おすすめアニメ作品!!「灰と幻想のグリムガル」

スポンサーリンク
アニメ

今回は、異世界転生モノを紹介していきたいと思います。

アニメのタイトルは”灰と幻想のグリムガル”です。

 

さて皆さんに質問です。みなさんは異世界転生したいですか?

今の現実とは全く違う世界へ行きたいですか?

記憶、お金、地位全てを失ってでも行きたいですか?

この作品は、異世界転生モノではあるのですが、
また一風変わった物になっています。

感動、冒険、勇気ありの素晴らしい作品です。

この作品を通して感じたのは”生きること”についてでした。

みなさんもこの作品を通して、生きることの大切さ、
尊さを観てみようとは思いませんか?

 

 

灰と幻想のグリムガル

「灰と幻想のグリムガル」は、十文字青によるライトノベルです。

オーバーラップ文庫により2013年から刊行されました。

漫画版は、「月刊ガンガンJOKER」
(スクウェア・エニックス)で連載されました。

2016年1月より3月までテレビアニメが放送されました。

 

あらすじ

さて!このお話のスタートはもちろん、
主人公達が異世界転生する所から始まります。

主人公のハルヒロは目覚めると暗闇の中にいました。

そこがどこなのか、なぜここにいるのか、
なにもわからない状態で彼は目覚めました。

彼の周りには、彼と同じ境遇にあると思われる男女、
数名がいました。

彼らと共に踏み出した先には、見た事のない世界
「グリムガル」が広がってました。

お金、特殊な力、記憶でさえも失った彼らは、
このグリムガルという世界でどう生きていくのでしょうか?

途方に暮れるハルヒロたちだったが、
そこに現れた案内人に誘われた「義勇兵団レッドムーン」の事務所で、
人類が魔物と戦っていることを知らされます。

そして、この世界で生きていくために義勇兵となって
その戦いに身を投じるか、街で細々と生きるかの選択を迫られました。

 

キャラクターを紹介

さて、主人公について紹介していきたいと思います。

彼の名前はハルヒロです。

その前どこにいたのか、どうしてここに来たのかも分かりません。

いつも眠そうな目をしている平凡な容姿の少年です。

パーティーでは、盗賊というジョブです。

パーティの暫定的リーダーであり唯一のツッコミ役で、
パーティーには欠かせない人の1人です。

盗賊ギルドの師匠には、オールドキャットと命名されました。

いつも眠そうな目をしているからだそうです。

他のパーティと比べて、自分たちが地味なパーティ
であることを自覚し申し訳ないと感じているが、

仲間を見捨てない責任感のあるいいリーダーです。

 

次にランタです。

ハルヒロパーティメンバーの1人です。

口と性格が悪く空気も読めないお調子者です。

初めは戦士のギルドに入る予定でしたが、
かっこいいからという理由だけで、
ギルド抜けすることが出来ない暗黒騎士になってしまいます。

その口の悪さのせいでよくハルヒロにツッコまれ、
女性陣に対しては絶えずセクハラ発言をしまくるせいで、
パーティの中で不人気ナンバー1になってしまっています。

 

次に、マナトです。

彼もハルヒロパーティーの1人です。

ジョブは神官です。

パーティのまとめ役を担っており、爽やかな青年で、
仲間のことを大切にしています。

何をすればいいか分からず途方に暮れていたハルヒロ達をまとめ、
戦闘から日常生活まで、様々な面でハルヒロ達を導いていきます。

 

お次はモグゾウです。

ジョブは戦士で、タンクです。

ハルヒロパーティーには欠かせない温厚な性格の男の子です。

手先が器用で料理も得意。

パーティの料理番として、
当初は当番制にしていた料理を一人で引き受けていました。

ランタから「相棒」と呼ばれており、
義勇兵を辞めたら二人でラーメン屋を開くことを約束しています。

 

もう1人のパーティーメンバーは、ユメです。

天真爛漫な性格で誰とでも仲良くなれる癒し系の女の子です。

関西弁のような微妙な言葉を使い、
よく言葉を間違えては仲間に訂正されていました。

弓の腕は悪いが、猟犬が欲しいからという理由で狩人になり、
パーティーの後衛で援護を担っています。

当初はパーティ内の癒し系だと思われていましたが、
その独特な空気は皆を盛り上げるような、
ムードメーカーとなっています。

 

最後にシホルです。

小柄で可愛らしい容姿の女の子です。

臆病で引っ込み思案な性格なため、
あまり自分の意見を発しません。

涙脆く、よくユメに慰められています。

ジョブは魔法使いで、影魔法を得意とし主に仲間の援護を行います。

この作品のいいところ!!

この作品のいい所はアニメーションと、作画です。

水墨画のような風景画と、
穏やかな日々が描かれているシーンが私は好きです。

もちろん戦闘シーンもありますが、
おどろおどろしい感じはなく、どちらかと言えば綺麗な作画です。

まとめ

この作品では、”明日は当たり前では無い”
そんなことを教えられたような気がします。

お金も力も能力もない彼らは友情と絆だけで、
この世界を生き抜いていきます。

生きるとはなんなのか、生きる事の大切さを考えさせられました。

女性にも、男性にも、多くの人にみて欲しい作品となっています。

ぜひぜひ観てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました