【魔女の宅急便】ジブリ映画の動画レンタル配信情報!無料視聴方法のまとめ

スポンサーリンク
魔女の宅急便 ジブリ

【魔女の宅急便】を楽しむならここがおすすめ!

\DVD宅配レンタルを30日間無料で利用しよう!/

動画配信・レンタルサイト 視聴方法
宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

 

アニピヨでは、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
アニピヨライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

 

今すぐTSUTAYA DISCASを30日間無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し

1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

その他のジブリ作品


風の谷のナウシカ


天空の城ラピュタ


火垂るの墓


となりのトトロ


魔女の宅急便


おもひでぽろぽろ


紅の豚


海がきこえる


平成狸合戦ぽんぽこ


耳をすませば


もののけ姫


ホーホケキョ
となりの山田くん


千と千尋の神隠し


ギブリーズ episode2


猫の恩返し


ハウルの動く城


ゲド戦記


崖の上のポニョ


借りぐらしのアリエッティ


コクリコ坂から


風立ちぬ


かぐや姫の物語


思い出のマーニー


レッドタートル
ある島の物語

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 高山みなみ
  • 佐久間レイ
  • 戸田恵子
  • 山口勝平
  • 加藤治子

<STAFF>

  • 監督: 宮崎駿
  • 製作: 徳間康快 、都築幹彦 、 高木盛久
  • 脚本: 宮崎駿
  • 原作: 宮崎駿 、 角野栄子
  • 撮影: 杉村重郎
  • 音楽: 久石譲

(C)1989 角野栄子・二馬力・GN

あらすじ

魔女の宅急便 魔女の宅急便 魔女の宅急便 魔女の宅急便 魔女の宅急便 魔女の宅急便

「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」の
宮崎駿監督作品。

魔女の少女が、
魔女になるための修行をしていく過程で、
様々な経験を積み成長していく姿を描いた
長編アニメーション。

13歳の魔女キキは、
古い一族の掟に従い、
黒猫ジジと修業の旅に出る。

そして、海辺の大きな街で修行をすることに。

箒で飛ぶ以外に能がないのキキは、
空飛ぶ宅急便を始める。

しかし、最初の仕事で
いきなり荷物を無くしてしまう……。

 

視聴コメント紹介(ネタバレ注意!)

『魔女の宅急便』は子ども~大人まで楽しめるアニメ映画だと思います。ホウキに乗って空を飛ぶかわいらしい魔女キキ、同じくかわいい猫の相棒ジジがいることなどキャラクターがとても魅力的です。独り立ちするのに修行しに行った街で出会った人々も魅力的で、パン屋のオソノさん夫婦やおばあさん、空を飛ぶことを夢みるトンボ等々、キキやジジを応援しあたたかく支えてくれる人達がいて挫折し落ち込む時期を乗り越えて成長していく過程が観ていて勇気づけられます。また、オープニングとエンディングの荒井由実の主題歌がまたあたたかい感動を感じさせてくれる役割をしていると思います。何度みてもラストのトンボを救出するシーンはハラハラしますし涙をながし感動します。
30代女性
ジブリ作品の中では、となりのトトロの次に好きなのがこの魔女の宅急便です。主人公役のキキ役の高山みなみさんの大ファンであったこともこの作品は今観ても楽しく自分の中ではベスト10に入るほど好きなアニメ作品です。しかも高山みなみさんは、この作品では2役を演じていて凄いと思いました。当時は高山みなみさんが、まさかウルスラも演じていたのには気が付かなかったです。しばらくしてから、その事実を知って驚きました。それとこの作品は、曲がとにかく良いです。オープニングの「ルージュの伝言」、挿入歌の「めぐる季節」、さらにエンディングの「やさしさに包まれたなら」はどれも心にがつんとくるほど良い曲です。特に「めぐる季節」には癒されます。以上の理由から、自分の中では魔女の宅急便は間違いなく名作です。
40代男性
宮崎駿さんの作品で自分の中では一番名作だと思えました。子供の頃に初めて観て感動して、大人になってから再放送でまた観て、最近は自分の子供と一緒にまた観ました。何度観ても感動的でストーリーもまとまった構成になっていて面白い内容だと思います。最初の父親と抱き合って父親がキキの成長を実感して持ち上げるシーンはうちの子供にも印象に残るようでよく家で娘にまねされてしまいます。知らない街で偶然出会ったパン屋がいい人ばかりで少し出来すぎ感はありましたが、そこに行き着くまでのキキがちょっと新しい街になじんでいない雰囲気もきれいに自然な流れで描写されていて素敵でした。子供の頃に観ていたときは猫の声が聞けなくなった理由は分からずに観ていましたが、大人になってから観るとシーン一つ一つにちゃんと意味があることが分かり興味深い内容に感じました。最後は昔ながらのモップを使って泥臭くもトンボを無我夢中で助けるシーンは本当に感動的でした。
30代男性
魔女の宅急便は、子供の頃から何度も何度も繰り返し観ている数少ない作品の中の一つです。観る度に心がリセットされる気持ちになれる作品なので、自分にとってとても大切なアニメ映画です。家族や友人たちから離れ、自分一人で住む場所を決めて0から生活を整えていく主人公キキの姿は、若さゆえに無鉄砲者として突き進んで行けるという典型的な姿で、30代になって改めて観ると、とても眩しいなと思います。自分に出来る事を最大限に生かして、開業をする、新しいコミュニティーの中に入っていくキキの姿は、ティーンエイジャーとはいえど芯のある姿でかっこ良いです。それとは対照に、トンボという男の子を前にすると、普通の恋に不器用な女の子になってしまい、その対比がまた可愛らしいのです。
30代女性
全体を通して、空を飛ぶシーンが夢があって好きです。また、綺麗な海や街などの景観がこの物語の魅力で、子供から大人までロマンを持って楽しめる作品だと思います。主人公が少しずつ成長していくところは、登場人物とのエピソードの温かさもあいまって、涙します。新しい環境で頑張ろうと思う時にはこの作品を見たくなります。ジジが最後のほうで言葉を話さなくなってしまったとき、最初は悲しい気持ちになりましたが、よく考えると、キキが大人になって成長したという意味なのかなというふうにも思いました。一見すると悲しいお別れや変化が人生では何度も起きるけど、変わることを恐れずに生きていきたいなと感じました。そういうことがこの作品のメッセージでもあるのかなと思います。
30代女性
魔女見習いのキキの奮闘ぶりが素晴らしい作品だと思いました。キキもかわいいですが、飼い猫のジジが可愛すぎます。先輩魔女の飼い猫に惚れるところや、犬に懐かれて汗だくになるところなど、キュートな面がたくさんあります。可愛らしさだけでなく、魔法が使えなくなったり、冷たい届け先の人に出くわしたりして、挫折の面もしっかりと描いています。そこから少しずつ立ち直って、トンボの窮地を救っていく姿には、一人の少女の成長記録としてとても見応えがありました。アニメーションかつファンタジー作品なのに、ドキュメンタリーをみているような感覚になりました。一つの主題歌の「やさしさに包まれたなら」も映画のコンセプトに合っていて、この作品の魅力の一つであると感じました。
20代男性
魔女の宅急便は言わずと知れた宮崎駿監督のジブリ映画です。私も何回も見ております。魔女見習いのキキが修行のため知らない街で暮らすというところから始まり、海に囲まれた街のパン屋さんにホームステイしながらほうきになって空を飛んで宅急便をして様の人と触れ合いなながら、成長していくというお話です。思春期の女の子が挫折したりしながら成長していくという部分がうまく描かれているなーと感心してしまうのですが、街並みやインテリアの雰囲気に可愛らしくて憧れている女性も多いと思います。終盤でキキはスランプに陥って食べなくなってしまうのですが、相棒の黒猫ジジがしゃべれなくなるのが結構ショックで、最後までもう喋ってくれないのがちょっと悲しいです。好きなシーンは沢山ありますが、あえてあげるなら、最後のモップで飛んでトンボを助けるシーンです。キキがスランプを、抜けてかっこよく飛んでトンボを助ける瞬間が爽快感と達成感があって好きです。子供から大人まで楽しめる作品だと思うので、もう少し娘が大きくなったら一緒に見たいと思っています。
30代女性
ジブリ 作品の中でトトロにつぐお気に入り作品の一つですでに10回以上は観賞しています。テンポのよいストーリーと老若男女誰でも楽しめる内容になっています。やはりキキのキャラクター性が一番引き込まれるところではないでしょうか?あの前向きな感じと元気さで見ているこちらも元気になれますね。途中で挫けそうになりながらも成長していくキキに元気付けられた人は多いのではないでしょうか?あと音楽もやはり最高ですね。ユーミンさすがです。空を飛んでるシーンが個人的には大好きです。どういう終わり方になるかが最初は気になりましたが、飛べなくなったというアンハッピーな結末もなんともいえない感情になります。さすがジブリ ですね。
30代男性
親元を離れて魔女として独り立ちをするため13歳という年齢で修行の旅に出る事になるのですが、公開当時見た時は13歳といえば随分とお姉さんだなと子供の頃の自分のはそう思っていましたが、大人になり改めて見てみると13歳という年齢はあまりにも幼くて子供だなと思いました。魔女としては空を飛ぶこと以外、あまり得意ではないキキが唯一の長所を生かして宅配便の仕事を始める事になりますが、後に魔力が弱くなってしまい空を飛べなくなってしまったときに魔女としての自分の存在意義を見出せないでいる所はとても心が打たれました。ラストで飛行船の事故でトンボを助けなければならなくなった時、必死に魔力を絞りだそうとしている場面は何とかしてトンボを助けたいという思いが伝わって来て絶妙な演出だったと思います。
30代男性
ジブリシリーズの中でも、落ち着いてゆっくり見られる作品だと思ってます。魔女のキキが一生懸命に頑張っている姿を見て、心が癒されます。別にすごい魔法使いというわけではなく、かなり未熟で、魔法が使えなくなったときにデッキブラシで必死になっているのを見ると、少し泣けてきます。個人的には、マスコットキャラのようなジジも良かったです。真っ黒くて独特な喋り方をしていて、キャラとして他にはないユニークさがありました。ジブリのアニメの中でも雰囲気が異なるところが好きです。また、楽曲が最高なのも、この魔女の宅急便がここまで人気になった理由の一つだと思います。松任谷由実さんの「ルージュの伝言」と「やさしさに包まれたなら」ですが、今でもこの曲をふらっと聞くと、必ず魔女の宅急便を思い出すくらいです。のどかな街を描いた作品の演出や世界観と、落ち着いたこの二つの曲が完全にシンクロしていて、とても完成度の高い内容でした。
30代男性

 

————————————————————————
本ページの情報は2020年3月20日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。
————————————————————————

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました