集になっていて、とても見やすいアニメです。お母さんが再婚をしてプリンセスになるという発想がとても驚きです。特に女の子にはとても憧れるアニメだと思います。アニメに出てくるキャラクターがとても個性があり、面白かったです。アニメの世界・風景がメルヘンチックな感じで、綺麗でした。アニメに出てくる背景もとてもリアルな感じで、本物みたいで驚きました。空と、緑がとても美しいと思いました。絵柄もとても可愛いと思いました。ファンタジーな話しでとても面白いアニメでした。アニメの世界に引き込まれて行きそうでした。
20代女性
主人公のソフィアがまだ子供なのもあるとは思いますが、ディズニーのプリンセスものにしてはキャラのフォルムがまあるい感じでなんとも可愛いアニメ映画でした。作中に出て来るアバローのペンダントで色んな魔法が使えて昔見たアニメ「魔法使いサリー」を思い出しちゃいました。短編集で見やすいところも良かったです。わたし的にはプリンセスエレナとアバロー王国のことをもっと知りたいなぁと思いました。エレナを助けてソフィアがペンダントを譲り受けるのもなんだか素敵だと感じます。魔法が使えるようになるのが分かっているから心のピュアな子じゃないとダメですものね。魔法が使えるということだけが凄いのではなく、心の美しさや思いやりなども必要だということが描かれていると思います。うさぎになりたいとか思う好奇心の子、図書館でペンダントのことを調べて知りたいと思う探究心とかが眩しいなぁと感じました。
40代女性
今回のこのストーリーでは、ソフィアがソフィアシリーズの初回で父からもらったアバローのペンダントの謎が等々とけて、新しく色が変わり新しいシリーズへと進んでいく大切なストーリーになります。長期のお休みで毎年家族旅行に行くのですが…今年はまだ目的地が決まっていなかったので、ソフィアはある使命を果たすため、家族を説得してアバローに行くのですが…その一生懸命説得するところもとっても可愛らしくて私は大好きなシーンでした。またエレナをペンダントから救い出した後、アバローの国民たちと一団して歌いお城へ向かうシーンも最高でした。まだまだソフィアは日本での知名度は低いですが、一生懸命頑張るソフィアの活躍を多くの人に見てもらいたいです。
20代女性
ソフィアのクラスメイトがお友達が欲しくない魔女の子で、お友達の誕生会パーティーには本当の所出席したいが、本音が言えず、いたずらをしてしまうお話。ソフィアがその子のフォローとお誕生日のお友達のフォローをするお話なのだが、なんとも、ソフィアの一生懸命さが可愛い。魔女の子の、本当は、仲良くしたいのに、意地悪魔法をかけてしまう、切なさが、心うたれる。途中のお話で、ソフィアのフォローで魔女の子が優しい心を持ち、お友達誕生会の準備を手伝うのだが、友達に嫌な言葉をかけられてしまい、またもとの、意地悪心に戻ってしまう。なんとなく、その場面が悲しい。考えさせられる物語だった。おすすめな物語だったので、ぜひ見てみて下さい。
30代女性
今回のこの作品では、小さなプリンセスソフィアシリーズと大きなかかわりのある、アバローのプリンセス、エレナが等々大きなかかわりをもつ回となります。ソフィアが持っているペンダントは…アバローのペンダント!そしてエレナはアバローの女王!ペンダントに閉じ込められたプリンセス!r両方のシリーズを同時進行で見ていたので、この2つがどうやって関わっていくのかずっと気になっていたのですが…このストーリーでは等々その関りが!そう!このストーリーではソフィアがエレナをペンダントから解放するストーリーなんです。このストーリーを見たら2人のその先がどんどん気になると思うので、両方合わせて見てみることもおすすめします!ここまで他の作品同士がタッグを組むのも珍しいと思うので、是非見てみてほしい作品です。
20代女性
紫のペンダントが原因で始まった事件に立ち向かっていくソフィアが見られた話の続編ということでどんな物語が見られるのか楽しみにしてました。ソフィアは元々は普通の女の子だったのだけど、母親が結婚したことによってなぜかプリンセスになってしまい、プリンセスとして成長していくソフィアを見ていくのは面白かったです。プリンセスとはどんな存在なのか、そんなことに迷ったりしているソフィアには親目線で見ていました。ペンダントに閉じ込められた女の子を助け出そうとするソフィアを見た時には、ソフィアはもう立派なプリンセスに成長してくれたんだなと思いましたし、そんなソフィアのその後の姿を見ることができて、とても安心できましたね。
20代男性
母親の結婚で憧れのプリンセスになる事ができた主人公のソフィアが、ディズニーの歴代プリンセスと出会って成長していく物語なので、1話1話に主人公がたくさんいるような豪華さがあり、見ていて得した感じになります。ピンクペンダントは、ペンダントの色が紫からピンクへ変わった物語が詳しく描かれています。ペンダントの中には魔女から15歳のまま41年間閉じ込められているエレナがいます。色々な敵がペンダントを奪いにソフィアを狙います。ソフィアは仲間に助けられながら、ペンダントを守り抜き、エレナを解放します。2人は仲良くなり、エレナも色々な仲間に助けられながら、女王になるべく、冒険をしていきます。主人公だけでなく、サブキャラが個性的だったり、かわいかったりするので、ディズニーファン納得の作品だと思います。
30代男性
この作品では、ソフィアのペンダントがピンク色になった後の物語でしたね。前のシリーズでは、ソフィアが紫色のペンダントが魔女によってエレナが閉じ込められていることが分かってから、ソフィアがエレナを救おうとするその姿がたくましかったですね。プリンセスとなると、貴族で偉そうなイメージがあるのだけれど、ソフィアはプリンセスになっても素直な心を持っていて、誰かを助けようとするその姿は素晴らしいと思いました。そして今回のシリーズでも、ソフィアがペンダントに込められたさらなる力と共に彼女がプリンセスとしてさらなる成長を見ることができました。小学生の女の子には、このソフィアのようにたくましく優しい子になってほしいですね。
20代男性
女の子の憧れであるプリンセスが平民出身、しかもお母さんの再婚によってなるというのが現代的でどこかリアルな夢物語です。最初はソフィアがちょっといい子すぎるというか、優しくて賢くてがんばり屋さんで、みんなを次々と味方につけていくという展開に白々しさを感じてしまったのですが、王室を支えるにはこういう新しい血と考え方、かつ有能な人が必要なのかもしれないと思うようになりました。ソフィアがいなければアンバーはただのオシャレバカになっていたかもしれないし、ジェームズは無茶が過ぎたかもしれません。こども向けのアニメながら、結構政治的な内容もしっかり描かれていると思います。また、全く別の話だと思って見ていたエレナが深く関わっているとはびっくりです。
40代女性
はじめは他のプリンセスは映画だけどアニメシリーズでどうせ小さい子向けだし・・・とあまり期待せずにソフィアシリーズを見ていたのですが、そんなとこもなく小さいながらも立派なプリンセスになろうとするソフィアがかわいくて大好きになりました。そんな彼女はパパからもらった魔法のペンダントに閉じ込められていたプリンセスを助けたことにより、色が変化してしまいます。今までの紫色のイメージがあったのでピンクになって当初は違和感を感じましたが、こちらも似合っています。衣装も一変し、足元がちょこんと見えるようになったのがとってもかわいいです。ソフィアシリーズは毎話オリジナルの劇中歌披露しているのも魅力です。クオリティの高いディズニーの楽曲とまっすぐで小鳥のようなソフィアの歌声が大好きでそこだけ聞き返すこともあります。
20代女性
ディズニーアニメが好きでいろいろな作品を見ますが、「ちいさなプリンセスソフィア」は、また違った面白さがありました。なんといってもソフィアそのものの存在がまた格別で、特別だからです。ソフィアはペンダントの力によって、動物などと会話できたり変身できたり、様々な不思議な力を使えるのがすごいです。特にすごいと感じられたのは、あらゆる他の作品のプリンセスとの繋がりを持っていることです。これは、ほとんどの他の作品には無い唯一無二の力で、そのためソフィアが特別な存在であることを、アニメを見ることで痛感できます。「秘密の図書館」の存在も大きく、そこにはありとあらゆる世界の歴史やお話が記録されており、神々しささえありました。ソフィアはとにかくディズニー作品の中でも最もすごいキャラクターだと思いつつも、アニメではそんな彼女の何気ない日常や仲間とのエピソードに、ほっこりしながら楽しめます。声も可愛らしくぴったりで、老若男女誰でも夢中になれます。
30代男性
戦時中の時代背景の話だった。戦場のシーンが細かく描写されてて、懐かしい感じを得ることができました。セリフが少なめで映像で進んでいく内容だった。セリフが少ないため、見ていて眠くなってしまう時もありました。外国人に遅れまいと日本のために飛行機の設計を行い、テスト飛行まで成功させた当時の苦労と感動が伝わってきました。日本が海外相手に技術力で勝負していく所は、同じ社会人として、とてもかっこよかったです。恋愛の要素もあり、恋愛は最後、儚く終わってしまいました。日本人の技術力のすごさだけでなく、恋愛もしっかり当時は行っていたことも知れて映画の完成度が高かったです。
20代男性
映画館で見ましたが、映像も音も迫力がありました。とくに関東大震災の場面で生き物のように地面が波打つシーンは独特で、CGではあのような味は出せないのではないかと思います。ものすごく不気味で恐怖を覚えました。その他のシーンでもジブリらしい躍動感のある絵は健在でした。堀越二郎は空を飛ぶことに夢を抱いていて純粋な気持ちで飛行機を作っているのですが、時代が時代なだけに夢を乗せて飛ぶ飛行機ではなく、戦闘機になってしまうのが複雑です。二郎と菜穂子の純粋さには古き良き日本を感じました。ただどうしても庵野さんの声に違和感があり、もっと若い方の声だったらより爽やかに見えたかもと思います。個人的には二郎の同僚の本庄が好きでした。はっきりしていて男らしく昭和の男という感じ。
30代女性
風立ちぬは、今までのジブリの作品の中でもどちらかと言えば、大人向けの作品だと思いました。戦争だったり、大震災だったりとストーリーの中にも、時代や深く考えさせられる様な場面も含まれています。主人公の次郎は飛行機を作る事を夢見る少年でした。飛行機に人生をかけて打ち込むというところにロマンを感じます。また、菜穂子という女性との恋模様はとても切なく、二人の想い合う愛を感じます。結核になってしまう悲しい運命ですが、次郎を応援し、ひたむきに支えようとします。彼女と次郎の短く儚いながらも、二人で暮らした生活はきっとかけがえのないものだったと思います。美しいところだけを見せたいとそっと次郎の元を去るシーンがとてもぐっときて泣けました。内容は考え深くもあり、映像も素晴らしい作品だと思います。
30代女性
映画は物語としては非常に素晴らしい出来で面白く仕上がっていたと思います。しかし、主人公の声優になぜ庵野秀明さんを起用したのか理解に苦しみます。演技経験もなく、一介の映画監督にか過ぎない方を主人公に据えるなど最近のジブリ作品にはよくわからない所が多々あります。プロデュサーや宮崎駿監督が最近のアニメの声優を起用せずに俳優を声優として起用する背景にはアニメ声の声優が嫌だからと何かで聞いた事がありましたが、終始、棒読みの人に比べればちゃんと演技指導を受けた声優の方がよっぽどマシだと思います。声優の起用に関して何かこだわりがあるのかどうか分かりませんが、あれではいくら作品が良くても全く物語に集中できず、内容が頭に入って来ませんでした。
30代男性
風立ちぬは宮崎アニメの最高傑作と思います。二郎と菜穂子と二郎の夢を叶えるという3点に物語は進んでいきます。この映画は奥が深すぎます。一回見て二回目、三回目と見ることで、様々な感情が芽生えてきます。菜穂子があなた、生きてと言ったシーンは様々な想いがめぐりました。おそらくあのシーンは菜穂子が二郎に送った、最期の想いだったのだと思います。菜穂子は結核でおそらく亡くなったんでしょう。しかしそれを二郎に見せたくなかった、彼女なりのそれが二郎への愛の形だと思います。見終わったときあまりの切なさで涙が溢れてきました。しかし人を愛することの大切さや夢を叶えることの大切さを学べたような気がして心温まる素晴らしい映画でした。
30代男性
当物語が描かれている大正から昭和初期の時代と公開当時の日本の様相は少しリンクしているようにも受け取れました。不況からの関東大震災=東日本大震災であり、第二次世界大戦はこれから起こるかもしれない第3次世界、というように、堀越二郎が生きていた時代を遠い過去として忘却することに、どこかそこはかとない危機感を抱かせる内容でした。しかし、物語自体は、戦争をあおったり、ひたすらにむごい戦闘シーンを描いて反戦メッセージを唱えていたわけでもなく、その時代を精一杯に活きていた堀越の姿を脚色や思想なく忠実に描いていていました。だからこそ、今の私たちも精一杯生きるしかなく、たといその生きた証が戦争の武器に使われたとしても、そこから何を学び、次の時代をどう生きるか考えましょう、という監督のメッセージが心にスッと入ってきました。
20代男性
宮崎監督の最後のジブリ作品ですが、専門用語も多かったので大人向けの内容だと思いましたし、悲しい物語に感じました。主人公の声が合わないように感じたのと、セリフが終始、棒読み的に感じてしまい、そこは残念な点かと思いました。主人公の飛行機に対する、思いや執念、菜穂子への愛情などが伝わりました。戦争や震災を描きながらも、自分の夢や希望を忘れてはいけないというメッセージがあると自分は解釈しましたが、説明不足を感じるシーンも多々あり理解するのが大変なシーンもありました。また、夢なのか現実なのか、はっきりしないシーンもあり、そこはモヤモヤした気分です。ユーミンの歌が映画のビジョンにマッチしていて、その点も良かったです。
30代男性
日本のゼロ戦は優秀であったことは有名で知っていましたが、それを設計した人のお話のこの作品には、初めて知るようなことばかりが盛り噛まれてでおり興味深く感じました。いつの時代でも、物作りの現場では、ある種の躍動感や満足感、感動が付きまといます。この作品の主軸となるゼロ戦開発も同様で、戦中戦後のシビアな時代背景で、天才的な設計技師と彼をとりまく環境や人の熱意と絶え間ない先を目指す意欲は、さらなる躍動感を感じさせます。主人公の上司もそのような点でとても魅力ある人物像が描かれており、一見とっつきにくいストーリーに奥深さを加えています。夢の実現とその先にあった哀しさを端的に表したラストの映像が、心に長く残ります。
20代男性
まず、松任谷由実のひこうき雲との相性が抜群です。この映画のために作った曲なのではと思うくらいです。テレビで予告編を見たときに一気に惹き付けられました。この映画は絶対見たい!と思い、公開されてすぐ映画館に見に行きました。時代設定は結核がまだ不治の病だった頃。主人公とヒロインの出会いから結婚までとても素敵に描かれています。ヒロインが美しいというのもずるいです。病気で死ぬかもしれない、あまり時間がないかもしれない、2人とも分かっているけれど口にはしない。2人で大事に1日1日の時間を刻む姿に心を打たれます。本当の愛とはこういうものではないだろうか、と思わせてくれるストーリーです。ひこうき雲を聞くたびにこの映画を思い出し泣けてきます。
30代女性
宮崎駿が実在の航空技術者である堀越二郎をモデルに描いた長編アニメーション映画です。また、堀辰雄の小説『風立ちぬ』からもインスピレーションを得ているとのことですが、モデルになった男性や小説を知らなくても楽しめる作品でした。第二次世界大戦を舞台に、航空技術者、堀越 二郎の夢に生きた真っ直ぐな生き様を描いています。ただただ純粋に飛行機に憧れてたむきに夢を追う二郎の姿は、第二次世界大戦という死の香りが濃厚な時代背景と相まって悲しくも美しかったです。本作のヒロイン、里見菜穂子との愛の行方もラブストーリーとして見ごたえがあり、無常を感じずにはいられないラストがとても美しく印象的でした。この映画キャッチコピーは『生きねば』でしたが、見ればわかる納得のコピーで、この言葉がいつまでも胸に刻まれます。
40代女性

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました