ディズニーピクサー【トイ・ストーリー3】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
ディズニー

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • バズ・ライトイヤー:ティム・アレン/所ジョージ
  • ウッディ:トム・ハンクス/唐沢寿明
  • ジェシー:ジョーン・キューザック/日下由美
  • ミスター・ポテトヘッド:ドン・リックルズ/辻萬長
  • ミセス・ポテトヘッド:エステル・ハリス/松金よね子
  • ハム:ジョン・ラッツェンバーガー/大塚周夫
  • スリンキー・ドッグ:ブレイク・クラーク/永井一郎
  • レックス:ウォーレス・ショーン/三ツ矢雄二
  • ロッツォ・ハグベア:ネッド・ビーティ/勝部演之
  • アンディ:ジョン・モリス/小野賢章
  • ケン:マイケル・キートン/東地宏樹
  • バービー:ジョディ・ベンソン/高橋理恵子
  • ボニー:エミリー・ハーン/諸星すみれ

<STAFF>

  • 監督:リー・アンクリッチ
  • 製作:ダーラ・K・アンダーソン
  • 製作総指揮:ジョン・ラセター
  • 脚本:マイケル・アーント、ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ
  • 音楽:ランディ・ニューマン

 

あらすじ

17歳になったアンディは、
大学に行くため部屋を空ける準備を始めていました。

ウッディ(声:トム・ハンクス/唐沢寿明)や
バズ(声:ティム・アレン/所ジョージ)たち
オモチャ仲間は、アンディとの別れの予感に戸惑うばかり。

そんなある日、ウッディたちは手違いで、
なんと、保育園に寄付されてしまいます!

そこに暮らすたくさんのオモチャたちに歓迎されて
喜ぶバズたちは、アンディの元へ帰ろうと訴える
ウッディには耳を貸しません。

たったひとり脱出したウッディでしたが、
仲間たちに危険が迫っていることを知り、
救出に戻るのですが…。

たとえ助かったとしても、
もう居場所のないウッディたち。

そんな彼らを待ち受けていた、
“思いもよらぬ運命”とは?

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
1ヶ月間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

2010年に公開された「トイ・ストーリー」の第三作目です。前作までは、子供だったアンディが17歳の青年の成長しており、大学生になるということで、一気に時代が進んでおり、驚きました。それでも、段ボールの中とはいえ、大切におもちゃを捨てずに置いているところから、アンディの純粋な気持ちが垣間見られた気がします。いつまでも子供ではいられないことは、当たり前なことなのに、子供から大人へ成長していく上で、いずれ卒業しなければならないことがあると、気付かされた作品でした。最後、アンディがおもちゃを一つ一つ女の子に説明しているシーンは、一つ一つに別れを告げ、けじめをつけているように思えました。感謝の気持ちもこもっていたのでしょうね。もう二度と会うことはないかもしれないけど、いずれ会える日が来るといいな、と願わずにはいられない作品でした。
20代女性
アンディのおもちゃだった彼らが、彼が成長したことによって『アンディのおもちゃ』ではいられなくなってしまうという悲しいお話です。私はアンディのおもちゃである彼らがすきだったので、新しくボビーのおもちゃになったことを受け入れられませんでした。でも、小学生のころから見ていたトイストーリーシリーズに今までいた場所で必要とされなくなったとしても新しい場所でもあなたを受け入れてくれる人がいるよというメッセージだと思うととても心に響きました。ボニーのおもちゃも女の子だからということか、かわいらしい子が多く特に白いユニコーンのバターカップがかわいいのに男の子というギャップで大好きです。その中にあのジブリのトトロも混ざっていてとても驚いたことを覚えています。アンディのおもちゃもボニーのおもちゃもどっちも個性があってだいすきです。
20代女性
ストーリーの最後になってしまいますが、一人暮らしを始めるアンディーが近所に住んでいる女の子ボニーのところにおもちゃを持ていき、一緒に遊ぶシーンはとても感動します。アンディーがおもちゃを渡すときに、1つずつ箱から取り出してそれぞれどんな性格でどんなキャラクターなのかを教えてあげるのですが、おもちゃたちがアンディーを大事に思っていたように、アンディーもずっとおもちゃたちを大切にしていることが伝わってきます。その際、ウッディーを欲しがるボニーに、アンディーは一瞬渡したくなくて躊躇しますが、おもちゃ達が同じところで暮らせる方が幸せだとを考えて、おもちゃたちのため、遊んでくれるボニーのために、譲ることを決める瞬間は涙なしでは観られません。この選択はとっても素敵で、おもちゃがみんな一緒に、またおもちゃとして遊んでもらえると思うと、本当によかったと暖かい気持ちになり感動しました。
30代女性
主人公であるオモチャの持ち主であるアンディが大学生となり、以前はよく遊んでもらっていたオモチャ達が遊んでもらえなくなり、ひょんなことからサニーサイド保育園へ寄付されてしまい、そこから脱出するさまはハラハラ、ドキドキでした。特に印象に残っているシーンとしては、エンディングで長年遊んでいた大切なオモチャをボーニーへ渡すシーンです。それぞれのおもちゃを紹介し本当におもちゃを大切にしていたのだと感じました。自分の子供も3歳で色々なオモチャで遊んでいるのですが、自分の子供にもおもちゃを大切に遊んでほしいと率直に感じました。また、笑えるシーンについては、バズが手違いでスペイン語モードになってしまいカルメンなどを踊っているシーンは子供と一緒に笑ってしまいました。
30代男性
いっぱいあったおもちゃも子供たちが成長するにつれ必要とされなくなるのが常。それは映画の世界のウッディたちも変わらないんだなと思いました。トイ・ストーリー3はなんといってもロッツォの性悪が半端ないです。たしかにロッツォの過去は悲しいものだったかもしれないけれど、やはり仲間を大切にする気持ちを忘れてはいけないと思います。焼却炉でもみんなを踏み台にして自分だけ助かろうとするロッツォ。悪役が徹底されている。最後はゴミ収集車にはりつけにさていて、いい気味だと思ってしまいました。焼却炉でのリトルグリーンメンの大活躍はぜひいろんな人に見てほしいです。アンディはおもちゃを大切にすることができるボニーに自分のおもちゃをあげるのですが、そのときアンディと遊ぶシーンがあって、最後に一緒に遊べたおもちゃたちは幸せだっただろうなと思います。
20代女性
トイ・ストーリー3は映画館で観たので、トイ・ストーリーの作品の中でもいちばん印象深い作品です。まず、アンディーの急成長ぶりに驚いたと同時に寂しさがこみ上げてきました。アンディーが成長したことで、ウッディー達おもちゃを手放そうか、悩む姿にグッときました。そして「捨てられるのでは」という不安がこみ上げるウッディー達の姿を通して、自分自身が子どもの頃に使い、処分したおもちゃ達のことを考えてしまいました。また、ピンクの熊のぬいぐるみハグベアは、嫌な奴だと思いながら観ていましたが、ハグベア自身も以前に持ち主に置き去りになれるなど、悲しい過去があることが分かり、少し同情してしまいました。トイ・ストーリー3は捨てられるおもちゃたちの切実な思いが描かれており、物は大切に使おうと改めて思いました。
20代女性
トイストーリーは、キャラクターが可愛くて個性的で大好きです。3は、アンディが大人になってしまい、おもちゃで遊ぶこともなくなってしまったので、おもちゃたちの寂しい気持ちが伝わってきました。もし、おもちゃに感情があったらわたしも同じような思いをさせていたんだなーという気持ちになってしまいました。おもちゃたちが寄付された「サニーサイド保育園」は、可愛いこどもたちがたくさんいると思っていたら、おもちゃの扱いが酷すぎて、おもちゃ目線のこどもたちってホラーだな、と思ってしまいました。保育園のおもちゃたちもけっこうブラックなキャラがたくさんいて、ハラハラするお話でした。人間ですが、ボニーが可愛くて優しくて大好きなキャラです。
20代女性
待望の3がでるとは思わなかったですが、ものすごく楽しみでした。映画館へ直接みにいきましたし、金曜ロードショーとかでテレビ放送されるときは録画して何回もみます。今までのトイ・ストーリーの中ではいちばんドキドキ、ハラハラ、ワクワクして、ウッディーはもう本当にかっこよかったです。アンディが大学生になっても、ウッディーたちのことは捨てられなくて、屋根裏部屋にしまおうとしてたことはウッディーも知ってて、それをなかなか信じてくれない仲間たちと対立して…これからどうなるのかわからなかったです。でも、ウッディーはみんなと帰りたくて、みんながいる幼稚園の真実をみて、今回は全員で協力していました。勇敢すぎて、言葉がどんどん出てきてしまいます。初めて見るかたもきっと楽しめます。
20代女性
ウッディやバズたちがアンディの絶対的なおもちゃとして生きてきた前作までと違い、アンディが大人になるという絶対避けられない現実をひしひしと感じました。アンディはおもちゃと遊ぶようなことはないですし、不用品を分けるようなシーンまであり、辛さも感じます。これまでのシリーズとは違って少し寂しい気持ちで観ていました。それでもウッディはじめ、おもちゃ達はみんな常に目の前に起こるトラブルを解決すべく動いていくわけですが、今回はシリーズ史上最大のピンチに遭います。これには本当に息をのむ思いでした。新たに出会うボニーという一人の女の子と出会うことでウッディたちの運命も変わっていきます。人間から見たら決して大きくはない出来事かもしれませんが、おもちゃ達にとっては大きなストーリーになっているところがシリーズを通して大きな魅力だと感じました。何度でも見てしまう名作だと思います。
30代女性
わたしはトイストーリー1の公開日に生まれトイストーリーシリーズをみて育ってきました。わたしはディズニー映画でトイストーリーが一番好きで、なおかつウッディが一番好きなキャラクターです。アンディが言っていたように「ウッディはぜったいに仲間を見捨てない」あたりまえですが1のときからずっと、一番の仲良しじゃなくても、悪い奴だったとしても見捨てたりしないのが彼なのです。もちろんアンディはウッディがこっそりしていたことなんて知らないしけど、ウッディがアンディの気持ちにずっと答えてそんな存在で続けてきたことの愛、そしてそれをしばらく遊んでいなかったウッディの目の間でアンディが声に出して伝えたことがわたしにとって報われたラストになりました。
20代女性
やはり人形同士の友情に関しては、毎シーズン釘付けになるほど濃い作品だと思うし、おもちゃならではのサイズからくる移動手段の連携は何回見ても興奮しました。その中でも私が一番好きなシーンは、溶岩の中にみんな放り投げられそうになった時に、さすがにもう助かる見込みがないとみんな確信し、もがくのを諦めてみんなで手をつないで溶岩の中に入るのをただ待つシーンがありました。まるでサムライのような覚悟のシーンをディズニー映画で観れるなんて想像もしていなかったし、何度観てもそのシーンの時は必ず涙を流しながら見ていました。心に人間もおもちゃも差なんてなく、小さい時に遊んでいたおもちゃをもっと大切にすればよかったと今になって思いました。
30代男性
私が「トイ・ストーリー3」を見た感想は、「出会いと別れ」1作目からリアルタイムで見てきた私は涙なしでは見られない作品でした。2作目のラスト「今を楽しむさ」と言ったウッディから数年後に公開された今作は、前作と圧倒的に違う点はウッディの持ち主の「アンディ」が大人に成長し大学へ進学する際に家を出る事が判明、おもちゃ箱に残されたウッディ達がどうやってアンディに触れられるかの作戦をしていて切なさを感じました。3は2にあった派手さは無いですが、その分玩具たちの新たなる旅立ちと別れが密に描かれているので、アンディがボニーに譲るシーンはとても泣けました。好きなシーンはラストアンディが車で去るシーンをウッディが見つめるシーン、そこに優しく肩をだき揺らすバズ、歩み寄る仲間達のシーンが切なく心温まるシーンで好きです。
30代男性
1と2までアンディに大切にされてきたウッディ達おもちゃでしたが、アンディが大人になりもうおもちゃとして遊ばれなくなってきたという出来事が今回の物語で、アンディのおもちゃ達のストーリー、だったのがおもちゃ達にも次のステージがやってきことを感じれるのが悲しくもあり、現実的な部分もあって面白いです。ボニーという新たな子供も登場し、おもちゃとして遊んでもらえる喜びをもう一度ウッディ達が知った場面も良かったのですが、最後にアンディがボニーへウッディを渡す際にはやっぱり少し寂しそうにしていたのが印象的でした。大人になり遊ばなくはなったものの、思い出が詰まっているので手離し難いという気持ちは自分にもあったな、と思い出しました。
20代女性
大学生になってもうおもちゃとは離れなければいけないアンディと、まだ離ればなれになりたくないウッディ達の思いが切なく描かれています。1と2ではいろいろな形での出会いをストーリーのなかに組み込んでいましたが、今作では別れをメインテーマにしているような感じがあるのが特徴的だと思います。アンディとなんとか一緒に居ようと試行錯誤を重ねるウッディたちが途中でトラブルに巻き込まれて、それを仲間たちとの絆や知恵で乗り越えていく過程はアドベンチャー映画っぽい要素もあってここは一番の盛り上がりどころで良かったです。そして終盤では、別れは悲しいことばかりじゃないというメッセージを映像とセリフだけでさりげなく伝えてくれる、粋なエンディグで素晴らしかったです。
20代男性
アンディに遊ばれなくなってしまったものの、保育園に寄付されるなら幸せなのかなと思いましたが、蓋を開けたらものすごいおもちゃの独裁政治が広がっていてドキドキしました。おもちゃの世界の話だけど、なんだか人間の暮らしをなぞらえているような感じもあってリアルさがあったと思います。ロッツォの仲間たちに見つからないようにウッディたちが必死に逃げ出すシーンは特におもしろかったです。ハラハラするような演出もたくさんで、応援しながら楽しめました。さらに、ロッツォに隠された過去もすごく悲しく、結局勧善懲悪な悪役じゃなかったというところに救いがあってよかったです。また、バズのスペイン語バージョンの情熱さには笑ってしまいました。こういう遊び心があるところも素敵だと思います。
30代女性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました