【とある科学の超電磁砲 T】の動画配信情報!無料視聴方法と最新話見逃し配信のまとめ

スポンサーリンク
2020年冬アニメ

【とある科学の超電磁砲 T】の動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(見放題配信)

31日間無料
今すぐ見る

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、全話フル動画配信しています。

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!
  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品14万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事でわかりやすくまとめています。

U-NEXT(ユーネクスト) 実はお得な月額料金を分かりやすく解説!無料期間や作品数・特典のメリットを比較
\U-NEXTを31日間無料で見よう!/ 月額料金 月額2,189円(税込み) 31日間無料 作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い! ...

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 御坂美琴:佐藤利奈
  • 白井黒子:新井里美
  • 初春飾利:豊崎愛生
  • 佐天涙子:伊藤かな恵
  • 食蜂操祈:浅倉杏美

<STAFF>

  • 原作:鎌池和馬+冬川基
  • キャラクター原案:はいむらきよたか
  • 監督:長井龍雪
  • シリーズ構成:ヤスカワショウゴ
  • アニメーションキャラクターデザイン:田中雄一
  • 美術監督:泉健太郎
  • 色彩設計:安藤智美
  • 撮影監督:福世晋吾
  • 編集:西山茂(REAL-T)
  • 音響監督:明田川仁
  • 音楽:井内舞子
  • アニメーション制作:J.C.STAFF

(C) 2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT-RAILGUN

あらすじ

総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。

その人口の約八割を学生が占めることから、
「学園都市」と呼ばれているその都市では、
世界の法則を捻じ曲げて超常現象を起こす力――
超能力の開発が行われていた。

特殊な授業カリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、
定期的な『身体検査システムスキャン』によって、
『無能力レベル0』から『超能力レベル5』の6段階に評価されている。

その頂点に立ち、最強と謳われるのが、
7人の『超能力者』たちである。

そのひとり、御坂美琴。

電気を自在に操る『電撃使いエレクトロマスター』
最上位の能力者にして、『超電磁砲レールガン』の異名を持つ彼女は、
名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。

後輩で『風紀委員ジャッジメント』の白井黒子。

その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、
都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。

そんな仲間たちとの、平和で平凡で、
ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、
年に一度の一大イベントが迫っていた。

『大覇星祭』。

7日間にわたって開催され、能力者たちが
学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。

期間中は学園都市の一部が一般に開放され、
全世界に向けてその様子が中継される
にぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。

その華やかな舞台の裏側で蠢くものには、まったく気づくこともなく――。

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(見放題配信)
31日間無料
今すぐ見る
×
14日間無料
今すぐ見る

(見放題配信)
1ヶ月間無料
今すぐ見る

各話紹介

第1話 超能力者(レベル5)

学園都市すべての学校が参加して7日間にわたって開催され、
全世界にその様子が配信される『大覇星祭』。
一大イベントを前に街中がお祭りムードの中、
美琴と初春、佐天は『残骸(レムナント)』事件で
重傷を負った黒子を見舞う。
黒子は入院中にもかかわらず自分のせいで美琴が
『大覇星祭』を楽しめないのではと気に病んでおり、
3人は心配せずにはいられない。
しかも黒子は早々に退院して『風紀委員(ジャッジメント)』の
巡回に参加すると息巻いていると聞き、
初春は黒子の分まで頑張らねばと張り切ることに。
そんな日常の裏側では、『大覇星祭』の開会式で
『超能力者(レベル5)』に選手宣誓を
させようという企てが持ち上がり、
さっそく7人への打診が試みられて……。
新作1話ということで、恒例の自己紹介的な流れで多くの主要キャラクターが出てきて豪華だなと感じました。物語冒頭で短パンのくだりを回収したのは良かったです。最近は番外編が多かったので忘れがちだったレベルファイブについても思い出せ、やっぱりそれぞれに癖のあるキャラクターたちだなと改めて思いました。体育祭のようなものを舞台としているので、そこにどう敵の思惑が絡み合ってくるのかこれからの展開が楽しみです。年月がたち御坂さんの演技も心なしか大人っぽくなってきて色々な表情が見られるなと思いました。ベテラン声優陣がもともと多い作品なので、これからどのキャラクターがひょっこりと姿を現すのか楽しみに待っています。
20代女性 やや満足 ★★★★★
1話目から、懐かしのキャラから主要メンバーまで、テンポ良くポンポン出てきて、あっという間でした。各キャラの顔見せとしては最高のスタートだったと思います。美琴を筆頭にレベル5のキャラが全員出てきたのはビックリしましたし、軽くレベル5のキャラ紹介のような感じで、初めて見る人も付いて来れる内容だったと思います。第6位の名前もでましたが、今後のストーリーにも出てくるのかなと思いますし、どんな能力なのか気になります。アクションシーンも迫力があり、今回も期待できる作画だなと感じました。特に最後に美琴が鉄骨にレールガンを放つシーンはさすがカッコ良かったです。またOPのfripsideの曲もレールガンに合っており盛り上がれました。
40代男性 とても満足 ★★★★★
とあるシリーズの超電磁砲3期アニメ化が決まって、本当に待っていたので、本当に観れて嬉しいです。動く御坂美琴がまた観られると思って期待していました。オープニングは、安定のfripSideで、落ち着きますね。アニメ映像と曲が合っていて凄く良かったです。相変わらず、美琴は格好良いし、先にアニメ化した禁書目録3期でちょっとしか出てこなかった暗部のキャラクターも出てきて喋っていて嬉しかったです。垣根帝督のチームメイトとかフレンダがまだ生きているんですね。黒子が入院していると思ったら、時系列的には、レムナントの後なんですね。納得しました。食蜂操祈が相変わらず猛威を奮っていて流石です。これからが楽しみですね。
20代女性 とても満足 ★★★★★
前作から約7年もう、続編の放送はもうないのかなと半ば諦めかけていましたが、まさか続編が作られるとは思いもよりませんでした。前作から時間がかなり経ってしまっていたため、その間に禁書目録の本編とスピンオフの一方通行が放送されていたので時系列が良くわからなくなっていました。今回、視聴にあたりその辺りの時系列をもう一度、確かめておかないとわからない部分があったので苦労しました。禁書目録では居なくなってしまったキャラクターがこちらには出ていたりしたので、その辺りが少し戸惑いました。この辺りをもう一度、調べ直してから視聴するというのも今作品の一つの楽しみではあるとは思います。一話をみて御坂さんが活躍するシーンは長い間待っていた甲斐があったと思いました。
30代男性 とても満足 ★★★★★
一言でいうと「学園都市lv5が大集合」という感想です。今回学園都市で”大覇星祭”という一大イベントが開催される事となります。その宣誓をどうせなら学園都市がほこるlv5の能力者にお願いしたいという事となり、lv5各能力者に依頼しました。これを機会に各能力者の顔見せが行われたという感じです。シーズン1とシーズン2も私は全部見てきましたが、出来たlv5能力者ってアクセラレーター、御坂美琴、麦野沈利、食蜂操祈の4人です。lv5って七人いてるので、半分ぐらいしか見た事ないんですよね。ところが今回は第二位・垣根帝督や第七位の削板軍覇なんかも登場しましたし、これは面白そう。今までlv5能力者同士の対決ってあまりありませんけど、大覇星祭という舞台ではバトルシーンもみられそうですし今シリーズは面白そう!と感じられる内容でした。
30代男性 とても満足 ★★★★★

 

第2話 大覇星祭

無事(?)開会式を終え、ついに始まった『大覇星祭』。
またしても佐天はとある都市伝説――
『不在金属(シャドウメタル)』の話を聞きつけてきて、
黒子に大目玉を食らっていた。
一方、美琴は本来なら黒子と一緒に出場するはずだったペア競技に、
黒子本人の計らいによって婚后との風神・雷神コンビで出場することに。
最初の競技となる二人三脚では、対戦校から激しくマークされながらも、
能力の使い方に一日の長を見せつけて、さっそく大活躍する。
そんな能力者同士が繰り広げる競技を学園都市内外の観客が
楽しんでいる中、裏側でなにかを企むものの姿があった――。
開幕での、月詠先生に萌えました。選手宣誓では案の定、削板が暴走しだして面白い展開になっていったのですが食蜂さんが振り回されるという個人的にはレアだなと感じる一面を見ることが出来て良かったです。レースでは婚后さんの安定のレズっぷりが面白かったです。声といい仕草と言い何から何までドストライクのキャラクターなのでこれからも出番が増えていってくればなと思っています。御坂母も久しぶりに出てきており、懐かしさを感じました。所々にシスターズの出番もあって可愛かったです。特に良かったのが自虐的にツンデレをまねしたシーンが素晴らしく棒読みながら、キュンとくるツンデレを披露していて萌えました。
30代男性 とても満足 ★★★★★
街並みやキャラクターまで作画が大変綺麗でした。固法先輩や御坂美琴のお母さんら懐かしのキャラクターが登場して嬉しかったです。今回だけ結成の常盤台の風神雷神コンビの二人が美しかったです。大覇星祭が派手に開幕した裏では、謎の組織が暗躍してこのお祭りに何かの騒動を加えようとしているらしいと分かります。佐天涙子が出会った謎のヒロインが怪しいと思えました。平和に見えても、お祭りの裏で邪悪な組織がうごめいているようなので、彼らの企みが何なのかが気になりました。食蜂操祈も気になるキャラクターでなにを考えているのかわからないのでとても気になります。普段の制服とは違って体操服で登場するヒロインたちが美しいと思いました。
20代女性 やや満足 ★★★★☆
ついに始まりましたね大覇星祭編!!先に漫画を読んでいたので本当に期待していました。もう、圧巻の能力者バトルは流石としか言いようがないですアニメ化してくれて本当にありがとうございます!!けれど、選手宣誓が第5位食蜂操祈と第7位削板軍覇って、、上手くいく訳無いですよね。分かってました。せめて食蜂操祈と御坂美琴の常盤台中コンビだったら何とかなった気がしますが、もういいっこなしですね。というか、削板軍覇がアニメ出るの初出ですよね、色がついて声がつくと余計に騒がしいキャラですね。本当にいいキャラクターです。大覇星祭の競技では、黒子の代わりに御坂と婚后のコンビが相性良過ぎで、何か婚后さんの魅力に気付かされそうになりました。
40代男性 とても満足 ★★★★★
いよいよ始まった大覇星祭しかし、いきなり冒頭から病室のシーンでこのアニメに出てくるキャラクターはよく怪我をして入院するなという印象です。禁書目録でもある一大イベントですがあちらからのゲストキャラクターが出てくるのかなとは思いましたが、モブキャラクター程度であまりなかったですね。この大覇星祭、能力解禁しているのでただの運動会とは違い、個々の能力を遺憾なく発揮できる所が今回の見どころだと思います。それにしてもエリートの能力者が多数在籍している常盤台に勝てる相手はそんなに多くないような気がします。これは明らかに他の人たちには不利な状況ではと思う部分がありました。無能力者の佐天さんが可哀想に思えました。
20代女性 とても満足 ★★★★★
結局大覇星祭の宣誓は無事行われました。宣誓したのは食蜂操祈と削板軍覇だったので、ちょっと意外でしたけど。ただ他のlv5能力者って一癖も二癖もあるような人物ばかり。食峰なんか、その典型ですね。性格も能力においても。そんな中、削板軍覇はストレートというか熱血少年って感じだったので意外に感じました。まあだからといって暴走気味な所があるので要注意人物であることには変わらなさそうですけど。こうして大覇星祭が行われたわけですけど、まさかの婚后大活躍。美琴と婚后のペアで二人三脚に出場したのですが、学園都市ということで能力を使ってレースを有利に進めたり、他者の妨害しても良いというもの。なら御坂は最強!と思いきや、その危険性から電撃は禁止に。御坂だけがハンデを背負ってる状況でしたが、ラストは婚后の能力で一位の暴走を止めつつ一位でフィニッシュ。婚后もlv4能力者ですし、常盤台中学の層の厚さを再認識出来ました。
10代男性 とても満足 ★★★★★


第3話 バルーンハンター

偶然から美琴と間違われて、御坂妹は常盤台中学の選手として
バルーンハンターに参戦することになってしまう。
能力者の質で勝る常盤台中学の面々は気合十分、
競技開始直後から消極策をとる相手校を前に
楽勝かと思われたが、なぜか次々に脱落者が出てしまう。
それは相手校のブレーンである馬場の奇策だった。
実は暗部組織『メンバー』の一員である彼は、
ある任務のために常盤台中学の選手たちの詳細なデータを集め、
綿密な対策を練っていたのだ。
そんな中、「とある」実験での経験を活かした御坂妹が快進撃。
それに対して馬場は、「御坂美琴」を封じるための策をみなに伝え、
自分の本来の目的を達しようと画策する――。
美琴に代わってシスターズが試合に出ることになったのですが、話し方と言い表情で誰か分からないものかなと思いました。美琴とは少し違った戦い方ですが、やはり彼女も十分に強いなと感じました。白熱した戦いの裏で何やら不穏な組織が動いてる描写があり、これからの展開に欠かせない敵がようやくお出ましたと感じました。その一方で試合での活躍を自慢げにしている婚后さんですが、ただ単にデータが少ないという裏があったのには笑わされました。どこかで食蜂さんがそろそろ尻尾を出すのかなと予想していましたが、3話では予兆しかなく上条君に何故かメロメロになっており意外だなと感じました。少し不穏な空気が流れだしたので、次回あたりから急展開になりそうです。
10代男性 とても満足 ★★★★★
大覇聖祭バルーンハンター回。互いの頭に付けた紙風船を街ナカフィールドで割り合う、これはもうサバゲーですね?能力を好き勝手使える(※紙風船を割るのはナシ)生徒達はもちろん、学園都市の超技術でドローン中継してくれますからお客さんも臨場感たっぷりに楽しめます。スタート地点の競技場に観客いないなぁと思ってましたけど、みんな端末から観戦してるんでしょうね。お嬢様でエリートな常盤台に勝つために、戦略的な組織戦を仕掛ける相手校。敵が強いと俄然盛り上がります。馬場君が裏で何やら怪しい動きをしていますがまぁほっときましょう…。御坂妹が敵に囲まれてもなお攻撃を躱すシーンがありますが、こういうスピード感が欲しい所の見せ方が上手いですよね。止め絵も少なくないのに画面切り替えなどでテンポ良く感じます。超電磁砲シリーズは全体的に作画が安定しているのもスタッフの気合が表れている所です。上条さんとのラブコメや佐天初春のお約束を挟みつつ、御坂妹に不穏な影が迫るシーンで次回に続きます。どうやらみんなで楽しい運動会ではなかったようですね?!(今更)
30代男性 やや満足 ★★★★☆
今回は御坂さんと勘違いされて競技に出場する事となった御坂妹が活躍する回でした。御坂妹は御坂さんよりレベルの低いレベル3という事なのに巧みな戦術で相手を翻弄していました。ラストはちょっと呆気ない負け方をしてしまいましたが、いつもはモブキャラクター的な扱いを受ける御坂妹が活躍する回で良かったです。この回では今シリーズ初登場となる上条当麻も出ていましたが、確か禁書目録本編の方で色々あったと思うのに何事も無かったように普通に出ていたのが上条当麻っぽいと思いました。この上条当麻の登場シーンで食蜂操祈と上条当麻が絡むシーンがあったのですが、この二人以前に何かあった様で非常に思わせぶりな態度をとっていました。この辺りの事は今シリーズで取り上げてくれるのか気になります。
20代男性 やや満足 ★★★★☆
バルーンハンター編楽しみにしていました!!やっぱり超能力者のバトルは迫力がありますね。そこに頭脳戦が加わって本当に盛り上がりました。御坂のうっかりミスで御坂妹と入れ替わって競技に参加することになり、一時はどうなるかと思いましたが、御坂妹のバトルアクションが本当に格好良かったです!!御坂妹といえばいつも守られる存在で活躍シーンの少ないキャラですが、今回初めてこんなに動き回って強い御坂妹が見れて新鮮でした!!!アニメ様様です。暗部組織『メンバー』の一員である馬場くんは禁書目録3期で既に出ているキャラクターですが、あっちだと一瞬で一方通行にやられたキャラクターだったので活躍シーンがあってよかったです。
30代男性 とても満足 ★★★★★
ひょんなことから、バルーンファイトに御坂本人ではなく、御坂のクローンが出場してしまっています。エリートぞろいの常盤台中学に対して、他の学校の学生たちはライバル心剥き出しで、常盤台から勝ちをもぎ取ろうとしています。常盤台の学生たちはプライドが高すぎて、他校の学生たちを侮っていますが、今回はそれが仇となりました。実際、他校の学生たちは、常盤台の出場者全員の能力を徹底的に研究した上で、彼女たちの弱点を暴き出しています。その上で、どうすれば彼女たちの頭についているバルーンを割ることができるか、その攻略法を実行しています。それは御坂も例外ではなく、戦闘ではなくゲームであれば、御坂(のクローン)を負かすことができることを実証しました。一番恐ろしいのは、今回の攻略法を考案し、他の学生たちに実行させた主導者です。かなりの切れ者である彼は何者なのでしょうか。
30代男性 やや満足 ★★★★☆

 

第4話 改竄

黒子に怒られたのもなんのその、都市伝説
『不在金属(シャドウメタル)』を求めて調査を続ける佐天。
初春はウェブ上に不確かな情報ばかりが異常に多いうえ、
佐天が見たというサイトの存在すら見当たらないことに違和感を覚える 。
そんな初春の懸念をよそに、「陰謀」のニオイを感じた佐天は
霧ヶ丘グラウンドの探索に向かってしまった。
そんな彼女の背後に、防護服を着た複数の人影が現れ――。
そんなトラブルもありつつ、一日の競技がすべて終わり、
『大覇星祭』夜の華であるナイトパレードを
みんなが存分に楽しんだ翌朝。
美琴は湾内から体操服について尋ねられる。
御坂妹の身になにか起こったのではないかという
胸騒ぎを抑えられず、美琴は彼女の行方を追うことに――。
シスターズの行方を捜すために色々と奔走する美琴ですが、さすがの身体能力だなと思うと同時に能力を使ってそこまでしていいのかとツッコミたくなることまでしていて面白かったです。それでも前半は割とほのぼのとしていて楽しい描写が多かったのですが、後半では黒子・初春・佐天の記憶から美琴のことが消されてしまうという急展開になりました。それを知った美琴は激高し妹の救出も含めて手掛かりを探そうとするのですが、食蜂派閥の人間につかまり身動きが取れない状態になり珍しくピンチだなと感じました。それぞれ別の組織が暗躍している感があり、今後三つ巴になるのかも含めてどう展開していくのかが楽しみです。所々に出てくる婚后さんが癒しでした。
30代男性 とても満足 ★★★★★
大覇星祭が大いに盛り上がり、皆が楽しむ中、確実に悪の組織が暗躍して具体的に行動をはじめたことが分かりました。御坂美琴のコピー体の妹が間違って競技に参加しますが、そこで普段は経験できない学生らしい楽しい時間を送っているのが良かったです。それを優しく見守る御坂美琴のお姉さんの感もステキでした。敵が御坂美琴を狙ってコピーの妹を捕まえる展開になりますが、彼らがなぜそこを狙い、なにを目的に活動しているのかが何から何まで分かってはいません。行動目的が分からないだけに不気味な展開に思えました。食蜂操祈の能力が発揮され、彼女もなにを考えているのか分からないのでこの先の展開が気になります。計画的に行動する敵が不気味で怖いともおもえました。
30代男性 とても満足 ★★★★★
第四話で印象に残ったのはまず、佐天が毎度のごとく噂話を信じて行動し、そして人に迷惑を掛けるシーンなのですが、あの子は後何回痛い目に合えば学習するのかなと思いました。後、美琴と同じレベル5の食蜂の「心理掌握」のタチの悪さがよくわかりました。あんなに中の良かった友達に忘れられたり、周りの人間が一瞬にしてみんな敵になったりと周りに信じれる人が突然いなくなり孤独にされるのは実際にされるとかなり厳しいと思います。なぜ美琴の周りの記憶を操作したのか、またどこかで見たことがある人と共に暗躍している様子があったので、これからまた学園都市で事件が起きるようでした。また上条はこのときは別件で戦っていたときなので学園都市の治安の悪さは日本一だと思いました。
30代男性 とても満足 ★★★★★
前回のラストのシーンで何か不穏な行動を取っていた食蜂操祈でしたが、御坂妹が行方不明となった一件に何か関りを持っていそうだったけどまだ、解らない事が多かったです。そんな行方不明となった御坂妹を探すために御坂さんは動き出しますが、関係者に尋ねても知らぬ存ぜぬばかりの回答、この時にはもう、食蜂操祈の能力、メンタルアウトですでに操られていたのだったのだと思います。それが確信に変わったのが黒子、初春、佐天さんに手を出したことでわかりました。この事で激怒した御坂さんが、食蜂操祈を追い詰めようとしているのですが、食蜂操祈の取り巻きの監視下に置かれてしまい思うように行動できないのが歯がゆかったです。食蜂操祈の思惑が分からないままどのような展開になって行くのか気になる所でした。
40代男性 とても満足 ★★★★★
御坂妹が心配で心配でたまりません。何かあったらあの馬場許しません。あの蚊みたいなのがナノマシンだなんて怖いですね。絶対わからなくて、刺されるやつです。御坂妹はいつも何かと巻き込まれるので本当に無事であってほしいです。第4話を視聴して、改めて精神感応系の能力は最強だなって思いました。ていうか、食蜂操祈怖っっ!!精神感応系の能力って証拠も残らないし、かけられた本人も気づかないからもう対策の仕様が無いですよね、お手上げですよね。ラストシーンでは、あんなに仲が良かった黒子や佐天さん、初春ですら美琴のことを忘れてしまっていて、ショックが大きかったです。これから美琴はどうなってしまうのか来週の展開が早く観たくて待ち遠しいです。
30代男性 とても満足 ★★★★★


第5話 信頼

御坂妹を探す際の失策から、美琴は食蜂派閥と共に
行動することを余儀なくされ、身動きが取れなくなってしまう。
しかも、頼みの綱になるはずだった黒子たちは、
食蜂によって美琴との記憶を消されてしまっていた。
焦る美琴だったが、続いて出場したペア競技・風船サンドで
婚后に状況を説明し、協力を取り付ける。
婚后はバルーンファイトに参加したのが、
美琴自身ではないと気づいていたのだ。
競技を終え、約束通りに御坂妹を探し始めた婚后は、
彼女の倒れていた場所でその手がかり――黒猫を見つける。
だが、引き続き御坂妹の手がかりを追う婚后へ
『メンバー』の馬場が接触をはかり……。
食蜂の影響力で御琴のスタンドプレーを封じられましたが、婚后が協力してくれ彼女が御坂妹の捜索をしてくれることになりました。こういったケースでないと常盤台の生徒が御琴と一緒にいる事はまずないですからなかなか新鮮だと感じます。どちらかというとドジなキャラだと思っていた婚后の活躍も光りました。普段は脇役に過ぎない彼女がメインの話となるとは。御琴の動きが取れないからこそのストーリーですね。彼女の実力はレベル4なのでかなりの能力を持っています。本来なら暗部のメンバーとはいえ自身の能力はない馬場とは格が違うのですがそこは戦い慣れした馬場の駆け引きが上回りました。良くも悪くも婚后は素直なのでしょう。純粋な彼女だからこそ手玉に取られてしまったといえます。御琴が活躍できないのはもどかしいですがサブキャラクター達の見せ場なので面白くは感じます。
20代男性 やや満足 ★★★★☆
レールガン5話では美琴陣営と対峙するレベル5食蜂陣営の衝突の火蓋が切って落とされた1話となっていました。都市伝説の謎を解き明かすのに走り回る佐天と初春を尻目に水面下では学園都市暗部の暗躍が少しずつ描かれていきました。美琴と間違われて誘拐された妹達の行方を追う美琴に、人の記憶を操る能力を持つ食蜂の毒牙が襲いかかります。それは美琴の友人である黒子や佐天、初春といった周りの人間の記憶から美琴を消去すること。恐らく能力同士の対決であるならレベル5の中でも3位に位置する美琴が圧勝するでしょう。しかし、美琴の外堀から崩していくこの戦略は大きく美琴の精神を揺るがします。レベル5同士の争いに自分の友人を巻き込んでしまった事、また美琴自身の精神を揺さぶる為に、能力も弱く何の関係もない友人に手を掛ける食蜂の非道さに怒り新党の美琴は食蜂の宣戦布告に全力で立ち向かう事を決意するのでした。
30代男性 とても満足 ★★★★★
今回の超電磁砲T第5話は、本作の主人公である御坂美琴から普段あまり活躍を見ることが少ない婚后光子にスポットが当たっていて大変面白かった。レールガンのアニメではこれまで常盤台中学の生徒の活躍は主人公を除き黒子が主たるものであったが、今回は本作の主人公である御坂美琴から普段あまり活躍を見ることが少ない婚后光子にスポットが当たっていて大変面白かった。今回は婚后光子を中心とした湾内、泡浮の3人をベースとして話が進み、普段見ることができない彼女たちの内面や戦闘シーンを楽しむことができる。またラストでは婚后光子のピンチに駆けつけた湾内、泡浮の怒りをあらわにした表情や言動から次回の彼女達の見たことのない活躍が期待でき非常に楽しみである。
30代男性 とても満足 ★★★★★
完全に孤立してしまった御坂さんでしたが、思わぬ人物に助けてもらう事になりました。自分の中ではこれまで高飛車で良いいイメージの無かった婚后光子が御坂さんのために協力を買って出てできてくれた事でこのキャラクターのイメージがかなり変わりました。思ったより良いやつじゃないかと思う程、協力的である意味、策士な部分ものぞかせていました。終盤で馬場との闘いでリードしていた婚后光子が子猫を助けようとして深手を負ってしまい、その婚后光子に対して馬場は卑劣な手を使ってきたことが見ていてとても不快になるシーンでした。そんな婚后光子の窮地を助けに現れた湾内さんと泡浮さんがとても格好が良くて普段、大人しいキャラクターだった二人の激高シーンが今回のハイライトでした。
30代男性 とても満足 ★★★★★
とにかく婚后さんを好きになる回でした!!普段は睨み合っていても、仲間の為なら無償で闘いに挑むなんて格好良すぎます!!美琴にとって、現状は食蜂操祈の取り巻きから逃げられない状態なので婚后さんという相手がいてくれたことは救いでしかないですよね、しかも、レベル4なのでとにかく強いです。凄い格好良かったです。でも、馬場がクズすぎて本当にむかつきますね。大事な猫を人質にするなんて、マジボコボコにされるべきです。婚后さんの元に助けが来てくれて本当に良かったです。婚后さんの取り巻き的存在としか今まで描かれなかった湾内絹保と泡浮万彬が婚后さんのを助けるために本気で闘うシーンがこれからアニメで観られると思うので楽しみで仕方ないです。
20代男性 やや満足 ★★★★☆


第6話 開戦

『妹達(シスターズ)』確保に動いていた『メンバー』
馬場の手により、傷つけられ、倒れ伏した婚后。
その姿を見て、静かな怒りを湛えた湾内と泡浮が馬場の前に立ちふさがる。
ふたりを侮って交換条件を持ち出した馬場だったが、交渉はすぐに決裂。
馬場はT:GDを操り、湾内と泡浮の連携を分断しながら冷静に能力を分析し、
有利に戦いを進めようと画策する――。
一方、美琴は、負傷した婚后を運んで救急車で病院に辿り着いた佐天と遭遇。
自身の見込みの甘さが招いた事態に激しい後悔と怒りを覚える。
覚悟を決めた美琴は、食蜂派閥を振り切って敵のもとへと向かう――!

 

第7話 見ることは聞くことより信じるに値する

御坂妹の黒猫を『読心能力(サイコメトリー)』にかけ、
手掛かりを探りあてた湾内たち。
その情報を美琴に伝えるべく携帯電話を開いた佐天は、
既に美琴の連絡先が登録されていたことに違和感を覚え、
その事実を黒子に相談する。
佐天から連絡を受けた美琴は、彼女たちとの合流地点へと急ぐが、
その前に初春を人質にとった警策看取が現れる。
『妹達(シスターズ)』、そして
『絶対能力進化(レベル6シフト)』計画について
口にする警策に警戒を強め、その背後に自分の追っていた存在――
食蜂とは違うなにものかを見る美琴。
動揺を抑えて初春を助けようとする美琴だったが、
警策は美琴の母・美鈴も人質に取っていて――!

————————————————————————
本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました