【劇場版 ソードアート・オンライン(SAO) オーディナル・スケール】アニメ映画の動画配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
SAO U-NEXT

【劇場版 ソードアート・オンライン(SAO) オーディナル・スケール】の
動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

レンタル配信

今すぐU-NEXTを31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」でフル動画配信しています。

今すぐU-NEXTを31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

その他の SAO シリーズの作品

SAO
ソードアート・オンライン I(SAO)

SAO
ソードアート・オンライン ExtraEdition

SAO
ソードアート・オンライン II

GGO
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(GGO)

SAO
劇場版 ソードアート・オンライン(SAO) オーディナル・スケール

SAO
ソードアート・オンライン アリシゼーション

SAO
ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld

SAO
ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld -THE LAST SEASON-

 

キャスト・スタッフ

 

<CAST>

  • キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞
  • アスナ(結城明日奈):戸松遥
  • ユイ:伊藤かな恵
  • リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈
  • シリカ(綾野珪子):日高里菜
  • リズベット(篠崎里香):高垣彩陽
  • シノン(朝田詩乃):沢城みゆき
  • クライン(壷井遼太郎):平田広明
  • エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴
  • 茅場晶彦:山寺宏一
  • ユナ:神田沙也加
  • エイジ:井上芳雄
  • 重村:鹿賀丈史

<STAFF>

  • 原作イラスト・
    キャラクターデザイン原案:abec
  • 監督:伊藤智彦
  • 脚本:川原礫/伊藤智彦
  • キャラクターデザイン・
    総作画監督:足立慎吾
  • 音楽:梶浦由記
  • 制作:A-1 Pictures
  • 配給:アニプレックス
  • 製作:SAO MOVIE Project
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

あらすじ

SAO C SAO SAO SAO SAO

2022年。
天才プログラマー
茅場晶彦が開発した
世界初のフルダイブ専用デバイス
≪ナーヴギア≫――

その革新的マシンは
VR(仮想現実)世界に
無限の可能性をもたらした。

それから4年・・・・・・。

≪ナーヴギア≫の後継VRマシン
≪アミュスフィア≫に対抗するように、
次世代ウェアラブル・マルチデバイスが
発売された。

≪オーグマー≫。

フルダイブ機能を排除した代わりに、
AR(拡張現実)機能を
最大限に広げた最先端マシン。

≪オーグマー≫は覚醒状態で
使用することが出来る
安全性と利便性から
瞬く間にユーザーへ広がっていった。

その爆発的な広がりを牽引したのは、
≪オーディナル・スケール(OS)≫
と呼ばれる≪オーグマー≫専用
ARMMO RPGだった。

アスナたちもプレイするそのゲームに、
キリトも参戦しようとするが・・・・・・。

 

 

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(レンタル)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る

(レンタル)
1ヶ月間無料
今すぐ見る

視聴者コメント紹介(ネタバレ注意!)

私は、オーディナル・スケールを見る前アニメを全て見ていました。私がいわゆる深夜アニメというものにハマったきっかけがSAOでした。SAOの第1話を見た時は衝撃を受け、自分の世界観が変わったと感じました。なので、今回の映画化はとても嬉しく、期待感も相当なものがありました。映画では、ストーリーの内容がとても掘り下げられており、この内容であれば、アニメのワンクール行けるんじゃないかと思うほどの内容でした。これからの未来、自分たちの世界にもこのようなゲームができる時代が来るんだろうなと想像を掻き立てていました。アニメでは見れなかったアインクラッド第100層のボスがでてきたり、ナーヴギアに変わる新たな機械が出てきたりととても面白かったです。また、私が映画を見た時、特典が映画に関する小説でした。映画のオリジナルキャラクターについての100ページ程の小説でした。映画を見たあと、この小説を読み、あの時の言動の意味はこういう事だったのかなどと理解が深まりとても良い特典でした。また、LiSAさんの主題歌、映画の挿入歌共にとてもよく、映画を観終わったあと、何回もリピートしました。今回のオーディナル・スケールは細かいところまでこだわっていることが伝わってきて、とても楽しませて貰った映画でした。
20代男性
まずこの作品で注目すべきは、”実際に再現されるであろう現実とバーチャルの融合世界”であることです。昨今、VRが主流になりつつあるゲームや医療業界ですが、今作はその影に霞んでしまっているARが話の主軸になっています。VRよりARの方が現実に及ぼす影響が大きいということが表現されていて、ただの人気アニメの劇場版ではないと言うところがメッセージ性がありとてもいいと思いました。SAOファンの視点からすると、アインクラッド編で到達し得なかった100回層目のボスが出現したこと。キリトが今まで築いてきた仲間との絆を武器に、仲間と共にバーチャルと現実を融合したかたちでゲームアバターの姿になり、協力して戦うシーンがとても熱い展開で素敵でした。
20代男性
今までのSAOの物語はVRと言われる仮想現実の世界で繰り広げられてきましたが、このオーディナルスケールという作品ではオーグマーと言われる機械を使い、ARと言う拡張現実の世界の中で進んでいきます。このAR技術は実際にポケモンGOなどで使われているので、劇中でのキリトやアスナ達のの活躍がとても身近に感じることができます。東京を舞台としているので、キリトが代々木公園で戦っているシーンなどは興奮間違いなしです。勿論、ゲームの世界から現実の世界に活躍の場を移したからと言って、キリトのカッコいい所が失われることはないので安心してください。むしろ、最初ARでの戦いに乗り気が無かったキリトがだんだんと参戦していく姿はとてもかっこいいです。戦闘の作画も素晴らしく、脚本も感動する内容です。主題歌のcatch the momentは最高にカッコいいのでぜひしっかりと聴いていただきたいです。様々な魅力があるオーディナルスケールをぜひ一度ご覧ください。
10代男性
まりの面白さに人生で初めて同じ映画を2回映画館で見た作品です。マルチウェアラブルデバイスのオーグマーが物語の主軸にあるのですが、これが現代にあったら絶対にほしいと思える素晴らしいものでした。特にARゲームのオーディナルスケールは現実世界にいながらゲームの世界に入れる、というある意味子供のころからの夢を叶えられるようなゲームです。めちゃくちゃやってみたいです。ストーリーの中で一番印象的だったのは、ラストバトルです。アインクラッド第100層のボスとの戦いは、大迫力でめまぐるしく色々なキャラクターが活躍するので瞬きする暇がありませんでした。その中でも、アスナがマザーズロザリオを放つシーンはぐっときました。ユウキがアスナを助けてくれたことを思うと自然と涙が溢れました。この作品はBDを購入して何度も見ていますが全く飽きません。僕の人生の中でもトップレベルに好きな作品です。
20代男性
本編では登場することがなかったSAOの最上階のボスとの戦闘シーンが特に印象的でした。チート級の強さを誇るボスとの戦闘は迫力満点です。今まで登場してきたキャラクター全員でボスに挑むシーンは胸が熱くなりました。シノンの衣装がアルヴヘイムのものではなく、ガンゲイルのものであったことがすごく嬉しかったです。私はシノンが一番のお気に入りキャラクターですが、ガンゲイルの時のかっこいいシノンが好きなので、ガンゲイルの衣装だった時はガッツポーズをしてしまいました。そして、記憶喪失のアスナがユウキから受け継いだ連撃技を繰り出すとき、アスナの後ろにユウキの姿が見え、それに号泣してしまいました。その時のアスナにはユウキの記憶もないですが、きっと記憶よりももっと深いところでユウキを覚えているのだと感じ、涙がぼろぼろこぼれ落ちてしまいました。ストーリーも作画も音楽も、全てが最高レベルの映画だと思います。
10代女性
ゲームの世界から見事に生還した人たちだけが通える学校で青春していたキリトたちが、また新しいゲームに巻き込まれていくのには正直ワクワクしました。今までキリトたちがゲームの中で戦ってきたモンスターも登場するだけでなく、新たなキャラクターのユナとエイジも魅力的で面白かったです。でも、2人のSAO内での恋が叶わず、ユナを健気に守り、愛したエイジと、そんなエイジをユナも想っていたことが分かるラストには本当に涙が止まらなくなるぐらいに感動しました。エイジとキリトの戦い、ユナの歌は綺麗で格好良かったです。ユナにもう一度会いたかったエイジと、娘を大事に思うが故に過ちを犯した父親の気持ちが痛いほどに伝わってきて泣けました。
20代女性
SAOの映画化ということで、新しいテクノロジーや派手なアクションを期待して観ました。今回はVRではなくARによる現実世界に仮想空間を置く面白いシステムで、今でいうポケモンGOをよりリアルにしたものでした。ところどころでキリトとアスナがイチャつくシーンが鼻につきましたが、まあ本筋とは関わりない…クソ!(本心)さて、今作の一番の見どころは、めちゃくちゃ盛り上がるクライマックスのシーンなのですが、ネタバレを伏せて言うとここにこれ持ってくるとか反則だろ!ってくらい感情が高ぶり熱くなれました!今の日本だと安全性や設備上の問題から頑張ってもVRが限界だと思われますが、近い未来、こういう事もできるんだという夢と現実が上手く入り交ざった仕上がりでした。
30代男性
アスナ好きの私としては、アスナが戦えないことに物足りなさを感じるかと思っていたのですが、アスナの記憶を取り戻すため、代わりにキリトが奮闘する姿に胸が熱くなりました。でもやっぱり一番好きなシーンは、アスナが戦う最後の戦闘です。SAOシリーズではマザーズロザリオ編が一番好きなので、「今の私にできること」というセリフと共にユウキの姿がダブりマザーズロザリオを撃つところは何度観ても涙が出ます。ストーリーとしては初期のSAOが主軸になっているので、二番目に初期のSAOが好きな私としては非の打ち所がないくらいに素晴らしい作品でした。神田沙也加さんの透き通るような歌声も、見所の一つです。神田さんファンの方はSAOを知らなくても観るべきだと思います。
30代女性
これまでのテレビシリーズのキャラクターがどんどん登場し、最後には世界の垣根を越えて共闘するという展開が熱かったです! SAOで本来予定されていたラスボスがお目見えになったのもファンとしては嬉しかったですね。あれにSAOメンバーだけで勝つ事なんて出来たのだろうかと、そう疑問に思ってしまう圧倒的な強さでした。今回生き残れたのは本当にALOやGGOのメンバーのおかげだと思います。またVRとは違って現実世界に居ながら仮想世界の気分を味わえるARの描写にワクワクしましたね。現実にあんな風なRPGごっこをするのはまだ不可能でしょうけれど、いずれARがもっと身近な技術になっていってくれると楽しいなと、そう思わされる映画でした。
30代男性
100層のボスとかいうダンジョンクリア後の隠しキャラ的なラスボスとか勝てる気がしない感満載で凄かったです。HPゲージ多すぎって思いましたよ。全然ダメージ入らないし、しかもユグドラシルっぽい木で回復するし絶望感半端無かったです。けれども、これまでの仲間が集まってくるシーンで、ここはSAOの世界ではもう無いんだなって感じが良かったです。妖精キャラクターがいっぱい来たり、シノンの狙撃があったりとか大集合流石でした。そして、キリトが二刀流でダメージを与えた後の、アスナの回転斬り、しかもここでユウキの思念体がアスナと一緒に斬りかかるシーン最高に悶ました。ここのアクションシーンのカット割本当に好きです。
20代女性
エイジのキャラクターデザインが超絶好みでした。めっちゃ格好良いし、二十歳超えたイケメンキャラクターってあんまりSAOではいなかったので凄い好きになりました。お酒飲んでるシーンとか良かったです。これで、声が声優さんだったらもっと良かったのですが。セリフも結構多かったのでそこがちょっと残念です。けれども、戦闘シーンに全く文句はないです。パワードスーツを着ているからこそのスピード感や強さ、キリトととの真っ向勝負とか最高に感動したアクションシーンでした。ユナのために闘うと決めた表情とか、作画最高に良かったです。映画だけではなくて、アニメでも登場しないかなって期待しちゃいました。よろしくお願いします!
20代女性
とにかく、音楽が本当に良かったです!!映画ではユナが実際に歌っているシーンのアニメーションも良かったですし、挿入歌5曲も梶浦由記さん感が全面に出ていて好きでした。特にlongingが戦闘シーンとマッチしていて良かったです。ユナ自身本当に可愛らしいキャラクターデザインで、声も神田沙也加さん違和感無かったですね。個人的は重村悠那ことYUNAとエイジことノーチラスのSAO時代の過去シーンで感動で泣いてしまいました。映画では数枚YUNAがゲーム内で生きていた頃のカットが流れるんですが、そのどれもがYUNAが笑顔で生き生きとした作画で、故人となってしまったことでエイジがどれほど辛かったのかと考えさせられました。
20代女性
敵側の策略により、クラインが負傷し、シリカらもピンチんに陥る展開にハラハラしました。巨大で迫力がある敵モンスターを討伐するシーンは、テレビシリーズ以上にエフェクトをはじめとした作画に凝っていて美麗な完成度を誇っていました。剣と剣が交わるちゃんばらシーンの格好良さもすごく、大人が見ても胸が熱くなると思います。バトル展開はもちろん最高ですが、キリトとアスナの恋模様も、テレビシリーズよりも一歩踏み込んで描かれます。ラストシーンで二人が星空の下で愛を確認しあうシーンには胸がキュンとなります。そこで流れるLiSAさんの主題歌も名曲過ぎました。劇場版の特別なサービスカットとして、アスナの入浴シーンも盛り込まれています。これが目の保養となって大変良かったです。
30代男性
ゲストキャラクターの歌姫が大変可愛らしく、演技と歌唱パートは神田沙也加さんが担当していました。どちらもさすがの仕事でした。歌とバトルの要素が交錯するSF映画の名作でした。後半で展開するバトルシーンでは、アニメ二期の最後にアスナがユウキから受け継いだオリジナルスキル「マザーズ・ロザリオ」を発動します。アスナの後ろにユウキの魂が映し出されるシーンに泣けました。テレビシリーズでアスナとユウキの絆を知っていると一層楽しめるシーンで、ここに一番ファン泣かせの仕掛けが見れました。キリト、アスナの援護として、オールキャラクターが総出演して活躍する展開に胸が熱くなりました。LiSAさんの歌う主題歌にも胸を熱くされ、音楽面でも傑作でした。
30代男性
今回は、テレビシリーズの舞台だったネット世界を離れ、現実世界でリアルなアトラクションが展開するという物語でした。既存シリーズとはやや趣向をかえた作風となっていたのが特徴的で、それゆえ新鮮味があって楽しめました。現在でいうところのVRスコープのような装置「オーグマー」を使うことで、現実世界にいながらも、公園やスーパーに恐竜やその他の化け物が出現し、キリトたちが現実世界でも会って共闘するのが面白かったです。ネット世界では最強だったキリトも、現実世界では体がなまっています。そのために序盤ではチームの仲間から遅れをとり、ゲーム順位もすごく下だったのが意外でした。戦闘シーンの迫力がとにかくすごく、美しくもありました。
30代男性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました