大奥~永遠~右衛門佐・綱吉編

登場人物・キャスト 1/4

右衛門佐 (えもんのすけ)

水無瀬権中納言氏信の子息。綱吉の御台所・信平の招きにより、貧しさから脱却するため、大奥へあがる。美貌だけでなく、人を引き付ける、冷たさと熱さを併せ持つ独特の雰囲気を放つ。綱吉に巧みに取り入り、長年空席だった大奥の最高権力である大奥総取締に就く。世継ぎ問題に端を発した権力争いに挑んでいくが、一方では綱吉に対して秘めたる想いを抱いている。

堺 雅人 (さかいまさと)

1973年生まれ、宮崎県出身。早稲田大学在学中、92年劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加、以降、舞台・テレビ・映画と活躍する。第36回報知映画賞男優賞を、『武士の家計簿』(10)、『日輪の遺産』(11)、『ツレがうつになりまして。』(11)の全く異なる3作で三様の魅力を見せ受賞。代表作に、テレビでは大河ドラマ「新選組!」(04)、大河ドラマ「篤姫」(08)、「ジョーカー 許されざる捜査官」(10)、「南極大陸」(11)、「リーガル・ハイ」(12)、そして12年10月からは、「大奥~誕生[有功・家光編]」の主人公有功も演じ、2つの時代の大奥総取締を、時空を超えて、一人二役で演じる。また、舞台では「蛮幽鬼」(09)など、映画では『アフタースクール』(08)、『クライマーズ・ハイ』(08)、『ラッシュライフ』(09)、『南極料理人』(09)、『クヒオ大佐』(09)、『ゴールデンスランバー』(10)、『鍵泥棒のメソッド』(12)、『その夜の侍』(12)など多数。公開待機作に『ひまわりと子犬の7日間』(13)がある。

写真:右衛門佐/堺雅人

徳川綱吉 (とくがわつなよし)

徳川五代将軍。三代将軍家光と桂昌院(かつての玉栄)の間の子。徳子という女名を持つ。無類の学問好きで、才色兼備。政では辣腕をふるい、将軍の権威を高める。しかし娘・松姫の病死後は、世継ぎを産むことこそが将軍の最大の責務とされ、政から遠ざけられてしまう。不安と孤独に追い詰められ自暴自棄になっていく。悪法・生類憐みの令を布いた犬公方としても有名。

菅野美穂 (かんのみほ)

1977年生まれ、埼玉県出身。93年テレビ「ツインズ教師」で女優デビュー。その後、テレビ・映画・舞台で数多くのヒット作に出演、毎回新鮮な魅力を放つ。98年にはエランドール新人賞で大賞を受賞。代表作に、テレビではNHK朝の連続テレビ小説「走らんか」(95)、「君の手がささやいている」シリーズ(97~01)、NHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」(01)、「働きマン」(07)、「坂の上の雲」(09~11)、「曲げられない女」(10)、「ギルティ 悪魔と契約した女」(10)など、舞台では「奇跡の人」(00)、映画では『Dolls』(02)、『さくらん』(07)、『パーマネント野ばら』(10)、『ジーン・ワルツ』(11)など。公開待機作に『奇跡のリンゴ』(13)がある。

写真:徳川綱吉/菅野美穂

▲ページのトップに戻る