【火垂るの墓】ジブリ映画の動画レンタル配信情報!無料視聴方法のまとめ

ジブリ

【火垂るの墓】を楽しむならここがおすすめ!

\DVD宅配レンタルを30日間無料で利用しよう!/

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

その他のジブリ作品


風の谷のナウシカ


天空の城ラピュタ


火垂るの墓


となりのトトロ


魔女の宅急便


おもひでぽろぽろ


紅の豚


海がきこえる


平成狸合戦ぽんぽこ


耳をすませば


もののけ姫


ホーホケキョ
となりの山田くん


千と千尋の神隠し


ギブリーズ episode2


猫の恩返し


ハウルの動く城


ゲド戦記


崖の上のポニョ


借りぐらしのアリエッティ


コクリコ坂から


風立ちぬ


かぐや姫の物語


思い出のマーニー


レッドタートル
ある島の物語

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 辰己努 、 白石綾乃 、 志乃原良子 、 山口朱美 、 酒井雅代

<STAFF>

  • 監督: 高畑勲

 

あらすじ・解説

自らの体験をもとに書いた、
野坂昭如の同名小説をアニメ映画化。

戦争によって両親を失った
幼い兄妹がたどる過酷な運命を描く。

高畑勲監督のリアルかつ繊細な演出により、
兄妹の孤独な心情を見事に活写。

ふたりの運命を予見するような、
闇夜を照らす蛍の姿が痛烈に迫る。

また、昭和20年代の日本の生活を
克明に描写した美術・演出も秀逸。

昭和20年の神戸。

急な空襲で母が入院した、
14歳の清太と4歳の節子兄妹は、
叔母のもとを頼りに訪れる。

だがふたりの母が亡くなったのを機に
叔母は彼らを邪険にしはじめ、
清太は節子を連れて誰もいない防空壕へ。

ふたりだけの自炊生活をはじめるが・・・。

 

視聴コメント紹介(ネタバレ注意!)

子供の頃から何度も視聴している作品ですが、子供の頃と大人になってからとでこんなに印象が変わるのかと驚きます。両親を戦争で亡くした過酷な現実を生きていかねばならない4歳の節子と中2の清太を、なぜ大人達は守ってくれないのかと大人に対して憤りを感じていたのが子供の頃。大人になってからは、もちろん戦争が一番悪いのですが、中2にもなって清太はなぜ節子を守ってあげなかったのかと思ってしまいます。毎日節子と一緒に過ごしてあげるのも大事ですが、情報収集をし、学校や地域などの社会に参加し、衣食住の環境を整え、意地を張るのではなく大人の力を貸してもらう、など他にできることはたくさんあり、それらができていたら兄妹は生きていられたのではないかと。元々は裕福な家庭で愛情ある両親の下で暮らして幸せだったのに…戦争さえなければ…と何度観ても悲しくて涙が出る話です。特に自分が子供を産んで親になってから観ると本当に胸が苦しくなり、子供達の時代も平和な世の中であってほしいと祈るばかりです。
30代女性
何度か時代を経て見直すと、解釈や見方が変わるような深く味わいのある作品です。かつては、作家の野坂昭如さんの自伝的小説が原作と聞いていたため驚きました。あの、と言っては失礼ですが、論客のような野坂さんにこのような悲惨な戦争体験があったのだという事。また、主人公は野坂さんであることから、結末の駅前の少年は餓死寸前でも命をとりとめ現在に至るのだとずっと思っていたのですが、アニメでは亡くなっており、妹の霊と共に天に舞い上がっていたということにずっと後に気が付いたところです。割とショックでした。二人が成仏できず風に、夜の神戸の夜景を山のベンチから見下ろしている風景など、もっと悲しいお話だったということです。その土地ではまだ終戦を迎えていない被害者たちの霊がいるということでしょうか。
50代女性
何度見ても、何回見ても、泣かずには見ていられない名作です。戦争の記憶や体験談が日に日に風化していく中で、世界中の全ての老若男女に見せたいくらい、大切な作品です。子どもの節子がとにかく可哀想で、見ているだけで悲しくなってきます。サクマドロップスを食べているときや、そこに水を入れてジュースにしたりと、見るだけ思い出すだけで涙が出てきます。また、戦時中のリアルを描いており、ウジ虫がわいていたり、その辺に死体が転がっていたりと、二度と戦争などしてはならないと考えさせられます。節子の兄の清太も清太で一生懸命で、あの頃の男として必死になっており、見ているだけで感動できます。幼い節子の世話をできる限り頑張っており、ここでもまた心が切なくなってきます。これほど涙しながら見る作品は、他に存在しないと思います。
30代男性
これを最初に見たのは10年以上前だったと思います。丁度戦争末期の日本という題材であったことから、日本が米軍に手ひどく攻撃をされている事が戦争の悲惨さを物語っていると思います。食料にかなり困窮した事が伺えこれは子供たちに大変影響があった事が伺えます。両親も戦争を経験をした年齢ですが、母型はたまたまお米やさんだったという事で、米についてはとりあえずあったようです。戦争を死人も家も残ったという事で大変申し訳ないのですが、戦災を逃れた一家であります。最後のシーンでこの物語の主人公であるせいた君は死んでしまう訳ですが、当時こうした光景は母も覚えています。門前中町駅前で片足がなくアコーディオンを鳴らしながら寄付を貰う光景。こうした過ちを二度としないという教訓としていい作品だと思います。
40歳男性
戦争というものをもうたいがいのひとは経験していない世代になる中、知る術としてアニメーションという媒体がお勧めだとおもいますし、その中でも火垂るの墓はおすすめです。冒頭は主人公の死から始まるという斬新な構成で一体この少年に何があったのか?と引き込まれます。そこで過去の話になり決してハッピーエンドではないんだろうなと思ってみていますが、妹との仲睦まじい生活は苦しいながらもほほえましく見ることができます。そしてなんといっても火垂るの墓の名シーンと言えばドロップ飴と答える人がほとんどではないでしょうか?妹の節子がおいしそうに飴を舐めるシーンは私も大好きです。しかしそんなシーンから飴はなくなり食べるものもなくなり、衰弱して亡くなってしまう節子を見ると何度もなけてしまいます。戦争をリアルに描きながらも兄弟の人間模様を描くアニメ、お勧めです。
30代男性
涙なしでは見られない映画です。タオル必須です!海外に行くと、綺麗な建物があっておしゃれな人もいて、でもその傍で物乞いをしている人がいて、その様な街を見ていると貧富の差があるんだという事に気付くのですが、この映画を見ていると、日本もそのような時代があった事を思い知らされます。でもそのような辛い状況の中でも、節子と清太が生き抜くために力強くたくましく前へ進む姿や、ささいなことでも喜びを見つける姿、そして固い兄弟の絆を見て、胸が熱くなると同時になんだかほっこりとした気持ちにもなりました。ストーリーが進んでいけば進んでいくほど、冒頭で駅員がドロップの缶を投げ捨てるシーンが思い出され、苦しい気持ちになってしまいます。
30代女性
子供の頃見たときには、おばさんの家に疎開したときにその家の家族から兄妹はなんて酷い仕打ちされているのだろうと腹が立つ思いで見ていましたが、大人になって改めて見てみると、あのおばさんたちの態度も判るような気がします。家族とも別れ行き場所の無くなってしまった兄妹たちを受け入れてくれた事に対して兄の清太は、毎日何もせずに勤労奉仕作業にも行かず、ただ家にいるだけの生活を続けていることをおばさんに咎められて腹を立てるという子供っぽさが見ていてイライラしてきました。変なプライドからおばさんの家を飛び出し自分たちの力だけで生きて行こうする姿は大した物だとは思いますが、それが仇となり自らの首を絞めるような行為はとても稚拙に見えました。
30代男性
火垂るの墓は、非常に勉強になる内容です。当時の裕福さと貧困、人の生きるための努力や執念、大切な人を想う気持ち、時代背景、戦争というもの、辛いことの中にもある、幸せの貴重さと、ありがたさなど様々なことを教えてくれる映画です。観ていくのは、辛いものがあります。今の生活が、幸せで、恵まれているからです。そして、このような事を、2度と世の中に起こしてはならない、と強く思える作品でもあります。それを実現させるのはとてもとても難しいことではありますが。戦争というものを体験していない私たちにとって、その酷さや過酷さ、意味のなさを、少しでも、ほんの少しでも感じられたらと思い、他の人たちにも一度真剣に観てほしいです。
20代女性
子供の頃によく見ていましたが、大人になり歳を取るにつれて見た時の感じ方が変わる、そんな作品です。ただ見終わった後にはいつも虚しい気持ちになるところは変わりはありません。私は生まれも育ちも神戸育ちで今は作中に出てくる御影公会堂の近くに住んでいます。今現在ほとんどの人が笑って暮らしているこの街とほたるの墓で見る街と照らし合わせながら見て、やっぱり今の時代に生まれて、生きていて苦しく悩むこともあるけれど死と隣り合わせではないこの生活は本当に恵まれているのだなと感じました。作品を見ていてとても悲しく辛くなりますがこういった作品を戦争を知らない世代が見て戦争は恐ろしいものでしてはいけないものと感じる人が増えていけばいいなと思います。
30代男性
アニメーションでありながらも、戦争当時の風景や人物などの描写が細部まで描写されていた所が良かったです。その時代の暮らし方や雰囲気が、とてもリアルに伝わってきました。まるで、実写映画を見ているようでした。しっかりしていながらも大人の助けを必要としている兄の清太と幼い妹の節子が、戦時下の中で様々な災難や困難に見舞われてしまうことは現代では考えてられないことです。皆が生き残ることに必死で、なかなか幼い兄妹に救いの手を差し伸べることができない状況に悲しくなります。そんな中でも、前向きに何とか生きようと頑張る2人がとても健気に思えました。大変な状況にありながらも兄妹の互いを思いやる気持ちに、思わず感動してしまう映画でした。
30代女性

————————————————————————
本ページの情報は2020年3月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました