ディズニーアニメ【モアナと伝説の海】を一気見できる動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
ディズニー

この動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

 

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

今すぐU-NEXTで31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • モアナ:アウリィ・カルバーリョ/屋比久知奈
  • マウイ:ドウェイン・ジョンソン/尾上松也
  • タラおばあちゃん:レイチェル・ハウス/夏木
  • マリトゥイ:テムエラ・モリソン/安崎求
  • シーナ:ニコール・シャージンガー/中村千絵
  • タマトア:ジェマイン・クレメント/ROLLY
  • ヘイヘイ:アラン・テュディック

<STAFF>

  • 監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
  • 脚本:ジャレド・ブッシュ
  • 製作:オスナット・シューラー
  • 製作総指揮:ジョン・ラセター
  • 音楽:リン=マニュエル・ミランダ、マーク・マンシーナ、オペタイア・フォアイ
  • アニメーター:エリック・ゴールドバーグ
  • コレオグラファー:ティアナ・リウファウ

日本版エンドソング
♪どこまでも ~How Far I’ll Go~/加藤ミリヤ

あらすじ

豊かな自然に恵まれた南の楽園、モトゥヌイ。

タラおばあちゃんが子供たちに
ある伝説を語り聞かせていた。

「命の女神テ・フィティの<心>には、
命を創り出す偉大な力が宿っていた。

その<心>を半神半人のマウイが盗んだとき、
暗黒の闇が生まれた。

だが、闇がすべてを覆いつくす前に
サンゴ礁を超えて旅する者が
テ・フィティの<心>を返し、
私らを救ってくれる」と―。

そんな伝説を聞いて育った少女モアナは、
幼いころに不思議な体験をしていた。

まるで海が生き物のようにモアナに触れ、
何かを伝えようとしたのだ。

だが、モトゥヌイには
島を取り囲むサンゴ礁の外には
出てはいけないという掟があり、
航海は禁じられていた。

掟を守る村長のトゥイは、
「大海原に飛び出して、その先に何があるのか見てみたい」
という気持ちを募らせる娘のモアナに、
「海は危険だ。お前の幸せはここにある」
と言い聞かせていた。

ある日、モトゥヌイに不穏な出来事が起こり始める。

ココナッツの木が病気にかかり、
魚も捕れなくなったのだ。

それらは全て、半神半人のマウイが盗んだ
テ・フィティの<心>によって生まれた闇が、
今にもモトゥヌイを飲み込もうとしているからだった…

伝説は本当だったのだ。

「自分の心の声に従うように」
―タラおばあちゃんの最期の言葉を胸に、
自分の運命を知ったモアナは大海原へと旅立つ。

テ・フィティに<心>を返すために、
愛する島と皆を救うために―。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る
×
1ヶ月間無料
今すぐ見る

ライターコメント紹介

海に表情が見えるのがすごい、映像技術のすばらしさに感心しました。外に出ていけば危険がいっぱい、なので安全な場所でだけ暮らせばいいというのは誰にでもあるものです。でも小さな世界のみの生活はひずみを生むのです。勇気を出して飛び出していったモアナは本当にすごいです。伝説の勇者だって普通のヒト、不安を感じたり地位と名誉を得ようと頑張ったりという姿には共感出来ます。自分に嘘をついたまま逃げだしたなら今後の人生も楽しくないものに終わるでしょう。彼の心を引き出したモアナの強さ、それにこたえようとするマウイに感動です。コミカルな動きを見せてくれる彼の入れ墨も面白い、なんで動き回るのかはともかく心を表したり時には引っ張ってくれたりと頼もしい限りです。
40代女性
長距離の飛行機の中で観ました。この作品を観て私はディズニーは完全に「白馬の王子様」を捨てたと思いました。この作品の中には男女が出てきはしましたが、最後まで恋愛関係には発展しませんでした。これはディズニーのプリンセスもの中では革新的なのではないかと思いました。また、男女平等に対するのメッセージも感じ取れました。主人公のモアナは故郷の島の中で「後継者」と見られていました。そこではその性別には一切触れられていませんでした。ディズニーのプリンセスはその時代の理想の女性像を現していると言われているので、現代の欧米での理想の女性はモアナのような性格の女性なのだなと思いました。ストーリーに関してはプリンセスものにしては珍しく完全なるアドベンチャー系で普通に面白かったと思います。
20代女性
モアナと伝説の海はディズニー初と言って良いパシフィック系の主人公を出した作品です。まず一言言えることは「美化しすぎ」ということでしょうか。タトゥーや伝説を見るに恐らくはニュージーランドにたくさんいるマオリ(もしくはフィジアンあたりか?)を題材にしているのでしょうが、実際モアナのような可愛い女の子はほぼいないなぁ…でもディズニーのキャラクターデザインも相当頑張ったなぁというのが感想です。物語自体はマオリの伝説の焼き回しのようなものですが、パシフィック文化に馴染みのない人がほとんどだと思いますので楽しく映ったと思います。豚のキャラクターと鶏が可愛かったです。はじめ出てき時はハンギにされるのかな?と思っていましたがちゃんと可愛い役柄が与えられていて良かったです。
30代女性
まず、南国や海、自然が大好きなので、映像の美しさが印象的な作品でした。音楽や歌声も映像にすごく合っていて、とても癒されました。モアナやマウイと一緒に船に乗り合わせているニワトリの表情と動きがおもしろすぎて、役に立たないキャラな気もしますが、和むのでいてくれてよかったと思います(笑)海賊やヤドカリ、テ・カァとの戦いのシーンはハラハラしていましたが、なんだかんだ強そうなマウイよりもモアナの方が役に立っていて、この子1人でもいけたんじゃないの?と思わせるくらいの勇敢さでした。最後のシーンで、テ・カァがテ・フィティの姿に戻るところは、美しく壮大で見惚れました。ストーリーは他のディズニー作品に比べると印象は弱いですが、映像美のおかげで素晴らしい作品になっていると思います。
20代女性
モアナの成長していく姿と、きれいな景色に感動しました。歌も好きでした。私は自然がすごく好きなのですが、海のいろんな表情も楽しむことができました。モアナと海のやりとりもおもしろかったです。お話の中では、自分の船をこいでちょっとした冒険にでかけていていますが、最後のほうにでてくる怪物みたいな大きな人みたいなのがでてくるシーンがあります。体そのものが火山みたいで、とてもこわくて危ないのですが、ある石を返すためにそこへやってきました。その石を近づけたとき、緑の葉におおわれた、とてもきれいなおおきい女性に戻りました。そこがいちばん好きなシーンで、自然が戻っていくところに癒されました。ディズニー映画の魅力のひとつです。
20代女性
カラフルな色使いと、ポップなキャラクターが印象的なディズニーらしい作品だと思います。少女モアナが自分自身と向き合いながら、強い意志を持って、島の人々のために試練に挑む姿が、現代の女性たちにも通じる部分があり、とても面白かったです。これまでのディズニーのプリンセスシリーズとは全く違って、ロマンスが全くないというのが斬新でした。マウイとも相棒という感じで、新しい女性の生き方を象徴しているような気がします。ディズニーのすごいところは、メインの曲が必ず流行るところで、この映画も映画を見る前から何度もメインソングを聞いたことがあり、しっかりと印象に残るとても素晴らしい曲だと思います。まだ若いモアナが必死に生きる姿にとても勇気をもらえるので、この時期にこそ見てほしい作品だと思います。
30代女性
モアナの力強い歌声が印象的な作品です。何度も同じメロディーが繰り返されますが、シーンごとに歌詞が微妙に異なり、モアナの心情の変化を汲み取れるので、子供にもわかりやすい内容になっています。モアナはディズニープリンセスの中ではあまり話題にならず、どちらかと言えばマイナーなキャラクターではありますが、映画を観た途端に素晴らしいと思える映画でした。島でみんなと平和に暮らすか、危険と言われている海に飛び出すか迷うモアナ。自分の信じた道を進むことってそんな簡単じゃないけれど、やりたい事に挑戦する彼女の姿勢に勇気をもらいました。背中を押してくれるお婆ちゃんも素敵です。一歩踏み出す勇気を誰かに与えたいと思える映画です。根っからのプリンセスも好きだけど、おてんばで勇敢なプリンセスに憧れます。
20代女性
幼いころから海の向こうに憧れていたモアナは、村を救うために海に出ることになりますが、その時にモアナが歌う歌がとても素敵でした。音楽は他にもたくさん良い場面があり、そこが見どころでした。様々な困難にぶつかりながらも諦めずに、希望があることを信じて行動するモアナの姿にはとても勇気づけられました。また、海を航海するシーンはすごく爽やかで綺麗なアニメーションが印象的でした。自分の生まれた村で昔から言われていた‘珊瑚礁の向こうに行ってはいけない‘という言葉を知りながらも、海を渡りたい自分の気持ちを大事にし、行動するモアナは強くて勇気があり、冒険心に満ちた女性なのだと感じました。航海は一筋縄ではいきませんがその中でも出会いを大切に前に進んでいく姿に感動しました。
20代女性
日本では、実はあまりフューチャーされていませんが、ディズニー製作CGアニメのなかではクオリティが高く面白い映画になっていると思います。ディズニーがCGをつかって映画を作るようになったのは「塔の上のラップンツェル」ぐらいからですが、そこからアナ雪が爆発的にヒットし、ベイマックスやモアナが制作されました。ストーリーとしてはプリンセスものでありながら、冒険劇もはいっていて女の子だけでなく男の子も楽しめる映画になっています。物語を通じて、冒険にいく、勇気をもつ、自分を信じるといった自己啓発のような内容が盛り込まれている映画になっています。さらに海の表現の仕方もものすごくディズニーのクオリティの高さを感じることができます。
20代男性
ディズニーの映画なので映像がとてもきれいです。火の神と戦っているときにマウイの神の釣り針にヒビが入り、マウイは戦意喪失してしまいます。でも懸命なモアナをみて、あと1回攻撃を受けたらもう神の釣り針が使えなくなってしまう、つまり魔法が使えなくなってしまう中、火の神に立ち向かっていったところがとても印象に残っていて、好きなシーンです。ディズニーではよく主人公と動物が一緒に行動するのですが、だいたい賢いキャラクターが多い中、本当にポンコツなヘイヘイが旅のお供をしていたところが面白かったです。エサもまともに食べることができないヘイヘイ、本当にかわいいです。欲をいえば子豚のプアの出番ももっと出してほしかったです。
20代女性
はじめてみたときにメインテーマとも言える「どこまでも~How Far I’ll Go〜」で主人公のモアナのまっすぐで響くような歌声に惹かれました。島に住んでいるからこそのような通るような歌声は彼女らしさを感じました。島に住んでいて海に旅立ちたい、しかししがらみがそれを許さないといった心のうちを歌った曲が最近のディズニーらしいなと思います。他に海底の奥底に暮らすタマトアがとてもすきです。ギラギラと光り輝いていてすばらしい映像美に感動しました。楽曲もシャイニーという自分をキラキラさせたい自分はキラキラを身にまとっているんだというのが音と歌詞にのって伝わってきて、メインテーマの場面に次にすきな場面です。
20代女性
大きな海に憧れ自分を試したい、解放したいと願うのだけど、生まれ持った王女になる宿命を受け入れ大きな世界へ出ていけないモアナの葛藤が、映像美と素晴らしい音楽で表現されています。もちろんそこへとどまることをやめたモアナは広い世界へ踏み出すのですが、それこそが今のディズニーが描きたい強い女性像なのだと思います。航海で出会ったマウイと旅を通じてバディのような関係になっていくのも、現代に添ってるなと思いました。王子様を待ってるお姫様はミレニアルではないのですね。ディズニーの素晴らしい映像美、アニメは実写を超えるのかと思うほど海の表現が本当に美しいです。ハワイの山々は神様が宿っているのだと信じます。
30代女性
またあらたなディズニープリンセスがうまれてとても嬉しい気持ちになれた作品です。黒髪でふわふわで小麦色の肌、そしてとっても海が似合うおんなのこ最高に可愛かったです。プリンセスのイメージがどんどん変わっていくのをかんじました。恋に落ちたりせず、自分のやりたいこと惹かれてしますことを選ぶこと、そうしてもいいんだとモアナが背中を押してくれたような気がします。ヒーローポジションのマウイのイケメンなわけではありませんがとても魅力的なキャラクターでした。このさくひんがきっかけでタトゥーをいれているファションがもうすこし世間に受け入れられるといいなと思いました。細くて可憐じゃなくても、スタイリッシュで美声じゃなくてもそのままでいいと教わることができました。
20代女性
ディズニーでは久々の海を舞台にした物語でアナと雪の女王と同じく、劇中に様々な曲が流れており、歌声に感動する作品です。物語の中で印象に残っているのは、巨大なカニとの戦いです。巨大なカニはお調子者もので、ノリノリになるとダンスをする姿には笑いました。また、はじめはモアナだけで神の釣り針を手に入れようと頑張っていましたが、マウイも手伝うようになり、自然と友情が更に芽生えたように感じました。あとは映像作品としてのクオリティが高く、アニメとはいえ、現実を感じるくらいリアルな映像となっています。一度も見たことがない人は、映像の綺麗さとモアナの歌声を聴くためだけにでも、見る価値は十分にある作品だと感じました。
30代男性
モアナに海出ることを許さないのはしきたりか何かかと思っていたけど、お父さん自身が危険な目にあったことがあったなんて衝撃でした。しかも、モアナと同じように約束を破って海に出た結果、友人を失ったなんて、それはモアナのことを止めたくなるよなと感じました。そのことを知ってでもなお、島を救うためにと海へ出たモアナは並々ならぬ気持ちだっただろうなととてもグッときました。また、テ・カァがテ・フィティだったという結末にはかなり圧倒されました。人は心をなくしてしまうと化け物にもなってしまうのだということを教えてくれているような感じがしました。マウイの行動は良かれと思ってしたことだけれど、それが間違いである可能性もあるんだということを表しているんだろうなと思いました。戦闘シーンにはすごくドキドキさせられたし、映像も綺麗でとても素敵な映画でした。
30代女性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました