大奥~永遠~右衛門佐・綱吉編

登場人物・キャスト 4/4

大典侍 (おおすけ)

桂昌院が柳沢吉保を通じて京より呼び寄せた右衛門佐に負けない雅な公家。実は右衛門佐と旧知の仲。

桐山漣 (きりやまれん)

1985年生まれ、神奈川県出身。「仮面ライダーW」(09)にてライダー役をオーディションで勝ち取り、一躍注目を浴びる。主演作にテレビでは「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(11)、「37歳で医者になった僕」(12)など、映画は『RUN60』(12)、『君へ。』(12)、『吉祥寺の朝日奈くん』(12)の3作品ともに、主演を務める。

写真:大典侍/桐山漣

新典侍 (しんすけ)

松姫を亡くし失意に暮れる綱吉に、次の世継ぎを産ませねばと、右衛門佐が京から呼び寄せた公家の美男。

竜星涼 (りゅうせいりょう)

1993年生まれ、東京都出身。テレビドラマ「素直になれなくて」(10)で俳優デビュー。主な出演作に、テレビでは「ハンマーセッション!」(10)、「秘密」(10)など、舞台「OZ ―オズ―」(12)など、映画では『桜蘭高校ホスト部』(12)、『ライアーゲーム ―再生―』(12)など。

写真:新典侍/竜星涼

佐之助 (さのすけ)

御半下ながら、桂昌院が主催した屈強な男子を決める騎馬戦で勝ち抜いた偉丈夫。綱吉に指名される。

満島真之介 (みつしましんのすけ)

1989年生まれ、沖縄県出身。東京芸術劇場で上演された舞台「おそるべき親たち」(10)にて、俳優デビュー。主な出演作に、テレビでは「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(11)、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(12)など、映画では『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12)など。

写真:佐之助/満島真之介

中村 (なかむら)

諸肌の舞で後輩の斉藤とともに綱吉に指名されたお目見え以上。斉藤と怪しい雰囲気。

郭智博 (かくともひろ)

1984年生まれ、東京都出身。98年テレビドラマ「聖者の行進」でデビュー。01年『リリィ・シュシュのすべて』で映画初出演。その他の出演作に、テレビではNHK連続テレビ小説「カーネーション」(11)など、映画では、『花とアリス』(04)、『君の好きなうた』(11)、『心中天使』(11)、『家族X(エックス)』(12)など。公開待機作として『HOMESICK』(13)がある。

写真:中村/郭智博

斉藤 (さいとう)

諸肌の舞で先輩の中村とともに綱吉に指名されたお目見え以上。中村と怪しい雰囲気。

永江祐貴 (ながえゆうき)

1990年生まれ、京都府出身。主な出演作に、テレビドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」(10)、「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」(11)、「黒の女教師」(12)など。今作で映画デビューを果たす。

写真:斉藤/永江祐貴

浅沼 (あさぬま)

綱吉に夜伽に命ぜられる御中臈。許嫁との死別が理由で、大奥入りした。

三浦貴大 (みうらたかひろ)

1985年生まれ、東京都出身。10年に映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビュー。同作品で、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞、第35回報知映画賞新人賞受賞。他の出演作に、映画『SPACE BATTLESHIPヤマト』(10)、『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(12)、『劇場版 SPEC~天~』(12)、『わが母の記』(12)、11月17日公開の『ふがいない僕は空を見た』(12)など。

写真:浅沼/三浦貴大

▲ページのトップに戻る